『雲を紡ぐ』とホームスパン

直木賞候補作になった『雲を紡ぐ』(文藝春秋)が、やっと順番が回ってきて、読むことができました。(出版からすでに一年が経過・・・・(笑))

この本を読もうと思ったのは、盛岡のホームスパン(羊毛を手で紡ぎ、手織りすること)が題材になっているから。

羊毛の織物といえば、そうです、私の大好きなタータンです(*^▽^*)
今は機械化され、手で紡いだり織られることはほとんどありませんが、機械化される前は当然、手紡ぎ、手織りでした。

イギリスのホームスパンが日本に伝わったのは明治時代だそうで、大正時代に日本政府のめん羊飼育奨励により、岩手でもホームスパンが始まります。
戦後、ホームスパンが衰退する中、岩手では継続され、現在、岩手は全国生産額の約8割を占めるほど、ホームスパンが活発です。

私自身は手織りはしませんが、手織りの織物は大好きです。もちろん、それはタータンが大きく関係しているのですが(^^;

2019年に、岩手県立美術館で『タータン ~伝統と革新のデザイン~』が開催され、この展示会に関わらせていただいた私は、記念講演会をさせていただいたのです。

その講演会には、岩手のホームスパンに携わられる方々が、足を運んでくださいました。本当にありがたく、うれしくて、緊張しました( ̄▽ ̄;)
織りのプロの方々を前に、タータンのお話をさせていただいたのですから・・・・Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)

2年前のことなのに、新型コロナウイルスの感染拡大で、かなり昔のことのように感じられます・・・

講演会の時には、手紡ぎを愛する方々のための雑誌「SPINNUTS(スピナッツ)」代表の本出さんにお声かけいただき、ホームスパンの職人さんの取材に同行させていただきました。
本当に貴重な体験で、ホームスパンの魅力を肌で感じた時間でした。

その岩手のホームスパンが、ばらばらになりかけた家族をつなぐ、というお話が『雲を紡ぐ』です。

「美しい染めや織りが好きです。気に入った布を眺めたり、使ったりしていると心が弾みます」と言う作者の伊吹有喜さん。

「時代の流れに古びていくのではなく、熟成し、育っていく布。その様子が人の生き方や、家族が織りなす関係に重なり、この『雲を紡ぐ』を書きました」

ともお話されています。続きは以下のサイトでどうぞお読みください。
https://books.bunshun.jp/articles/-/5272

動画でもそのへんをお話されています→https://www.youtube.com/watch?v=dJiMgXbp6Qs

ね、読みたくなったのではありませんか?

いじめにより登校拒否になった主人公の美緒。長い間疎遠だった、盛岡の祖父のところへ家出してしまう。祖父はホームスパンの職人で、美緒はそれを手伝ううちに、織物の美しさ、あたたかさを実感していく・・・

お話の中には、盛岡のカフェや、有名なパン屋さんなどが実名で登場します! ああ!私は時間がなくて、そうしたカフェめぐりもほとんどできませんでした。
「ふかくさ」や「クラムボン」や「機屋」・・・。
登場人物のいきつけのカフェの描写を読んでいると、行きたい、盛岡行きたい!熱が再燃。
宮沢賢治ゆかりの場所もめぐりたいし、早くコロナ、収まってくれ~~~と祈るばかりです。
この時に宮沢賢治関連で行けたのは「林風舎」と「光原社」のみですので・・。

そして、美緒の祖父は、民藝運動にも関わってきたという設定で、描写の中にも民藝に影響された家具などの描写が。私は民藝にも興味があるので、こちらもツボ。

そしてそして、イギリス好きにはたまらないツボもたくさん。
美緒の母は、イギリスの児童文学が好きでイギリスに留学した経験があり、祖父の家のベリーの生垣を見て、「のばらの村のものがたり」みたいだ、と言います。
すると祖父はそのお話を知っていて、絵本に出てくる”ウィーバー”は、まさに私の家業だよ、と言うのです。そしてイギリスの生垣を模してあの生垣を作ったんだ、と言うのです!

この祖父はたたものじゃないのです。盛岡の銘菓クルミゆべしを食べた母親が、ターキッシュ・デライトみたいだと感動すると、祖父は『ナルニア国ものがたり』だな、と応じて、話が盛り上がる(ギスギスした関係の二人が!)。
イギリスの文学にお詳しいんですね、と尋ねると、詳しくはないが、私たちは英国生まれの毛織物を作ってきたのでね、と答える祖父。かっこいいですよね!

物語にはウィリアム・モリスの布も出てきて、そこからアーツ&クラフツ運動の話にも。
イギリス好きなら、ニヤニヤしてしまいますよ~。

2019年に買ってきた、盛岡のタウン誌「てくり」や、てくり別冊「岩手のホームスパン」の本を出してきて、またじっくり読みました。

カフェめぐりもそうですが、ホームスパンのお店めぐりも、今度はゆっくり時間を取ってしたいとしみじみ思いました。

そうそう、物語の中に、宮沢賢治の「水仙月の四日」というお話が出てきます。私はこのお話のことはまったく覚えておらず、これまた本棚から宮沢賢治の本を出してきて、「水仙月の四日」を読みました。

記憶に残っていないほどなので、印象が薄かったのだと思いますが、このお話の赤い毛布をかぶった子どもと、赤いショールにくるまれて過ごしていた美緒とを重ねているところが、伊吹さん、うまいです。

そんなこんなで、宮沢賢治やら、イギリスの児童文学やら、民藝やら、はまるツボがたくさんあって、すっかり物語にはまってしまいました。

ご興味のある方はぜひ読んでみてください。岩手に行きたくなりますよ!
ホームスパンを見てみたいと思うはずですよ!

それから「SPINNUTS」104号 日本と英国の毛織物特集ページで、私、タータンとツイードについて寄稿させていただいています。こちらも、ご興味がありましたら、読んでみてくださいね。

 

賢治ゆかりの「光原社」

岩手県立美術館さんでの『タータン展』で、講演会をさせていただいた際、大好きな宮沢賢治ゆかりの花巻駅を訪ねたことを先日書かせていただきました。→https://mikiokuda.com/2019/04/28/rinpusha/

タータン展での講演後、どうしても行きたかった宮沢賢治ゆかりの場所へ急ぎました。盛岡市内にある「光原社」です。
賢治の初めての童話集『イーハトーヴ童話 注文の多い料理店』の出版社。賢治の学友だった及川四郎は、原稿も読まずに出版を決めたといいます。光原社という名前は賢治がつけた名前だそうです。
1924年(大正13年)に出したこの本はまったく売れなかったそうです。そのため、新たな事業展開をしなくてはいけないということで、南部鉄器の製造と販売を始め、現在の全国各地の民藝品を扱うお店の流れができていったのだとか。

お店があるのは、材木町通り。こちらに移転してきたのは昭和12年だそうです。この頃から、民藝運動の提唱者・柳宗悦との交流が始まり、陶芸家の浜田庄司、河井寛次郎、染色家の芹沢銈介らが東北を訪れる際の、サロンともなっていたそうです。
柳が興した民藝運動は全国に広がり、岩手にもその先人がいます。ホームスパンの父といわれる及川全三はそのひとり。光原社の社長さんも及川さんですが、親せき関係ではないようです(^^;
及川全三は、岩手がなぜホームスパンの里として発展していったのかの鍵を握っている人物。タータンは羊毛から作られますが、機械化される前は家庭で羊毛を紡ぎ、染色し、タータンが織られていたのです。日本で羊が飼育され、羊毛が紡がれ、ホームスパンが始まるのは明治になってからですが、他地域では衰退したホームスパンが岩手では現在も受け継がれているのは、及川全三の力によるところが大きいと、『岩手のホームスパン』という本で学びました。
ご縁をいただき、この本を出された「まちの編集室」の方とお食事をする機会があり、とても刺激を受けました。地元の情報誌「てくり」も出されています。てくりさんがプロデュースするギャラリー兼クラフトショップ「shop+spaceひめくり」で待ち合わせです♪ 北上川沿いにあるとっても素敵な建物。


岩手の民藝運動にも通じるものが、このお店にもたくさん揃っています。


てくりのバックナンバーも、光原社のことをまとめた『光原社 北の美意識』の本もこちらのお店に揃っていますよ。私も早速、購入しました。

さて、光原社に話を戻します(^^ゞ

材木町通りは別名イーハトーヴアベニューと呼ばれているのだそうです!賢治の銅像や、ゆかりのモニュメントが点在しています。

民藝を扱うお店だけ見て帰ってはいけません(笑) 奥に広い敷地内には、賢治の資料を展示する建物や、コーヒーが飲めるカフェ(文字は芹沢銈介の作)、雑貨屋さんなどが続いています。


応接室「えげれす館」。


「注文の多い料理店」出版の地という記念碑。


一番奥の白壁には、賢治の詩がずらりと並ぶ。前衛書家の宇山博明によるもの。気迫を感じる…。


そして、盛岡のお土産は…。南部鉄器の鉄瓶の置物にするか、銀河鉄道の置物にするか悩んだ末、銀河鉄道の置物にしました(≧▽≦) どっちも買えばよかったかな~。今度行ったら鉄瓶の置物にしよう。

 

賢治ゆかりの「林風舎」

今回は、岩手県立美術館さんの『タータン展』での講演会というありがたいお招きをいただきました。この機会を有効に使わせていただこうと、長い間会っていなかった岩手在住の友達に連絡して、会う時間をもらいました。
東京の専門学校時代のクラスメイトで、卒業後の二年間は一緒にアパートを借りて共同生活もしました。お互い東京で働いていましたが、私はカナダへ行き、その後結婚して浜松へ。友達も、その後東京を離れて岩手の実家へ戻っていました。

会うのは…22年ぶりくらいです(;’∀’)

せっかく会うなら、岩手の誇る作家・宮沢賢治(私も大好き!)とゆかりのある場所にしたいと思い、宮沢賢治の弟・清六の孫である宮沢和樹氏が営むカフェ「林風舎」で会うことにしました。カフェがあるのはJR花巻駅。

仙台から、東北新幹線で「一関」まで行き、そこから東北本線で「花巻駅」へ。新幹線の「新花巻駅」から釜石線で入る方法もあったのに、乗換案内で待ち合わせ時刻を入れたら、一関乗り換えが出てきたので、素直にそれに従ったわけです。一時間近く、各駅停車に揺られて行きました。早い電車もいいけど、こういう各駅停車での旅、実は好きなのです。
窓から見える景色をぼうっと眺めながら、あら、岩手はスコットランドに似てるわ!と感じました。

JR花巻駅周辺も、宮沢賢治ゆかりの場所。駅の待合室の看板に描かれているのは、賢治のお話のキャラクターかと…。

林風舎は、駅から歩いて数分とのことで、グーグルマップを片手にてくてく。すぐに目に入ったのが、「どんぐりと山猫」のモニュメント!! かわいい!!

こればっかり写真に撮ってて、上を見あげもしなかった私。上を見上げれていれば、「なはんプラザ」の建物に時計がかかっているのがわかったはず。その時計、「銀河ポッポからくり時計」といって、午前10時から午後10時までの毎正時に「銀河鉄道の夜」の登場人物ジョバンニとカンパネラが登場して動くんだとか!!!知らなかった!!まあ、知ってても、今回はその姿を見られる時刻ぴったりにここに来る余裕はなかったのですが(^^; 花巻駅前にある、21本のポール(これも賢治を記念するものだそうで)にさえも気づかなかったし…(-_-;)

はい、そして着きました!林風舎。店名は、賢治の 『北守将軍と三人兄弟の医者』の、3人兄弟の二番目「リンプー先生」からとったものだそうです。
賢治の好きだったミミズクがマークになっています。

一階が雑貨で、カフェは二階。二階にのぼってみると――きゃ~素敵。私好みのイギリス風のしつらえ。イギリス製アンティーク家具などで、『注文の多い料理店』の世界観をイメージしたと、ネットを調べると書いてあります。正面の炉棚の上には、賢治の肖像画が。

お客さんは私と友達だけで、貸し切り状態でした。というのも、行った時間がランチタイムだったからでしょう(こちらのカフェは食事はないので)。

いただいたのは、岩手の米粉で作ったロールケーキ。


コーヒーカップには、お店のトレードマークのミミズクが描かれています♪

店内には賢治の本や、賢治にまつわるお土産品がいっぱい並んでいましたが、友達とのおしゃべりに花が咲き、そのうち電車の時間も来てしまったので、ほとんど店内をゆっくり見ることができませんでした(*_*) 今度来るときは、時間に余裕を持って、賢治ゆかりの場所をめぐる旅にしなくちゃ、と決めました。

22年ぶりだったけれど、仲良しの友達とは年月を忘れて、学生に戻った気分で楽しくおしゃべりができました。お互い、いろいろあったけれど、今もあるけれど。気兼ねせず、何でも言い合える友達がいてくれるというだけで、心が折れずにすみます。友達(アン風に言えば“腹心の友”ですね)のありがたさを、しみじみと感じました。ありがとう。いつになるかはわからないけど、また会おうね、絶対に。

『タータン展』開催中@盛岡

先週、4月13日(土)から、盛岡にある岩手県立美術館で『タータン展』が始まりました!→http://www.ima.or.jp/exhibition/temporary/20190413.html
私は翌14日(日)に、「タータンの魅力」と題した講演会をさせていただきましたぁ~(#^^#)
100名以上の方が集まってくださり、熱心に聞き入ってくださいました。
岩手はホームスパンの里。織りや、羊毛に詳しい方々がたくさんいらっしゃいます。会場にもホームスパンの方々がいらっしゃいましたので、私はいつになく緊張してしまいました(^^;

岩手のホームスパンの歴史は、本を買って調べましたが、まだまだ、奥が深くて面白く、追及していきたいテーマだと感じました。また岩手を訪れて、ホームスパン関係を訪ねてみたいです。

私は実家が仙台なので、岩手は何度か行っています。が、最後に行ったのは――はるか昔、学生の頃。経った年月を数えるのがおそろしくなります…。

岩手県立美術館は、今回初めて訪れました。公園の中に建っていて、大きくて広くて!
そして、訪れた日は、雪をかぶった岩手山がくっきり、はっきりと見えました。(写真は、美術館の2階から撮影したもの)

タータン展』は全国5か所を巡回。今回の岩手県美さんで3か所目です。それぞれの美術館の広さや、天井高も違うので、同じものを展示するといっても、展示方法はそれぞれ違っています。
今回の岩手県美さんはかなりスペースが広く、学芸員さんのアイデアで、フォトスポットもたくさん設けられています。

こちらの、2階へあがる階段にミント・タータン(『タータン展』オリジナルタータン)を貼っていくアイデア、すばらしくないですか??? まるで、花嫁さんのヴァージンロードみたいですよね。こちらもフォトスポットですので、ぜひぜひ、写真を撮ってみてくださいね~。

こちらも、会場内のフォトスポット。これまでのタータン展での定番だった、ライトによってソファのタータン柄が刻々と変化する、タータンソファももちろん健在↓

タータンソファの裏側には、タータンのカーテンが、4種類並び、こちらも素敵なフォトスポットになっています。

そして、岩手県美さんがどうしても!という熱い思いでつくられたフォトスポットが、タータンの大きな一枚布をベルトで固定して体にまとう、17~18世紀のスコットランドの男性用衣装「フェリィ・モー」を体験できるコーナーです!!! もともとは男性用ですが、女性でも体験できますよ!!
まとうだけでなく、スポーラン(ポケット代わり、風でめくれないようにタータンを抑える役目もある)までつけてくれます!!

お一人、お一人、担当者が丁寧に着付けてくれるので、これは絶対に体験しないと損ですよ!!!

ほら、こんなにきれいに着させてくださいます!時間に余裕を持ってお出かけくださいね。

そして!!美術館併設のレストランには、タータン展期間中だけの限定アフタヌーンティーが楽しめます!!
残念ながら私はいただく時間がありませんでしたが、訪ねられるみなさんはぜひ、お忘れなく召し上がってくださいませ~。予約は必要ないそうです。

2階のライブラリーも忘れずに行ってくださいね。タータン関連の書籍がたくさん並んでいて、閲覧できますよ。もちろん、私の本もありますよ(≧▽≦) 気に入ったら、売店でご購入くださいませ~。

岩手県立美術館での『タータン展』は、5月26日(日)までです!!!

チラシのタータン柄は4種あります。入場券のタータン柄も4種類。こうしたアイデアからも、タータン展への思いが伝わってきますね。