タータンのホテル@大阪:後編

前編(https://mikiokuda.com/2020/10/30/hotelit1/)のつづきで、タータンのホテルでのアフタヌーンティー
アフタヌーンティーをいただくのはホテルのロビーラウンジ。


タータンのクッションがあるだけで、甘すぎないシンプルでモダンな雰囲気が大人~~。


10月はハロウィン・バージョンです。ワンプレートのアフタヌーンティーとは知っていましたが、な、なんと大きなプレート!!!
ミニサイズのフードがたくさん!!しかもどれも秋、ハロウィン仕様になっていて、ヴィジュアル的にもかわいすぎる~~(≧▽≦)


クランベリーのジュレ~ビーカー血液風~
かぼちゃのプリン
キャラメルのジェラート~ベリーソース~
*ベリーソースも血に見えるのでハロウィンにぴったり(;^ω^)


紫イモのタルト
棺桶をイメージした棺桶クレープ


妖怪バーガー
スコーンには、柿のコンフィチュールが添えられてました。
かぼちゃや、おばけのクッキーもいいアクセント♪


2ドリンク付きで、ホットの紅茶はティーポットで来ます。
マットな質感のティーセットもいい感じ。
ゼブラのバンズのフルーツサンドも、和栗のティラミスも、もう、どれもこれもがおいしかった!!!!
ボリュームもたっぷりで、おなかがはちきれそう。

泊まっていなくても、アフタヌーンティーはできるようです。機会があったらまたここでアフタヌーンティーしたい!!と思いました。おススメです(*^^*) もちろんホテルも!

—————————–

オリジナル小説を、【小説投稿サイト 小説家になろう】というサイトにアップしています。無料で読めますので、ぜひ、読んでみてください!(^^)!
携帯でもパソコンでもOK。読むだけでしたら、会員登録もいりません(ブックマークに登録する場合は会員登録が必要)。

★★「勝軍地蔵 お頼み申す」→ https://ncode.syosetu.com/n5652gg/
中学生の女の子が、突然現れた勝軍地蔵様からお願いされたこととは…??
これは、地元・浜松の秋葉神社信仰をヒントに書いたファンタジーです。

★★「念いのかけら」→ https://ncode.syosetu.com/n7968gc/
『赤毛のアン』へのオマージュで書いた小説です。これがネット小説第一号でしたが、サイトが閉鎖されてしまいましたので、新しく、大幅に加筆して再公開しました。赤毛のアンの舞台になったプリンス・エドワード島に住んでいた私の実体験をもとに、一人の少女の成長物語を描きました。

★★「おれは女子高生」→ https://ncode.syosetu.com/n8540gc/
私自身の、女子高校時代を懐かしんで書きました。ラノベ、ラブコメといえなくもない…(笑)だんだん女子高、男子高がなくなっていくのが寂しいです。

タータンのホテル@大阪:前編

GO TOキャンペーンで大阪に行こうと思った一番の理由は、泊まりたいと思っていたホテルが安くなるから(;^ω^)
今年2020年にオープンしたばかりの「hotel it.osaka shinmachi」がそれ。
私はあまりホテルにこだわりはなく、寝るだけの時が多いので、安いところに好んで泊まることがほとんど。

でも、このホテルは――タータンがキービジュアル(広告においてメインになるイメージ画像のこと)になっていたから。
日本のホテルで、タータンをこんなに重要な位置にあげているところはおそらくないので、興味がありました。
コロナ禍でのオープンで、泊まりに行けなかったのですが、GO TOキャンペーンで思い立ちました。阪急英国フェアもありましたし!

ホームページによると、hotel it.がタータンの布地をキービジュアルにしたのは、運営会社が以前「繊維商社」だったかららしいです。
ブランド展開にあたり、世界でひとつだけのオリジナルタータンチェックをデザインし、織られた5色の糸には、hotel it.が持つ5つのDNAを込めたとのこと。
white――hospitality
blue――positive
green――unite
red――exite
black――infinity

このオリジナルタータンがタータン登記所に登録しているのかどうか、ホテルに問い合わせしているのですが、3週間たった今もお返事がないのです。
せっかくの素敵なホテル、タータンをキービジュアルにし、このタータンのグッズも販売しているのですから、タータン登記所への登録はしていてほしいな。


時期的に、ハロウィンのディスプレイがしてありました♪


エレベーターの中もタータン~~(≧▽≦) テンション上がる~~。


シングルで十分なんですが、せっかくGO TOで安くなるので、広いツインをセレクトしちゃいました(通常なら考えられない贅沢・・・(笑))


ドライヤーが入っています。さりげないところにタータンをあしらっているのが上手でセンスがいいですよね。

な、なんと、アフタヌーンティー付きというプランがあったので、もちろん、それを選びましたよ~~~(#^.^#)
それについては次回の後編で♪

—————————–

オリジナル小説を、【小説投稿サイト 小説家になろう】というサイトにアップしています。無料で読めますので、ぜひ、読んでみてください!(^^)!
携帯でもパソコンでもOK。読むだけでしたら、会員登録もいりません(ブックマークに登録する場合は会員登録が必要)。

★★「勝軍地蔵 お頼み申す」→ https://ncode.syosetu.com/n5652gg/
中学生の女の子が、突然現れた勝軍地蔵様からお願いされたこととは…??
これは、地元・浜松の秋葉神社信仰をヒントに書いたファンタジーです。

★★「念いのかけら」→ https://ncode.syosetu.com/n7968gc/
『赤毛のアン』へのオマージュで書いた小説です。これがネット小説第一号でしたが、サイトが閉鎖されてしまいましたので、新しく、大幅に加筆して再公開しました。赤毛のアンの舞台になったプリンス・エドワード島に住んでいた私の実体験をもとに、一人の少女の成長物語を描きました。

★★「おれは女子高生」→ https://ncode.syosetu.com/n8540gc/
私自身の、女子高校時代を懐かしんで書きました。ラノベ、ラブコメといえなくもない…(笑)だんだん女子高、男子高がなくなっていくのが寂しいです。

ハロウィン・アフタヌーンティー@大阪

GO TOキャンペーンで大阪へ一泊で行き、アフタヌーンティーをしてきました♪朝食はいつも食べないので、私にとってアフタヌーンティーは、旅行先でのランチを兼ねています。
GO TOキャンペーンで泊まると、地域共通クーポンももらえるようで、今回そのクーポンが使えたので、アフタヌーンティーが格安でいただけました!嬉しい(*^^*)

数ある中から選んだのは、スイスホテル南海大阪の「ザ・ラウンジ」。


広いオープンラウンジよりも、こうした囲まれた空間のほうが、私はすごく落ち着きます。
一人なので、隅っこの席を案内され、これまた落ち着きました(笑)
午後だとハープの生演奏があるようです。私は午前だったので残念ながら聴けなかった(;O;)


9種類のTWG紅茶ブッフェ(つまり飲み放題)付きです。この日は、
・フレンチ アールグレイ
・イングリッシュ ブレックファスト ティー
・シルバームーン ティー
・クリームキャラメルティー
・モロッカンミントティー
・バニラ ブルボン ティー
・ロイヤル ダージリン
・カモミール
・ポム プレステージ ティー

う、うつくしい・・・・。
TWGといえば、シンガポール創業のラグジュアリーな紅茶ブランドですよね。購入できるお店は日本では東京と横浜にしかないです。
だいぶ前、自由が丘にあるTWGのティーサロンに行ったことがありますが、あまりにゴージャスすぎて緊張したことを覚えています(;^_^A
紅茶のパッケージも素敵でしたが、結局購入はしてこなかった・・・(-_-;) ので、9種類も飲めるなんて夢のよう。


がんばって少しずつトライしたけど、9種類、全制覇はできなかった・・・(;^ω^)
どれもおいしかったけど、フレーバーがほとんどなので、フードいただきながらいろんなフレーバーに変えていくと舌が追い付かず。もちっと、スタンダードが欲しいな。

特に気に入ったのは、シルバームーン。800種類くらいある種類の中で、TWGが最初に発表したのがこのSilver Moon Teaだそう。緑茶にベリーとバニラ、スパイスをブレンド。秋の名月を祝うオリジナルブレンドティーだとのことで、まさに今の季節にぴったり。

同じカップを使ってたら、その都度変えてくださって結構ですよ、と言われました(笑) 貧乏性だね・・・私。


三段トレイに、和のお重を組み合わせている!!!和と洋の融合~~(#^.^#)
写真をバシャバシャ撮ってるのは私だけ(笑) 恥ずかしい・・・
せっかくなので、ハロウィン・バージョンを選びました♪


お重は引き出しを開ける楽しみがありますよね~。
引き出しを開けると・・・わ~ここにもハロウィン♪
スコーンはプレーンと、カボチャとゴマのスコーンの2種。クロテッドクリーム、イチゴジャム、はちみつ添え。


ハロウィン仕様のスイーツがいっぱい!!
でも、甘くないセイボリーとのバランスも絶妙。甘いものばかりで気持ちが悪くなるアフタヌーンティーも多い中、ここはよく考えられています。

昨日いただいたホテルのアフタヌーンティーもよかったけど、こちらのアフタヌーンティーも大満足!!!
関西の方はコスパを重視すると聞いたことがありますが、だからかな?厳しい目に鍛えられているともいえる関西のアフタヌーンティー、今後も大阪に来る機会にはチェックしなくては。

—————————–

オリジナル小説を、【小説投稿サイト 小説家になろう】というサイトにアップしています。無料で読めますので、ぜひ、読んでみてください!(^^)!
携帯でもパソコンでもOK。読むだけでしたら、会員登録もいりません(ブックマークに登録する場合は会員登録が必要)。

★★「勝軍地蔵 お頼み申す」→ https://ncode.syosetu.com/n5652gg/
中学生の女の子が、突然現れた勝軍地蔵様からお願いされたこととは…??
これは、地元・浜松の秋葉神社信仰をヒントに書いたファンタジーです。

★★「念いのかけら」→ https://ncode.syosetu.com/n7968gc/
『赤毛のアン』へのオマージュで書いた小説です。これがネット小説第一号でしたが、サイトが閉鎖されてしまいましたので、新しく、大幅に加筆して再公開しました。赤毛のアンの舞台になったプリンス・エドワード島に住んでいた私の実体験をもとに、一人の少女の成長物語を描きました。

★★「おれは女子高生」→ https://ncode.syosetu.com/n8540gc/
私自身の、女子高校時代を懐かしんで書きました。ラノベ、ラブコメといえなくもない…(笑)だんだん女子高、男子高がなくなっていくのが寂しいです。