すぐそばにあった!古墳群

先日、浜松市の都田図書館が主催する郷土講座に参加してきました♪
三方原学園内に位置する「千人塚古墳群」について、現地で解説してもらうという企画。

大都市圏では緊急事態宣言が発令され、コロナへの緊張感が高まっている中、
開催すべきか悩まれたそうですが、屋外でのイベントであり、参加人数も少ないということで、開催が実現しました(とはいえ時間は短くなりました(;_:))。
実際に、風がびゅうびゅう吹きすさぶさむ~い中で、みなさん距離を取って聞いていたので、問題はなかったです。

千人塚古墳群のことはまったく知らず(灯台下暗し?)、我が家からそう遠くない場所にあったことも驚きでした。
ここは三方原台地で、古墳群は台地の東のへりに集中して作られていました。

南北7キロにわたって、160基あまりの古墳群があったそうです。もちろん年代差はあり、古墳時代中期~終末期にまで及び、200年ほどの間、ずっと、古墳が造られていたとのこと。
開発によって現在は81基を数える程度になってしまいましたが、この一大古墳群を「三方原古墳群」と呼んでいるそうです。

その古墳群の中心となるのが今回訪れた「千人塚古墳群」です。
時代的には、400年代後半~500年代。

学校の敷地中にあるので、一般公開はされていません。なので、このような企画は本当にありがたいです。
文化財課の方が来て、古墳を一つずつ、解説してくださいました。
1号墳から9号墳まで。番号は、発見された順にふられただけだそうです。


1号墳は、この知識内で一番初めに確認された古墳なので1号。瓢箪塚古墳という名前で、瓢箪(ひょうたん)のような形をしているところからの命名。前方後円墳です。前方部が一部通路のため削り取られていますが、元の全長は45m。後円部から当時の棺が出土されたそうです。

何百メートルもある大きな古墳って、実際に訪れて歩いても、全体の様子がわからないので、ただ森や丘を歩いている感じなんですよね。
このくらい小規模だと、全体がよくわかります。


↑このあたりが前方から後円へのくびれ部分。


↑これも実は古墳だそうで、8号墳とのこと。


千人塚古墳群で、一番大きいのが、この千人塚古墳(5号墳)。
おお~~~と、わかる古墳らしい古墳ですよね。
これは円墳で、浜松市の中では一番大きい円墳だとのこと。埋葬主体は2人だとか。直径約50m、高さ約6m。

古墳は二段になっていて、一段目と二段目の踊り場には、埴輪がずら~~っと並べられていたとか。その様子を妄想・・・・(≧▽≦)


その埴輪が風や雨で落ちて壊れる。古墳の下にはそのかけらが転がっていて、「ほら、これも埴輪のかけらですよ」って、拾って見せてくださいました!
え!!今も埴輪のかけらが転がっているなんて!と、参加者みんな、びっくりです。「これは?」「それは違います」「これは?」「それは埴輪ですね」と、みなさん目を皿のようにして埴輪のかけら探し(^^;

もちろん、土地の所有者のものですので、勝手に持ってかえれません。


こちら、最後に見せていただいた埴輪のかけら。模様とか、けずったあとがよくわかります。


千人塚古墳には、登らせていただきました。発見された時はすでに盗掘にあっていたそうですが、それでも出土品はあり、博物館に展示されているそうです。
そうそう、この間、博物館に行ってきたんですよ!! あの時の展示品はここのだったんですね(説明文を読んでもすぐに忘れてしまう・・・(^▽^;)

てっぺんの石碑は、第二次世界大戦時に建てられたようです。大戦中は、防空壕として穴が掘られたそうです(古墳はこのようにこんもりしていて掘りやすそうですものね・(笑))


てっぺんから見下ろすと、かなりの高さ・・・。


この古墳群の周りには川がないので、人々が暮らしていたのは台地の下の川のある平野部。いつも見上げると、その地を支配した首長の墓(古墳)がある。葬られた首長からすると、支配した土地を見渡せる高い場所に葬られたというわけで、すごく納得がいきます。
建物や木々で全然わかりませんでしたが、確かに、見晴らしがよく、ここが台地なんだということを実感しました(;^ω^)


千人塚古墳のすぐ東にある4号墳。この4号墳からは、銅製の鏡(周りに鈴がついた珍しい七鈴鏡)が出土されています。これは、覚えています、博物館に展示されていました!

始まる前から雲行きがあやしかったのが、途中で空が暗くなって雨が降ってきてしまいました。でも少ししたら晴れ間が。


校門入ってすぐ、駐車場から見えるところで、お社が建っているこれが、7号墳。

詳しく調査がされたのは昭和23年(1948年)とのことで、その当時は確認されたものの、現在は消滅していて、見た目にここに古墳があったということがわからない古墳も、地図を見ながら教えていただきました。

1時間あまりの短い時間でしたが、実際に古墳をこの目で見て、触れることができ、本当に有意義な時間でした。
実は私、古墳時代を背景にした物語を書いていまして・・・本を読んでも漠然としかわからなかったことがわかり、質問もさせていただいて、だいぶクリアになってきました。


私が古墳好きということを知って、古墳のマスキングテープをお知り合いの方がくださいました~~~きゃ~~~~うれしい~~~~。ありがとうございます!
古墳のかたちは一つではなく、円墳、方墳、前方後円墳、前方後方墳など、いろいろあるのが、このマステからもわかります~。
このマステ、たしか浜松では、引佐の地域遺産センターの売店に売っていたと思います。マニアックな商品ですが(^-^; きっと私のように、古墳好きの方はたくさんいらっしゃるのでは~~~????と、勝手に想像しています♪

 

直虎と姫様

先日の日記の続きです。
車を停めた「浜松市地域遺産センター」も、今回初めて訪れる場所。
浜松に残された文化遺産の保存・活用事業を行う施設だそうで、文化財の魅力を伝える展示や講座などを開催しているそうです。
そんなわけで、展示を見てきました!
私は古墳や、遺跡、発掘された埴輪や銅鏡などにすごく興味があるので、展示もおもしろかったです。
浜松市内にこんなにたくさんの古墳があるとは思わなかった。我が家のそばにもあった…!!小さい円墳が。

物販コーナーには、古墳型のポストイットや、古墳クリップ、縄文や弥生マステ、古墳や埴輪マステなんかも売ってて、私はテンションあがっちゃいましたよ!!
古墳グッズが密かに人気があるって、以前テレビで見たんですが、売っているのを見たことがなかったので、思わず全部買っちゃいそうになったけど、いやいや、待て待て。いっぱいあるでしょ、と、ブレーキをかけ(笑)クリップとブックレットだけ買ってきました。

発掘調査、発掘品の調査研究、保護、展示など、文化財の保存や管理はすごく地道で、大変な仕事なんですよね。でも、意義のある仕事でもあるので、私、昔、そういう仕事に就きたいと思ったことがあります。

2017年に放送された大河ドラマ『おんな城主直虎』のメモリアル展示もありました。懐かしい!!!直虎のことは知らなかったけど(浜松市民のほとんどが、直虎って誰?だったと思います…(^-^;)、ちゃんと全話、観ましたよ!!!
直虎の生涯、当時の歴史がプロジェクションマッピングを用いてわかりやすく伝える工夫がされていました。
ドラマの題字の本物の書が飾られていたし、出演者が写っている写真も…。三浦春馬さん、直親(なおちか)役で出演されていましたね…。

大河放映時に作られた、直虎のふるさと井伊谷マップもありました。これはとてもわかりやすい。まだまだ行ったことのない場所があるので、時間を見つけて訪ねてみたいと思います。


一階の、直虎の記念撮影コーナー。写真左隅にある、兜や甲冑をつけて、ここで写真が撮れるようになっていましたよ。

遺産センターを満喫したあとは、銘菓「姫様スティック」を買いに、気賀外山本店へ。創業明治18年という老舗菓子店です。以前、お友だちに連れて行ってもらってこのお菓子を買って食べたのですが、アーモンド好きの私をとりこにしたおいしいお菓子でした。


いちごジャムをはさんだスポンジが層になっている、上品なお菓子。


アーモンドのお菓子はもう一つ「姫様千両」もあり、こちらはサクサク感のあるクッキーです。こちらもおいしい♪
今回は贈答用に、「姫様千両」との詰め合わせを買いました。


まだ食べたことのないお菓子を味見したいと、「関所どら」と「姫様もなか」を購入してみました。姫様が乗ったお籠の形をしているもなかは、甘みを引き立てるゆかりが入っていてなかなかおいしかったです。

関所どらは、気賀の関所からの命名。関所のあった気賀宿は、浜名湖の北岸を迂回する、東海道の脇街道の宿場です。
現在は「姫街道」という名前で親しまれていますが、街道をこの名前で呼び始めたのは、幕末ごろからといわれています。
なぜ、かわいらしい「姫街道」という名がついたのかにはいくつか理由があるようです。
*女性が新居の関所の厳しい取り調べを避けた。
*女性が浜名湖を渡る危険な渡船を避けた。
*浜名湖にある新居関所は別名「今切関所」といい、今切が不吉な言葉なので女性が避けた。
*東海道を男性に、脇街道を女性に見立てて、「姫」とした。
など。

また、このあたりでは、江戸時代に公家や大名の姫様が姫街道を往来した様子を再現したお祭り「姫様道中」が、毎年4月に行われます。
20年以上浜松に住んでいるけれど、実はまだ一度も見たことがありません(^-^; 見たいんですけど、混雑が嫌で…。今年はコロナで中止になりました…( ;∀;)

そんなわけで、“姫様”という名前が商品についていることが多いのです。
直虎も、井伊家のお姫様だったんですよね(直虎は別人だったという説もありますが、お姫様だったことは確か)。
大河のおかげで、すっかり、直虎が浜松でも市民権を得た感じがします。