ラベンダーの咲く北海道ツアー

*****状況をかんがみて、中止となりました。いつかリベンジさせていただきたいと思っているので、このままブログに残しておきます!****

新型コロナウイルスの変異種が拡大し、都市部では緊急事態宣言が発令されるとのこと。
先がまったく読めない状況ではありますが、海外に行けない今、せめて国内旅行を楽しめれば・・・と思って企画させていただきました。

感染対策を徹底して行うのはもちろん、コロナの状況によっては中止の選択もありえます。
希望を失わず、募集を始めたいと思います。

《奥田実紀と行く 富良野&小樽》ツアー
2021年7月11日(日)~13日(火) 二泊三日
羽田発着

こちらからPDFをご覧いただくか、セブンカルチャーネットワークのHPから、詳細&申し込みができます。

名作『赤毛のアン』の世界をつくりあげた「カナディアンワールド」を訪ね、ラベンダーをはじめ、美しい花々が咲き乱れる北海道ならではの景色を堪能します。
この時期といえば、やっぱりラベンダーですよね!!ラベンダーは、赤毛のアンの物語にも登場するハーブ。そんなお話も、バスの中でたっぷりさせていただきたいと思います。

カナディアンワールドは、老朽化により取り壊しの危機にさらされましたが、反対する市民の方々が団結し、クラウドファンディングで、存続できることになりました(*^▽^*)
私も少しですが、寄付をさせていただきました。私の大好きなアンの世界が、こののちも残ると思うとほっとしています。

実は、北海道で海外気分を味わう、というテーマで、余市のニッカウヰスキー工場見学で、スコットランド気分を味わっていただこうと思っていたのですが、コロナ禍で10名以上の団体を受けつけていないのです・・・( ;∀;)
残念ですが、仕方がない・・・。ということで小樽フリーとなりました。行きたいところを自由に散策いただけます。

小樽で泊まるホテルは、Unwind Hotel&Bar Otaru。北海道発の外国人専用ホテルとして建設された、歴史ある建物です。2019年に、ブティックホテルとして生まれ変わり、海外に来たような素敵な空間を味わえますよ~。

コロナでどうなるかわかりませんが、希望を持って、一緒に旅ができますことを楽しみにしています。
よろしかったら、お申込みお願いいたします。できる限りのおもてなしをさせていただきます。
サイトはこちら。https://www.7cn.co.jp/7tabi/index.html

 

カナディアンワールド再出発

昨年の10月に閉園した、北海道芦別の「カナディアンワールド公園」。
小説『赤毛のアン』の世界をイメージしたテーマパーク、閉園後は公園となっていましたが、とうとう建物も壊されることに…
しかし!民間の方が立ち上がりました!

私は再建のためのクラウドファンディングに少しだけご協力させていただきました。目標額の2倍もの額が集まったそうで、本当に良かったですね。

すでに、再スタートして、開園されているご様子。

先日、リターンのお礼の品が届きました(*’ω’*)

アニメ「赤毛のアン」のアンの声をされた声優山田栄子さんのサイン入りマグカップと、限定オルゴールCDと、ポストカード。

お礼の品が欲しくて寄付したわけではないので、何もリターンなくてもよかったんですが、思い出としてありがたく取っておきます。
サインが薄くなると嫌なので、マグカップは飾っておきます!(笑)

私としては、実はこれまで一度もカナディアンワールド(公園になったあとも)には行ったことがないので、旅行がてらずっと行きたいと思っていました。
が、この新型コロナウイルスの感染拡大で、はるばる北海道まで行く勇気はまだありません(;_:)
お近くの方はぜひ、行ってみてくださいね。

コロナが収束したら、ツアーを組んで行きたいです(#^^#)
北海道で落ち合って、カナディアンワールドや富良野、小樽など、みなさんと一緒に観光して回りたいと、今からわくわくしています。早く、コロナが収束しますように…。

ーーーーーーーー

★★私の創作物語【小説投稿サイト 小説家になろう】にアップしています。
無料ですので、お時間のある時に、読んでいただけましたら幸いです。読むだけでしたら、会員登録もいりません(ブックマークに登録する場合は会員登録が必要)

★★「念いのかけら」→ https://ncode.syosetu.com/n7968gc/
『赤毛のアン』へのオマージュで書いた小説です。赤毛のアンの舞台になったプリンス・エドワード島に住んでいた私の実体験をもとに、一人の少女の成長物語を描きました。

★★「おれは女子高生」→ https://ncode.syosetu.com/n8540gc/
私自身の、女子高校時代を懐かしんで書きました。ラノベ、ラブコメといえなくもない…(笑)

★★「勝軍地蔵 お頼み申す」→ https://ncode.syosetu.com/n5652gg/
中学生の女の子が、突然現れた勝軍地蔵様からお願いされたこととは…??

カナディアンワールドを応援しましょう!

昨年10月に閉園し、取り壊されることになっていた「カナディアンワールド」。それについては以前の日記に書きました→https://mikiokuda.com/2019/09/25/canadianworld/

その後、民間団体が引き継ぐことになり、取り壊しはなくなったそうです!!
よかった~~~!!

とはいえ、維持していくには資金が必要ということで、クラウドファンディングで皆様のご寄付を募っておられます。

私もちょこっとですがご協力をしました!
貴重な、赤毛のアンの世界を守るために、お心を寄せていただけたらうれしいです! 私は直接関りはないけれど、赤毛のアン好きとして放っておけません(#^.^#)

クラウドファンディングの詳細・ご協力はこちらhttps://readyfor.jp/projects/canadian-world

上記URLをクリックするとこのような画面が出ます。右側にいくらでどのようなお礼が来るかが明記されているので、そこから選んで寄付します。
++++→おかげさまで、2月18日という、とても早い時期に目標が達成されたそうです!!!!( ^)o(^ )おめでとうございます!!締め切りの3月31日まで、まだまだ受け付けているので、ぜひご協力をお願いします<(_ _)>(直接の関係者じゃないけど…お願いします)

クラウドファンディング、私は以前もこのサイトから行ったことがあります。他にもさまざまなクラウドファンディングが掲載されていて、それらをざっと見ただけでも、みなさん頑張っていることがわかり、こちらまで元気をもらえるんです。ここになら協力したい!というプロジェクトもいろいろありました。
私の故郷・宮城県と関わりのある、こんなクラウドファンディングも見つけました!!

【気仙沼と共に歩む】桑の和紅茶で健康に!毎日飲める優しい風味
https://readyfor.jp/projects/hinomulberrynet

ハーブにはとても興味があるので、これは応援したいなと思っています。みなさまも、応援したいプロジェクトがあったら、ぜひ、お心を寄せてみてはいかがでしょう。

さようなら、カナディアンワールド

北海道の芦別市にある、カナディアンワールドに行かれた方、いらっしゃるでしょうか。

小説「赤毛のアン」の世界と19世紀のカナダの街並みを再現したテーマパークカナディアンワールド」は、1990年に開園。
本場カナダの、赤毛のアンの舞台プリンス・エドワード島から、アンに似た女の子や、クラフトの職人さんなどを招くなど、それは力を入れて宣伝活動をし、1993年には、芦別市はプリンス・エドワード島の首都シャーロットタウンと姉妹都市提携を結びました(今も続いているようです)。
1997年に、プリンス・エドワード島の赤毛のアンの家「グリーン・ゲイブルズ」が火事になった時、島には家の設計図がなく再建(全焼したわけではなかったものの)が危ぶまれたのですが、このカナディアンワールド内にグリーン・ゲイブルズを建てた際の図面が残っていたおかげで、本家のグリーン・ゲイブルズは無事にもとの姿に戻ったのでした。
開園当初は大きな話題になったものの、バブルの影響も受けて破綻、1998年に閉園しました。

翌年、芦別市が管理する無料の公園として再オープンしましたが、老朽化で維持ができないとのことで、とうとう、今年2019年10月20日(日)に閉園されるそうです(;O;)
1990年の開園当初、パンフレットを取り寄せて行く気満々でいた私。結局、北海道ではなくプリンス・エドワード島へ向かい、そこで生活。その後、執筆、結婚、子育て…があり、北海道は遠いということもあって、一度も行けないままでした。ほぼ30年が経過したということですよね。
寒さが厳しい北海道で、木造の建物を維持していくのは大変なことで、費用が必要な反面、無料の公園であれば収入もほとんどなかったでしょうし、どこかで決断はしなくちゃいけなかったのでしょう。

現在、静岡空港から札幌まで飛行機が飛んでいるので、何とか、最後に一度行きたいと思って予定を立てようとがんばったのですが、かなり無理しないとだめだということがわかり、残念ですが、諦めました。

行かれた方のサイトや写真を見て、行ったという想像をふくらませて、別れを惜しもうと思います。何事も、終わりは悲しいものですが、今までありがとうと、感謝で終わりたいですね。(行ってない私が言っても説得力ないですね…すみません)。
もし、間に合う方は、ぜひ行ってみてください<(_ _)>

行ってないのに、カナディアンワールド・グッズが手元にあるのは、フリマサイトで少しずつ、手に入れてきたからでして(;^_^A
荒井良二さんのイラストが好きなんです。右側に写っているオリジナルCDはいい曲ばかり入っていて、赤毛のアンの展覧会をした時にはずっとかけていましたし、今も時々聴いています。

人形も欲しかったのですが、意外と高いお値段で出品されていたのと、すでにPEIで買ってきた人形がいっぱいあるのと、断捨離もしなくちゃいけないので、手を出していません(^-^; とか言いながら数年後に持っているかもしれません(笑)

**インスタグラムの私のこの投稿を見た方から、閉園後は民間で運営維持していくための動きがあるとのコメントをいただきました。もしそうなったら、取り壊しされずに済みますね!今後の動きがわかったらまたこちらでご案内させていただきます!→2020年、民間団体での運営が決まりました!が、資金が必要とのことでご寄付を募集中→https://mikiokuda.com/2020/02/08/canadianworld-2/
→目標額を達成し、無事に、運営がなされています。

***プリンス・エドワード島にあるグリーン・ゲイブルズの火事を検索していたら、昨年の夏、「グリーン・ゲイブルズ郵便局」でも火事があったとのこと!けが人はなく、一部の損傷のみで済んだそうで、ほっとしました。出火原因は何だったのでしょうか。1997年にはグリーン・ゲイブルズも火事にあっているし、どちらも赤毛のアン関連施設というのも気になります。