アリスのお茶会@浜松、終了しました

イギリス、ロンドンにあるヴィクトリア&アルバートミュージアムで始まったアリスの特別展「Alice:Curiouser and Curiouser」!

Curiouser and Curiouserというのは、ますます奇妙な、という意味で、『不思議の国のアリス』に出てくるセリフで、「チョー変!」と訳されています。

ミュージアムの説明より。
アリスの本が出版されてから157年。
世界的に、あらゆる世代に愛されるようになった「不思議の国のアリス」の、誕生から現在にいたるまでの進化を探っていく展覧会だそうです。

行きたい!!のに行けないよぉ~~(;O;)コロナめ~(;_:)

先週、ちょうど浜松で、不思議の国のアリスのお茶会を開催していたのでした。

「ヘッドスパ&グラスルーエ シャルール」さんにて、スコーン、イースターのお茶会に続き、3回目となるお茶会です。
シャルールさん、いつもありがとうございます<(_ _)>

アリスをイメージしたお菓子を、料理教室を運営されているボナペティさんにオーダーさせていただきました。
いつも、手を抜かないかわいらしいお菓子を作ってくださるボナペティさん。
今回もこんな素敵なお菓子が!!!!(≧▽≦)

アリスの物語は、ディズニーのオリジナルではなく、イギリスの作家ルイス・キャロルが書いたものです。
イギリスの物語なので、イギリスのお菓子をベースに・・・ということで、さわやかなサマープディングがいいのでは?と
お伝えしたところ、アリスをイメージしたかわいいサマープディングを作ってくださいました~(#^.^#)

サマープディングは、夏のフルーツ(ストリベリー、ラズベリー、ブラックベリー、レッドカラントなど)の砂糖煮に、薄切りしたパンを浸したもの。
型に入れてぎゅっと固めるので、見た感じは表面がパンとは思えないんですよね。
パンにベリーソースがしみてやわらかくて、クリームをつけて食べるとなおおいしい。中身はベリーの砂糖煮なのですが、ボナペティさんは中にイチゴのムースを入れてくださいました♪ 変化がついて飽きません。

表面の、パンのあえての重なりを見せているのは、アリスに登場するチェシャ猫の縞々模様をイメージしたんだそうです。
そしてトップにはこれまたアリスに出てくるトランプを♪♪ハートは手で描いてくれました。

砂糖煮に浸しているものの、酸味のあるベリーが入っているので、甘すぎず、中のイチゴムースもマッチして、みなさん大絶賛されていました!
私も、何度でもオーダーしたくなるほど気に入りました(^^)/
ボナペティさん、いつも本当にありがとうございます!!

セミナーでは、アリスの物語は、モデルになったアリスという女の子がいたこと、作者のキャロルについて、初版のゴタゴタ、二人が住んでいたオックスフォードの町や大学についてなど、いろいろお話をさせていただきました。

上の写真の左にうつっているのは、オックスフォードのフランク・クーパーマーマレード。王室御用達ですが、もともとはアリスのお母さんのレシピがもとになっていますので、これは試食していただかねば。

最初はネットで買いましたが、なんと、浜松の百貨店に売っていた!灯台下暗し(笑)

甘すぎるマーマレードが私は好きではないのですが、このマーマレードは大人の味!で、好きです。

ボナペティさんのサマープディングと一緒に飲んでいただいたのは、その名も「不思議の国の紅茶」。アリスの絵が描かれています。


ティーバッグの袋にもアリス♪
ブレックファストティーと、アールグレイの2種類をご用意。
輸入食品店でよく見かけていましたが、購入したのは初めてです。スリランカで摘み取られてから4週間以内に包装された、と書いてあります。また、ティーバッグは化学漂白をしておらず、レインフォレストアライアンス認証も受けています。

ティーバッグの持つ部分には「DRINK ME!」と書いてある~。

お土産用にご用意させていただいたアリスのお菓子。
↑ディズニーの絵柄のハートの形のクッキー。4袋が連なっている子ども用のお菓子。久しぶりに子ども用のお菓子を買いましたよ(^^ゞ

↑ネットで探して見つけたのは、アリストランプの駄菓子。
ゼリーをちょっと堅めにした食感、グミみたいな、お餅みたいな。
駄菓子屋さんで売ってるあのお菓子に似ています。名前わからないけど、さくらんぼとかみかん味で、正方形の小さなグミが12個入ってるやつ。
絵柄の種類が豊富で、紅白でかわいいです。

ご参加くださったみなさんが喜んでくださったのが何よりうれしいです。ありがとうございました。

次回は、『ニッポンでつくられた和紅茶の魅力』。
日本各地で作られている和紅茶を飲み比べしていただき、最後にお菓子と一緒に和紅茶でティータイム。
残席はあと1名です。
感染対策を徹底したうえで少人数で行います。
2021年6月16日(水)
午後の部 13:30~15:00
場所:ヘッドスパ&グラスルーエ シャルール(浜松市中区 曳馬)*詳細はお申込み確定後にお知らせいたします
参加費:2,500円(お菓子、お茶、資料込み)

お申込みは私まで。よろしくお願いします!

おいしいものおもしろいもの⑥

私が住む浜松では、新型コロナウイルスの感染者はまだ数えるほどしか出ていませんが、油断してはいけないと思います。
自分が感染者になっているかもしれないという自覚で一人一人が行動しないと、いつまでたっても収束には向かいません。
政府があてにならないのですから、私たちが自分のこと、自分の周りのことに責任を持って対処していきましょう。

家にいる時間が長いので、どうしても食べることに楽しみにを見出してしまいますね(^-^;

コロナの感染拡大の影響で、延期になってしまった「不思議の国のアリスと英国紅茶の会」。
コロナが収束し、安心して開催できる日がいつなのかが、まったく見えませんが、アリスの雰囲気を味わいながら、早くその日が来ることを祈っています。

こちらは、お店で見つけた、アリスが描かれたショートブレッド。

イギリスのお菓子かと思いきや、原産国はイタリア(;^_^A ショートブレッド・クッキー、と書いてあるので、食べてみると、確かに”クッキー”。

ショートブレッドはもっとバターが入ってないと、パンチに欠けて、クッキーになりさがってしまうのです(;^ω^) でも、紅茶と一緒においしくいただきましたよ。
同じメーカーなのかな、アリスが描かれている紅茶のティーバッグも売っていました。激安でしたが、家に山のようにおいしい紅茶があるので、そちらはパス・・・。

アリスは不動の人気なので、お菓子メーカーもちょくちょく取り上げていますよね。ロッテのチョコパイで、アリスを取り上げてた時期がありました↓
数年前だったかな??

なんと二種類も出てました。

こちらはハーゲンダッツ。これも数年前くらい?? おもしろいものは、こうやって写真に残しておくんです(^^ゞ 二度と発売されない可能性が高いから、記念にね。

ーーーーーーーー

★★私の創作物語【小説投稿サイト 小説家になろう】にアップしています。
無料ですので、お時間のある時に、読んでいただけましたら幸いです。読むだけでしたら、会員登録もいりません(ブックマークに登録する場合は会員登録が必要)

★★「念いのかけら」→ https://ncode.syosetu.com/n7968gc/
『赤毛のアン』へのオマージュで書いた小説です。これがネット小説第一号でしたが、サイトが閉鎖されてしまいましたので、新しく、大幅に加筆して再公開しました。赤毛のアンの舞台になったプリンス・エドワード島に住んでいた私の実体験をもとに、一人の少女の成長物語を描きました。

★★「おれは女子高生」→ https://ncode.syosetu.com/n8540gc/
私自身の、女子高校時代を懐かしんで書きました。ラノベ、ラブコメといえなくもない…(笑)だんだん女子高、男子高がなくなっていくのが寂しいです。