遠州の小京都・森町 その3

森町さんぽのつづきです。
その1→https://mikiokuda.com/2020/10/22/ensyumori1/
その2→https://mikiokuda.com/2020/10/23/ensyumori2/

初めて行く「ハミングバード」さん。ご自宅ショップなのかな?グーグルの道案内で行きましたが、ちょっと迷いました(;^_^A

お菓子好きが高じて販売するようになったそうです。口コミで評判になって、午前で完売してしまう日もあるとか。
スコーンも毎週出るわけではなく、その週によってラインナップが変わるそうで、この日はスコーンがあったので、本当にラッキーでした(*^^*)


アールグレイとオレンジのスコーン
ホワイトチョコとマカダミアのスコーン
スコーンはアルミ箔に包んで、トースターで温めます。この一手間をするとしないのとでは大違い。おいしく食べるには、この作業は絶対に必要~!!!
さくっとしていて、私好みのスコーンです。お茶が進みます。プレーンじゃないので、そのまま食べても十分満足。

そういえば、現在、毎日曜に放映している『アンという名の少女』の4話で、アンが友達のルビーに「スコーンを焼いてもっていきましょうよ」というセリフがありました。( ,,`・ω・´)ンンン?違和感!!
私、カナダに住んでいた時に、スコーンという言葉を聞いたことがなかったので・・・。そこで、音声を英語に変えてみました(毎回、録画しているんです)。
すると、「ビスケット」と言っていました。
そう、カナダやアメリカでは、イギリスのスコーンは「ビスケット」と呼ばれているのです。ビスケットはよく出てくるお菓子(というかパンというか…)。

で、持って行ったビスケットを牧師さんが手にしたシーンがこちら。

レーズンか、チョコレートが入っているのかな。厚みがあるので、確かにイギリスでいうところのスコーンですね。


ハミングバードさんで買ったもうひとつは、栗のヴィクトリア・スポンジ
私、栗が大好きなので、こちらもおいしくいただきました♪

イギリスのヴィクトリア・スポンジ(ヴィクトリアケーキ、ヴィクトリアサンドイッチとも呼ぶ)は、パウンドケーキにラズベリージャムをはさんだもの。ふわふわの軽いケーキではなく、どっしりした食べ応えのあるケーキで、ハミングバードさんのもまさにそれです。バタークリームも入っているのでさらにどっしり感があり、こちらも紅茶が進みました~。

 

—————————–

オリジナル小説を、【小説投稿サイト 小説家になろう】というサイトにアップしています。無料で読めますので、ぜひ、読んでみてください!(^^)!
携帯でもパソコンでもOK。読むだけでしたら、会員登録もいりません(ブックマークに登録する場合は会員登録が必要)。

★★「勝軍地蔵 お頼み申す」→ https://ncode.syosetu.com/n5652gg/
中学生の女の子が、突然現れた勝軍地蔵様からお願いされたこととは…??
これは、地元・浜松の秋葉神社信仰をヒントに書いたファンタジーです。

★★「念いのかけら」→ https://ncode.syosetu.com/n7968gc/
『赤毛のアン』へのオマージュで書いた小説です。これがネット小説第一号でしたが、サイトが閉鎖されてしまいましたので、新しく、大幅に加筆して再公開しました。赤毛のアンの舞台になったプリンス・エドワード島に住んでいた私の実体験をもとに、一人の少女の成長物語を描きました。

★★「おれは女子高生」→ https://ncode.syosetu.com/n8540gc/
私自身の、女子高校時代を懐かしんで書きました。ラノベ、ラブコメといえなくもない…(笑)だんだん女子高、男子高がなくなっていくのが寂しいです。

おいしいものおもしろいもの⑯

浜松近辺では、最近、スコーンを販売するお店がだいぶ増えてきました。
スコーンはイギリスのお菓子ですから、イギリス好きとしてはどんな味なのか、一度は食べてみなくては!と思うわけです。

ただ、私、並んだり、予約したりするのが嫌いで…(;^ω^)
ありがたいことに、友人がちょうどそこへ行って、買ってきてくれました。持つべきものは親切な友達!!(≧▽≦)

こちらは、隣の磐田市にある「おやつカフェGuug」さんのスコーン。
お茶やチョコ、レモンといったさまざまな食材を使ったスコーンが並びます。

そしてこちらは、森町にある和菓子店「土屋製菓」さんのスコーン。
和菓子店らしく、あんこを使ったスコーンと、酒かす&白餡を使ったスコーンが定番で並ぶようです。

イギリスのスコーンやクリームやジャムをつけて食べるのが普通ですが、上記どちらのスコーンも、そのまま食べられるように工夫されています。クッキーに近い感覚でしょうか。

スコーン探偵、これからも続きます(笑)

おいしいものおもしろいもの⑮

広島のTea Story紅茶教室の岡本啓美先生と、岡山の薬膳料理教室の先生から、おいしいものをいただきました♪


こちらは、なかなか買うことができない、幻の「クッキーローゼ」。
兵庫県・夙川にあるドイツ菓子店「ミッシェルバッハ」の看板商品だそうで、毎日行列ができるとか。
岡本先生の近所の菓子店で似たクッキーがあり、買いに行ってみたところ、なんと、先代のミッシェルバッハのオーナー直伝のクッキーだったとのこと!!!
うれしい発見だったの~~~!(^^)!と、私におすそ分け。
クッキーで行列がきるなんて、と思ったけれど、食べてみてびっくり!!
クッキーの概念をくつがえすほどのおいしさだった…(≧▽≦)
やわらかくて味わい深い、そして嫌な甘さがない・・・・(;゚Д゚) 驚愕です。
もったいないので、毎日1枚ずつ、ありがた~くいただきました(^^ゞ


岡山の先生からは、岡山名産の桃やぶどうを使ったお菓子や紅茶、コーヒーなど、をた~くさん♪
紙製のティーポット&ティーカップに盛り付けてかわいらしく撮影してみましたよ。


紙製なので、すごくちゃちいです(^^; 子どもの時におままごとして遊んでいたのを思い出します(;^_^A 遠くから見ると、紙製には見えない…かな??
以前、ネット広告で、この紙製のティーカップ&ティーポットがセットで売っているのを見つけて、安かったことや、バラ柄がかわいかったし、小さいものを入れておいたり、プレゼントの箱にしてみるのも楽しそうだなと思って、買ってみました。
実物は思ったより大きくて、存在感がありました(笑)

おいしいものをいただくと、コロナのストレスも軽くなります。
ありがたいです(≧▽≦)

—————————–

オリジナル小説を、【小説投稿サイト 小説家になろう】というサイトにアップしています。無料で読めますので、ぜひ、読んでみてください!(^^)!
携帯でもパソコンでもOK。読むだけでしたら、会員登録もいりません(ブックマークに登録する場合は会員登録が必要)。

★★「勝軍地蔵 お頼み申す」→ https://ncode.syosetu.com/n5652gg/
中学生の女の子が、突然現れた勝軍地蔵様からお願いされたこととは…??
これは、地元・浜松の秋葉神社信仰をヒントに書いたファンタジーです。

★★「念いのかけら」→ https://ncode.syosetu.com/n7968gc/
『赤毛のアン』へのオマージュで書いた小説です。これがネット小説第一号でしたが、サイトが閉鎖されてしまいましたので、新しく、大幅に加筆して再公開しました。赤毛のアンの舞台になったプリンス・エドワード島に住んでいた私の実体験をもとに、一人の少女の成長物語を描きました。

★★「おれは女子高生」→ https://ncode.syosetu.com/n8540gc/
私自身の、女子高校時代を懐かしんで書きました。ラノベ、ラブコメといえなくもない…(笑)だんだん女子高、男子高がなくなっていくのが寂しいです。

おはぎ&シャインマスカット

25日まで、秋のお彼岸ですね。
おはぎを買ってきて、いただきました♪

なぜ、おはぎ? 材料であるあずきの赤い色は「魔をはらう」とされており、
「悪いものが入ってこないように」という思いをこめておはぎを食べるそうです。
おいしそうだったので、みたらし団子も買っちゃった(^^ゞ

岡山のお友だちが贈ってくれたシャインマスカットも一緒に♪
フルーツ大好きなので、とてもうれしい(#^^#)

天国にいるご先祖さまに思いを寄せて。
亡くなってあの世にいった家族はみんなご先祖様になります。
まだ、姉の死から立ち直れていません…。でも、元気でがんばるよ。

気賀のビューポイント

バーチャル『ウォークラン』で、井伊谷城址にのぼったあと、お友だちがもう一か所、眺めのいい展望台を教えてくれたので、一緒に行ってきました!

「国民宿舎奥浜名湖」の隣にある、細江公園です。
何度か、この道路は車で走り抜けたことがありましたが、公園があるとは知らなかった(^▽^;)
万葉歌碑や文学碑が点在していることも初めて知った…(^^;
夏ということもあるのか、あまり手入れがされていないのか、草木もぼうぼうで、今、散策するのはちょっと怖い…。

展望台は、駐車場から歩いてすぐ。
気賀関所がある、気賀の町が眼下に…。
そして、遠く浜名湖の姿も見えましたよ♪♪

右奥にかかっているのが、東名高速道路の浜名湖橋
手前左の赤いアーチの橋が、都田川にかかる「みをつくし橋」。


時間があえば、一両だけの、天竜浜名湖鉄道が走っているのが見えますが(写真にある緑色の鉄橋がそれ)、日中は一時間に一本しか走ってないので、
私たちがいる間に姿は見えませんでした(^^;

↑案内板に書いてある「北区直虎ビューポイント」というのが気になりました。
先ほどのぼった、井伊谷城址の案内板にも、この北区直虎ビューポイントの文字があったではないですか。
調べてみると、「大河ドラマ『おんな城主 直虎』の放送で高まった北区の魅力再認識にいかしたい!」「豊富な眺望適地をみんなに楽しんでもらいたい!」そんな思いから生まれたんだそうです。
やっぱり、大河ドラマがきっかけなのね。
現在、7つのビューポイントがあるようで、そのうち2つを今日制覇!
他のところも行ってみたいと思いました!

この眺めのいいところで、先ほど、「田空旬彩市(でんくうしゅんさいいち)」 で買ったソイ・ジェラートを食べました(≧▽≦)
これ、浜松市北区の会社が作っているんですよ!!(って、私も今日知ったんですが(笑))
材料はすべて有機JAS認証取得
牛乳・卵・小麦粉・食品添加物不使用
ということで、出来る限り、ヴィーガン生活を心がけている私も安心して食べられるのが、うれしくて!!

味は、6種類もありましたが、無難にバニラをチョイス。甘すぎず、ココナッツの味がさわやかで、気に入りました(#^^#)
次に市場に行った時は、他の味も試してみたいと思います!
検索したら、楽天市場でも売ってましたよ♪ ご興味のある方はお試しくださいね。

おいしいものおもしろいもの⑭

 

台湾旅行に行ってからというもの、すっかり台湾好きになってしまった私。
新型コロナのせいで、台湾旅行も、次にいつ行けるのでしょう…(;O;)

お茶好きなので、台湾では、烏龍茶紅茶をテーマに旅をしていますが、もちろん、タピオカミルクティーも大好きです♪
台湾は豆乳が当たり前のように生活に根付いているので、ソイ・タピオカミルクティーもおいしいの~(≧▽≦) 私は豆乳愛飲者でーす♪

日本でも、まだまだ、タピオカミルクティーの人気は健在ですよね。
台湾に行くことができないので、タピオカミルクティー味のスイーツを見つけては、思わず手に取ってしまいます。


スーパーカップのタピオカ紅茶ラテ味。不思議な食感で、くせになりそう。


こちらもタピオカミルクティー味のアイス。リプトンの紅茶を使っているので、紅茶通の間でも話題になりました!


チロルチョコの、タピオカミルクティー味。数個セットで売ってました。


LOOKチョコレートの、タピオカミルクティー味。懐かしのLOOKチョコ。


コロナがなければ、スコットランドツアーで5月にスコットランドに行き、そこでスコットランドのお茶農家さんにお土産にあげるつもりで買っていた抹茶味のチョコ。行けなくなったので、やけになって自分で食べました(;^_^A

抹茶、ほうじ茶、紅茶、そしてタピオカミルクティーと、スイーツ業界でも、お茶(それも国産の)を使うようになってくれて、お茶好きとしては嬉しい限りです(*^^*)

—————————–

オリジナル小説を、【小説投稿サイト 小説家になろう】というサイトにアップしています。無料で読めますので、ぜひ、読んでみてください!(^^)!
携帯でもパソコンでもOK。読むだけでしたら、会員登録もいりません(ブックマークに登録する場合は会員登録が必要)。

★★「勝軍地蔵 お頼み申す」→ https://ncode.syosetu.com/n5652gg/
中学生の女の子が、突然現れた勝軍地蔵様からお願いされたこととは…??
これは、地元・浜松の秋葉神社信仰をヒントに書いたファンタジーです。

★★「念いのかけら」→ https://ncode.syosetu.com/n7968gc/
『赤毛のアン』へのオマージュで書いた小説です。これがネット小説第一号でしたが、サイトが閉鎖されてしまいましたので、新しく、大幅に加筆して再公開しました。赤毛のアンの舞台になったプリンス・エドワード島に住んでいた私の実体験をもとに、一人の少女の成長物語を描きました。

★★「おれは女子高生」→ https://ncode.syosetu.com/n8540gc/
私自身の、女子高校時代を懐かしんで書きました。ラノベ、ラブコメといえなくもない…(笑)だんだん女子高、男子高がなくなっていくのが寂しいです。

おいしいものおもしろいもの⑬

地元以外ではあまり知られていないかもしれません…が、
浜松には「うなぎいも」という、とってもおいしいさつまいもがあるんです。

浜松はうなぎの養殖で有名ですが、そのうなぎの、普段は捨ててしまう骨や頭などを肥料に栽培したさつまいもが、うなぎいも。
浜松はさつまいもの産地としても歴史があるので、2つの浜松食材を組み合わせたのが「うなぎいも」なのです。

うなぎの栄養をたくさんもらっているからか、このさつまいもはものすごく甘い!!んです。

うなぎいもを使った商品はたくさんあり、詳しくは公式サイトをご覧ください♪
浜松駅の売店でも売っていますし、ネット通販もしています。

私はいつも、近所のスーパーで買っていますが、とにかくぞっこん惚れ込んでいるのが「密っとりパイ」↓
さつまいもが持つ甘さが際立っていて、ケーキのようなしつこい甘さがないのが気に入っています。食感もよくて食べ応えあります。

430円と、私にとってはそうそう食べられない高嶺の花ですが(;_:) このパイを食べると本当に幸せな気持ちになります(≧▽≦)

 

こちらは「うなぎいも 銀の純ポテト
長期熟成と二度焼き製法のスイートポテト。
こちらもおいしいけれど、私の好みとしてはやっぱり、密っとりパイですね~~~。毎日でも食べたい…(笑)

そんなわけで、勝手に応援しているうなぎいも(^^ゞ まだ食べられたことがない方、おすすめですよ~(≧▽≦)

おいしいものおもしろいもの⑫

前回の⑪でもご紹介した、新型コロナウイルス感染拡大で打撃を受けた事業者の方々が購入支援を呼びかけるフェイスブックのサイト(https://www.facebook.com/groups/248092736319363/ フェイスブックをされていない方でも、明記されている連絡先から購入できますのでぜひご協力を♪)からいろいろと購入している私です。

こちらは、一口サイズの「フォンダンショコラ」。

航空会社のファーストクラスで提供されているとの説明で、ファーストクラスには縁のない私はせめてスイーツだけでもファーストクラス気分を味わいたい!!!と思いまして(;’∀’)

レンジで温めると、中のチョコがとろ~りと出てきて、それはもう、至福の瞬間でございました(≧▽≦)

こちらは、治一郎の夏季限定の「レモン・ケーキ」。
治一郎というのは、浜松の高級スイーツブランド。関東や関西にも展開している「バウムクーヘン」で特に有名です。(なんと、仙台にもあった!!)
浜松市内にある工場の直売所に行くと、切れ端を安く売っているので、自分用のバウムクーヘンはいつもそれを買います(笑)
切れ端といっても、商品は同じなのでお得なわけで、これを狙って行列ができるほどの人気です。

私個人としてはレモン・ケーキというものに興味がなく、買ったことはないのですが、お友だちがおいしかったというので買ってみました。
さすがに治一郎、上品なお味でした。

おいしいものおもしろいもの⑪

県をまたいだ移動が解禁になっても、withコロナ。
まだまだ、コロナ禍で困っている方々がいらっしゃいます。
フェイスブックでは新型コロナウイルス感染拡大で打撃を受けた事業者の方々が購入支援を呼びかけるサイトがあり、私も少しでも応援になればと、いくつか購入させていただいています。

価格もコロナ禍価格になっていて、普段なら買わないかもしれない高価な商品も、お安く買えるので、私たち消費者にとってもありがたいメリットが。
自分だけでなく、お世話になっている方へも贈ってみたり。
送料がけっこうかかるので、近所のお友だちとシェアして工夫したり…。

この間、「京・月待庵」さんの豆煎餅をご紹介しましたが、豆好きの私は、↑こちらの甘納豆も上記サイトから購入してみました!

大分の甘納豆。八女の新茶とセットで、すごくお得でした!
お年寄りっぽいと言われようが、私は甘納豆が大好きなのです。
チョコ、黒豆きなこ、八女抹茶、黒豆、ほうじ茶と、いろいろな味が楽しめます♪
今は甘納豆も大変にオシャレになりましたね。

そして、以前も日記にも書きましたが、あんこ好きの私がまたしても、あん食パンを買ってしまいまして…。
カットしてあるので、あとは食べるだけ(笑) 食べきれないので冷凍して少しずついただいています。
どっしりとして、かつ厚くカットしてあるので、これは食事になります(;^_^A 甘すぎず、あんこもとても上品です。

ーーーーーーーー

★★私の創作物語【小説投稿サイト 小説家になろう】にアップしています。
無料ですので、お時間のある時に、読んでいただけましたら幸いです。読むだけでしたら、会員登録もいりません(ブックマークに登録する場合は会員登録が必要)

★★「念いのかけら」→ https://ncode.syosetu.com/n7968gc/
『赤毛のアン』へのオマージュで書いた小説です。これがネット小説第一号でしたが、サイトが閉鎖されてしまいましたので、新しく、大幅に加筆して再公開しました。赤毛のアンの舞台になったプリンス・エドワード島に住んでいた私の実体験をもとに、一人の少女の成長物語を描きました。

★★「おれは女子高生」→ https://ncode.syosetu.com/n8540gc/
私自身の、女子高校時代を懐かしんで書きました。ラノベ、ラブコメといえなくもない…(笑)だんだん女子高、男子高がなくなっていくのが寂しいです。

★★「勝軍地蔵 お頼み申す」→ https://ncode.syosetu.com/n5652gg/
中学生の女の子が、突然現れた勝軍地蔵様からお願いされたこととは…??

おいしいものおもしろいもの⑩

あんこが大好きで、以前もあんこのスイーツをアップしました→https://mikiokuda.com/2020/03/19/food3/

今回はあんこ第二弾です♪♪

浜松のお茶屋「茶葉屋」さんが作っている「ほうじ茶どら焼き」。
感謝」という言葉が焼き付けてあるのが心憎い。プレゼントにもいいですよね。
しっかりとほうじ茶の味がして、これはリピートしたいと思ったお気に入り!!!

もうひとつのどら焼きは、ちょっと変わったどら焼きです!

お世話になっている東京のCha Tea紅茶教室さんから届いたお福分け♪
京都の「笹屋伊織」さんの銘菓どら焼きは――初めて見たのですが、真ん中にあんこが入ったロール状!

江戸時代末期の当主が、東寺のお坊さんからの依頼を受け、熱した銅鑼の上で焼いて、それを竹の皮で包んだのが始まりとか。
手間ひまかかるので、弘法大師の月命日の21日だけの販売だったそうですが、今は20~22日の三日間になっているそう。
そんな貴重なお菓子をいただけて幸せです(≧▽≦)

一緒に送っていただいたキームン紅茶とともにお茶タイム。相性も抜群。
ChaTeaさん、ごちそうさまでした♪♪

ーーーーーーーー

★★私の創作物語【小説投稿サイト 小説家になろう】にアップしています。
無料ですので、お時間のある時に、読んでいただけましたら幸いです。読むだけでしたら、会員登録もいりません(ブックマークに登録する場合は会員登録が必要)

★★「念いのかけら」→ https://ncode.syosetu.com/n7968gc/
『赤毛のアン』へのオマージュで書いた小説です。これがネット小説第一号でしたが、サイトが閉鎖されてしまいましたので、新しく、大幅に加筆して再公開しました。赤毛のアンの舞台になったプリンス・エドワード島に住んでいた私の実体験をもとに、一人の少女の成長物語を描きました。

★★「おれは女子高生」→ https://ncode.syosetu.com/n8540gc/
私自身の、女子高校時代を懐かしんで書きました。ラノベ、ラブコメといえなくもない…(笑)だんだん女子高、男子高がなくなっていくのが寂しいです。

★★「勝軍地蔵 お頼み申す」→ https://ncode.syosetu.com/n5652gg/
中学生の女の子が、突然現れた勝軍地蔵様からお願いされたこととは…??