アリスのアフタヌーンティー@森ビル

先回、森アーツセンターギャラリーの「特別展アリス ~ へんてこりん、へんてこりんな世界 ~」を観に行ったことを書きました

鑑賞後、同じ階にある「THE SUN & THE MOON」でコラボレーションアフタヌーンティーをいただいてきました。お友だちもここから合流♪

 

東京タワーとスカイツリーの両方が眺められるすばらしい眺望!!曇りで天気が悪かったのは残念。以前ムーミン展で来た時も曇りだったんですよね・・・。雨じゃないだけありがたいですが。

テーマの「へんてこりん、へんてこりんな世界」をイメージしたアフタヌーンティー。
アリスの世界に登場する白うさぎや、チェスや時計のデザートなどに加え、見た目はスイーツなのにセイボリーの“へんてこりん”なメニューもラインナップしました。(HPより)

この6段のスタンドは映えますし、迫力もありますよね~~~。

まずはお約束の(笑) 撮影タイム。あっちにやったり、こっちにやったり・・・いつも撮影時間が長い私たち(~_~;)

1stage
グレープフルーツとピスタチオクリームのうさぎのポット・バニラマカロン

2stage
季節のフルーツカクテル、時計のゼリー・キャラメルバナナのティーカップケーキ

3stage
チェスタルト(チョコレート&パッションフルーツ)・チェスタルト(マンゴー&ゆず)

4stage
ヴィクトリア風スコーン(クロテッドクリームとジャム)・白桃のムースエディブルフラワー添え

5stage
へんてこりんなミルフィーユ(見た目は抹茶パイ、中身はグリーンピースと抹茶クリーム)・へんてこりんなシュークリーム(ポークリエットとレフォール(西洋わさび)クリーム)

6stage
キャロットパンサンド(サーモン、グリーンリーフ、レッドオニオン)・かぼちゃとトマトのキッシュ

 

 

 

 

 

チェスの駒や、白黒のチェス盤なども、大豆でできているので全部食べられるとのこと。このあたりもSDGs、しっかり考えられていますね。

ドリンクは飲み放題ですが、頼んだ飲み物をちゃんと飲み干してからの注文です(当然ですね)。

アリスと赤のクィーンをイメージしたノンアルコールカクテル2種は外せません。

Alice:アリスのワンピースをイメージしたココナッツやカルピス、ミルクをベースにした優しい甘みのアリスブルーのドリンク

RedQueen:赤のクィーンをイメージしたクランベリーやグアバ、カルピスをベースにしたスッキリとした味わいのドリンク

どちらも飲みました!おいしかったですよ~~(*‘ω‘ *)

紅茶よりもコーヒーの種類が多かったです。また、紅茶はポットではなくカップできました。抽出時間が短いのか?薄かったです・・・。残念。
飲み放題の場合はだいたい飲み物にはそれほど力を入れていないところが多いなと個人的な感想です・・・。

フードもドリンクも全部満足のいくアフタヌーンティーというのはほぼないですけどね・・・(;O;)

ビジネスホテルに一泊できるくらいのお値段でしたが(;^_^A
たまに行った時の贅沢です。
さて、アリスといえば、私がアリス誕生秘話について解説したセミナー動画を含めた、さまざまな視点からアリスを楽しむオンライン配信講座がございます。

私一人ではなく、さまざまなジャンルの講師15名が「不思議の国のアリス」の秘密にアプローチ!

総時間9時間以上!時空を超えるオンライン配信講座となっています。

私は『謎とき「不思議の国のアリス」誕生』と題して70分ほどのセミナーをさせていただきました!!!

 

プロモーション用映像をぜひご覧になってみてくださいね!!!

この人いいね!のページはどなたでも見れますので、見てやってください~。顔が出るのってすごく恥ずかしいんですが・・・(^▽^;)

 

ご視聴方法と価格についてはこちら
このお値段で15名の方のお話を聞けるのはお得かと思います♪
申し込んでしまえば、視聴期限はないので、いつでもお好きな時に観れます!!
どうぞよろしくお願いいたします(*‘ω‘ *)
このブログは11月末には閉鎖します。すでに新しいブログに引っ越ししていますので、今後は新しいこちらのブログをご覧になってください。お気に入り、ブックマークへの登録お願いします<(_ _)>

 

**インスタグラムやっています。フォローお願いします(^◇^)気軽な投稿はインスタのほうが頻繁です~***
***フェイスブックはこちら。***

和のアフタヌーンティー@東京

2022年7月10(日)~12日(火)奥田実紀と行く北海道ツアーを開催させていただいたことは日記に書きました。

 

旅行日記は、その1からお読みくださいね。

ツアー初日は早朝便だったため前泊したことも日記に書きましたが、その時に、本当に久しぶりにお茶友さんとお会いしました。
アフタヌーンティー大好きな方なので、お昼はランチを兼ねたアフタヌーンティーを♪

 

本当は、エリザベス二世の即位70周年、プラチナジュビリーのアフタヌーンティーをしたかったのですが、すべて6月いっぱいで終わってしまっていて・・・(;O;)

二人でいろいろ調べて、こちらのアフタヌーンティーに行きました。
茶房松緒」さん。湯島駅から歩いて数分。有名な湯島天神の目の前。

 

 

予約で満席でしたよ。土曜日でしたしね、やっぱり混んでますね。

ウェルカムドリンク付き。お酒もOKでしたが、私は飲めないでふどうジュース。

洋のアフタヌーンティーもいいけれど、和のアフタヌーンティーも大好きです。
ランチ兼ねている時は特に、ちゃんと食事をしたいし、和食派なので♪
今回はお寿司がついているのがうれしくて!!

 

いつものごとく(笑) 写真撮りまくり(^▽^;)
ソフトドリンクは飲み放題です。1杯を飲み終えたら注文、というシステム。

記念日メッセージをつけられるプランだったので、「プラチナジュビリー」と書いてもらった(^^; しつこくこだわる私・・・(;^_^A

花火をつけて運ばれてきて、うわ~~ってカメラ用意しているうちに、花火が終わってしまいました(;O;)

食事もおいしかったのだけど、こちらの甘味もおいしい~~~(*‘ω‘ *)
特に、あんこ好きの私的には、あんこがめっちゃおいしかった!!!
あんこがおいしいお店に間違いはない・・・と思ってる私です。

さすがにアフタヌーンティーのはしごは無理なので・・・
お茶なら♪ということで、ティールームへGO!!

つづく

このブログは今年中には閉鎖します。すでに新しいブログに引っ越ししていますので、今後は新しいこちらのブログをご覧になってください。お気に入り、ブックマークへの登録お願いします<(_ _)>

**インスタグラムやっています。フォローお願いします(^◇^)気軽な投稿はインスタのほうが頻繁です~***
***
フェイスブックはこちら。***

アフタヌーンティー@静岡県内

先のブログで、カフェアポロンさんでのアフタヌーンティーを書いたので。
そういえば!!アップしてなかったアフタヌーンティーがあったことを思い出しました(;^_^A

ちょくちょく、コロナの様子を見ながら、車で行ける、県内のアフタヌーンティーに出かけていました。

こちら、4月に出かけた、菊川市の「サングラム」さんのアフタヌーンティー。事前予約制です。

サングラムさんは、これまでも何度もお茶には行っていましたが、アフタヌーンティーは初めて。
HPで、和洋折衷のアフタヌーンティーが素敵だったので、お茶友さんを誘って。

お茶は3種類出ますが、選ぶことはできません。
やっぱり・・・・私の苦手な旨味系のお茶がメインでした・・・。旨味系のお茶が苦手な人にも配慮してくれるといいのだけど・・・あるいはお茶を選べるようにしてくれるか・・・。

食事は姫寿司。一口大で、あっという間にたいらげちゃいます(笑) もっとほしかったです(^^ゞ

 

 

 

スイーツ系は2段トレイで。栗きんとんがおいしかった!
べたべたに甘いものばかりあるわけではないので、なかなか考えられています。
ただ、ちょっと静岡県内としては料金は高めかな。

そして6月。
近くの展望台(夢テラス)には行ったことがありましたが、実は初めて訪ねる日本平ホテル

 

全面ガラス張りの窓から見える富士山が売りですが・・・・
あいにくこの日はまったく見えず( ;∀;)

左奥の山の稜線のところに富士山があるんですよ・・・・ちらりとも見えません(◎_◎;)
雨でないだけでもありがたかったです。

通常のアフタヌーンティーならいつでもメニューにありますが、私たちのお目当ては、期間限定、静岡のお茶を使ったアフタヌーンティー。
こちらのホテル、アフタヌーンティーは事前予約は受け付けていないので、混んでいたら並ぶしかありません(強気ねッ!!!)。

平日だったので並ぶことなく入れました。

 

 

緑茶、ほうじ茶、抹茶、和紅茶と、さまざまなお茶を使ったスイーツが並んでいます。ただし、スコーンはなし。スコーンは欲しいでしょ、アフタヌーンティーなんだもの。

甘さが強すぎて、お茶の味があまりしなかったのが残念。味も単調で、もう少し変化がほしかったです。

紅茶は1種類しかなくそれも残念でしたが、おかわりができて、料金も安いので、今度、定番のほうのアフタヌーンティーをいただきに来ようと思います。

 

このブログは今年中には閉鎖します。すでに新しいブログに引っ越ししていますので、今後は新しいこちらのブログをご覧になっていただけたらと思います。お気に入り、ブックマークへの登録お願いします<(_ _)>

**インスタグラムやっています。フォローお願いします(^◇^)気軽な投稿はインスタのほうが頻繁です~***
***フェイスブックはこちら。***

アフタヌーンティー@カフェアポロンさん

先日、カフェアポロンさんのアフタヌーンティーを久しぶりにいただきました(*^^*)

サンドイッチがつくアフタヌーンティーは事前予約制です。
アフタヌーンティーが大好きなお友だちがいらっしゃるので、アポロンさんの手づくりアフタヌーンティーをぜひ味わっていただきたい!!と、お願いしました♪

 

3人分なので、見栄えもしますね(≧▽≦)
サンドイッチのパンも、アポロンさん、焼いているんですよ~~。

スコーンは焼き立ての熱々!!!この小ささが、私にはうれしくて。
ティーカップも選ぶことができるので、私はスミレ柄をチョイス。

紅茶も豊富な中から、好きなものを選べて、ティーポットで出してくださいます。
和紅茶もありますよ!!

アポロンさんには今までもずっとお世話になっています。
ギャラリーをお借りして写真展をやったり、個室スペースをお借りしてお茶会をやったり・・・。

 

おいしいお茶やスイーツ、あるいはアフタヌーンティーつきでのセミナーもとても人気です。コロナ禍ではありますが、様子を見ながらまたやっていきたいですね。

3名集まっていただければご希望の日の午後に開催可能ですのでお声かけくださいね。

このブログは今年中には閉鎖します。すでに新しいブログに引っ越ししていますので、今後は新しいこちらのブログをご覧になっていただけたらと思います。お気に入り、ブックマークへの登録お願いします<(_ _)>

 

**インスタグラムやっています。フォローお願いします(^◇^)気軽な投稿はインスタのほうが頻繁です~***
***フェイスブックはこちら。***

北海道ツアー2022(番外編)余市2

北海道ツアー2022 その1 就実の丘

北海道ツアー2022 その2 フェルム・ラ・テール

北海道ツアー2022 その3 四季彩の丘・カナディアンワールド

北海道ツアー2022 その4 風のガーデン

北海道ツアー2022 その5 ファーム富田1

北海道ツアー2022 その6 ファーム富田2

北海道ツアー2022 その7 北星山ラベンダー園

北海道ツアー2022 その8 小樽1

北海道ツアー2022 その9 小樽2

番外編 余市1 のつづきです!

いよいよ、ニッカウヰスキー余市蒸留所へ向かいます。

写真だけ見たら、スコットランドに行ってきたと言っても通じる、中世のお城を思わせる門構え。

 

乾燥塔(国の重要文化財)が見えます。

中には、自由に入れません。無料のガイドツアーを事前予約した人だけが入れます。
なので、もし行かれる方は事前予約を~。
無料でガイドしていただけるうえ、最後はウイスキーかソフトドリンクの試飲がついています!!

私はアポを取っていた方とお会いし、リタのタータンを見せていただいたあとのツアーを予約していましたので、ここからはツアーの様子を。

 

こちらは「蒸留棟」。
えん魔くんの帽子(知っている人は同世代~♪)のような形をしているのが、ポットスチルという、蒸留器。型や大きさ、加熱方法によって出来上がる原酒のタイプが違ってくるそうです。

余市蒸留所では昔ながらの、石炭による加熱で蒸留を行っているとのことで、下の石炭部屋を開けると、ぼうぼうと炎が燃えさかっていて、職人さんが石炭をその都度、スコップで入れています。
今ではこの方法で作っているのは世界でここだけとか。

ツアーでしか見れない場所なので、ぜひぜひ、ツアーに参加してみてくださいね。

 

ガイドさんの制服がかわいい~。これは工場内のスタッフ用に作ったもので、タータンとして登録はしていないとのこと。3種類あるそうです。

 

「リタハウス」と名付けられた研究棟。国の重要文化財。
名前にリタとついていますが、リタが住んでいた家ではないそうです。昔はカフェだったそうですが、今は非公開。残念~。

 

こちらが、旧竹鶴邸。2キロ離れたところにありましたが、ここに移築したとのこと。中は、見学できるツアーを申し込まない限り、見れません(私は時間の都合でそのツアーには参加できず・・・(;O;))。玄関ホールのみ公開。

「貯蔵庫」。蒸留を終えた原酒を樽に入れ、ゆっくりと、時間をかけて熟成。
熟成とともに蒸発し、原種が少し減る現象を”天使の分け前”と呼びます。
同名の映画がありましたよね!!!スコットランドが舞台!!もちろん!!!で、ウイスキーがテーマ!!!
まだご覧になっていない方はぜひ観て見てくださいね。キルトをはいた男性が出てきます!

ニッカミュージアムは試飲後、入り口へ戻る途中に自由に見学できるようになっています。
試飲会場の隣りに、レストランと、ショップがあります↓

 

ここにもポットスチル!!
ツアーに参加しないで入れるのは、レストランとショップのみです。もったいないので、ぜひ、ツアーへ!!!

試飲会場のあるビルの窓にも、ポットスチル!!

キング・オブ・ブレンダーズのステンドグラス(かな?)がお出迎え。ブレンドの大切さを象徴するキャラクターとして、大高重治氏が生み出したとのこと。
W・P・ローリーという、いくつもの香りをかぎわけるウイスキーのブレンド名人がモデルとも・・。

キング、という名前がついているだけに、構図の参考にしたのはトランプだったとか。という話も、ミュージアムに詳しく解説してあります!

みなさんが楽しみにしている、試飲会場は2階です。

 

ひろ~い試飲会場。私はソフトドリンク(リンゴジュース)。

 

小さな樽で「NIKKA」の文字。

 

 

スコットランド出身、と書かれたバグパイパーのテディベア。

 

ツアーは試飲会場で解散です。
早速、ニッカミュージアムを見学。リニューアルしたばかりというミュージアム。とてもきれいです。

 

 

スコットランドを紹介するコーナーもありました!!!

 

リタのコーナー。右側に、リタが着ていたタータンのスカートが見えます。これを、ガラスを開けて見せていただいたのです、感謝、感激です。

このミュージアムはウイスキーの歴史から、マッサンとリタのことから、広告のことから、ドラマで二人が着た衣装まで、もりだくさんの内容です。ここでロケをしたというのは強いですね、宮城峡とはそこが違う。

お昼はもちろん、工場内のレストラン「樽」でいただきます。

スコッチブロスもいいな、シェパーズパイもいいな、と、さんざん悩んだ末、自家製キッパーをのせたプッタネスカを注文。
糠鰊を使ったトマトソーススパゲッティに自家製キッパー(鰊のスモーク)をのせてあるとのこと。
これが~~~~実においしい~~~~(*’ω’*) ちょっと辛かったけど味に深みがありました。

そして、自家製スコーン発見。ショートブレッドと、どちらにしようか迷ったけど、スコーンにしました。クリームはなく、ジャムのみついてきます。せっかく北海道なので・・・生クリームほしいな~。

飲み物は、紅茶がないというので(!!!!なぜ!!)コーヒーに。紅茶がないのはすご~く残念。だって~スコットランドよ~~~(;O;)

この写真の余市タータンコースター、ショップで売っていたので購入♪

最後に、お土産です。もちろん、余市タータンを使ったものを買う気まんまん。
下の写真は、ツアーの待合室に飾ってあった余市タータングッズ。

ショップの、余市タータンのコーナー。

 

ウイスキー入りのチョコレート。3種類あります。パッケージに余市タータンがあしらわれています。おしゃれでいいですね。

 

 

 

 

この軟石マグネットがおもしろかったので、これも購入。リタハウスのマグネットは、グリーン・ゲイブルズに見えなくもない( ̄▽ ̄;)

このあと、川のほうまで散歩に行きたかったけれど、雨も降ってきましたし、時間が読めないので諦め、帰路につきます。

ツアーの参加者さんが、最終日の朝にスーツケースを自宅に送った、とおっしゃり、そうか、その手があったか!!!と真似しました。
コインロッカーに預けるのもよかったのですが、私は丘珠空港利用なので、札幌駅で下車後、さっぽろ駅から地下鉄に乗り、それからバス・・・という、長い行程があるのです。コインロッカーを探したり、重いスーツケースを持って歩くことを考えたら、宅配便で送ったほうが楽ですよね!!!

なので、余市からの帰りも、小樽に寄る必要がないわけで、調べたら、余市~小樽~札幌という、乗り換えなしの高速バスが出ていました。
さすがにくたくたに疲れてしまったので、駅で降りて乗り換え、も嫌になってしまい(;^_^A 高速バスで一気に札幌へ行くことにしました。

ただ、飛行機の時刻までは時間が若干あったので、札幌でちょこっと観光したいなと思っていました。
北海道大学へ行く時間はないので、駅から徒歩圏内の、時計台と、赤レンガの北海道庁に行ってみることに。

しかし、北海道庁は工事中でした・・・・ショック・・・・。おまけに雨で。

街灯が美しい。夜はきれいだろうな~。

建物は見れませんでしたが、前庭は池があり、蓮の花が咲いていてきれいでした。雨で、しっとり、落ち着いた雰囲気。

道庁から歩いて約5分で、時計台に到着。札幌は大都会ですね~。ビルの間にちょこんと建つ時計台が、かわいらしい。

はるか昔、青函連絡船がなくなる年に、友達と青函連絡船に乗って北海道を旅行しました。函館、そして札幌は雪まつりに合わせての旅行でした。
この時計台にも来ていますが、雪に覆われていて、あまり印象がない・・・。雪まつりはきれいだったけど、寒かった・・・。

丘珠空港行きのバスの便も1時間に1本しかなくて、待合室でかなり待ちました。
やっと飛行機に乗った時はほっとしました。
ガラガラかと思ったけど、静岡空港行きの便は8割くらいうまっていました。みんな、よく知ってますね。

 

4日間の北海道。みなさんと旅行出来て楽しかったです。
余市にも行けたのも、ありがたかった。

でっかいどう、北海道。まだまだ見たいところがあるので、また来ます!!
今度はレンタカーで回るぞ~。
それまで、バイバイ(@^^)/~~~

ここまで旅行記を読んでくださりありがとうございました(*^^*)

次のツアーはスコットランドにしたいな!!リベンジで!!
こちらで告知いたしますので、引き続き、ブログをよろしくお願いします!
お気に入り、あるいはブックマークに登録してくださいね。

このブログは今年中には閉鎖します。すでに新しいブログに引っ越ししていますので、今後は新しいこちらのブログをご覧になっていただけたらと思います。お気に入り、ブックマークへの登録お願いします<(_ _)>

 

**インスタグラムやっています。フォローお願いします(^◇^)気軽な投稿はインスタのほうが頻繁です~***
***フェイスブックはこちら。***

アルバート殿下のお茶会@浜松

先週、ヘッドスパ&グラスルーエシャルールさんで「アルバート殿下のお茶会」を開催させていただきました♪

これまで開催したお茶会については以下をクリックしてご覧くださいね。

クリスマスのお茶会@浜松

ハロウィンのお茶会@浜松

 

和紅茶のテイスティングセミナー@浜松

 

不思議の国のアリスのお茶会@浜松

 

イースターのお茶会@浜松

 

タータンのお茶会@浜松

 

ハリー・ポッターのお茶会@浜松

 

今回は、参加者さんのリクエストでした。
クリスマスのお茶会の時、イギリスでクリスマスを家族で祝うようになったきっかけは、ドイツから来たアルバート殿下だったとお話ししたのですが、女王の夫となったアルバート殿下についてもっと知りたい!というお声から、今回のお茶会が実現しました!

教養もあり、芸術的センスも抜群だったアルバート殿下。
一番の功績は、世界初の国際博覧会となる「ロンドン万国博覧会」開催(1851年)に貢献したこと。

今年は、イギリスのエリザベス女王の在位70周年(プラチナジュビリー)の年でもあるので、そのお話も。
エリザベス女王の曾祖母は、ヴィクトリア女王です。お二人とも在位期間がとても長く、エリザベス女王はこれまで一位だったヴィクトリア女王の在位をはるかに越しています。

浜松ではそのエリザベス女王のドキュメンタリー映画「エリザベス 女王陛下の微笑み」の上映はまだ先ですが、ぜひとも観たいと思っています。

お菓子は、前回同様、Lotusさんにお願いしました。

最愛のアルバート殿下を亡くし、悲しみにくれる女王を元気づけるために作られたといわれる「ヴィクトリア・ケーキ(ヴィクトリア・サンドイッチ)」を作っていただきましたよ。
はさんでいるジャムは、ラズベリー。甘酸っぱさが、今の時期にぴったりです。

もうひとつ、ロイズの英国フェア(すでにフェアは終了)で手に入れた「紅茶とフルーツのパウンドケーキ」もお出ししました。
ロイズといえばチョコレート。
チョコレートを使ったイギリス菓子も販売していて、それも買って食べましたが、こちらのパウンドケーキはお茶会用に冷凍して取っておいたのです。

 

 

 

 

箱のパッケージもイギリスらしく、上の写真のチョコレートティフィンがものすごくおいしかった!!!

お茶会の話に戻ります( ̄▽ ̄;)

紅茶は、和紅茶を1種類と、最後にハーニー&サンズ社の「ロイヤル・パレス・ティー」をお出ししました。
エリザベス女王のプラチナジュビリーの紅茶はどこももう売り切れで・・・・

でも、このロイヤル・パレス・ティーはレモンやグレープフルーツのフレーバーで、やはり梅雨時の今、気分をすっきりとさせてくれる紅茶で、みなさんにも好評でした。

ご参加くださったみなさま、ありがとうございました<(_ _)>
次回は10月12日(水) イギリスのいたずらうさぎのお茶会 です。
若干名様の空きがございますので、お問合せくださいね。

静岡市では9月28日(水)に開催いたしますが、こちらは午前、午後の部とも、おかげさまで満席です。
キャンセル待ちを承っております。

 

このブログはもうすぐ閉鎖します。すでに新しいブログに引っ越ししていますので、今後は新しいこちらのブログをご覧になっていただけたらと思います。お気に入り、ブックマークへの登録お願いします<(_ _)>

 

**インスタグラムやっています。フォローお願いします(^◇^)気軽な投稿はインスタのほうが頻繁です~***
***フェイスブックはこちら。***

近江八幡探訪その6 八幡堀

近江八幡探訪日記はつづきます。

その1はこちら

その2はこちら

その3はこちら

その4はこちら

その5はこちら

 

前回ご紹介した「アートカフェさんずい」さんの裏門を抜けると、観光名所の八幡堀に出ました。

八幡堀は、時代劇のロケにもよく使われる、昔の風情が残るところ。

↑この写真は10年前、2月に撮影したもの。日牟禮神社に向かう石橋から撮影。観光客が必ず撮る、ど定番のアングル。

同じ石橋から撮っているので、同じ写真ですが、上の写真が今回5月の写真。下がさむーい2月。季節が違うとこうも違うということで・・・(~_~;) また、10年たっても、風景が変わっていないのもわかりますね。

 

屋形船には乗りませんでした。なにしろ私、船酔いする体質なので・・・(-_-;)
上の写真は、かわらミュージアムのあたりから撮影したもの。

↑ 10年前、かわらミュージアムを鑑賞し、そこのカフェで近江牛のカレーを食べた時の写真。かわらミュージアムも、おもしろかった!! まだ観たことがない方には、かわらミュージアム、おすすめです!

八幡堀を散策したら、ロープウェーに乗るのも定番コースですね。

 

雨には降られなかったけれど、曇っていてかすんでいたのが残念。

 

↑ こちら、10年前、2月の、ロープウェーからの写真。
私、10年前にロープウェーにのぼっていたのをすっかり忘れていました( ̄▽ ̄;) まるで初めて乗ったかのような気分で満喫。帰宅後、10年前の写真を見て驚愕、私、ロープウェーに乗っていた!!!!!!!(笑)

ロープウェーから降りてのぼると「瑞龍寺」。入山料100円を払い、進みます。

 

花手水!!!!きれい!!!記念のしおりとともに写真をパチリ。
ここの御朱印が人気があるそうですよ。

ロープウェー乗り場の売店で、こちらの羊羹「近江幡山(おうみばんざん)」をお土産に購入しました。
近江八幡のお土産といえば、赤こんにゃくと、でっち羊羹ですよね。どちらも10年前に買っているので、今回は違う羊羹を買ってみました。

でっち羊羹はどこが発祥というのはわからないそうです。10年前、私が買ったでっち羊羹は老舗の「紙平老舗」さんのものでしたが、偶然にも、私が今回買ったこの羊羹も、紙平老舗さんのでした~。

 なぜ購入したのかというと、私はあんこが好きで、特に白あんが好きなんですよ。
近江幡山は、作る際に小豆こしあんと白あんの2色を流し入れ、手で煮詰めているとのことで、え、どんな味なんだろうと思って。
 群雲(むらくも)が漂っているような仕上がりにしているのだそうです。

アップにしてみました。確かに、群雲のように見えますね。
これ、すっごく私好みの味でした。近江八幡のお菓子は、和にしろ、洋にしろ、だいぶ甘みが強いなと感じましたが、この羊羹はかなり甘さが控えめで私的にはリピートしたいと思いました。お値段も良心的!!

ロープウェー乗り場の近く。「クラブハリエ日牟禮ヴィレッジ」の向かいには、「たねや」があります。こちらは、クラブハリエとはうってかわって純和風。

ここでしか味わえないという「つぶら餅」。焼き立てをいただきました。

 

江戸時代にタイムスリップしたみたいですね。和あり、洋あり。近江八幡ではどちらも味わえて、おもしろいですね。

最後に、テイクアウトしたドリンクもおいしかったのでメモ。
「Going Nuts!」さん。

 

 

ナッツとドライフルーツのお店。冷え性・肩こり対策、とか、アンチエイジング、とか、テーマに合わせてナッツをミックスしてくれてます。
それを砂糖なし、添加物なしで、スムージーにしたものをテイクアウト。
いや~~~これが濃厚で、すごくおいしかったんです!!!また飲みたい!!!

私、朝ごはんはいつも食べなくて、ナッツだけ食べているんです。
ナッツ大好き人間にとっては夢のようなドリンクです~。

このお店のいちじくがおいしいと、お友だちがお土産にくれました。ちょこがけいちじくと、プレーンいちじく。
どちらもやわらかくて食べやすくて、おいしい!!
近江八幡にまた行ったら、ここにはまた行きたい!!

近江八幡旅日記は、その7へ、続きます。

このブログは今年中には閉鎖します。すでに新しいブログに引っ越ししていますので、今後は新しいこちらのブログをご覧になっていただけたらと思います。お気に入り、ブックマークへの登録お願いします<(_ _)>

**インスタグラムやっています。フォローお願いします(^◇^)気軽な投稿はインスタのほうが頻繁です~***
***
フェイスブックはこちら。***

 

近江八幡探訪その5 カフェめぐり

近江八幡探訪日記はつづきます。

その1はこちら

その2はこちら

その3はこちら

その4はこちら

 

 

前回はヴォーリズ建築のリノベカフェを訪ねたお話でした。
今回は、それ以外で、訪ねたカフェなどをご紹介。

やはり、クラブハリエと並ぶ、たねやグループの観光名所といったらここ「ラコリーナ」。
駐車場からお店へと向かうアプローチも、人をワクワクさせます!!

夕方で、だいぶ人が減った時間帯だったこともあって、奇跡的に人がいない写真が撮れていますが、店内はかなりの人でにぎわっていましたよ。

ラコリーナとは、イタリア語で「丘」という意味だそうです。
世界的な建築家・デザイナーであるミケーレ・デ・ルッキ氏がこの地を訪れた時、小高い丘からの眺めに名づけたとのこと。
一番最初に入るこのメインショップの屋根一面には、芝が植えられています。自然とともに生きる、がテーマなので、共生を体現しているのでしょう。
芝生からのぞく窓たちが、小人というか、妖精の家の窓にも見えてなんか、ファンタジー♪♪

ショップの中には、たねやグループの和菓子、洋菓子が並び・・・
和菓子の型も、歴史を感じさせますね。

行列ができているのは、やはりバウムクーヘンの焼き立て。

中庭はこんなふうになっていて・・・
この中央の池に、お米を植えて育てているそうです。

バウムクーヘンも、コロナ禍でマスク着用( ̄▽ ̄;)

ぐるっと、回廊になっていて、暑い日はいい日陰になって一休みも気持ちがいいです。

 

 

二階建てバスに、ミニ。イギリスを発見~。
カフェは利用しませんでしたが、お土産は、原材料を見て、カステラにしました。(お友だちもカステラ推し)売り切れる日もあるそうですが、奇跡的にこの日は残っていた!

 

お皿は、近江八幡のアンティークショップで購入したもの。おうちに帰ってさっそく、お茶タイムしました。

一日目のランチをしたお店は、はんこ屋カフェ「江湖庵」さん。

昔のはんこ、はんこしたはんこではなく(笑)、デザインも、文字の字体もオリジナルに作っておられるとのことで、それが全部、おしゃれなの!!!

壁に、お店が手がけたはんこのサンプルがずら~~~っと。
これらを見ているだけで楽しい!!!作りたくなります!!!フランスのワインのラベルも手掛けたそうです。

ワンプレートにもられた色とりどりのおかず。近江の食材をふんだんに使っていて、少量×たくさんおかず、が、もろ、私好み(*^^*) どれもおいしかった!!!

それから、古い建物が好きな私が、無理して連れていっていただいた「HAKO TE AKO」さん。建物は国の有形文化財。明治の建物だそうです。
もともとは八幡掘の近くにありましたが、約70年前に今の場所に移築。使われないまま築年数が経っと朽ちていくスピードが早まってしまうので、現在のオーナーのお父様が宿泊施設として「近江八幡ユースホステル」を始めたとか。今もユースホステルとして稼働中。

余っていた空きスペースの活用を考え、カフェを始めたそうですよ。

 

 

空きスペースの大きいこと(笑) 宴会をやるようなお座敷だったのかな?
レトロな雰囲気を残しつつ、モダンでおしゃれな感じもしますね。

 

ここでもまたスコーンを注文(^^; スコーンがあれば無理してでも食べてしまう私。
パン屋さんのスコーンという感じでした。紅茶はダージリン。お友だちはコーヒー。

最後に、どうしても、どうしても、ここは行きたかった!「アートカフェ 氵(さんずい)」さん。

江戸時代中期に畳屋として建てられた、190年の町家。その一角にカフェができたのです。

カウンター8席のみ。予約不可とのことで、入れるかドキドキでしたが、無事に入れて本当にうれしかった!

好きに頼んでいいよ!とお友だちに言われ、私は緑茶、お友だちは和紅茶をオーダー。旨味の少ない緑茶を・・とお話しし、滋賀の朝宮茶がいいのでは、とのことで。品種を確認してもらいましたが、わからないとのことでした。
政所茶、というおもしろそうなお茶もありましたが、旨味の少ないお茶、という私のリクエストで朝宮茶を、と言われたので、旨味が多いお茶なのかな、政所茶は。

並んでいる茶器から、使っている茶器から、なにもかもからセンスのよさがにじみ出ている・・・・(*‘ω‘ *) オーナーさんがすべて集めてこられているとのこと。
何枚も写真を撮って、不審がられる私(笑)

和紅茶も、朝宮紅茶。こちらの品種はさやまかおり、だったかと・・。

1~3煎まで、茶器を変えて出してくださいました。3g3分。

2煎目。

3煎目。このティーカップも素敵だわ~~~~(≧▽≦)

カウンターで、距離が近く、お客さまがほかにいらっしゃらなかったこともあり、お茶の話、お仕事の話など、いろんな話ができて、本当に楽しかったです!
ここはお茶好きさんはぜひとも行っていただきたいです。

ここはレストラン、旅籠(旅館)もやられているとのことで、ぜひ中庭も見ていってください、と、中庭へ。

うわ!ここも素敵な空間!!

左のお蔵の中が、日本料理のレストラン。
そして、右奥のドアを抜けると、有名な八幡堀です。

近江八幡旅日記はその6へ、つづきます。

 

このブログは今年中には閉鎖します。すでに新しいブログに引っ越ししていますので、今後は新しいこちらのブログをご覧になっていただけたらと思います。お気に入り、ブックマークへの登録お願いします<(_ _)>

**インスタグラムやっています。フォローお願いします(^◇^)気軽な投稿はインスタのほうが頻繁です~***
***フェイスブックはこちら。***

近江八幡探訪その4 ヴォーリズ建築のカフェ

近江八幡探訪日記はつづきます。

その1はこちら

その2はこちら

その3はこちら

今回は、ヴォーリズ建築の建物を、カフェとして利用しているお店に行ったお話です!

まずは、日牟禮神社のそばにある「クラブハリエ日牟禮カフェ」。

 

写真のこの建物はヴォーリズ建築ではありませんが、赤レンガを使って、ヴォーリズ建築の雰囲気を出しているのがすてきです。
中に入り、奥のカフェのほうへ歩いていくと・・・・

 

 

芝生とお庭、池があり、観光客でにぎわっていたのがうそのような、静かで落ち着いた空間が。気持ちがいいです~。

 

左側が、ヴォーリズ建築の「旧忠田邸」。
スパニッシュスタイルの、和洋折衷の建物。
右に張り出しているカフェの部分は、おそらく増築された部分かと。

↑ この、お庭が見える通常のカフェでお茶をするだけでも気持ちがいいのですが。
500円払うと、ヴォーリズ建築の旧忠田邸のお部屋(特別室)で、お茶ができるんです(予約制)!

ヴォーリズ記念館の窓にそっくりでした。十字架を模した窓の桟かな?と。

特別室は1階と2階に、いくつかあるので、好きなお部屋を予約出来ます!
ヴォーリズファンなら、予約して特別室でお茶をしたいですよね(≧▽≦)
ちょうど他のお客さまがいらっしゃらなかったので、他の部屋も全部、見せていただけました!!!!コーフン!!

ここが旧忠田邸の玄関。この、玄関につくりつけられているベンチ(ベンチ下は収納!)に、ヴォーリズさんの心遣いが。
土間のようにして、お客さんが家にあがらず、靴を脱がずに、ここに座ってお話ができるんですね。
ヴォーリズ記念館の玄関にもこのベンチが同じようにつくられていまして、いいな!!って思ったんです。

 

↑ 私が予約したのは、2階のこの部屋。

 

 

スコーンと、フロマージュトロン。
フロマージュトロンは、近江米の米粉を使ったサブレのうえに、近江米の甘糀を合わせたレアチーズと季節のフルーツ&ソースがかけてあります。

スコーンは、プレーンとチョコの2種。カリッとした、私好みのスコーンでした。
スコーンについてきたクリームは、北海道産マスカルポーネを使った特製クリームだそうです。

紅茶は、ダージリンとアッサム。2杯目は交換して、味の違いを楽しみました♪二人だとこういうことができるのがうれしい~(●^o^●)

そして、ランチは、「十人十家」。旧パーミリー邸
だいぶ朽ちていたのを建築士の方が時間をかけてリノベーションして、カフェとしてオープンに至った様子は、インスタグラムで拝見していました。

 

ヴォーリズさんが最初に扱ったメンソレータム。女の子が看護婦さんの格好をしている絵が印象的でした。今はメンタームです。

↑こういう、壁の中にぐっと入り込んだ棚や本棚が、私の理想です。マイホームを建てる際、結局は実現しませんでした・・・(;_:)

 

カレーやパスタがいただけます。カフェのメニューとあなどるなかれ。これがとってもおいしかった!
パスタは、淡路麺業の、手打ち製法で作られた極上生パスタを使用しているとのこと。もちもちとした弾力で食べ応えがありました。

 

もう一軒。
お友だちが集めてくれたマップで、ヴォーリズ建築のリノベカフェがあることを知りました。「OZEN」。フルーツとジェラートが売りだそうです。
十人十家でのパスタが塩味がきいていて、クラブハリエでの甘いお菓子をリセットしてくれたのと、それほど量がなかったので、まだおなかに余裕がある!ということで、行っちゃいました!

こちらも和洋折衷。玄関扉が、正面ではなく、側面につけられているのがおもしろいです。

ランチタイムを過ぎていたので、どのお席でもどうぞ、と言われ・・・

うわ!!ここ!!いい!!
テラス的に作られた空間。ここでいいですか???となかば強引にここに入れていただきました(^^;
大きな窓も、ヴォーリズ建築の特徴です。
窓に沿って、低いベンチがつくりつけられていて、ベンチ下は収納になっています。実用的であり、この椅子が、日常生活でとっても居心地がいい場所になっていただろうな~と想像。

玄関だけでなく、こうした部屋にもつくるって、ナイスアイデア。

 

パンケーキのフルーツランチと、メロンのジェラートを注文。
ジェラートも店内で作っているそうです。

フルーツもジェラートもさっぱりとしておいしかったです!

近江八幡旅は、その5へ、まだつづきます。

このブログは今年中には閉鎖します。すでに新しいブログに引っ越ししていますので、今後は新しいこちらのブログをご覧になっていただけたらと思います。お気に入り、ブックマークへの登録お願いします<(_ _)>

**インスタグラムやっています。フォローお願いします(^◇^)気軽な投稿はインスタのほうが頻繁です~***
***フェイスブックはこちら。***

小田原観光:偉人たちの足跡

昨日の小田原探訪のつづきです。

 

お茶の如春園さんのそばには、近代日本の礎を築いた偉人の居宅が残っています。
歩いてそれらを観光できます。いい散歩コースです(*‘ω‘ *)
だいたいが土日にしかオープンしないので(-_-;)
平日のこの日に見ることができたのは2か所でした。

 

 

 

↑まずは皆春荘(かいしゅんそう)。

明治の軍人・政治家、山縣有朋(やまがたありとも)の側近で、第23代内閣総理大臣・清浦奎吾(きようらけいご)の別宅だったところ。
のちに、山縣の別邸(別庵)となったそうです。

 

庭は、山縣が自ら作庭を指揮したといわれます。軍人ながら、和歌や俳句、書といった風流を愛した山縣。
京都の無鄰菴(むりんあん)のような庭を作りたかったようで、似ている部分があるとのこと。

無鄰菴!!!
私、行きましたよ!!!その時の日記はこちら
そして!山縣の庭として有名なもう一つが、東京の椿山荘
そちらも私、訪ねていました。その時の日記はこちら

 

そのあとは、松永記念館へ。

写真右側が、記念館。

「電力王」といわれた松永安左エ門が、自ら収拾した古美術品を一般に公開するために建てたもの。

庭園もきれいです。形式にとらわれない、自然の趣のある庭を、松永は好んだとか。
「日本の歴史公園100選」にも選ばれたとのことで、確かにこの池の周りの散策路は、堅苦しくなく、歩いていて気持ちがいいです。

 

 

松永は、茶道にも造詣が深く、「耳庵(じあん)」という茶名を持っていました。近代三茶人の一人なんだそうで、こちらの敷地の中にも茶室がいくつもあります。

 

推定樹齢400年ともいわれるケヤキの巨木と、10トン以上はある石!!
これは見ごたえがありますよ~。
黒部ダムの建設に松永が関わったってことで運ばれたとされる黒部渓谷の自然石。
こんな大きくて重い石を、富山からここまで運ばせられたって、どんだけお金持ち!!!さすが電力王!!!

ケヤキの老木と巨石に出迎えられ、石段をのぼっていくと・・・見えてくるこれまた風情のある木造の家。
耳庵が夫人とともに暮らした家「老欅荘(ろうきょそう)」。さきほどみた、樹齢400年のケヤキの老木から名前をつけたそうです。国登録有形文化財。

まるで茶室のようなしつらえがあちこちに。
茶人だった耳庵のセンスですねー。
どこででもお茶が楽しめるようにと、家のあっちにも茶室、こっちにも茶室。

本当に好きだったんですね。
多くの茶会を開き、政界の要人、画家、学者、建築家などがたくさん訪れたそうですよ。

 

 

窓を開けると、庭と一体化するかのような開放的な空間に。写真左側の文机に座って本を読んでいたそうです。

あまり長くは小田原にいれなくて、観光はこれでおしまい。
駅までは歩いて戻りました。

こちら、「ミナカ小田原」。江戸情緒ぷんぷんの建物がすごいです!!
この中のショップを見ながら、小田原駅まで雨に濡れずに歩いていけました。

 

買ったお土産。まずは「北条虎朱印」。
小田原は100年に渡って北条氏がおさめた城下町。

北条家が五代にわたって公文書に使用した印判を「虎朱印」と言い、それを模したもなかだそうです。
デザインがかっこよくて買ってしまった。

 

 

同じく正栄堂の梅太郎。こしあんを求肥でつつみ、甘露煮にした紫蘇の葉で包んだもの。
「水戸の梅」が好きなので、つい買ってしまいました。水戸の梅は白あんだけど、こちらはこしあん。

 

写真の下の黒いまんじゅうは「菜の花」の「ご黒うさん」。ご苦労さん!だね!
黒ごまあんと、竹炭が入った真っ黒くろすけ、でも好みの味でした!ごま大好き♪
もなかと、梅太郎は、私的には甘すぎた・・・・こんなに甘くなくても・・・(~_~;)

 

 

「菜の花」の、期間限定の焼きモンブラン。
これが~~~~好み~~~~ものすごく好み~~~。
もっと買ってくればよかったな。

**インスタグラムやっています。フォローお願いします(^◇^)気軽な投稿はインスタのほうが頻繁です~***
***フェイスブックはこちら。***

***7月10日~12日の、北海道ラベンダー&小樽ツアー、私とご一緒にいかがですか?
詳細はこちらから。催行決定!出発便が07:45に変更になりました!

私は帰りは、羽田ではなく、静岡空港への便を利用します。私のように、静岡空港に帰ることも可能ですので、旅行会社にお問合せくださいね。

 

 

新品で購入できる本はこちらにまとめてあります
売り切れになっている本でも、中古でよければお分けできるのもありますので、お問合せください~♪

***大事なお知らせ***

このブログは今年中には閉鎖します。すでに新しいブログに引っ越ししていますので、今後は新しいこちらのブログをご覧になっていただけたらと思います。お気に入り、ブックマークへの登録お願いします<(_ _)>