アドベントティー:クリスマスに向けて♪

お世話になっているお友だちから、ドイツのアドベントティーをいただきました~(≧▽≦)

アドベント(Advent)というのは、イエス・キリストの誕生を待ち望む期間のことで、「到来」を意味するラテン語のAdventusからきています。
そのイエス・キリストの誕生日(=クリスマス)までをカウントするためのカレンダーが「アドベント・カレンダー」で、一般的には12月1日から24日まで、毎日一つずつ窓を開けていくわけです。

そのお茶版がアドベントティー。クリスマスまで、毎日一つずつ、お茶を飲むのですが、全部、違う味なんですよ(*’ω’*) ↑このイラストからもわかるように、子ども向けのようで、お子さんでも飲めるように、ハーブのブレンドティーになっています。

扉を開けて、下の開け口から一つずつ、簡単に取り出せるようになっています。森の仲間たちの絵も全部違っていて、とってもかわいいです!!!!

そして!!!
お世話になっている、広島のTea Story紅茶教室の岡本先生が、ごひいきのお店のシュトーレンを送ってくださったんですぅ(;O;)
嬉しくて、涙が出そうでした・・・

ドイツつながりで、シュトーレンと、アドベントティーを一緒に、おいしく、毎日、ちょこっとずつ、大事にいただいています♪♪♪


クリスマス気分が盛り上がってきました~~。
岡本先生、ありがとうございます!(^^)!

ここ浜松は、12月だというのに、晴れた日の日中はぽかぽかとあたたかく、クリスマスが近い感覚がまったくありませんが、今年もあと少しで終わりなんですよね・・・。

コロナ禍とはいえ、毎日やること、やりたいことがたくさんあり、結局、時間が足りなくてアタフタしています(;^_^A

4月の緊急事態宣言発令で、家のおそうじがはかどりましたが、半年以上たって、また家の中がごちゃごちゃと散らかってきており・・・掃除もしないといけません~~~。
計画を立てて、てきぱきとこなしていきたいと思います!!(がんばります!)

 

おいしいものおもしろいもの⑰仙台銘菓

だいぶ前、仙台に旅行に行った方からのお土産だと、主人が持って帰った「三色最中」。
ん?? 寿三色最中本舗、と書いてあります。

私、仙台出身ではありますが…仙台の三色最中というと、白松がモナカだと思い込んでいたので驚きました。
ネットで調べると、白松がモナカは、三色最中は出していない!
そーなんだぁ~~!!!!
小さい頃から聞いていた「一つ食べてもおしさ3つ」のキャッチコピーは、寿の三色最中だったのか!!! 今頃気づいた!!(;^_^A

創業は、寿三色最中本舗が昭和6年、白松がモナカが昭和7年と、寿三色最中本舗のほうが一年早い。そのうえ、会社の名前にまで三色最中とついている(創業当初からこの名前だったかはわかりません)。しかも、「仙台伝承銘菓処」の文字まで書いてある。並々ならぬ、誇りを感じますね。

一つの最中のなかに、3つの味を入れるというアイデアはお客様からの提案だったそうです。小豆餡、白餡、胡麻餡の3種類。時々胡麻餡が、抹茶餡の時もあるようです。
私が食べたのは胡麻餡でした。抹茶餡のも食べてみたいなー。

仙台銘菓というと、最中のほかに、どら焼きもあります。慣れ親しんでいるのは、こだまのどら焼き
ほかのどら焼きと何が違うのか、というと、お餅が入っているんです。今では当たり前なのかもしれませんが、小さい頃、どら焼きってだけでごちそうだったのに、それにお餅が入っているなんて、贅沢すぎました!(≧▽≦)

こだまのどら焼きは、第二次世界大戦後の、復興の中で生まれたんだそうです。HP見て、今、知りました。

今では、焼印入りのどら焼きや、オリジナル焼印入りのどら焼きも手掛けているようですね。なかなかやりますね。

それで本題はというと(まだ本題に入ってなかった)、なんと、浜松のスーパーで、このこだまのどら焼きを見つけたということ。それも生どら
クリームの入った、洋菓子感覚の生どらは、実は宮城県生まれ!! 1985年に、利府町の菓子店「カトーマロニエ」が生み出したもので、今は「元祖生どら」として販売中。←これも検索して今、わかった!
生どらというと、塩釜市の榮太樓が有名ですが、さまざまな味の生どらを生み出して、生ドラブームが起こったのです。

遠く離れたこの浜松で、こだまの生どらが売っているのを見た!!これは、買わねばなりませんて。

モンブランとずんだ餅味を買いました。コロナ禍で、仙台に帰れていないので、しみじみと、懐かしい思いでいただきました。

そしてもうひとつ。「仙台弁こけし」なるご当地キャラクターを発見!!!
仙台弁なまりのかわいいこけしちゃん。
私、こけしやマトリョーシカ大好きですから、キュンキュンきちゃいましたよ。

ってことで買いました、仙台弁こけしグッズ。いっぱいある!
ドリップ式珈琲のセット。(紅茶党だけど、紅茶がないからぁ…(;O;)→作ってけろ!仙台弁)
リンクを貼ったHPに、仙台弁の解説がのってますので見ていただけるとうれしいですが。(URLにご注目。kokeshiではなく、Kokesuってなってます。そう、仙台弁では「こけし」は「こけす」になる(;^ω^))

「んだ」→「そうだ」
「いぐすぺ」→「行きましょう」
「のむすぺ」→「飲みましょう」*すぺ、の使い方、もうわかりましたね
「まんず どうもねー」→「どうもありがとう」

18歳で仙台を出てしまっているので、そうそう普段の言葉に仙台弁は出ないのですが、仙台に帰ればそりゃあ、戻ります。忘れてるものもありますが。


ランチバッグも買いました。「け」っていうのは、「食べな~」ってことです。
こんな顔で食べな、って言われたら、はい、ってたべちゃいますよね。

ちなみに、なぜにこけしかというと、宮城県はこけしの産地でもあるからです♪

 
—————————–

オリジナル小説を、【小説投稿サイト 小説家になろう】というサイトにアップしています。無料で読めますので、ぜひ、読んでみてください!(^^)!
携帯でもパソコンでもOK。読むだけでしたら、会員登録もいりません(ブックマークに登録する場合は会員登録が必要)。

★★「勝軍地蔵 お頼み申す」→ https://ncode.syosetu.com/n5652gg/
中学生の女の子が、突然現れた勝軍地蔵様からお願いされたこととは…??
これは、地元・浜松の秋葉神社信仰をヒントに書いたファンタジーです。

★★「念いのかけら」→ https://ncode.syosetu.com/n7968gc/
『赤毛のアン』へのオマージュで書いた小説です。これがネット小説第一号でしたが、サイトが閉鎖されてしまいましたので、新しく、大幅に加筆して再公開しました。赤毛のアンの舞台になったプリンス・エドワード島に住んでいた私の実体験をもとに、一人の少女の成長物語を描きました。

★★「おれは女子高生」→ https://ncode.syosetu.com/n8540gc/
私自身の、女子高校時代を懐かしんで書きました。ラノベ、ラブコメといえなくもない…(笑)だんだん女子高、男子高がなくなっていくのが寂しいです。

お茶屋さんが手がける茶屋、お茶スイーツ

浜松市の細江にある「まるたま製茶」さんが、今年、「まるたま茶屋」をオープンさせたと知り、行ってきました♪

お茶とお庭とゆったりとした時間をたのしんでいただきたい、という思いから、築60年以上の農機具小屋をリノベーションされたそうです。

きれいにリノベーションされているきれいな空間ですが、50年前、小学校で使っていた椅子や机、黒板を再利用されていて、なつかしい雰囲気があります。

馴染みのある言葉でいうと”カフェ”ですが、ワークショップ形式でされているところが新しいスタイルだと思います。まるたまさんは”体験小屋”とおっしゃってました(^^ゞ

毎日ではなく、営業日時があるので、その時間に行って、自分がやりたいワークショップを選びます。こじんまりとした空間なので、予約すると確実ですね。
詳細はHPインスタグラムをチェックしてくださいね。

ワークショップは毎月変わるようです。私は10月に行ったので、10月のワークショップから、「プチ利き茶体験」を選びました。3種類のお茶の飲み当てゲームです。


品種を当てるものではないので、絶対に正解できる!と思いましたが…実は間違えました(◎_◎;)

3種類のお茶はたっぷり淹れてくださるので、私はおやつにほうじ茶葛餅(もちろん、まるたま製茶さんのお茶を使ったオリジナル)をプラスしましたよ(*^^)v


↑お友だちは利き茶体験に、「ほうじ茶ラテづくり」をプラス。
ストライプになっているのは、チョコレートシロップ。牛乳を泡状にし、ほうじ茶とのレイヤーをつくります。見せ方も上手です~。


窓からはお庭も見えます。無農薬茶の木が7種類植えられています。散策するのも楽しいです。


向かい側には、お茶工場と、その裏の農薬無散布茶エリア。

まるたまさんは、女性目線のかわいいデザイン、自社のお茶を使ったスイーツ等の商品開発も熱心です。
今回私は、緑茶あんの最中セットを購入してきました。


緑茶あん、ネコちゃんの最中の皮、上からぱらぱらとふりかけるもち花入り玄米は、それぞれ別売りなのもうれしい。

緑茶あんは、農薬無散布の緑茶をまるごと練りこんであって、保存料・人工甘味料不使用です。くどい甘さがないので、あんだけでもいけてしまう(笑)というか、私の好み(≧▽≦) 今度、緑茶あんだけ買いに行きたいほど・・・

まるたまさんでは抹茶は作っておられないので、同じ浜松市内のはまきた園さんの抹茶を扱っておられました。はまきた園さんも、私が時々、おうかがいするお茶屋さんです。

こちらは、はまきた園さんの農薬不使用の特別栽培茶葉を使った「わがしふぉん」。浜松の和菓子店「田町梅月」さんがおまんじゅう型のシフォンケーキを開発。こちらも今年発売されました。

抹茶、ほうじ茶、紅茶の3種類があります。私は抹茶と紅茶の2種を買いました。一袋に3個入り。小さくてお値段も手ごろ。
抹茶のほうは中にこしあん、紅茶のほうには白あんがちょこっと、アクセントに入ってます。

そしてもう一軒。今年オープンしたジェラート屋さん『抹茶香房こくる』。大津市にも支店があるようですが、本店は浜松。

抹茶ジェラートは、厳選された静岡抹茶(「一番茶」のみ)を使用。抹茶は、天竜の山で作られた香り高い抹茶だそうです。
抹茶の濃度の違う5種類があります。藤枝市の「ななや」さんは7種類なので、ちょっと少ないけど、でも5種あれば十分です♪ 地元浜松の抹茶使ってくれてる地産地消がうれしい。

・若菜(わかな)抹茶含有量…1%
・萌黄(もえぎ)………………2%
・若草(わかくさ)……………3%
・常磐(ときわ)………………5%
・深碧(しんぺき)……………7%

私が食べたのは「抹茶5種食べ比べ」。5種類を、1つのカップに1スクープずつ盛り合わせたものです。
だんだん、抹茶の味が濃くなっていくのがわかって、楽しいです。ちゃんと”抹茶”の味がします。

お茶が売れないと言われていますが、売るアイデアはたぶんたくさんあるはず。コロナ禍でもうってでていく積極性、応援しています!

タータンのホテル@大阪:後編

前編(https://mikiokuda.com/2020/10/30/hotelit1/)のつづきで、タータンのホテルでのアフタヌーンティー
アフタヌーンティーをいただくのはホテルのロビーラウンジ。


タータンのクッションがあるだけで、甘すぎないシンプルでモダンな雰囲気が大人~~。


10月はハロウィン・バージョンです。ワンプレートのアフタヌーンティーとは知っていましたが、な、なんと大きなプレート!!!
ミニサイズのフードがたくさん!!しかもどれも秋、ハロウィン仕様になっていて、ヴィジュアル的にもかわいすぎる~~(≧▽≦)


クランベリーのジュレ~ビーカー血液風~
かぼちゃのプリン
キャラメルのジェラート~ベリーソース~
*ベリーソースも血に見えるのでハロウィンにぴったり(;^ω^)


紫イモのタルト
棺桶をイメージした棺桶クレープ


妖怪バーガー
スコーンには、柿のコンフィチュールが添えられてました。
かぼちゃや、おばけのクッキーもいいアクセント♪


2ドリンク付きで、ホットの紅茶はティーポットで来ます。
マットな質感のティーセットもいい感じ。
ゼブラのバンズのフルーツサンドも、和栗のティラミスも、もう、どれもこれもがおいしかった!!!!
ボリュームもたっぷりで、おなかがはちきれそう。

泊まっていなくても、アフタヌーンティーはできるようです。機会があったらまたここでアフタヌーンティーしたい!!と思いました。おススメです(*^^*) もちろんホテルも!

—————————–

オリジナル小説を、【小説投稿サイト 小説家になろう】というサイトにアップしています。無料で読めますので、ぜひ、読んでみてください!(^^)!
携帯でもパソコンでもOK。読むだけでしたら、会員登録もいりません(ブックマークに登録する場合は会員登録が必要)。

★★「勝軍地蔵 お頼み申す」→ https://ncode.syosetu.com/n5652gg/
中学生の女の子が、突然現れた勝軍地蔵様からお願いされたこととは…??
これは、地元・浜松の秋葉神社信仰をヒントに書いたファンタジーです。

★★「念いのかけら」→ https://ncode.syosetu.com/n7968gc/
『赤毛のアン』へのオマージュで書いた小説です。これがネット小説第一号でしたが、サイトが閉鎖されてしまいましたので、新しく、大幅に加筆して再公開しました。赤毛のアンの舞台になったプリンス・エドワード島に住んでいた私の実体験をもとに、一人の少女の成長物語を描きました。

★★「おれは女子高生」→ https://ncode.syosetu.com/n8540gc/
私自身の、女子高校時代を懐かしんで書きました。ラノベ、ラブコメといえなくもない…(笑)だんだん女子高、男子高がなくなっていくのが寂しいです。

ハロウィン・アフタヌーンティー@大阪

GO TOキャンペーンで大阪へ一泊で行き、アフタヌーンティーをしてきました♪朝食はいつも食べないので、私にとってアフタヌーンティーは、旅行先でのランチを兼ねています。
GO TOキャンペーンで泊まると、地域共通クーポンももらえるようで、今回そのクーポンが使えたので、アフタヌーンティーが格安でいただけました!嬉しい(*^^*)

数ある中から選んだのは、スイスホテル南海大阪の「ザ・ラウンジ」。


広いオープンラウンジよりも、こうした囲まれた空間のほうが、私はすごく落ち着きます。
一人なので、隅っこの席を案内され、これまた落ち着きました(笑)
午後だとハープの生演奏があるようです。私は午前だったので残念ながら聴けなかった(;O;)


9種類のTWG紅茶ブッフェ(つまり飲み放題)付きです。この日は、
・フレンチ アールグレイ
・イングリッシュ ブレックファスト ティー
・シルバームーン ティー
・クリームキャラメルティー
・モロッカンミントティー
・バニラ ブルボン ティー
・ロイヤル ダージリン
・カモミール
・ポム プレステージ ティー

う、うつくしい・・・・。
TWGといえば、シンガポール創業のラグジュアリーな紅茶ブランドですよね。購入できるお店は日本では東京と横浜にしかないです。
だいぶ前、自由が丘にあるTWGのティーサロンに行ったことがありますが、あまりにゴージャスすぎて緊張したことを覚えています(;^_^A
紅茶のパッケージも素敵でしたが、結局購入はしてこなかった・・・(-_-;) ので、9種類も飲めるなんて夢のよう。


がんばって少しずつトライしたけど、9種類、全制覇はできなかった・・・(;^ω^)
どれもおいしかったけど、フレーバーがほとんどなので、フードいただきながらいろんなフレーバーに変えていくと舌が追い付かず。もちっと、スタンダードが欲しいな。

特に気に入ったのは、シルバームーン。800種類くらいある種類の中で、TWGが最初に発表したのがこのSilver Moon Teaだそう。緑茶にベリーとバニラ、スパイスをブレンド。秋の名月を祝うオリジナルブレンドティーだとのことで、まさに今の季節にぴったり。

同じカップを使ってたら、その都度変えてくださって結構ですよ、と言われました(笑) 貧乏性だね・・・私。


三段トレイに、和のお重を組み合わせている!!!和と洋の融合~~(#^.^#)
写真をバシャバシャ撮ってるのは私だけ(笑) 恥ずかしい・・・
せっかくなので、ハロウィン・バージョンを選びました♪


お重は引き出しを開ける楽しみがありますよね~。
引き出しを開けると・・・わ~ここにもハロウィン♪
スコーンはプレーンと、カボチャとゴマのスコーンの2種。クロテッドクリーム、イチゴジャム、はちみつ添え。


ハロウィン仕様のスイーツがいっぱい!!
でも、甘くないセイボリーとのバランスも絶妙。甘いものばかりで気持ちが悪くなるアフタヌーンティーも多い中、ここはよく考えられています。

昨日いただいたホテルのアフタヌーンティーもよかったけど、こちらのアフタヌーンティーも大満足!!!
関西の方はコスパを重視すると聞いたことがありますが、だからかな?厳しい目に鍛えられているともいえる関西のアフタヌーンティー、今後も大阪に来る機会にはチェックしなくては。

—————————–

オリジナル小説を、【小説投稿サイト 小説家になろう】というサイトにアップしています。無料で読めますので、ぜひ、読んでみてください!(^^)!
携帯でもパソコンでもOK。読むだけでしたら、会員登録もいりません(ブックマークに登録する場合は会員登録が必要)。

★★「勝軍地蔵 お頼み申す」→ https://ncode.syosetu.com/n5652gg/
中学生の女の子が、突然現れた勝軍地蔵様からお願いされたこととは…??
これは、地元・浜松の秋葉神社信仰をヒントに書いたファンタジーです。

★★「念いのかけら」→ https://ncode.syosetu.com/n7968gc/
『赤毛のアン』へのオマージュで書いた小説です。これがネット小説第一号でしたが、サイトが閉鎖されてしまいましたので、新しく、大幅に加筆して再公開しました。赤毛のアンの舞台になったプリンス・エドワード島に住んでいた私の実体験をもとに、一人の少女の成長物語を描きました。

★★「おれは女子高生」→ https://ncode.syosetu.com/n8540gc/
私自身の、女子高校時代を懐かしんで書きました。ラノベ、ラブコメといえなくもない…(笑)だんだん女子高、男子高がなくなっていくのが寂しいです。

遠州の小京都・森町 その3

森町さんぽのつづきです。
その1→https://mikiokuda.com/2020/10/22/ensyumori1/
その2→https://mikiokuda.com/2020/10/23/ensyumori2/

初めて行く「ハミングバード」さん。ご自宅ショップなのかな?グーグルの道案内で行きましたが、ちょっと迷いました(;^_^A

お菓子好きが高じて販売するようになったそうです。口コミで評判になって、午前で完売してしまう日もあるとか。
スコーンも毎週出るわけではなく、その週によってラインナップが変わるそうで、この日はスコーンがあったので、本当にラッキーでした(*^^*)


アールグレイとオレンジのスコーン
ホワイトチョコとマカダミアのスコーン
スコーンはアルミ箔に包んで、トースターで温めます。この一手間をするとしないのとでは大違い。おいしく食べるには、この作業は絶対に必要~!!!
さくっとしていて、私好みのスコーンです。お茶が進みます。プレーンじゃないので、そのまま食べても十分満足。

そういえば、現在、毎日曜に放映している『アンという名の少女』の4話で、アンが友達のルビーに「スコーンを焼いてもっていきましょうよ」というセリフがありました。( ,,`・ω・´)ンンン?違和感!!
私、カナダに住んでいた時に、スコーンという言葉を聞いたことがなかったので・・・。そこで、音声を英語に変えてみました(毎回、録画しているんです)。
すると、「ビスケット」と言っていました。
そう、カナダやアメリカでは、イギリスのスコーンは「ビスケット」と呼ばれているのです。ビスケットはよく出てくるお菓子(というかパンというか…)。

で、持って行ったビスケットを牧師さんが手にしたシーンがこちら。

レーズンか、チョコレートが入っているのかな。厚みがあるので、確かにイギリスでいうところのスコーンですね。


ハミングバードさんで買ったもうひとつは、栗のヴィクトリア・スポンジ
私、栗が大好きなので、こちらもおいしくいただきました♪

イギリスのヴィクトリア・スポンジ(ヴィクトリアケーキ、ヴィクトリアサンドイッチとも呼ぶ)は、パウンドケーキにラズベリージャムをはさんだもの。ふわふわの軽いケーキではなく、どっしりした食べ応えのあるケーキで、ハミングバードさんのもまさにそれです。バタークリームも入っているのでさらにどっしり感があり、こちらも紅茶が進みました~。

 

—————————–

オリジナル小説を、【小説投稿サイト 小説家になろう】というサイトにアップしています。無料で読めますので、ぜひ、読んでみてください!(^^)!
携帯でもパソコンでもOK。読むだけでしたら、会員登録もいりません(ブックマークに登録する場合は会員登録が必要)。

★★「勝軍地蔵 お頼み申す」→ https://ncode.syosetu.com/n5652gg/
中学生の女の子が、突然現れた勝軍地蔵様からお願いされたこととは…??
これは、地元・浜松の秋葉神社信仰をヒントに書いたファンタジーです。

★★「念いのかけら」→ https://ncode.syosetu.com/n7968gc/
『赤毛のアン』へのオマージュで書いた小説です。これがネット小説第一号でしたが、サイトが閉鎖されてしまいましたので、新しく、大幅に加筆して再公開しました。赤毛のアンの舞台になったプリンス・エドワード島に住んでいた私の実体験をもとに、一人の少女の成長物語を描きました。

★★「おれは女子高生」→ https://ncode.syosetu.com/n8540gc/
私自身の、女子高校時代を懐かしんで書きました。ラノベ、ラブコメといえなくもない…(笑)だんだん女子高、男子高がなくなっていくのが寂しいです。

おいしいものおもしろいもの⑯スコーン

浜松近辺では、最近、スコーンを販売するお店がだいぶ増えてきました。
スコーンはイギリスのお菓子ですから、イギリス好きとしてはどんな味なのか、一度は食べてみなくては!と思うわけです。

ただ、私、並んだり、予約したりするのが嫌いで…(;^ω^)
ありがたいことに、友人がちょうどそこへ行って、買ってきてくれました。持つべきものは親切な友達!!(≧▽≦)

こちらは、隣の磐田市にある「おやつカフェGuug」さんのスコーン。
お茶やチョコ、レモンといったさまざまな食材を使ったスコーンが並びます。

そしてこちらは、森町にある和菓子店「土屋製菓」さんのスコーン。
和菓子店らしく、あんこを使ったスコーンと、酒かす&白餡を使ったスコーンが定番で並ぶようです。

イギリスのスコーンやクリームやジャムをつけて食べるのが普通ですが、上記どちらのスコーンも、そのまま食べられるように工夫されています。クッキーに近い感覚でしょうか。

スコーン探偵、これからも続きます(笑)

おいしいものおもしろいもの⑮

広島のTea Story紅茶教室の岡本啓美先生と、岡山の薬膳料理教室の先生から、おいしいものをいただきました♪


こちらは、なかなか買うことができない、幻の「クッキーローゼ」。
兵庫県・夙川にあるドイツ菓子店「ミッシェルバッハ」の看板商品だそうで、毎日行列ができるとか。
岡本先生の近所の菓子店で似たクッキーがあり、買いに行ってみたところ、なんと、先代のミッシェルバッハのオーナー直伝のクッキーだったとのこと!!!
うれしい発見だったの~~~!(^^)!と、私におすそ分け。
クッキーで行列がきるなんて、と思ったけれど、食べてみてびっくり!!
クッキーの概念をくつがえすほどのおいしさだった…(≧▽≦)
やわらかくて味わい深い、そして嫌な甘さがない・・・・(;゚Д゚) 驚愕です。
もったいないので、毎日1枚ずつ、ありがた~くいただきました(^^ゞ


岡山の先生からは、岡山名産の桃やぶどうを使ったお菓子や紅茶、コーヒーなど、をた~くさん♪
紙製のティーポット&ティーカップに盛り付けてかわいらしく撮影してみましたよ。


紙製なので、すごくちゃちいです(^^; 子どもの時におままごとして遊んでいたのを思い出します(;^_^A 遠くから見ると、紙製には見えない…かな??
以前、ネット広告で、この紙製のティーカップ&ティーポットがセットで売っているのを見つけて、安かったことや、バラ柄がかわいかったし、小さいものを入れておいたり、プレゼントの箱にしてみるのも楽しそうだなと思って、買ってみました。
実物は思ったより大きくて、存在感がありました(笑)

おいしいものをいただくと、コロナのストレスも軽くなります。
ありがたいです(≧▽≦)

—————————–

オリジナル小説を、【小説投稿サイト 小説家になろう】というサイトにアップしています。無料で読めますので、ぜひ、読んでみてください!(^^)!
携帯でもパソコンでもOK。読むだけでしたら、会員登録もいりません(ブックマークに登録する場合は会員登録が必要)。

★★「勝軍地蔵 お頼み申す」→ https://ncode.syosetu.com/n5652gg/
中学生の女の子が、突然現れた勝軍地蔵様からお願いされたこととは…??
これは、地元・浜松の秋葉神社信仰をヒントに書いたファンタジーです。

★★「念いのかけら」→ https://ncode.syosetu.com/n7968gc/
『赤毛のアン』へのオマージュで書いた小説です。これがネット小説第一号でしたが、サイトが閉鎖されてしまいましたので、新しく、大幅に加筆して再公開しました。赤毛のアンの舞台になったプリンス・エドワード島に住んでいた私の実体験をもとに、一人の少女の成長物語を描きました。

★★「おれは女子高生」→ https://ncode.syosetu.com/n8540gc/
私自身の、女子高校時代を懐かしんで書きました。ラノベ、ラブコメといえなくもない…(笑)だんだん女子高、男子高がなくなっていくのが寂しいです。

おはぎ&シャインマスカット

25日まで、秋のお彼岸ですね。
おはぎを買ってきて、いただきました♪

なぜ、おはぎ? 材料であるあずきの赤い色は「魔をはらう」とされており、
「悪いものが入ってこないように」という思いをこめておはぎを食べるそうです。
おいしそうだったので、みたらし団子も買っちゃった(^^ゞ

岡山のお友だちが贈ってくれたシャインマスカットも一緒に♪
フルーツ大好きなので、とてもうれしい(#^^#)

天国にいるご先祖さまに思いを寄せて。
亡くなってあの世にいった家族はみんなご先祖様になります。
まだ、姉の死から立ち直れていません…。でも、元気でがんばるよ。

気賀のビューポイント

バーチャル『ウォークラン』で、井伊谷城址にのぼったあと、お友だちがもう一か所、眺めのいい展望台を教えてくれたので、一緒に行ってきました!

「国民宿舎奥浜名湖」の隣にある、細江公園です。
何度か、この道路は車で走り抜けたことがありましたが、公園があるとは知らなかった(^▽^;)
万葉歌碑や文学碑が点在していることも初めて知った…(^^;
夏ということもあるのか、あまり手入れがされていないのか、草木もぼうぼうで、今、散策するのはちょっと怖い…。

展望台は、駐車場から歩いてすぐ。
気賀関所がある、気賀の町が眼下に…。
そして、遠く浜名湖の姿も見えましたよ♪♪

右奥にかかっているのが、東名高速道路の浜名湖橋
手前左の赤いアーチの橋が、都田川にかかる「みをつくし橋」。


時間があえば、一両だけの、天竜浜名湖鉄道が走っているのが見えますが(写真にある緑色の鉄橋がそれ)、日中は一時間に一本しか走ってないので、
私たちがいる間に姿は見えませんでした(^^;

↑案内板に書いてある「北区直虎ビューポイント」というのが気になりました。
先ほどのぼった、井伊谷城址の案内板にも、この北区直虎ビューポイントの文字があったではないですか。
調べてみると、「大河ドラマ『おんな城主 直虎』の放送で高まった北区の魅力再認識にいかしたい!」「豊富な眺望適地をみんなに楽しんでもらいたい!」そんな思いから生まれたんだそうです。
やっぱり、大河ドラマがきっかけなのね。
現在、7つのビューポイントがあるようで、そのうち2つを今日制覇!
他のところも行ってみたいと思いました!

この眺めのいいところで、先ほど、「田空旬彩市(でんくうしゅんさいいち)」 で買ったソイ・ジェラートを食べました(≧▽≦)
これ、浜松市北区の会社が作っているんですよ!!(って、私も今日知ったんですが(笑))
材料はすべて有機JAS認証取得
牛乳・卵・小麦粉・食品添加物不使用
ということで、出来る限り、ヴィーガン生活を心がけている私も安心して食べられるのが、うれしくて!!

味は、6種類もありましたが、無難にバニラをチョイス。甘すぎず、ココナッツの味がさわやかで、気に入りました(#^^#)
次に市場に行った時は、他の味も試してみたいと思います!
検索したら、楽天市場でも売ってましたよ♪ ご興味のある方はお試しくださいね。