カナダの絵本あれこれ

先日、国際こども図書館さんが企画された、梶原由佳さんのオンライン講演会「赤毛のアンと歩んだL・M・モンゴメリの旅路」を拝聴しました。

昨年もされたそうなのですが、それは存じ上げず(>_<)、聴けなくて残念。
でも、昨年、ノートルダム清心女子大学さん主催のオンライン講演会「絵本で旅するMy Tronto, My Canada」は拝聴させていただきました。

梶原由佳さんはカナダのトロント公共図書館オズボ-ン・コレクション室勤務で、『赤毛のアン』の作者モンゴメリのおっかけ(と由佳さんはおっしゃっておられますが)、つまり研究もされています。

私がアンの本を出す際に何度もメールでやりとりをさせていただいたり、知らないことを教えていただいたり。トロントに行った時にお会いしてお食事を一緒にさせていただいたりしました(*^^*)

2017年に、由佳さんが帰国された際、ノートルダム清心女子大学さんでモンゴメリの愛読書について講演をされた時には、実際に会場でお話をお聞きし、お目にかかれてうれしかったです。
(うわ~もう5年も前のことになるのですね)

絵本で旅するカナダ・・・素敵なテーマ♪♪

カナダはアメリカ合衆国の北にある国で、先進七か国(G7)の一国。
10の州(province)と3つの準州(territory)で成り立つ、世界で二番目に大きい面積で、6つの時間帯があります(すごい!)。

私が昔住んでいた、赤毛のアンの舞台として知られるプリンス・エドワード島は、10の州のうちの一つ。小さな島ですが、一つの州なんですよ。

カナダは英語とフランス語の2つが公用語で、人口の6割が英語、2割がフランス語を使っているとか。移民も多く、他民族国家ともいわれます。

カナダの首都はオタワで、オンタリオ州にあります。
梶原さんが住んでおられるトロントもオンタリオ州にあり、商業都市として栄えているビックシティ。超高層ビルも多いです。
赤毛のアンの舞台として知られるプリンス・エドワード島への、日本からの直行便はないので、玄関口としてトロントで乗り換えます。

さて、講演会では、カナダの作家・画家が手がける絵本や、その州のことがわかる絵本をいろいろご紹介くださいました。
日本で翻訳されているのは少ないものの、いくつかご紹介くださったので、借りて来て読みました。
(去年のうちに読みたかったのですが、今ごろになった・・・( ̄▽ ̄;))

★『オーロラのひみつ
マイケル・A・クスガックぶん/ヴラヤナ・クリコーカえ、まつうらひろゆき訳(新風舎)

ノースウエスト準州のイヌイットのお話です。泣ける・・・(;O;)
大事な人が亡くなった悲しみを癒してくれる絵本です。

由佳さんのお話で初めて知ったのですが、原住民から土地を奪った政府は、イヌイットを同化させるために子どもの寄宿学校をつくり、家族と引き離して厳しく西洋化をしつけてアイデンティティを奪ったんだそうです。
なんとひどいことを・・・・。

この絵本とそのことは関係ありませんが、作者がイヌイットの方ということで、カナダの悲惨な歴史を教えてくださいました。
ドラマ「アンという名の少女」シーズン3でもそれが出てくると聞き、その場面を見た時は、ああ、このことか、とわかりました。
昨年、カナダの第30代総督に就任したメアリー・サイモンさんは、イヌイットだそうです。カナダ史上初の先住民族の総督誕生ということで、歴史的第一歩とニュースになりました。

★『うみべのまちで』ジョアン・シュウォーツぶん/シドニー・スミスえ、いわじょうよしひと訳(BL出版)

もと炭坑で栄えた町、ノヴァ・スコシア州のケープ・ブレトン島の歴史がわかります。ケープ・ブレトン島。行ったことがあります。スコットランド系移民が多いところで、確かにスコットランドと景色が似ていました。
炭坑で栄えたところだったんですね。
こちらも絵はシドニー・スミス。いろんな絵柄を描きわけることができるんですねー。

★『プーさんとであった日 世界でいちばんゆうめいなクマのほんとうにあったお話
リンジー・マティックぶん、ソフィー・ブラッコールえ、山口文生やく(評論社)

マニトバ州のウィニペグは、くまのプーさんの故郷です。
え、くまのプーさんってイギリスでは? はい、実は、物語のくまのプーさんにはモデルがいました。実在するクマのウィニーです。
ウィニペグで拾われたのでウィニペグ、愛称ウィニーとつけられました。
拾われた、というか、実際は、猟師が連れていた小熊を見つけた獣医のハリー・コールボーン大尉が、20ドルで買ったのです。第一次大戦中フランスへ向かう途中のことでした。

気立てがよいウィニーは隊の人気者になりましたが、戦場へ連れていくわけにはいきません。それで、ロンドン動物園に預けられ、最終的にここに住むことになり、動物園の人気者に。
このウィニーを気に入ったのが『くまのプーさん』を書いた作者の息子でした。

ということで、詳細は絵本を読んでくださいね!写真も入っていて、とてもわかりやすいです。

★『おはなをあげる
ジョナルノ・ローソンさく/シドニー・スミスえ(ポプラ社)

トロント
の町が描かれた絵本として紹介してくださいました。文字のない、絵だけの本ですが、これが・・・泣けた・・・(;O;) 私だけ!?
シドニー・スミスのサイン入りの原画が、由佳さんが勤務されているオズボーン・コレクションにあるそうです。見てみたいですね。

★『ひびけわたしのうたごえ
カロライン・ウッドワードぶん/ジュリー・モースタッドえ、むらおかみえ訳(福音館書店)

ブリティッシュ・コロンビア州の作者が、自分の子ども時代を描いた絵本。
訳者は、村岡花子さんのお孫さんの、村岡美枝さんです!
スクールバスに乗るまで、長い道のりを一人で森を抜けて歩く、6歳の少女の心のゆれ、歌うことで内から出てくる勇気。
私、この子の気持ちがわかるわ・・・似た体験を昔しました。きっとみなさん、同じような心境になったことがあるはず。

アリソン・アトリーの『農場にくらして』を思い出しました。アトリーも、学校まで(当時はスクールバスはないので)長い道のりを歩いて通い、その時のことをこの本に書いたのでした。

カナダの絵本、興味がわきました。
他にも邦訳されている本があるようなので、探して読んでみようと思います。

読み親しんだアメリカの児童文学

拙書『ヴィクトリア朝の子どもたち』(河出書房新社)の共同著者ちばかおりさんが、『花開くアメリカ児童文学』(河出書房新社)を出されました♪

副題に”「若草物語」から「大草原の小さな家」まで”とあります。
19世紀~20世紀半ばにかけて、アメリカでは良質な児童文学が数多く生まれました。

日本でも翻訳され、今まで読み継がれている中から馴染みのあるものを取り上げ、その時代背景を、キーワードを中心にわかりやすく解説しています。

アメリカは50にもわたる州を持つ広大な国で、東西南北、その地域独特の歴史や文化がありますが、それらを、小さい頃読んだ作品からひもといてくれているので、ああ、なるほど、ここはこういうことだったんだな、と納得しました。
また、奴隷制度、ゴールドラッシュ、南北戦争といった目をそむけてはならない歴史についてもしっかりと書いてくれています。

ラインナップされているアメリカの物語は、小さい頃、ほぼ読んでいたはずですが、すっかり内容を忘れているものもあります。
『シートン動物記』は夢中で読みましたが、なぜか忘れてしまいました。
『エレン物語』『すてきなケティ』も忘れていました。
『少女レベッカ』は『少女ポリアンナ』とごっちゃになっていました( ̄▽ ̄;)
”よかった探し”はポリアンナですね。レベッカより、ポリアンナのほうが、私の中に残っていたんだなと、再発見。

読んだつもりだったけど、実はアニメやテレビドラマのほうが印象的だったという作品も(ラスカルやローラ・・・)。

リンバロストの乙女』と『そばかすの少年』は、河出書房新社さんが、文庫で復刊してくださっているので、それで読みました。

アメリカとイギリスをまたにかけて活躍したバーネットや、隣国カナダの『赤毛のアン』(出版社はアメリカでした)も、紹介されています。

ぜひ、自分の子ども時代を振り返りながら、あの頃読んだお話をもう一度、深く味わってみてください~。

冒頭で取り上げられている『若草物語』は、2年前に映画『ストーリー・オブ・マイ・ライフ/わたしの若草物語』が公開されてまた注目されましたね。

私は3年前に、みなさんとツアーで作者ゆかりの場所に行っているので、その時のことをまた思い出しています。

よければその時の日記も読んでみてくださいね。

雑誌VERYでご紹介いただきました!

雑誌『VERY』2022年2月号で、『すてきなタータンチェック』を紹介していただきました(≧▽≦)

「こども向け本」でママこそ、おうちリカレント
という特集ページで、
丸善丸の内本店 兼森理恵さんがリコメンド! してくださいました(●^o^●)
うれしいです~~~~。
ありがとうございます(*^^*)

お子さんへのプレゼントに、自分へのご褒美に。
私からサイン入りでお送りすることもできますので、お問合せくださいね。

「mr partner」さんでご紹介いただきました♪

消えたブログ(2021年3~12月)を、コツコツと、思い出しながら再び投稿しています。
記憶がはっきりしている(笑)12月からはじめ、今、やっと6月までいきました。
あと、3か月分がんばります!
読者登録してくださっている方には、いくつも記事アップ(過去分)のお知らせがいきますが、ご了承ください<(_ _)>

そして、いずれ解約する予定のこのブログ、同時進行で次のブログにも投稿しています。
新しいブログはグーグルのBloggerになります。よろしかったらこちらをお気に入り、ブックマークに登録お願いします。
https://mikiokuda.blogspot.com/

さて、英国好きなら知らない人はいない雑誌「mr partner」。
英国関連の著書を多数出されている井形慶子さん(何冊も著書持っています!!)が編集長をされています。

最新号の「mr partner」は、スコットランドの島特集。
スコットランドは時々、特集にあがります。
今回はシェットランド、オークニーをはじめとする島々が美しい写真とともに紹介されています。
私は、スカイ島にしか行ったことがないので、うわ~~~うわ~~~と、感動ばかりでした。

右側の号は、ちょうど2年前の、スコットランドのテキスタイル特集。大好きなタータンの話題もありました~(≧▽≦)

さて、最新号のブックコーナーで、拙書『すてきなタータンチェック』(福音館書店)をご紹介いただきました(●^o^●)

大人が読んでも楽しい出来栄え、と評価いただき、嬉しい限りです!!!

子ども向けにわかりやすく書いてあり、穂積和夫さんのイラストが満載。
見ているだけで楽しいですよ♪ ハードカバーになって、保存版になりました。

ぜひ、お買い求めくださいね。
私から、サイン入りでお送りすることもできますので、お問合せくださいね。

 

美しいドレス図鑑に、イギリス関連本…

空いた時間に、ちょこちょこ、読書。
今年出た新刊、どれも興味深い。

★『写真でたどる美しいドレス図鑑』(河出書房新社)

エリザベス女王からバレンシアガまで。モードとエレガンスの400年。
時代を代表するドレス約100点の生地、形、装飾、細部まで徹底解説!

と帯にあります。オールカラー!!!これは豪華版ですね!
保存状態のよい、各時代のドレスの全体像が掲載されていて、当時の流行や誰が着ていたのかの推測などなど、細かい説明も読んでいておもしろいです。

私の好きなタータンのドレスも2着、紹介されていましたよ♪
その一つはヴィクトリア時代のもの。そう、ヴィクトリア女王はスコットランドびいきで、スコットランドに建てたお城・バルモラル城の中では、タータンを存分に使いました。インテリアや女官のドレスにまで・・・

 

★『British Savoury Baking イギリスの古くて新しいセイボリーベイキング』(内外出版社)

宇都宮で英国料理教室を主宰されている安田真理子さんの新刊。
以前出された『BRITISH HOME BAKING おうちでつくるイギリス菓子』は実はサイン入りで持っているんですよ(≧▽≦)

セイボリーというのは、甘くない、総菜系という感じで使われます。
甘ったるいお菓子が苦手なので、この本に載っている、総菜系のお料理はすごく興味があります。
私は料理をするのが好きではないのですが(笑) 写真を見ていたら食べたくなって、作ってみようかな、と思ってしまいました。

 

★『英国式アフタヌーンティーの世界』(誠文堂新光社)

予約の取れないサロンで有名な藤枝理子さんの新刊。
『もしも、エリザベス女王のお茶会に招かれたら?-英国流アフタヌーンティーを楽しむ エレガントなマナーとおもてなし40のルール』も、『ようこそ、アフタヌーンティーへ 英国式5つのティータイムの愉しみ方 』(どちらも清流出版)も、他のも、ほぼ読んでいます!!

イギリス発祥のアフタヌーンティーですが、日本の茶道にも通じるものがあるとして、マナーだけでなく楽しみ方も書いてくださっているのがいいですね。

日本国内で味わうティープレイスも参考になりました。

今年の新刊といえば、私の本も出版になっています(●^o^●)

★『すてきなタータンチェック』(福音書書店)

月刊誌「たくさんのふしぎ」で刊行されたものですが、おかげさまで好評をいただき、このたび、ハードカバーになって生まれ変わりました!!!

「たくさんのふしぎ」のほうはすでに売り切れですので、ぜひこちらをお手元に置いてくださいね。
子ども向けにわかりやすく書いています。大人の方にも気に入っていただいています!!
私からサイン入りでお送りすることが出来ますので、よろしくお願いします(*‘ω‘ *)

私設図書館、地元本コーナー

毎月通うようになった、浜松の「じゃじゃの私設図書館」さん。
おしゃれで、落ち着く空間です。

少しずつ自分の本を寄贈させていただいています。

10冊以上寄贈すると、飲み物が無料になります~。
なので、時々一緒にスイーツを頼んだりも。

断捨離しているとはいえ、本は、あれこれと、寄贈してもいいものが後から後から出てきます(雑誌や英語の本、自費出版のものでもいいそうですよ)。

オーナーさんが地元本コーナーを作ってくださり、私の本も並べてくださいました♪

9月に発刊された拙書『すてきなタータンチェック』に、感想が書かれたふせんが貼ってありました。
小学生の女の子が書いてくれたそうです!嬉しい。お返事書きました(●^o^●)

地元本コーナーで見つけた、前から読んでみたかった本。

『月まで3キロ』(伊予原新著、新潮社)

第38回新田次郎文学賞を受賞されている作品だそうです。
地元本コーナーに並んでいたのは、本の題名になっている「月まで3キロ」が、浜松にある案内板だからでしょう。
「月」という地名があるのですが、この短編小説では月に一番近い場所、として登場。

どの短編も思わず泣ぐんでしまうような切なさと、繊細さで、心に響きました。

読んでみたかったのは、実は同じ名前のお菓子(上の写真の右側)を知ったのが先でして(;^_^A

もちろん、この本からインスピレーションを得て作ったというお菓子です。

地元の三ケ日みかんを練り込んだチーズケーキ。
焼菓子はあたためて食べるのがおいしいので、温めて食べました。さっぱりしておいしかったです。

治一郎のバウムクーヘンや、色とりどりのラスクなどを手がけるヤタローさんが作っています。
工場直販所に行くと、バウムクーヘンの切れ端目当てに大勢の人が並んでいます。
私は胡桃あんぱんがお気に入りです、売り切れることはないようです(;”∀”)
台湾メロンパンや、マリトッツォなどの流行のお菓子も時々あり、どちらもおいしかったけど、最近は見なくなりました・・・やっぱり流行ものはすぐに販売しなくなっちゃうんでしょうか。

 

ハローキティ♪

先日、山口県へ行った際、広島駅で出会ったハローキティ新幹線
かわいい~~~!!
各車両に、JR西日本の9つの県それぞれのご当地キティ ちゃんが描かれているようです。

そばに行って写真を撮りたかったのですが、出発時刻が迫っていたのでできず・・・( ;∀;)

機会があったら、乗りたいなあ。

子ども時代をサンリオにお世話になった私。
お気に入りはパティ&ジミーでしたが、キティちゃんのグッズもけっこう持っていました。
いちご新聞も買っていたし、「リリカ」も何冊か持っていました。
が、片づけ魔の両親が、いつのまにか勝手に捨ててしまいました・・・(;O;)

デアゴスティーニ から出ている、ハローキティ・なつかしのアイテムコレクション
タイトル通り、懐かしくて(;^_^A 買っちゃいましたよ。

といっても、私が欲しいのは70年代~80年代のものだけ。
実際に持っていて、使っていたものも・・・はるか昔・・・

レターセットやシールなどの紙ものは、探してみたら、まだ手元にありました!

もう販売されていないキャラクターもいますね。

英国菓子、アフタヌーンティー

Cha Tea紅茶教室さんがオープンされた、建坪4・5坪の小さな、紅茶と英国菓子のお店
先月、仙台へ帰る途中、立ち寄らせていただきました。

事前にお願いして、特別に中を見せていただきました。
外観もさることながら、日本にいるのを忘れてしまうかのような、かわいらしい内装にテンションあがりました!

二階も見せていただいちゃいました♪
そして、お菓子と紅茶も~~~(≧▽≦)

コロナ禍で長くお目にかかっていなかったので、いろいろとお話をさせていただきました。

お店の建物がそのままオリジナル缶に!!!これもまたかわいい!!

家に帰って、購入させていただいた英国菓子でおうちでおやつタイム(*’ω’*)
紅茶と紅茶葉がたっぷり詰まったスコーンは、紅茶教室の威信をかけて(?)何度も試行錯誤を繰り返して誕生したのだとか。

いただいたベルガモットをスライスして紅茶へ。
生アールグレイですね!!!

そして、そして!!
うれしいニュース!!
Cha Teaさんの新刊が発売に!!!!!

『お家で楽しむアフタヌーンティー ときめきの英国紅茶時間』(河出書房新社)

Cha Teaさんの卒業生で「おもてなしサロンTEA MIE」を主宰する坂井みさきさんとの共著。
英国のさまざまな紅茶シーンを解説しながら、ミンミン先生流のおうちティータイムの過ごし方、大切な人のおもてなしの極意などが、載っています(●^o^●)

ハロウィンが近いので、この本を読みながら、ハロウィンのおうちアフタヌーンティーしました♪

ミンミン先生はとっても気さくでお話が楽しくて、大好き。
いつか、ミンミン先生のお茶会に参加したいと思っています!

毎日小学生新聞にて紹介いただきました♪

ハードカバーとなって発売された拙書

すてきなタータンチェック』(福音館書店)

小学生向けに、タータンのことをわかりやすくまとめています。もちろん、大人の方にも読みやすいと好評です♪
自分用に、プレゼントに・・・
ぜひご購入くださいね。私からサイン入りで送ることもできるのでお問合せください!

10月2日発行の毎日小学生新聞さんの「スポットライト」にて、ご紹介いただきました~~~(≧▽≦)

ネットでも記事が読めるようになっています!!!
https://mainichi.jp/maisho/articles/20211002/kei/00s/00s/006000c

記者の木谷朋子さん、本当にありがとうございました!!!!

ご購入いただける本をまとめました

毎日暑くて出かける気がいつも以上に起きず(^▽^;)
いつも通りに読書を楽しんでいます。

私の本もお時間がありましたら読んでいただけたらうれしいです。

新品で買える本をまとめました ↓

〔赤毛のアン関連〕

★『赤毛のアン A to Z』(東洋書林)
アンを知るキーワードをアルファベットごとにまとめたもの

★『図説 赤毛のアン』(河出書房新社)
赤毛のアンシリーズのおもしろさをテーマごとに深く探りました

★『赤毛のアン レシピ・ノート』(東洋書林)
作者モンゴメリが実際に使っていたレシピ帳をまとめたもの。当時の料理事情もよくわかります。翻訳書

★『赤毛のアン 四季の贈りもの』(東洋書林)
バースデーブックといわれているもので、365日、毎日ひとつ、物語の中から、アンの言葉や美しい風景描写を。美しいイラストが散りばめられています。翻訳書

 

〔タータンチェック関連〕

★『スコットランド タータンチェック紀行』(産業編集センター)
タータンをテーマにスコットランドを旅行したガイドブック

★『図説 タータンチェックの歴史』(河出書房新社)
タータンを一から十まで、詳しく解説

★『すてきなタータンチェック』(福音館書店)
ハードカバーになりました!小学生にもわかりやすく、イラストで解説。私がなぜタータンに興味を持ったのか、から書いています。

 

〔その他〕

★『図説 英国ファンタジーの世界』(河出書房新社)
ハリー・ポッターやアリス、ナルニア、ピーターラビットなど、日本でも愛読されている英国のファンタジーの舞台、映画やアニメのロケ地、作者ゆかりの場所などを自分の足で訪ね歩いたガイドブック

★『図説 ヴィクトリア朝の子どもたち』(河出書房新社)
19世紀のヴィクトリア女王の治世。子どもたちはどのような暮らしをしていたのか、上流階級~労働者階級まで、写真やイラストたっぷりに紹介

★『紅茶をめぐる静岡さんぽ』(マイルスタッフ)残6冊です!
紅茶をティーポットで出してくれるカフェやレストランを、東部~西部まで90軒紹介するグルメ本。紅茶を使ったスイーツや、紅茶生産者さんも紹介しています。データが少し古くなってしまいましたが、保存版です。少し割引いたします。

★『ようこそローラの小さな家へ大草原でのすてきな暮らし』(東洋書林)
翻訳書。大草原の小さな家のローラたちがどんな暮らしをしていたかがわかります。小学生にもわかりやすく。ガース・ウィリアムスのイラストもいっぱい

お申し込みは私まで