1年8か月ぶりの故郷・仙台へ

東京での和紅茶セミナーのあと、仙台へ向かいました。
施設にいる母に会うためです。母とは、コロナ禍になった去年2月以降、一度も会っていませんでした。
コロナ禍になって2度の誕生日を迎え、母は現在91歳。

感染者数も落ち着いてきているので、今、会いに行っておかないとと思いました。

仙台へ向かう東北新幹線、じつに1年8か月ぶりです。はやぶさは全席指定なのですが、けっこう混んでいましたよ。

ホテルに一泊し、翌朝、母の施設へ。夜には用事があったため、会ってすぐに浜松へと戻らないといけません。
コロナ禍で、面会時間は15分なのですが、今回は私が遠くから行くため、30分にしていただきました。(それでも30分ですが(;”∀”)仕方ありません)

行く前にPCR検査をして陰性。外出控えているので、陰性の自信はありました。これで陽性だったら、みんな陽性ですって。
初めてPCR検査を受けましたが、唾液をけっこうな量、出さないといけなくて苦労しました。

泊まったホテルは東口。この写真も東口の写真です。
仙台というと、西口の写真(ペデストリアンデッキの写真)がよくメディアに出ますが、東口もどんどん開発され、驚くほどきれいに整備されています。

東口には、アンパンマンミュージアムがあるそうで、それでアンパンマンがあちこちに。
今まで目に入っていませんでした(;^_^A ミュージアムはもう10年前にできていたんですってね。

2年前に姉が突然亡くなってしまい、もう帰る家がなくなってしまいました。母は施設に入ることになり、その後すぐにコロナ禍へ。

とてもよくしてもらった叔母が逝き、それを追うように姉が逝き、いとこも病気で亡くなりました。
親しい人がいない故郷の仙台へ帰ることは、私にとっては悲しみになってしまいました・・・
姉の死から、いまだに立ち直れていない私です。

母は転んだことで少し脳に支障が出たようでろれつが回らなくなっていましたが、頭はしっかりしていてちゃんと話はできました。(耳が聞こえないので筆記での会話ですが)
昭和一桁生まれのがんこな性格も健在(;^_^A まだまだ大丈夫でしょう。

早くコロナ禍が収束して、また会える時がすぐに来るようにと願うばかりです。

スシローでイギリス料理を食べました♪

SNSでたくさんの人が挙げていて、びっくりしました。
スシローで、イギリスの料理である「フィッシュ&チップス」と「ヴィクトリアケーキ」が食べられるって!!!

早速行ってみました。こういうのは回転が速いので(回転寿司だけに(笑))もうやっていないみたいですね。

フィッシュ&チップスは、タルタルソースがついている。これでおいしくないわけないですよ(;^_^A
フィッシュのほうはちょっとスパイシーな辛味がつけてありました。ポテトがおいしかった。

ヴィクトリアケーキのほうはなかなかにおいしかったです。上にのっているのは生クリーム。
ホイップじゃなく生クリーム使ってるって、すごいですよ。ここ、回転寿司屋さんです(^▽^;)
個人的には生クリームなしでも全然いけます。というかそのほうが好み。

スシローのスイーツ部、今はアールグレイ香るロイヤルミルクティームースケーキが、HPに載っていました。
これもおいしそうです♪

私の缶コレクション①

といった、入れ物が大好きだと、以前から日記に書いています

瓶は食べ物を入れておけるので、キッチンで重宝します。
私はナッツや小豆やドライフルーツなんかを入れています。
絵が描かれていても、透明な瓶は中が見えるので便利なんです。

でも缶は、中身が見えないので、使える!と思っても、意外と使いづらい・・・
それぞれに何を入れたか、憶えていられるほど記憶力もありませんし( ̄▽ ̄;)
シール貼るのも面倒・・・

でも、圧倒的に缶の数のほうが多い。
全部出したらどれくらいになるのかな、とふと思いまして。
でも、段ボール箱に詰めて納戸に入っているのもあるので、それは今回はやめておき(笑)
手に届く範囲にあるものを一部だけ撮ってみました。

大きさも形もまちまち。
旅行に行った時のお土産、ヴァレンタインのチョコ缶(自分へのご褒美ね(^^;)が多いですかね。
真ん中の左側のは、最近買ったもので、「ピーター・パン」のウェンディみたいだなと思って一目ぼれ。

中にはメレンゲのお菓子が入っています。
白いデイジーの柄のは、お友だちにプレゼントしました。

このところ、欲しくてうずうずしているのが(笑)
サブレミシェル」のヴォヤージュ・サブレ
SNSでけっこうみなさんがあげていて、うわ~~なんてかわいい!!
これも中身というより、缶が欲しいのです(;^ω^)
ロンドンとカナダと・・・・他もかわいい。

でも、我慢しています。
我慢がいつまで続くかわかりませんが(^^;

「おかえりモネ」の舞台・登米

NHKの朝ドラ『おかえりモネ』は、私の故郷・宮城県が舞台(もう東京に行っちゃったけど(^^;)だったので、観ています。
仙台かと思っていたら、2004年の『天花』ですでに仙台が舞台になっていたからか、モネでは気仙沼登米が舞台でした。

ドラマを見ていたら大きな風車が出てきて、あれはどこだ?と思って調べたら、長沼フートピア公園だそうです。
この公園には行きませんでしたが、登米は、2010年に、両親を連れて、日帰り旅行に行きました。
登米は、仙台伊達藩の一門、登米伊達氏の旧城下町で、”みやぎの明治村”とも呼ばれているほど、明治の香りが漂うところ。
古い建物が大好き、古い町並みが大好きな私にとっては心躍る町でした♪

ドラマに出てきた場所にも立ち寄っていました。

こちらは旧登米高等尋常小学校校舎。明治21年築、当時の洋風学校建築を代表する建物。洋風と和風が混在している貴重な建物。
純木造の二階建で正面に向かってコの字型に建てられています。

写真は私の父。3年前に亡くなりました。今思えば、無理にでも旅行に行ってよかったかなと思います。父との思い出が増えましたから。

こちらが、藩政時代から伝わる「登米能」をはじめ「岡谷地南部神楽」など、伝統芸能の伝承館「森舞台」。設計は建築家隈研吾氏、舞台正面の鏡板は日本画家千住博氏により描かれたもの。
ドラマで、サヤカさんがここで能を舞うシーンがありましたね。

11月の終わりに行ったので、紅葉が、それはそれはきれいでした。

お昼はご当地グルメを。ドラマでも出てきた「はっと汁」と「油麩(あぶらふ)丼」。
「はっと」は小麦粉を練ってつくる登米地方の郷土料理。小麦粉に水を加えてよく練って寝かせ、その熟成した生地を指で薄くのばしながら、醤油仕立ての汁に入れ茹であげます。

油麩は、宮城県北部の登米地方に昔から伝わる食材で、小麦粉のタンパク質成分のグルテンを油で揚げたお麩です。
「油麩丼」は、お肉が苦手な人のために考案されたメニューだそうで、かつ丼のかつの替わりに油麩を使ったということなんですね。

麩って・・・グルテンだったんですね・・・( ;∀;) 知らなかった・・・
グルテンフリーを心がける私には悲しい事実・・・・

朝ドラですが、”おかえり”とついているから、いずれモネちゃんは宮城に戻るんでしょうね。
悪者が出てこなくて、みんな仲がいい、あの『ひよっこ』に似ていて、私にはちょっと苦手なタイプ。
でも宮城が出てくるので観てしまいます(^▽^;)

お茶屋さんが手がけるカフェ@浜松

なんと、浜松に「CHA10(チャトウ)」さんの2号店が出来たんです(≧▽≦)
もう、うれしくて、うれしくて!!!

もともとは静岡市の鷹匠にあるお店
だいぶ前ですが、静岡に行った時に、お訪ねしました。

小さいけれどおしゃれで、そしてオーガニックのお茶(抹茶・紅茶)を扱っていることや、マクロビヴィーガンのお菓子を扱っているところなど、私にとってはありがたくて、まさにドツボにはまるお店でした。

それが!!それが!!浜松にできていた~~~(≧▽≦)

シネマイーラさんで映画を鑑賞した後、早速行ってきましたよ。
ZAZAシティ中央館1階、とあるので、1階をくまなく、何度もぐるぐる、回りましたが見つからず。
もしや外???
と思って、西館のほうへいったん出てみると、ありました!!館内ではなく、外に付随していますので、ご注意を。
以前は・・・パスタ屋さんだったかしら???

すっきりとしたシンプルモダンな店内。お一人様でも安心して入れます。

私はかき氷はめったに食べませんが、こちらの抹茶のかき氷には心惹かれてしまい・・・・頼みました(笑)
アイスクリームは豆乳のものなので、ヴィーガンでも安心していただけます。
お茶屋さんのプライドをかけた商品でしょうから、使っている抹茶もはんぱないです。たっぷり!!

この抹茶かき氷は期間限定です。↓茶氷帖にも掲載されています。
ホームページからも見れますので、静岡県内のお茶を使ったかき氷を食べてみてはいかがでしょう。

ランチを食べたあとだったので、ドリンクはなしで。(お水いただきました)
いつもなら、和紅茶を頼むんですが。
こちらにはウイスキー和紅茶がありました。
ウイスキーの樽で燻製した紅茶だそうで、お茶が好きで静岡に移住した青年たちが立ち上げた「ザクラフトファーム」さんのもの。

ウイスキーの樽で燻製した燻製紅茶といえば、その先駆者はカネロク松本園さんですね。
(私の『紅茶をめぐる静岡さんぽ』(マイルスタッフ)でもお世話になりました)

データが古くなってはしまいましたが、まだまだ楽しく読んでいただけます。
お安く、お買い求めいただけます。
お申込みは私まで。お気軽にどうぞ。

 

山あいのカフェへ②ラヴィリーブル

前回のカフェめぐりの続きです。
カフェYUKURUさんをあとにして、約20分。
次に向かったのは春野町のカフェ「la vie libre」さん。

この日は天気が不安定で、途中からどしゃぶりの雨・・・
走り慣れない山の中の道を運転するのはこわかった・・・・(;゚Д゚)
後ろには、ジモティーの車がぴたっとついてくるし・・((+_+))

だいぶ山の中へ来たのがおわかりでしょうか。

この外観からおわかりのように、以前旅館だった建物をリノベーションした古民家カフェ。築140年くらいだそうです!

畳を床にしてありますが、昭和レトロな雰囲気はそのままに。
昭和もかなり初期の、電話室も残っていました。
看板犬がいて、最初はちょっと吠えます(^^; リードでつないでいれば、ペット同伴オーケーだそうです。
私もペットがいるので、同伴できるのはうれしいです。

庭の見える縁側の席でドリンクを注文。

ラテは豆乳です。豆乳使ってくれるところはなかなかないので、うれしい!!

猫の写真展もやっていました。二階や、離れなど、元旅館というだけあって中はとても広いので、コンサートなども企画されているようです。

メニューには春野紅茶もありました。
春野はお茶処でもあり、和紅茶をつくっている農家さんもたくさんいるんですよ。就農者もいらっしゃいまして、このお店の紅茶はその新規就農者の宇野さんの紅茶でした。

紅茶をめぐる静岡さんぽ』(マイルスタッフ)を作成した時に、茶農家さんを取材に春野へ来ました。
自然豊かな、すがすがしいところです。

こちらの本、静岡県内、東部から西部まで、紅茶をティーポットで出してくれるレストランやカフェを、90軒、取材して紹介しています。
おいしい紅茶の淹れ方、そして紅茶の生産者さん紹介、紅茶を使ったお菓子などなど、さまざまな話題を盛り込んでいます。
少しデータが古くなっておりますので、お得なお値段でお譲りさせていただくことができます。どうぞお気軽にお問合せくださいね。

 

 

 

 

 

山あいのカフェへ①カフェゆくる

先月、私の誕生日がありました
お友だちと、誕生日ランチをするため、ちょっと遠出してきました。

浜松市はたてながに長く、天竜、春野のある山間部まで含まれます。
なので、同じ市内とはいっても、山あいのほうへは車で50分~1時間近くかかるので、なかなか気軽に行けません。

今回は、ずっと行きたいと思っていたカフェ2つを回ってきました♪

予約して行ったのは、二俣にある「カフェYUKURU」さん。

住宅会社がてがけるカフェだそうですが、雰囲気は自宅カフェですね。
ま新しい感じで、とてもきれいだし、北欧風のスッキリとしたおしゃれな店内です。

2人席が並んでいるので、一人で行ってもここに座れるので気が楽ですね。
ランチは、おひるごはん小皿セットを注文。
この日はビビンバでした。味の違うおかずを、いろいろ食べられるのが女子にはたまりませんね。

もう一軒、カフェに行く予定だったので、ドリンクはなしにしましたが、カウンターに焼き菓子が並んでいて・・・
抹茶のシフォンケーキがお安かったので、テイクアウトし、翌日、家で食べました(^^♪
抹茶の緑は光ですぐに変色してしまうので、ちょっと色が濁ってしまっていますが・・・小ぶりで、おやつにぴったり。

同じ日に買ってきた、石川製餡所の粒あんを添えて♪
浜北区にある石川製餡所さんは、ずっと気になっていたお店。練り切りを作られる方から、ここの餡がおいしいと聞いていたのです。

そんなわけで、春野から自宅に戻る途中に立ち寄りました。
100g単位で購入できるのがいいですね。

餡だけ買うつもりが、ふと目に入った、かわいい女の子のイラストが描かれたどら焼き。一緒に買ってきました(*^^)v

餡は、米粉パンにつけて、おいしくいただいています(≧▽≦)

あんこ好きの私。場所がわかったので、これからは機会を見つけてちょくちょく行きたいです。

 

等身大のパディントン・ベア

お仕事の都合でずっとお休みされている「Brocante672」さん。

先日、久しぶりに浜松に帰ってこられたとご連絡をいただき、積もり積もったおしゃべりに花を咲かせてきました(^^♪

ご連絡をくださったのは、Brocanteさんが購入されたパディントン・ベアを、見せてほしいと以前からお願いしていたから。

これがその巨大パディントン。
映画『パディントン2』の公開を記念して、シュタイフ社がつくったもの。
限定350体。
その一体が、目の前に!!!(*^^)v はくりょく~~~(*’ω’*)

映画のパディントンをもとにしているので、表情もリアルですね。
怖い感じがするけど、角度によってはかわいい。

足元のトランクの中には、おもちゃの、マーマレードサンドイッチと、マーマレードの瓶が入っています。

トランクの上に置かれている別のパディントンのぬいぐるみと比べていただけると、どれほど大きいかがわかると思います。
パディントンの身長は約107cm。このぬいぐるみは等身大です。

トランクの上のパディントンは、オーナーの娘さんたちからのお誕生日プレセントだそうです。
すっご~く、かわいいです!! メリーソート社のパディントン。

 

以前お邪魔してお茶した、「鎌倉アンティークス」さんも、こちらのパディントンを持っておられて、YouTubeで紹介しているので観てみてくださいね。

同じく鎌倉アンティークスさんが、他のパディントンを紹介している動画がこちら。
1981年、英国ガブリエル デザインズ社(Gabrielle Designs)が、世界で初めて、パディントンのぬいぐるみをつくったのですが、それについてお話されています。

Brocante672さんは、オーナーさんがくまさん大好きで、お部屋じゅう、たくさんのくまさんたちでいっぱい!!

くま好きにはたまらないお店なんですよ(≧▽≦)

4年前、こちらのお店でお茶会をさせていただきました
また機会があったら、パディントンのお茶会をしたいね、と盛り上がりました!
いつになるかわかりませんが(^^;
日程が決まりましたらSNSでお知らせさせていただきますね。
巨大パディントンがじかに見られるのは、浜松ではおそらくここだけだと思いますので♪ 楽しみにしていてください!

 

誕生日に寄せて

今日は私の誕生日で、SNSを通じてたくさんのお祝いメッセージをいただきました。
お心を寄せていただきまして、ありがとうございます<(_ _)>

何歳になったのか、自分の年齢をあらためて見つめてみると、え!!!と、びっくりしますね(^▽^;)
のほほんと生きていたら、このまま何もせず終わってしまいそうで、焦ってしまいます。

自分がやることはわかっているのですが、なかなかうまく進まない・・・
でも、この状況を変えるのは自分しかいない。
なんとしてでもはいあがらないとです。

誕生日ケーキは、最近、私のセミナーでオーダースイーツをお願いしているボナペティさんにお願いしました(*^^)v

5月に行なった「不思議の国のアリス」のお茶会で作っていただいた、サマープディングが感動的においしかったので、それをホールでお願いしました!!

かわいいぃ~~~~(≧▽≦)
食べるのがもったいないです。

お気に入りの、すてきなもので生活を満たすのは大事ですね。
さて、これからまた一年、がんばっていきます!!
引き続きのご愛顧をお願いします!!

ネットで読む電子書籍も出しています♪詳細は↓

★★私の創作物語【小説投稿サイト 小説家になろう】にアップしています。
無料ですので、お時間のある時に、読んでいただけましたら幸いです。読むだけでしたら、会員登録もいりません(ブックマークに登録する場合は会員登録が必要)

★★「念いのかけら」→ https://ncode.syosetu.com/n7968gc/
『赤毛のアン』へのオマージュで書いた小説です。これがネット小説第一号でしたが、サイトが閉鎖されてしまいましたので、新しく、大幅に加筆して再公開しました。赤毛のアンの舞台になったプリンス・エドワード島に住んでいた私の実体験をもとに、一人の少女の成長物語を描きました。

★★「おれは女子高生」→ https://ncode.syosetu.com/n8540gc/
私自身の、女子高校時代を懐かしんで書きました。ラノベ、ラブコメといえなくもない…(笑)だんだん女子高、男子高がなくなっていくのが寂しいです。

★★「勝軍地蔵 お頼み申す」→ https://ncode.syosetu.com/n5652gg/
中学生の女の子が、突然現れた勝軍地蔵様からお願いされたこととは…??

浜松の施設図書館

先日、浜松の「じゃじゃの私設図書館」さんでの映画上映会に行ってきました♪

オープンされたのを知ってから、ずっと行きたいと思っていたのですが、金・土・日しかあいていないということもあって、なかなか行けずにいました。

ブックカフェのような感じ? カフェ利用だけでもいいし、おしゃべりしてもいいし、借りたい本は会員になれば無料で借りられる。
そして、本の寄贈も受けてくれます。10冊寄贈するとコーヒーをいただくことができるそうです!

私は本を書く仕事をしているので、本屋さん、図書館、ブックカフェ、といった空間が大好きです。
私の本を置いてくれていたらもっとうれしいので、今度、寄贈したいと思っています。

で、じゃじゃさんのインスタで、映画上映会を知り、これは!と、すぐに申し込みました(#^^#)
というのも、上映映画が台湾の映画だったから。
台北カフェ・ストーリー』(2010年公開)

姉がOLをやめ、夢だった「ドゥアル・カフェ」をオープンし、それを手伝う妹。
でもなかなかお客が来ないので、妹が物々交換を始めるアイデアを思いつき、宣伝します。
さまざまな物が持ち込まれては次のオーナーの手に渡り、やがて物々交換がドゥアル・カフェの売りになります。
そして、物々交換をきっかけに出会った人たちが心を通わせる場所になっていく・・・

なんと!物々交換とは!!おもしろい~(^^♪
交換できるかどうかは、妹の裁量次第。「あなたにとっては思い出のギターでも、私にとってはただのギター」などと、とってもクールな妹。

物々交換は、人間の交易の原点。
何をどれと交換するか、交換する価値があるのか。そのモノの価値は何によって決まるのか。

この映画に日本人が出てきます。おばあちゃんが教えてくれた歌が載っている教科書(?)が欲しいという日本人男性。
自分の歌と交換してくれ、と。妹はだめ、といいます。2曲でもだめ? だめ。ところが、姉が、いいじゃない、私、聞きたい!と言って歌い出すのが「ふるさと」。

この映画の英語のタイトルは「Taipei Exchange」。
日本語のタイトル「台北カフェ・ストーリー」はすてきなのですが、映画の核となる物々交換がわからないので、もうちょっと工夫してもよかったかも。

台北の町並み、食べている日常生活の料理、足裏マッサージ、台湾シャンプー・・・・
ああ~~~台湾行きた~~い!!!とうずうずしてしまいました。

台湾好きはおいておいても、なかなか面白い映画でした。
姉役の女優さん、木村文乃さんにそっくり。

ドリンクと&スイーツ付き。スイーツは黒糖のチーズケーキ。これがとんでもなく美味しかった(≧▽≦)

上映後に、参加した人たちで映画の感想を言い合う時間があり、そういうのは今までやったことがなかったので緊張した(;’∀’)

素敵な図書館なので、さっそく、会員になって本を借りてきました。
これからも利用させていただこうと思います!!!