2022年もよろしくお願いします

昨年中は大変お世話になり、ありがとうございました。
今年も精一杯がんばっていきますので、よろしくお願いいたします。

年賀状は2年前からやめておりますため、SNSでのご挨拶にかえさせていただきます<(_ _)>

***重要なお知らせ***

昨年12月21日に、このブログのレンタルサーバーのデータベースアップグレードを行いましたところ、2021年3月~12月までのブログが全部、消えてしまいました・・・・
いつも通りにブログを書いたりしていただけで、何もいじってはおりません。
頭が真っ白になりました。

読んでくださっている方はご存知の通り、私はブログを自分の行動記録と物忘れ防止のために、丁寧に、長く((;”∀”))書いています。
今年もかなりの投稿をしましたが、それが全部失われてしまいました。それも、なぜか3月以降のものが全部。

レンタルサーバーに問い合わせて言われた通りのことをやりましたが、復旧しませんでした。プロの方に頼んで調べてもらっても、データベースにその期間のデータが残っていないのでどうしようもできないと言われました。

何日も検索しては自分で試しましたが、復旧しませんでした。諦めるしかないとの結論に達しました。

こんなことなら、アップデートしなければよかったです・・・。

幸いなことに、フェイスブックインスタグラムのほうには、とても簡単に同じ内容を投稿していたので、それを見ながら、ブログを書き直すことができます。

心が折れてしまい、すっかり気力を失ってしまっておりますので、いつそれができるかわかりませんが、少しずつ進めていきます。

これからも今まで通り、おつきあいいただけますと幸いです。

クリスマスケーキとアドベントカレンダー

クリスマスいかがお過ごしでしょうか。

子どもが小さいときはクリスマスケーキを自分で焼いていましたが、今は主人と二人なので・・・
コストコでクリスマス・ケーキを買ってみました。

量が多いのはわかっていましたが、主人が食べてくれるので・・・お任せします(^▽^;)

柔らかすぎて、切ってお皿に盛り付けることができません(;”∀”)
ので、ティーカップに盛り付けてみました。
クリスマスバージョンのショートブレッドも今日食べなくてはね。

そして、こちらもコストコで買った、キャス・キッドソンのコスメ版アドベントカレンダー。
ほぼ化粧しない私なのでコスメのアドベントカレンダーは、お茶会でみなさんにお見せしたいと思って購入。

数字の日付の日に、中を開けて確かめます。

普通は25日のクリスマス当日が最後なのですが、スペースがなかったんでしょうか(笑) 24日が最後でした。

全部開けて、すっきりしました(笑)
リップクリームやハンドクリームが多く、これなら使える!と安堵。
思った以上に、イラストも大きさも可愛らしく、使うのがもったいないです。

阪急英国展

百貨店で開催される英国フェア
大阪の、阪急うめだ本店さんのが、大規模でおもしろいと、英国好きさんの間で話題になっています。

2020年はコロナ禍でも思い切って行きましたが、今年の阪急英国フェア2021は残念ながら行けませんでした( ;∀;)
テーマが、私の大好きな「スコットランド」でしたが・・・(;O;)

でもでも。
広島で紅茶教室をされている岡本先生が行かれて、私にお土産をくださいました。
限定30個の、紅茶缶。朝早くから並んでくださったそうです。ご自分のと私のと買ってくださったと聞き、その優しい心遣いに涙が・・・。

エディンバラティー
1812年に設立された「メルローズ・ティー」から派生したブランドだそうです。

2020年の英国フェアで初お目見えだった気がします。
スコットランドらしく、アザミ入り、ヒース入りの紅茶もあって、私はヒース入りの紅茶を買いました。とてもおいしかったです。

いただいた紅茶、飲むのが楽しみ♪♪

タータンのボタンは、お頼みして買ってきていただきました。陶器でできています。3種類しかなかったとのことで、それぞれ2個ずつ。

ボタンって、高いんですね~。
どう使おうかな。とりあえず、ディスプレイして楽しんでいます(●^o^●)

私設図書館、地元本コーナー

毎月通うようになった、浜松の「じゃじゃの私設図書館」さん。
おしゃれで、落ち着く空間です。

少しずつ自分の本を寄贈させていただいています。

10冊以上寄贈すると、飲み物が無料になります~。
なので、時々一緒にスイーツを頼んだりも。

断捨離しているとはいえ、本は、あれこれと、寄贈してもいいものが後から後から出てきます(雑誌や英語の本、自費出版のものでもいいそうですよ)。

オーナーさんが地元本コーナーを作ってくださり、私の本も並べてくださいました♪

9月に発刊された拙書『すてきなタータンチェック』に、感想が書かれたふせんが貼ってありました。
小学生の女の子が書いてくれたそうです!嬉しい。お返事書きました(●^o^●)

地元本コーナーで見つけた、前から読んでみたかった本。

『月まで3キロ』(伊予原新著、新潮社)

第38回新田次郎文学賞を受賞されている作品だそうです。
地元本コーナーに並んでいたのは、本の題名になっている「月まで3キロ」が、浜松にある案内板だからでしょう。
「月」という地名があるのですが、この短編小説では月に一番近い場所、として登場。

どの短編も思わず泣ぐんでしまうような切なさと、繊細さで、心に響きました。

読んでみたかったのは、実は同じ名前のお菓子(上の写真の右側)を知ったのが先でして(;^_^A

もちろん、この本からインスピレーションを得て作ったというお菓子です。

地元の三ケ日みかんを練り込んだチーズケーキ。
焼菓子はあたためて食べるのがおいしいので、温めて食べました。さっぱりしておいしかったです。

治一郎のバウムクーヘンや、色とりどりのラスクなどを手がけるヤタローさんが作っています。
工場直販所に行くと、バウムクーヘンの切れ端目当てに大勢の人が並んでいます。
私は胡桃あんぱんがお気に入りです、売り切れることはないようです(;”∀”)
台湾メロンパンや、マリトッツォなどの流行のお菓子も時々あり、どちらもおいしかったけど、最近は見なくなりました・・・やっぱり流行ものはすぐに販売しなくなっちゃうんでしょうか。

 

ハローキティ♪

先日、山口県へ行った際、広島駅で出会ったハローキティ新幹線
かわいい~~~!!
各車両に、JR西日本の9つの県それぞれのご当地キティ ちゃんが描かれているようです。

そばに行って写真を撮りたかったのですが、出発時刻が迫っていたのでできず・・・( ;∀;)

機会があったら、乗りたいなあ。

子ども時代をサンリオにお世話になった私。
お気に入りはパティ&ジミーでしたが、キティちゃんのグッズもけっこう持っていました。
いちご新聞も買っていたし、「リリカ」も何冊か持っていました。
が、片づけ魔の両親が、いつのまにか勝手に捨ててしまいました・・・(;O;)

デアゴスティーニ から出ている、ハローキティ・なつかしのアイテムコレクション
タイトル通り、懐かしくて(;^_^A 買っちゃいましたよ。

といっても、私が欲しいのは70年代~80年代のものだけ。
実際に持っていて、使っていたものも・・・はるか昔・・・

レターセットやシールなどの紙ものは、探してみたら、まだ手元にありました!

もう販売されていないキャラクターもいますね。

1年8か月ぶりの故郷・仙台へ

東京・銀座での和紅茶セミナーのあと、仙台へ向かいました。
施設にいる母に会うためです。

姉(義兄は単身赴任)が母と一緒に住んでくれていたのですが、姉が急死したため、いろいろ検討した結果、母は施設にお世話になることに。

とてもいい施設に入れて本当に幸運でした。コロナ禍での引っ越しは弟がやってくれて、今は落ち着きました。

コロナが収束しないため、母とは、去年2月以降、一度も会っていませんでした。

感染者数も減って落ち着いてきているので、今行かないとと思いたちました。

PCR検査陰性でしたが、規定で、面会時間も短く、仕事もあったので、会ったその日にとんぼ帰り。
それでも元気そうな姿を見れてよかったです。91歳とは、たいしたもんです。

帰る家がないので、仙台駅の近くのホテルに泊まりました。
仙台駅の東口、昔とは比べ物にならないくらいきれいに整備され、おしゃれになりました(;^_^A

あんぱんマンミュージアムがあるんですね。

18歳で仙台を出ている私、帰るたびに変っていく街に目を見張るばかりです。

巨大!パディントンのぬいぐるみ

テディベア好きにはたまらない、隠れ家カフェが浜松にあります。
ブロカント672」さん。

オーナーさんがテディベア好きで、たくさんコレクションされているんです。

海外赴任されていて、現在はお休み中なのですが、この間、帰国された折、おうかがいさせていただきました。

というのも、巨大パディントン をご購入されたと聞き、ぜひ見せてほしい!!!とお願いしていたのです(≧▽≦)

映画 「パディントン2」の公開を記念して、シュタイフ社 がつくったもの。
限定350体。
その一体が、目の前に!!!(*^^)v

箱から、一人では出せず、三人がかりで出したとのこと。

映画のパディントンと同じ身長だそうです!
ちゃんとカバンもついていて、中にはパディントンの大好物のマーマレードが入ってます。

横から見るとこんな感じ。すごいリアルで、迫力があります。動き出しそう。

普通の大きさのパディントンベアと比べてみるとその大きさがわかりますでしょうか。

こちら、娘さんからの誕生日プレゼントだそうです!
メリーソート社のパディントンベア。うわ、これ、かわいいですねぇ~~~(●^o^●)

オーナーさんのコレクションの仕方は、実際にだっこして、「うち来る?」と聞いて、うんって返事した子を連れてくるそうです。
高く売れるかどうかという視点で集めているのではないところが、本当にテディベアが好きなんだな~と、感じます。

積もるいろいろな話に花が咲き・・・おいしいお茶とお菓子と。

また次にお目にかかれるのはいつになるのでしょう。コロナ禍での楽しいひととき、ありがたい時間でした。

私の誕生日ケーキ

今日は私の誕生日で、SNSを通じてたくさんのお祝いメッセージをいただきました。
お心を寄せていただきまして、ありがとうございます<(_ _)>

同じ誕生日の有名人を検索すると、矢井田瞳さんや、徳重聡さんが出てきました。
でも、私自身が一番うれしいのは、『ピーターラビットのおはなし』を書いたビアトリクス・ポターと同じ誕生日ということです。100歳違いです。

さて、私の誕生日ケーキをどうしようかなと考えて、今年は、浜松のお茶会でオリジナルスイーツを作っていただいているボナペティさんに、サマープディングをオーダーしました(#^^#)

この間のお茶会で作っていただいたのがとてもおいしかったので!!!
イギリスのお菓子で、固くなったパンで気軽に作れる夏のスイーツ。

甘酸っぱいベリーソースがたまりません。食欲がない夏でも、これは食べれちゃいます(;^_^A

さ、明日からまたがんばろう!!

 

バラ咲く庭でのアフタヌーンティー♪

コロナ禍で、外出自粛が続きますが、ガーデニングがんばるお友だちの庭で、アフタヌーンティーをしてきました。

花はその時がくれば、ちゃんと花を咲かせ、美しさで人々を癒します。

バラの最盛期。

先日開催したイースターのお茶会のお菓子がたくさんあまっていたので、それを持参して・・・
サンドイッチはできあいのものですが、お皿に盛り付けるとカタチになりますよね。食器、大事です。

お友だちが手づくりしたブルーベリー・マフィンもおいしかったです!

風が心地よい外でのアフタヌーンティーは、沈んだ心を立ち直らせてくれました。

みかんの花のワークショップ♪

お友だちに誘ってもらって、三ケ日みかんの花ワークショップに参加してきました。

三ケ日(みっかび)みかんは静岡県の特産品として有名ですが、ゴールデンウィークのあたりにみかんの花が最盛期になるそうです。
桜の開花が早いと、みかんの花の開花も早いそうで、今年はちょうどゴールデンウィークにあたり、4日に行ってきました。

ワークショップはアロマの半田先生と、みかん農家の外山さんご夫妻で、毎年開催されているそうです。
昨年はコロナで中止になったので、今年はよけいに楽しみにされていた方がたくさんいらっしゃいました。私は今回が初めての参加。

内容は、自分たちで三ケ日みかんの花を摘み、水蒸気蒸留をして「芳香蒸留水」を作るものです。

三ケ日みかんの収穫体験は以前、させていただいたことがありますが、みかんの花は初めて。
みかん畑に入る前から、風に乗って、もう、みかんの花の香りが漂ってきます。

これが青島みかん(温州みかん)の花。かわいい~清楚~。

きれいな花を摘むなんて、赤毛のアンならかわいそうというところかもしれませんが。
でも、これらの花が全部みかんになったら、栄養が分散してとっても小さくなってしまいます。
大きく甘いみかんにするためには、間引き(摘花、摘蕾)が必要なのですよね。

1時間半ほど、無心に花摘みに没頭。
茶摘みが大好きな私、花摘みもやはりはまりました(;^ω^)
むんむんするみかんの花の香りの中で、ぷちぷちと、何も考えずに摘む作業は精神的にもいいのではないかと私の場合は思います。

チンキにするための花と、芳香蒸留水を作るための花を、たくさん摘みました。

チンキにするのは花びらだけのほうが、花粉も出なくてよいですよと言われていましたが、途中で面倒くさくなって、花全部入れてしまいます。
瓶いっぱいに花を入れ、ひたひたにウォッカを入れて、チンキは完成。熟成するまで、冷暗所で保存です。

摘んだ花を容器いっぱいに入れて、蒸留器にかけます。
火を焚いてハーブを下から蒸すことで蒸気が出て、その蒸気を冷やして液体にしたのが芳香蒸留です。蒸留作業はすべて外山さんがやってくださって、私は見て写真撮っただけ(^^;

芳香蒸留水は、「フローラルウォーター」「フラワーウォーター」「アクアローム」「ハイドロゾル」とも呼ばれています。紀元前から、薬用やスキンケアに使われていたそうです。

透明な水のように見えますが、この中にはみかんの花の水溶性の芳香成分が含まれていて、香りがすごい!!!
リラックス効果があり、ストレスやイライラも緩和してくれるそうです。
それに、肌の新陳代謝を高め、潤いを与え、キメを整えて肌の若返りの美容効果もあるとのことです。化粧水として使えます♪

バラと並んで世界でも最強の美容系・回復系ハーブがネロリ〔ビターオレンジ(和名:ダイダイ)の花から抽出される精油〕ですが、このネロリは、みかんと同じミカン科ミカン属なので、青島みかんの花の蒸留水にはネロリとほぼ同じ効果が期待できます。

蒸留水ができるまで2時間ほどかかるとのことで、その間に、お昼ごはんと、香水づくり。

お昼は手づくりのキーマカレー。ごはんがオレンジ色しているのは、外山さんの100%みかんジュースで炊いたからだそうです。みかんの香りがふわっとして、見た目にも鮮やか~(≧▽≦)
カレーもおいしくいただきました。

摘みたてのみかんの花と、みかんの葉を使ったハーブティーも出してくださいました。こちらも香りがよく、青味のある味がフレッシュハーブらしくて、私は好み♪♪

香水づくりは、ウォッカに、自分の好きな精油を入れて出来上がり。

出来上がった蒸留水をおのおの持参した容器に入れたら、ワークショップは終了です。

蒸留水、チンキ、香水と、お持ち帰りがたくさんあってうれしいことばかり。
余った花がたくさんあったので、こちらもみんなで分けてお持ち帰りしました。お風呂に入れて、贅沢な香りを楽しみながらのバスタイム。
まだまだ香りは残っているので2日くらい使えるかな?香りの強さには驚きしかありません。

実は私、アロマのアドバイザーの資格があるものの、まーったく活用できていないので、今回ワークショップに参加させていただき、もっとどんどん活用していかなくちゃ、と思いました!
開催してくださった半田先生、外山さんご夫妻、誘ってくださったお友だち、ご一緒の時間を過ごしてくださったみなさま、ありがとうございました!

ちなみに、温州みかんで思い出しました。
先日、ファーマーズマーケットで見つけて買った、温州みかんのパイ。

JA浜松が作った、期間限定のスイーツみたいです。三立製菓が作っているので、おいしかったですよ。