羊毛のある暮らしを楽しもう

京都に、スピナッツという会社があるのをご存知でしょうか。
スヌーピー好きの私は、つい、スヌーピーが登場する作品「ピーナッツ」を思い出してしまうのですが(^^; 全然違います。

SPINNUTS(スピナッツ)とは、Spin(紡ぎ)+Nuts(夢中になる)を合わせて造った言葉だそうで、「羊からはじまる、たくさんの楽しいことを、SPIN・NUTS (紡ぎに夢中)という熱いハートで、多くの人と分かち合う」ためにさまざまなことをされています。素材・道具の販売をはじめ、テキスタイル関連の雑誌・書籍なども出版されています。

今回、最新号(現在発売中)の英国羊毛の魅力特集号で、タータンが紹介されており、その文章を校正いただけないか、とのお声をかけていただき、ご協力させていただきました!

羊毛好きにはたまらない雑誌ですが、さらに”英国の”羊毛を掘り下げています。羊といってもさまざまな種類があり、英国にいる羊の種類がずら~っと並んでいます。
タータンだけでなく、ツイードやフェアアイルセーターなど、羊毛を使ったテキスタイルもさまざま紹介されています。

先日、三鷹でのお茶会でお知り合いになった、羊を愛してやまない写真家平林美紀さんのページもありました♪

そして、今月2月21~24日まで開催する「英国の羊展」というイベントもお知らせいただきました! おもしろそうなので、行くことにしました~(≧▽≦)

<英国の羊展>
日時/2019年2月21日(木)~2月24日(日)
10:00~18:00(最終日は17:00まで)
場所/kokoka 京都市国際交流会館 2F 姉妹都市コーナー展示室
京都市左京区粟田口鳥居町2番地の1
入場料/無料

ご興味のある方、いかがでしょうか。→https://spinnuts.kyoto.jp/2018/12/27/1902eikoku/

穂積和夫さんにお礼を…

先週金曜日(25日)は、日帰りで東京へ行ってきました!
私の4冊目のタータンの本『すてきなタータンチェック』(福音館書店)の絵を担当くださった穂積和夫さんのトークイベントが銀座であり、ご挨拶のためうかがってきたのです。

『すてきなタータンチェック』は昨年の8月に発売され、おかげさまでたくさんのみなさんにご購入いただいています<(_ _)>
それは穂積さんのすばらしい絵が大いに影響しています。
いつもなら、私の本は自分が撮った写真で構成するのですが、今回は編集者の方にお任せし、全ページイラストで行くことになりました。
赤毛のアンから、昭和のタータングッズから、スコットランドの歴史から、現代のファッションまで…それはそれは多岐にわたる絵を、コンピュータを使わずに手でしっかりと描けるイラストレーターは、おそらく穂積さんしかいないと思います。

穂積さんは御年88歳。設計事務所勤務のかたわら、長沢節氏に師事して絵を学び、以来50年間、現役でイラストレーターを続けてこられました。特にメンズ・ファッションの世界ではファッションイラストレーターとして先陣をきってこられました。
描くということは平面ですが、描くには人体を知っていなければなりませんし、ご自身のファッションもおろそかにはできないということでもあり…。現在に至るまでのメンズ・ファッションの歴史をずっと目の当たりにしてこられて、穂積さん自身もミスター・ダンディと呼ばれるほどオシャレな男性として有名です。この本の表紙になってます!!↓


万来舎 (2015年刊行)

穂積さんのお名前は存じ上げない方も、このアイビーのイラストは見かけたことがおありでしょう。


万来舎 (2014年刊行)

まさか、こんなすごい方が、私の本のイラストを引き受けてくださるとは思っていませんでしたが、編集者の方の熱意が通じて、半年以上かけてすべての絵を仕上げてくださいました。本当にありがたく、光栄なことで、これ以上の喜びはありません。

ですが、遠方ということをいいことに、穂積さんにはまだお目にかかったことがなくて、お礼をじかにお伝えしていなかったのです!!
いつまでも失礼をしているわけにはいかない!!ので、銀座蔦屋さんでのトークイベントへGO!!

編集者の方のご厚意で、イベント前に軽い食事をご一緒していただくことができました。身だしなみにあまり気を使わない私(;’∀’)失礼のない服装は…今更ですが(-_-;) かなり気合を入れて(これで??って言われそうだけど(-_-;))緊張してお目にかかりましたが、穂積さんはとても穏やかで、紳士で、気さくにあれこれお話をしてくださいました。サインもしていただいちゃいました(≧▽≦)

たくさんのふしぎのオリジナル・タータンを担当くださった明石さんも合流。明石さんともかなりのご無沙汰だったので、お話が弾みました。

↑こちらが、スコットランドタータン登記所に登録された「たくさんのふしぎ」タータンの登録証明書

穂積さんは仙台に疎開をしたご経験があり、また、東北大学へ通われていたとのことで、私が仙台出身なので、仙台の思い出話もしてくださいました。

タータンのイラストについては、とにかく難しかった。格子のスケールがバラバラだとおかしいから、定規を使って描いたら今度は面白くなくなってしまい、今までの仕事の中で一番といっていいくらい苦労しました、と…。
アイビーが流行った時代から、たくさんタータンは描いてきたけれど、タータンが上下左右対称ということを知らずに描いていたので、今まで描いたタータンはタータンじゃなかったんだな…だめだねえ、などとつぶやかれたり。

表4(裏表紙)は、もういいや、って、ぱぱっと適当に描いたら、思った以上にいい感じになった、イラストってわからないねえ、と笑っておられました。これはトークイベントの時にお話されていたこと。

トークイベントは、大橋歩さん。女性のイラストレーターとしては、やはり第一人者です。週刊「平凡パンチ」の表紙のイラストを創刊号から担当したいきさつなどを知ることができました。男性のスーツ姿を描いてみて、って言われて描いたものを石津祥介さんが気に入って、平凡パンチに紹介されたとか。いきなりこれだけ描けるなんて!!って、びっくりされたそうです。穂積さんも、すごいイラストレーターが出てきた!!って、驚き、尊敬していたよ、って、やさしく語っておられました。
私は女性なので、大橋さんのイラストで育ってきたようなもので(^^; 雑誌に大橋さんのイラストが載ってないことはなかったほどの有名な方ですよね~。

お二人とも、自分が”ファッション・イラストレーター”だという意識はなかったそうです。おごらず、手を抜かず、プロとして第一線で仕事をこなされていたお二人。一流というのは、こういう方々なんだな~と感じるものがありました。


左から、石津さん、大橋さん、穂積さん


編集者の方が、たくさんのふしぎオリジナル・タータンを説明しています♪

私はトークイベントは一番後ろで聞かせていただいたので、大橋さんのお洋服がまったく見えませんでしたが、どうやらブラック・ウォッチで上下揃えてこられたようです。お近くで見たかったけれど、新幹線の時間があり、最後までいることができませんでした。残念ですが、ぎりぎりまでトークが聞けたので楽しく、勉強させていただき、これからもがんばっていこうという元気をいただきました。
みなさま、本当にありがとうございました。

タータンの魅力を語る

Cha Tea紅茶教室さんでのタータン・アフタヌーンティーの翌日(1月20日)は、三鷹市美術ギャラリーさんで開催中の『タータン展』にて、「タータンの魅力」と題した講演会をさせていただきました。

この講演会に、Cha Tea紅茶教室代表の立川さんと、英国菓子研究家の砂古さんがご一緒に来てくださるというではありませんか!!なんという光栄なこと。
講演会は午後からだったので、早めのランチをご一緒にいかがでしょうとお誘いし、以前お茶会でお世話になった「ローズ&M」さんへ。砂古さんはご予定があるとのことでランチはご一緒できませんでしたが、昨年私の英国ファンタジーツアーにご参加くださった河村さんが来てくださって、三人で楽しくおしゃべりと、おいしいランチをいただきました♪

ランチ後の紅茶は別注文、ティーポットで出てきます。新たに入荷したというインドの農園の紅茶を頼みました。ブルー&ホワイトのティーカップ、うれしい♪(どのカップが出てくるかはお任せなんです(#^.^#))

ローズ&Mさんのある建物は、イギリス好きのオーナーさんが、イギリス産の石を取り寄せて建てられたとのこと。三鷹駅から8分くらい、川沿いを歩いただけで、こんな英国の雰囲気がどーんと現れるんです。カフェの横はアンティークショップになっていて、英国好きにはたまりません。

そして、午後の講演会。100名近い方がいらしてくださり…。こんなに大勢の方の前で話すのは、本当に緊張します(;’∀’) 昨年の、神戸ファッション美術館さんでの講演会の時も緊張しました…人前で話すのは何回も話していても、苦手です…。

それでも、Cha Teaさんや砂古さんをはじめとするお友達や知人がたくさん来てくださったので、気持ちがやわらぎました。学芸員さんも、何かあったら助けてくださると言ってくださったので、心強かったです。

参加者さんの中に、こんな素敵なご夫婦が。ご結婚30年を記念して、おそろいであつらえたそうです(≧▽≦)ご主人はバグパイプ奏者ですって(私もお世話になっている、東京パイプバンドの山根さんのお仲間だそうです)なんて、なんて素敵なんでしょう。
顔出しいいですよ、と言っていただきましたが、やはり少しぼかさせていただきました。(私の顔もぼかしちゃいました・笑)

他にも、タータンをどこかに身に着けてくださっているお客様がたくさんいらっしゃいました。こういうのが、楽しいんですよね。講演会のあと、タータン展の会場でも参加者さんとお話ができ、タータンの本もたくさんご購入いただくことができました。

みなさま、本当にありがとうございました。

↑撮影スポットの一つである、タータンのソファ。ソファ自体は無地で、ライトによってさまざまなタータン柄に変わっていきます。ものすごい種類があるんですよ。撮影のためにちょっと座るぶんには構わないそうです。白い服で行って、このタータンに座って服の柄が変わっていく様子を撮影している方も多いようです(素敵なアイデア♪)。

『タータン展』は2月17日まで開催中です。おそらく二度とこのような大規模なタータンのイベントはできないと思うので、ぜひ、足をお運びください。

『芸術新潮』さんに紹介されています!

Cha Tea紅茶教室さんからいただいたタータンのデミタスカップでティータイム。カップに描かれたタータンは、カナダのタータンです(#^.^#)
アザミのハンカチはイギリス旅行の時のお土産!!と頂きました~~~う、うれしい~~~(≧▽≦)

お茶をしながら『タータン展』の案内が掲載された「芸術新潮」を拝読。
カラーで4ページで、タータン展が紹介されています!!!(#^.^#)
芸術雑誌が、タータンを取り上げてくださるなんて!!! 感謝感激です。
三鷹市美術ギャラリーさんでの「タータン展」は2月17日まで開催しています!!ぜひお訪ねください~♪

イギリスに恋して、始まりました

浜松のカフェ「シーン」さんでの、イギリスをテーマにした三人展「イギリスに恋して」
始まっています~(^^)/

私は著書と写真(壁にかけてある写真はすべて私です)、阿部優生子さんはガラス作品、石丸偲さんはイギリスの布地を使った作品を展示販売しています。

カフェなので、ぜひ一息ついていってくださいませ♪私と阿部さんは、キャラメルマキアートでほっとしましたよ(^^)/ もちろん食事もできます。おいしいですよ(#^^#)

テキスタイル作家の石丸さんはご遠方のため残念ながら在廊されませんが、私と、ガラス作家の阿部さんはできる限り、お店にいる予定です。在廊日は以下の通りです。(もちろん、他の日でも展示はご覧いただけます!!)

【奥田在廊日】
1月10日(木)11:00~12:30頃
1月11日(金)12:30~15:00頃
1月17日(木)11:00~13:00頃
1月26日(土)11:00~13:00頃 *この日は10:00~11:30アフタヌーンティーお茶会を企画しています。↑ハガキ内にご案内あります。ご参加お待ちしています(#^^#)
1月27日(日)11:00~13:00頃
1月31日(木) 16:00~17:00頃

【阿部さん在廊日】
1月12日(土) 14:00~17:00頃
1月18日(金) 11:00~16:00頃
1月19日(土) 11:00~16:00頃
1月26日(土) 11:00~12:00頃
1月31日(木) 16:00~17:00頃

今年もよろしくお願いします

2019年が始まりましたね。今年もどうぞよろしくお願いいたします!

さて、1月3日から31日まで、浜松のカフェ「シーン」さんで開催予定の、イギリスをテーマにした三人展「イギリスに恋して」ですが、オーナーがインフルエンザにかかられたため、一週間遅れての10日(木)からの開催に変更になりました。ご理解のほど、よろしくお願いいたします<(_ _)> DMは印刷してしまっているため3日からになっていますが、10日からです、お間違えのないよう…。

テキスタイル作家の石丸さんはご遠方のため残念ながら在廊されませんが、私と、ガラス作家の阿部さんはできる限り、お店にいる予定です。在廊日は以下の通りです。(もちろん、他の日でも展示はご覧いただけます!!)

【奥田在廊日】
1月10日(木)11:00~12:30頃
1月11日(金)12:30~15:00頃
1月17日(木)11:00~13:00頃
1月26日(土)11:00~13:00頃 *この日は10:00~11:30アフタヌーンティーお茶会を企画しています。↑ハガキ内にご案内あります。ご参加お待ちしています(#^^#)
1月27日(日)11:00~13:00頃
1月31日(木) 16:00~17:00頃

【阿部さん在廊日】
1月12日(土) 14:00~17:00頃
1月18日(金) 11:00~16:00頃
1月19日(土) 11:00~16:00頃
1月26日(土) 11:00~12:00頃
1月31日(木) 16:00~17:00頃

1月3日からイギリス展

みなさん、年末年始でお忙しいことと思います<(_ _)>
私、年明け1月3日(→10日からに変更になりました!)から31日まで、浜松のカフェ「シーン」さんで、イギリスをテーマにした三人展「イギリスに恋して」をさせていただきます(≧▽≦)
一か月間、開催していますので、お時間のある時に、ティータイム、コーヒーブレイクをしがてら、ご覧になっていただけたらと思います。シーンさんはお食事もできますよ~。アフタヌーンティーも~~(^^)/

テキスタイル作家の石丸さんはご遠方のため残念ながら在廊されませんが、私と、ガラス作家の阿部さんはできる限り、お店にいる予定です。在廊日は以下の通りです。(もちろん、他の日でも展示はご覧いただけます!!)

【奥田在廊日】
1月10日(木)11:00~12:30頃
1月11日(金)12:30~15:00頃
1月17日(木)11:00~13:00頃
1月26日(土)11:00~13:00頃 *この日は10:00~11:30アフタヌーンティーお茶会を企画しています。↑ハガキ内にご案内あります。ご参加お待ちしています(#^^#)
1月27日(日)11:00~13:00頃
1月31日(木)  16:00~17:00頃

【阿部さん在廊日】
1月12日(土)  14:00~17:00頃
1月18日(金)  11:00~16:00頃
1月19日(土)  11:00~16:00頃
1月26日(土)  11:00~12:00頃
1月31日(木)  16:00~17:00頃

『イギリスに恋して』展を1月に

『三人展 イギリスに恋して』
2019年1月3日(木)~31日(木) 11:00~17:00(L.O.)
開催場所:「カフェ シーン」(浜松市中区上島町1‐13‐8)
*遠州鉄道上島駅から徒歩8分
*駐車場あり(できる限り乗り合わせでお願いします)
*火・水は定休日、1月24日(木)は臨時休業ですのでご注意ください。

カフェシーンさんの壁とギャラリースペースをお借りして、イギリスをテーマにしたグループ展をさせていただきます!
私は著書と写真。
ガラス作家の阿部優生子さんテキスタイル作家の石丸思さんにご協力いただいての、3人展です。

***カフェですので、一品オーダーお願いいたします<(_ _)>

【限定イベント】
2019年1月26日(土)10:00~11:30
~奥田実紀とアフタヌーンティーを楽しもう~
参加費:1,800円(すべて込み)
*アフタヌーンティーといいながら午前中の開催ですみません(^^;
シーンさんは人気のカフェなので時間的に午後の開催は遠慮させていただきました。
お申込みは私、奥田まで。キャンセルは前日の12:00までです。

三鷹の素敵なティールームでお茶会を♪

前の日記に書いた、山本有三記念館のすぐ隣りに、イギリスを思わせるレンガの建物があります。ここの1階に、今回お茶会をお願いしたティールーム「ローズアンドM」さんがあります。思わず、写真を撮ってしまうくらい、まるでイギリス!!の素敵な場所。→http://roseroom.shop/

1階はティールームアンティークショップギャラリーで、2階はフレンチレストラン。
時間になるまでアンティークショップを見せてもらいましたが、イギリスへ直接買い付けに行った商品もたくさん。気になる商品もありました…(;’∀’) この建物を建てたのもアンティークショップのオーナーさんだそうです。イギリスが好きで…と、嬉しそうにお話してくださいました。
イギリス製のウールやカシミアのタータン商品もありましたよ!!
お店オリジナルの紅茶やコーヒーも。

ティールームはこじんまりとしていて、貸し切りイベントには最適♪ 私たち15人が入って、外の寒さも忘れてしまうほど熱気に包まれました。
スイーツはお任せプレートをお願いしていて、スコーンだけは必ず、と聞いていましたが、あとは私も当日までわかりませんでした。
見てください(#^.^#) こんな素敵なプレートを出してくださいました~~~(;O;)感激~~。
甘いものと、塩味のあるものをうまくまとめてくださっています。

紅茶は1杯目がダージリン、2杯目はミルクティー。こちらのミルクティーはスパイシーではなく、あっさりとしていて紅茶やミルクの味がよくわかる、私好みのミルクティーでした! 煮だして泡が立っているのがフォトジェニック♪

お茶会なので私が何か話すということはなかったですが、私はそれぞれの机を回ってみなさんとおしゃべりさせていただきました。また、参加者さん同士が交流してくだって、とても盛り上がっていて、企画した私も嬉しくなってしまいました。
イギリス好き、紅茶好き、そして、羊好きというカメラマンさんも!! 私も羊好きですが、いやいや、羊追いかけて湖水地方へ5回も行かれているそうで、日本国内でも羊の牧場や、イベントなどにも関わっておられるとのことで、私もすっかり刺激を受けました!! 銀座の土屋ショールームさんでの私のセミナーを主催くださった木谷朋子さんも来てくださり、また、『スコットランド タータンチェック紀行』でお世話になった、サクラ・タータンを作られたシズエさん(現在は日本在住)もご参加くださり、本当に、初対面の方同士とは思えないほどのわきあいあいとした交流になりました。

お店の方も、イギリス好きのお客様とお話するのは楽しい!と言ってくださり、心温まるおもてなしをしてくださって、私はすっかりお店のファンになりました。三鷹を訪ねる際は、立ち寄りたいと思っています。あの気になっているアンティークも…(買ってしまいそう…(笑))。
タータン展の前や、あとの一休みに、ぜひ、ご利用されてみてください(#^.^#)

お店にはテラス席もあるので、暖かくなったらそちらでもお茶したいな~と思っています。

ローズアンドMさん、ご参加くださったみなさま、本当にありがとうございました!

タータン展、東京で始まりました!!

神戸ファッション美術館での『タータン展』は無事終了し、12月8日(土)から、三鷹市美術ギャラリーさんで始まっています!!

前日の7日(金)には、銀座の教文館さん6階「ナルニア国」さんで、タータンのお話をさせていただきました!たくさんの方に来ていただきました、ありがとうございました<(_ _)> (写真をまったく撮っていませんでした(;゚Д゚)すみません)

その日一泊して、初日に三鷹市美術ギャラリーさんでの『タータン展』見てきましたよ♪

展示品は神戸ファッション美術館さんと同じですが、会場の広さや、展示の仕方などが違うので、また違った印象です。あれ、こんなパネル、あったかな??なんて思う場面もあり(^^; 企画の段階からご協力をさせていただいて、展示もしっかりと覚えていたつもりですが…見るたびに、おお!って学んだり、発見したり、やっぱり、タータンって楽しい(#^^#)
もともとこじんまりとした美術館さんなので、展示品がまじかに見られたり、展示の間隔も狭いのでぎゅっと、凝縮されている感じ。

広さの関係で中にはフォトスポットが作れなかったそうです。フォトスポットは、入り口入ってすぐのこちらです。刻々と、ソファのタータン柄の色が変わっていきます。ぜひ、全色、カメラに収めてください(#^.^#)


入り口の物販コーナーには、私のタータン本4種類も販売いただいています(#^^#) ぜひお買い求めくださ~い(^^)/

関東圏ではこちらだけでの開催となります。JR三鷹駅南口を出て正面、コーラルビルに入って、一番奥のエレベーターで五階へ。
開館時間は10~20時。基本的に月曜日はお休みです。
2019年2月17日までです!ぜひみなさま、お立ち寄りくださいませ♪

関連イベントもいろいろありますよ↓

戦後のメンズファッションとタータン 1月6日(日)14:00~ →http://mitaka-sportsandculture.or.jp/gallery/event/20190106/

私のタータンのセミナーは1月20日(日)14:00~ございますが、ほぼ満席とのことなので、お早めにお申込みくださいね。→http://mitaka-sportsandculture.or.jp/gallery/event/20190120/

ウイスキーの世界 12月15日(土)・2月2日(土) 15:00~ →https://www.mitakagenki-plaza.jp/shogai/event/2018110800012/

バグパイプ&ロバート・バーンズ 1月20日(日)・27日(日) 13:30~ →https://www.mitakagenki-plaza.jp/shogai/event/2018102900058/