阪急ティーフェスティバルへ~その1

毎年開催されている、大阪・阪急百貨店での「ワールド・ティー・フェスティバル」。いつもお友だちの投稿や、話だけを聞いて悶々としているだけ(笑)でしたが…今年は意を決して、初日に行ってきました~。
お世話になっているCha Tea紅茶教室の立川さんがお話をされるということと、もう一つ、スリランカアンバ茶園の責任者の方が来られてお話をする、という、2つの心動かされるイベントがあったからです。


(お話されているのは立川さん♪ 紅茶で世界を旅する、というテーマ)

スリランカに行ったことのない私が、なぜアンバ茶園にこだわるのか?と思われる方もいらっしゃるでしょう。ご縁をいただいてお知り合いになった、スコットランドのティー・コンサルタントのベバリーさんが関わっていた茶園だったからです。以前も、寒いスコットランドでお茶の栽培にゼロから挑戦しているグループがあることを書きましたが、その茶栽培者たちのコンサルタントをしているのがベバリーさんです。昨年は、私財をなげうって自分のお茶工場まで建てられました!!それも儲けるためではなく、地域活性化、コミュニティの交流のため。気高い理念と、パワーのある方なんですよ♪

お茶好きが高じて、お茶を販売されるようになったミツティーさんが、日本での独占販売権を持っておられるので、ミツティーさんがアンバの方を呼んでくださったおかげで、私はお話を聞くことができました。ミツティーさん、ありがとう!!
働きたい人が250人も待っているという、現地の人にとっても労働環境がいいアンバ茶園。もともとは荒れ果てた茶園だったのをそこまで持って行った手腕はすごいことです。ベバリーさんは2009年にイギリスの国際的ボランティア組織「ボランティア・サービス・オーバーシーズ(訳してVSO)」の一員としてスリランカへ行ったことがきっかけでお茶と関わることになったんです。その時はまったくお茶には詳しくなかったとか。それが今や、世界を飛び回るティー・コンサルタント!!
2年間のボランティアの間に知りあったのが「アンバ茶園(正確にはエステート)」のオーナー(たぶんこれが今回来日されたサイモンさん)。疲弊しているアンバ・エステートを何とかしてほしいと頼まれ、仕事として引き受けることになったのだそうです。持続可能な(サスティナブル)茶園をめざし、まず雇用者の労働環境改善につとめ、宿泊施設を作ったり、手もみのお茶を作ったり、紅茶だけでなく、緑茶にも挑戦したり、コーヒーやジャムなど農園の他の作物も利用したり。現在のアンバ茶園の付加価値として評価されていることはベバリーさんが関わっていた時から始めたことだと聞いています。べバリーさんがアンバを去る4年後には、アンバは黒字に転換したのです。本当にすごいです。
詳細は『月刊茶』の2018年11月号に寄稿していますので、バックナンバーでご覧いただけましたら幸いです。年間購読の雑誌ですが、この号だけ買うことは可能です!!そして、私がイギリスでのお茶栽培について書いている号はこの号だけでなく、2018年の9~12月号の4号連続ですので、よかったら4号とも購入いただけたらうれしいです(*^^)v →http://shizuoka-cha.com/index.php/books

トーク終了後、サイモンさんにベバリーさんのことをうかがったら、とてもうれしそうなお顔をされて…。実際に私もいつかアンバ茶園に行ってみたいです。
明日の土曜、月曜にもサイモンさんのお話が聞けますよ。

ティーフェスは20日(月)まで開催中。ご興味のある方はぜひ♪

日本の制服百年史展

「ニッポン制服百年史――女学生服がポップカルチャーになった!」

ハイティーンの魅力を引き立たせる衣装として独自の発展を遂げ、今や日本発信のポップカルチャ―として海外の注目も集める日本の学生服。大正・昭和・平成時代の、多種多様な制服デザインと着こなし方をご紹介~。東京の弥生美術館にて、6月30日(日)まで。
関連イベント、詳細は→http://yayoi-yumeji-museum.jp/yayoi/exhibition/now.html

右下のピンクの表紙の本は、河出書房新社から発刊になった、同名の『ニッポン制服百年史』。タータンは制服とも関係しているので、その部分で私も少しご協力をさせていただきました(≧▽≦) 本の中でもタータンの制服について言及あります! タータンの制服には憧れましたが…残念ながら、私が通った学校はタータンの制服ではありませんでした(;O;)

弥生美術館は、竹久夢二美術館を併設していますので、ぜひ竹久夢二美術館もあわせてごらんくださいね~。

 

『タータン展』開催中@盛岡

先週、4月13日(土)から、盛岡にある岩手県立美術館で『タータン展』が始まりました!→http://www.ima.or.jp/exhibition/temporary/20190413.html
私は翌14日(日)に、「タータンの魅力」と題した講演会をさせていただきましたぁ~(#^^#)
100名以上の方が集まってくださり、熱心に聞き入ってくださいました。
岩手はホームスパンの里。織りや、羊毛に詳しい方々がたくさんいらっしゃいます。会場にもホームスパンの方々がいらっしゃいましたので、私はいつになく緊張してしまいました(^^;

岩手のホームスパンの歴史は、本を買って調べましたが、まだまだ、奥が深くて面白く、追及していきたいテーマだと感じました。また岩手を訪れて、ホームスパン関係を訪ねてみたいです。

私は実家が仙台なので、岩手は何度か行っています。が、最後に行ったのは――はるか昔、学生の頃。経った年月を数えるのがおそろしくなります…。

岩手県立美術館は、今回初めて訪れました。公園の中に建っていて、大きくて広くて!
そして、訪れた日は、雪をかぶった岩手山がくっきり、はっきりと見えました。(写真は、美術館の2階から撮影したもの)

タータン展』は全国5か所を巡回。今回の岩手県美さんで3か所目です。それぞれの美術館の広さや、天井高も違うので、同じものを展示するといっても、展示方法はそれぞれ違っています。
今回の岩手県美さんはかなりスペースが広く、学芸員さんのアイデアで、フォトスポットもたくさん設けられています。

こちらの、2階へあがる階段にミント・タータン(『タータン展』オリジナルタータン)を貼っていくアイデア、すばらしくないですか??? まるで、花嫁さんのヴァージンロードみたいですよね。こちらもフォトスポットですので、ぜひぜひ、写真を撮ってみてくださいね~。

こちらも、会場内のフォトスポット。これまでのタータン展での定番だった、ライトによってソファのタータン柄が刻々と変化する、タータンソファももちろん健在↓

タータンソファの裏側には、タータンのカーテンが、4種類並び、こちらも素敵なフォトスポットになっています。

そして、岩手県美さんがどうしても!という熱い思いでつくられたフォトスポットが、タータンの大きな一枚布をベルトで固定して体にまとう、17~18世紀のスコットランドの男性用衣装「フェリィ・モー」を体験できるコーナーです!!! もともとは男性用ですが、女性でも体験できますよ!!
まとうだけでなく、スポーラン(ポケット代わり、風でめくれないようにタータンを抑える役目もある)までつけてくれます!!

お一人、お一人、担当者が丁寧に着付けてくれるので、これは絶対に体験しないと損ですよ!!!

ほら、こんなにきれいに着させてくださいます!時間に余裕を持ってお出かけくださいね。

そして!!美術館併設のレストランには、タータン展期間中だけの限定アフタヌーンティーが楽しめます!!
残念ながら私はいただく時間がありませんでしたが、訪ねられるみなさんはぜひ、お忘れなく召し上がってくださいませ~。予約は必要ないそうです。

2階のライブラリーも忘れずに行ってくださいね。タータン関連の書籍がたくさん並んでいて、閲覧できますよ。もちろん、私の本もありますよ(≧▽≦) 気に入ったら、売店でご購入くださいませ~。

岩手県立美術館での『タータン展』は、5月26日(日)までです!!!

チラシのタータン柄は4種あります。入場券のタータン柄も4種類。こうしたアイデアからも、タータン展への思いが伝わってきますね。

マイ紅茶を作ってきました♪

「アジアのお茶を楽しむセミナー」のあとは、藤枝へ移動。
雑貨&ドライフラワーMYRTE(ミルテ)」さんで、和紅茶手作り体験のイベントがあり、それに参加させていただいてきました!
(この日はお茶づくしの一日となりました(≧▽≦))

和紅茶作りの指導は、静岡県牧之原市の「侍ティーファーム 山本園」の山本さん♪
なぜ””とついているかというと――
今、静岡県内でも有数のお茶処となっている牧之原台地を開墾した徳川幕臣の侍のお一人が、山本さんのご先祖様だからです!
明治2年、15代将軍徳川慶喜の護衛にあたった旗本たちが牧之原に入植。
当時不毛の地だった牧之原台地に鍬をいれ、茶園を開拓していったそうです。

茶園を開墾した武士たちの子孫のうち、お茶を専業で営んでいるのは、今では山本さんしかおられないとのこと。

戦争で、飛行場になった牧之原台地は、戦後、また、茶業者によって茶園に戻されました。二度、大変なご苦労の末に牧之原台地は茶園になったのですね。

紅茶作りはかな~り前に体験して以来のご無沙汰。初めてのような、わくわく感~。

手でもんで、発酵させます。ホットプレートで発酵を止めたら、山本さんが運んでこられたオーブンで乾燥。緑色の茶葉が、どんどん酸化発酵して色が紅茶らしくなっていきます~。
出来上がるまで、3時間くらいかかるのですが、発酵している間、乾燥させている間の、手があいた時間には、山本園さんのべにふうきの和紅茶と、お菓子をいただきながら、山本園さんの歴史や、お茶作りの様子をうかがいました。

また、品種の違う緑茶の闘茶会までやってくださったんです! 内容盛りだくさん。お茶を淹れたり、お話したり、参加者の紅茶の発酵具合を見たり……山本さんは大忙し。

最後は、出来上がった紅茶のテイスティング
同じ茶葉を使っても、参加者それぞれの揉み方で、違う味わいが出るのがおもしろいです。味はともかく(笑)自分で作った紅茶は世界でただひとつ、特別な思い入れがあります。和紅茶作りの体験のよさは、ここにあります。自分の手で作ってみて、どれほどお茶作りが大変かも実感できます。
山本さん、ありがとうございました!!

ミルテさんでは今までも何度かこの和紅茶体験を企画されているようで、リピーターさんもたくさんいらっしゃいました。ミルテさんは雑貨やドライフラワーのお店ですが、さまざまなイベントを企画されていますので、ご興味のある方はお問合せしてみてくださいね!
お子さん連れの方にもやさしい配慮がされた、ほんわかとしたお店でした!!

アジアのお茶を楽しむセミナーへ

3月10日(日)は、ふじのくに茶の都ミュージアムへ。「茶の原産地を探る ~松下智のお茶の世界~」という企画展をやっており、この日は川谷眞佐枝先生(現代喫茶人の会副理事長)の「アジアのお茶を楽しむセミナー」があったので、参加させていただきました!
チベット族のバター茶と、インドのチャイの二種類を、作りながらご説明いただき、お菓子と一緒にいただきました♪
バター茶を作る道具や茶器なども持ってきていただいて、みなさん、くいいるように先生のお話を聞き、実演も熱心に見ておられました。(もちろん私も)


(バター茶に使うミルクは、ヤクのミルクだそうです!今はインスタントバター茶も販売されているとか)


(先生がインドから買ってこられたという、インドの紙コップ。模様がかわいい)

実際に現地に行かれ、その土地の喫茶の現状を見てこられている川谷先生。その土地の気候や暮らしに根差したお茶の淹れ方、飲み方があるということがよくわかりました。また、時代に合わせて変わってきている部分も教えていただき、さまざまな学びをいただきました。
国を変えて、今後もシリーズで続けていってほしいくらい、楽しいセミナーでした(#^.^#)
今年は3年に一度の「世界お茶まつり」がある年です。春の祭典は、5月10~12日まで、さまざまな参加型プログラムが企画されています。きっと、このような、世界のお茶を体験できる企画も盛りだくさんだと思います!
ご興味のある方は、世界お茶まつり2019のホームぺージをチェックして、ぜひ、静岡へお越しくださいませ!→https://www.ocha-festival.jp/2019
(私は秋の祭典11月7~10日の期間に、セミナーを企画しています!)

タータンセミナー@イギリスを知る会さん

先週の土曜日3月9日、「イギリスを知る会」さんに呼んでいただき、『タータンチェック紀行』と題した、タータンとスコットランドの魅力をお話させていただきました!

イギリスを知る会は、1990年に活動を開始された、イギリス好きのみなさんが集まるグループです。奇数月の第二土曜日の午後に、講座や親睦会などを開催されていて、これまでそうそうたる方々がセミナーをされてきました。

ご紹介者がいる場合、ビジターとして聴講もできるそうで、私は以前、ライター仲間の木谷朋子さんのご紹介で、セミナーを聞かせていただいたことがあります。
熱心な方ばかりで、講座後も次々と質問が飛び交い、ペーペーの私は、その質問の深さや専門的なことにびっくりしてしまいました。
なので、私のような者がお話して、みなさんにご満足がいただけるものか、木谷さんにセミナーのお話をいただいた時は悩みましたが、イギリス好きのみなさんの前で洗礼を受けるべきだと思い、緊張しながら行ってまいりました。

もちろん、みなさん気さくで、イギリスが好きだからこその熱意をお持ちで、私のセミナーも真剣に聞いてくださいました。本当にうれしかったです。

セミナー後は、お食事をご一緒させていただきました。私はタータンについての知識しかほぼないので、みなさんのお話から刺激を受け、また、これからもがんばらなくちゃ、と元気をもらいました(#^^#)
イギリスを知る会のみなさま、本当にありがとうございました。また聴講に伺わせてくださいませ。

この日の午前は、ちょうど渋谷のBunkamuraミュージアムで開催されている『クマのプーさん展』を見てきました。
ロンドンのヴィクトリア&アルバートミュージアムから、クマのプーさんの原画がたくさん来日するというので、これは見に行かねば!!と。アーネスト・シェパードの絵が大好きなんです。
クマのプーさんは、ディズニーがアニメ化していますが、原作はイギリスの児童文学で、ディズニーのプーさんは本当のプーさんではありません。ぜひ、この企画展で、多くの方に、ディズニーではない、原作の、本物のプーさん(ディズニーは”クラシック・プー”という名でグッズを出していますが、クラシックというより”オリジナル・プー”ですよね…)のすばらしさを感じてもらえたらいいなあ、と、一ファンとして願わずにはいられません。

それにしても、土曜日の朝一で行ったので、すごい人でした!!あまりゆっくりする時間がなかったので、人が固まっているところは飛ばしてみるしかなく…(;O;) 残念でしたが、シェパードのきちんとした画力、ユーモアとやさしさを感じてきました。プーさんは、お話のよさもありますが、やはりシェパードの絵も相まって、人気が出たのではないかと思います。ルイス・キャロルのアリスのように。

プーさん展は全国を巡回するようなので、ぜひ、検索して、観に行ってくださいね(*^^)v フォトスポットもありました(≧▽≦)

 

仙台でタータンチェックセミナー♪

昨日、NHK文化センター仙台教室さんで、4月12日に2講座をさせていただくことをお知らせいたしました。
午後一で和紅茶セミナー、そのあと、タータンのセミナーをさせていただきます!! 何しろ、岩手県立美術館さんでの『タータン展』のための帰省ですから、多くの方に魅力を知っていただきたいのです。

知られざるタータンチェックとスコットランドの魅力

岩手県立美術館で4月から開催される『タータン展』にあわせて、タータンの知られざる魅力と、タータンを育んだスコットランドの魅力をお伝えします。
タータンはただのチェック柄ではありません。歴史と文化が詰まった特別な柄なのです。
4月12日(金)15:30~17:00
場所:NHK文化センター仙台・定禅寺通り教室(仙台市青葉区立町27-21)

会員と一般とで料金が変わります。詳細・お申込みは直接お教室のほうへお願いします。
https://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_1170343.html

和紅茶セミナー@仙台市

昨日の日記に書きましたように、4月14日に岩手県立美術館さんで、タータンの講演会をさせていただきます!
それに合わせて、久しぶりに実家のある仙台に帰省します。ご縁をいただき、仙台のNHK文化センターさんで、2講座、させていただけることになりました。
まずは…和紅茶セミナー

紅茶も国産が一番!和紅茶の魅力
年々生産量が増えていっている日本産紅茶(和紅茶、地紅茶、国産紅茶ともよばれる)。
単なるブームではなくそこには古い歴史があります。和紅茶の背景を知り、さまざまな品種の和紅茶をテイスティングして、楽しんでください。
最後はお菓子と一緒にティーカップで飲んでいただきます♪
4月12日(金)13:00~14:30

場所:NHK文化センター仙台・定禅寺通り教室(仙台市青葉区立町27-21)

会員と一般とで料金が変わります。詳細・お申込みは直接お教室のほうへお願いします。
https://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_1172491.html

4月からタータン展、盛岡で!

今まで何度もご紹介させていただいている『タータン展』。企画の段階から、ご協力をさせていただきました。
関西、東京での開催が終わり、東北へと場所を移します。岩手県立美術館さんで、4月13日(土)~5月26日(日)まで!!→http://www.ima.or.jp/exhibition/temporary/20190413.html
私の実家のある仙台での開催がないのは残念ですが、岩手もとってもいいところで大好きな場所。
多くの方に来ていただけたらうれしいです(≧▽≦) 東北地方ではここだけでの開催です。

すでに前売り券が発売になっています。お得な前売り券をぜひゲットしてくださいね。


↑ チラシはなんと!!タータンの柄を替えて、4パターン作成されたそうです(#^.^#) ナイスアイデア!!

そして、私、岩手県美さんでも、タータンの魅力と題した講演会をさせていただくことになりました!!ありがとうございます!!
タータンの魅力
開催日時:4月14日(日)14:00~15:30
場所:ホール 参加費無料(鑑賞券での入館は必要) 当日直接ホールにお越しください
お待ちしています(#^^#)

英国の羊の魅力

2月21~24日まで京都で行われていた『英国の羊展 ~英国羊毛の魅力~』。
初日に行ってきました\(^o^)/
タータンがご縁でお知り合いになったスピナッツさん主催のイベントです。
スピナッツさんは原毛屋さんで、羊毛に関わる書籍もたくさん出されています。私も何冊か、タータンを調べる時に参考にさせていただきました。

スコットランドのタータン工場では、糸になったものを輸入していて、染色するところからが作業です。
ウィーバーズ・コテッジでは、古い手織りの機械で織っているところを見せていただきましたが、それもすでに糸になったものを織る作業しか私は見ていませんでした。

羊毛を紡いで糸にする、という作業はもちろん知っていたし、ちょこっと体験したことはあります。春になると羊牧場では羊の毛刈りがされることも知っていました。
が、実際に刈るところは見ていなくて(見たいとは思っているのですが)、さらには刈られた原毛フリースといいます)も、見たことがありません。

ですから、英国の羊展の会場に入って驚いたのはその匂いです。原毛の匂い!!
そして、布にくるまれた原毛の山!!!
布を開いて見せていただいたのは、英国の羊の原毛、まさに刈られたそのままのもの。洗っていないので、ごみもついていますが、まさにこれが!!初めて見る原毛(フリース)なのでした!!これは衝撃でした!!
切れ目なく、きれいに刈られているので、その原毛をつまみあげると、立体的になり、どちらが前かもわかりますし、どのくらいの大きさの羊かもわかって――そこに肉体がないだけ(^^; ああ、本当に毛が刈られたんだな、というのがわかる…不思議な感じです(笑)

この原毛を購入して、自分で洗って、櫛で繊維を揃えて、色を付けたい人は染めて、紡いで糸にする。
そしてやっとそこから、編んだり織ったりする作業が始まるのです。

私の好きなタータンという織物。タータンになる、ずっとずっと前の、原点がそこにありました。
英国には60種類を超える羊がいますが、それだけさまざまな羊を目にする機会はありません。
このイベントでは、それぞれの羊の生息地が地図で示されていて、その毛の特徴に合わせてわかりやすく分けられていました。そのうえ、数多くの羊の原毛がじかに見れて、触れて、買うことができるのです。


↑羊によって毛の感じもいろいろ!!楽しい!!


スピナッツの代表・本出ますみさんのギャラリートークも聞くことができ、羊毛への熱い想いに感化されました。

羊毛を紡いだり、自分で織って作品にすることへ、こんなに多くの方がご興味がある、ということにも初めて触れて、何から何まで、初めてづくし。興奮して、楽しくて、そして勉強させていただきました。

上の写真の右側が、私がスコットランドのANTAというお店で買ってきた、スコットランドの羊の毛で作られたトートバッグです。スコットランドの羊の毛はゴワゴワしているので、肌に触れる衣類には向かないということでタータンには使われていません(それを知った時はかなりショックでした…)。たしかに、このバッグもゴワゴワしているのですが、それが素朴でワイルドでなかなかいいバッグなんですよ。それを本出さんにお見せしたら、きっとここらあたりの羊の毛では?ということで見せていただいたのが上の2つの写真の原毛。マンクス・ロフタンとスウェイルデイル。

↑一度も目にしたことのないシェトランド・レースも見れて、実演してくださった方からお話も聞くことができました。私はとてもとても、レースを編むということはできそうにないですが、羊毛で編むレースの独特の風合いもあたたかく、大変に美しいデザインにも見惚れてしまいました。
また、私のお友だちもやっているフェアアイルもずらりと並んでいて、見ごたえがありました。


↑三鷹でのお茶会にご参加くださった、写真か・平林美紀さんの羊写真も展示されていましたよ~。羊愛あふれる素敵な写真でした。

神戸ファッション美術館さんがパネルでご協力されていて、学芸員の方々にちょうどお会いすることが出来ました! タータン展以来のうれしい再会でした(#^^#)

タータン展』は、東京での会期を終え、4月からは岩手県立美術館で始まります。呼んでいただいているので、またタータンのセミナーをさせていただきます。ありがたいことです。
岩手もホームスパンがさかんな地域ですので、お店など、のぞいてみたいと計画しています♪