雑誌VERYでご紹介いただきました!

雑誌『VERY』2022年2月号で、『すてきなタータンチェック』を紹介していただきました(≧▽≦)

「こども向け本」でママこそ、おうちリカレント
という特集ページで、
丸善丸の内本店 兼森理恵さんがリコメンド! してくださいました(●^o^●)
うれしいです~~~~。
ありがとうございます(*^^*)

お子さんへのプレゼントに、自分へのご褒美に。
私からサイン入りでお送りすることもできますので、お問合せくださいね。

「mr partner」さんでご紹介いただきました♪

消えたブログ(2021年3~12月)を、コツコツと、思い出しながら再び投稿しています。
記憶がはっきりしている(笑)12月からはじめ、今、やっと6月までいきました。
あと、3か月分がんばります!
読者登録してくださっている方には、いくつも記事アップ(過去分)のお知らせがいきますが、ご了承ください<(_ _)>

そして、いずれ解約する予定のこのブログ、同時進行で次のブログにも投稿しています。
新しいブログはグーグルのBloggerになります。よろしかったらこちらをお気に入り、ブックマークに登録お願いします。
https://mikiokuda.blogspot.com/

さて、英国好きなら知らない人はいない雑誌「mr partner」。
英国関連の著書を多数出されている井形慶子さん(何冊も著書持っています!!)が編集長をされています。

最新号の「mr partner」は、スコットランドの島特集。
スコットランドは時々、特集にあがります。
今回はシェットランド、オークニーをはじめとする島々が美しい写真とともに紹介されています。
私は、スカイ島にしか行ったことがないので、うわ~~~うわ~~~と、感動ばかりでした。

右側の号は、ちょうど2年前の、スコットランドのテキスタイル特集。大好きなタータンの話題もありました~(≧▽≦)

さて、最新号のブックコーナーで、拙書『すてきなタータンチェック』(福音館書店)をご紹介いただきました(●^o^●)

大人が読んでも楽しい出来栄え、と評価いただき、嬉しい限りです!!!

子ども向けにわかりやすく書いてあり、穂積和夫さんのイラストが満載。
見ているだけで楽しいですよ♪ ハードカバーになって、保存版になりました。

ぜひ、お買い求めくださいね。
私から、サイン入りでお送りすることもできますので、お問合せくださいね。

 

私設図書館、地元本コーナー

毎月通うようになった、浜松の「じゃじゃの私設図書館」さん。
おしゃれで、落ち着く空間です。

少しずつ自分の本を寄贈させていただいています。

10冊以上寄贈すると、飲み物が無料になります~。
なので、時々一緒にスイーツを頼んだりも。

断捨離しているとはいえ、本は、あれこれと、寄贈してもいいものが後から後から出てきます(雑誌や英語の本、自費出版のものでもいいそうですよ)。

オーナーさんが地元本コーナーを作ってくださり、私の本も並べてくださいました♪

9月に発刊された拙書『すてきなタータンチェック』に、感想が書かれたふせんが貼ってありました。
小学生の女の子が書いてくれたそうです!嬉しい。お返事書きました(●^o^●)

地元本コーナーで見つけた、前から読んでみたかった本。

『月まで3キロ』(伊予原新著、新潮社)

第38回新田次郎文学賞を受賞されている作品だそうです。
地元本コーナーに並んでいたのは、本の題名になっている「月まで3キロ」が、浜松にある案内板だからでしょう。
「月」という地名があるのですが、この短編小説では月に一番近い場所、として登場。

どの短編も思わず泣ぐんでしまうような切なさと、繊細さで、心に響きました。

読んでみたかったのは、実は同じ名前のお菓子(上の写真の右側)を知ったのが先でして(;^_^A

もちろん、この本からインスピレーションを得て作ったというお菓子です。

地元の三ケ日みかんを練り込んだチーズケーキ。
焼菓子はあたためて食べるのがおいしいので、温めて食べました。さっぱりしておいしかったです。

治一郎のバウムクーヘンや、色とりどりのラスクなどを手がけるヤタローさんが作っています。
工場直販所に行くと、バウムクーヘンの切れ端目当てに大勢の人が並んでいます。
私は胡桃あんぱんがお気に入りです、売り切れることはないようです(;”∀”)
台湾メロンパンや、マリトッツォなどの流行のお菓子も時々あり、どちらもおいしかったけど、最近は見なくなりました・・・やっぱり流行ものはすぐに販売しなくなっちゃうんでしょうか。

 

毎日小学生新聞にて紹介いただきました♪

ハードカバーとなって発売された拙書

すてきなタータンチェック』(福音館書店)

小学生向けに、タータンのことをわかりやすくまとめています。もちろん、大人の方にも読みやすいと好評です♪
自分用に、プレゼントに・・・
ぜひご購入くださいね。私からサイン入りで送ることもできるのでお問合せください!

10月2日発行の毎日小学生新聞さんの「スポットライト」にて、ご紹介いただきました~~~(≧▽≦)

ネットでも記事が読めるようになっています!!!
https://mainichi.jp/maisho/articles/20211002/kei/00s/00s/006000c

記者の木谷朋子さん、本当にありがとうございました!!!!

『すてきなタータンチェック』発売!

今日発売になりました♪♪

『すてきなタータンチェック』(福音館書店)

ハードカバーで保存版になりました!(^^)!

雑誌「たくさんのふしぎ」の特集号がご好評いただき、おかげさまでハードカバーになったことは、大変光栄なことで、うれしい限りです。
(「たくさんのふしぎ」のほうはすでに完売です<(_ _)>)

子ども向けにわかりやすく書いてありますので、お子さんやお孫さんへのプレゼントにも♪
巨匠・穂積和夫さんのイラストもすばらしいので、見ているだけでも飽きませんよ。

裏表紙が女の子ですよ♪
大きく開くと、女の子と男の子が向かい合って踊っています。かわいいですよね!

ぜひお買い求めくださいね。
私からお送りすることもできますのでお問合せください!(^^)!

ご購入いただける本をまとめました

毎日暑くて出かける気がいつも以上に起きず(^▽^;)
いつも通りに読書を楽しんでいます。

私の本もお時間がありましたら読んでいただけたらうれしいです。

新品で買える本をまとめました ↓

〔赤毛のアン関連〕

★『赤毛のアン A to Z』(東洋書林)
アンを知るキーワードをアルファベットごとにまとめたもの

★『図説 赤毛のアン』(河出書房新社)
赤毛のアンシリーズのおもしろさをテーマごとに深く探りました

★『赤毛のアン レシピ・ノート』(東洋書林)
作者モンゴメリが実際に使っていたレシピ帳をまとめたもの。当時の料理事情もよくわかります。翻訳書

★『赤毛のアン 四季の贈りもの』(東洋書林)
バースデーブックといわれているもので、365日、毎日ひとつ、物語の中から、アンの言葉や美しい風景描写を。美しいイラストが散りばめられています。翻訳書

 

〔タータンチェック関連〕

★『スコットランド タータンチェック紀行』(産業編集センター)
タータンをテーマにスコットランドを旅行したガイドブック

★『図説 タータンチェックの歴史』(河出書房新社)
タータンを一から十まで、詳しく解説

★『すてきなタータンチェック』(福音館書店)
ハードカバーになりました!小学生にもわかりやすく、イラストで解説。私がなぜタータンに興味を持ったのか、から書いています。

 

〔その他〕

★『図説 英国ファンタジーの世界』(河出書房新社)
ハリー・ポッターやアリス、ナルニア、ピーターラビットなど、日本でも愛読されている英国のファンタジーの舞台、映画やアニメのロケ地、作者ゆかりの場所などを自分の足で訪ね歩いたガイドブック

★『図説 ヴィクトリア朝の子どもたち』(河出書房新社)
19世紀のヴィクトリア女王の治世。子どもたちはどのような暮らしをしていたのか、上流階級~労働者階級まで、写真やイラストたっぷりに紹介

★『紅茶をめぐる静岡さんぽ』(マイルスタッフ)残6冊です!
紅茶をティーポットで出してくれるカフェやレストランを、東部~西部まで90軒紹介するグルメ本。紅茶を使ったスイーツや、紅茶生産者さんも紹介しています。データが少し古くなってしまいましたが、保存版です。少し割引いたします。

★『ようこそローラの小さな家へ大草原でのすてきな暮らし』(東洋書林)
翻訳書。大草原の小さな家のローラたちがどんな暮らしをしていたかがわかります。小学生にもわかりやすく。ガース・ウィリアムスのイラストもいっぱい

お申し込みは私まで

現在ご購入いただける著書一覧

新型コロナウイルスの感染拡大がおさまりません。緊急事態宣言が発令された地域もたくさんあり、ここでまた気を引き締めて、早く収束するように、みんなで努力していくしかありませんね。
ステイホーム、おうち時間の一番の楽しみは、読書ではないでしょうか。テレビもいいですが、本の世界にどっぷり浸って、心配事を忘れるひとときも必要だと感じます。

私の本が、少しでもお役に立てればうれしいです。
だいぶ、売り切れで手に入らない本がありますが、現在、新品でご購入いただける著書は以下の通りです。
サイン入りで、私から送らせていただきますので、お気軽にお問合せくださいね。少しですがサービスさせていただきます。

★『赤毛のアン A TO Z ~モンゴメリが描いたアンの暮らしと自然~』(東洋書林)
アルファベットのキーワードから、赤毛のアンの世界を紐解きます。たとえば、Aのページでは、Aのつく単語ばかりを使って、ひとつのお話が展開します。

★『図説 赤毛のアン』(河出書房新社)
アンの時代背景、その後のアン、料理、手仕事、植物、物語を飛び出したアンなど、テーマごとに、多くの写真やイラストを交えて解説。物語を深く読み込むヒントに。

★『スコットランド タータンチェック紀行』(産業編集センター)
泊まるところ、レストラン、お土産店など、すべてにおいてタータンにこだわった、スコットランド旅行をするための、タータンづくしの旅行ガイドブック。オールカラーで、見ているだけで楽しいですよ。

★『図説 タータンチェックの歴史』(河出書房新社)
これまで出していただいた2冊のタータンの本ではページ数の関係で書けなかったこともたくさん盛り込んだ、決定保存版。図版、多数♪

★『たくさんのふしぎ すてきなタータンチェック』(福音館書店)
小学生向けにわかりやすくまとめてあります。穂積和夫さんのすばらしいイラストで物語は進んでいきますよ~。→雑誌版は売り切れで、現在はハードカバー版となりました♪

★『図説 英国ファンタジーの世界』(河出書房新社)
J・K・ローリング、ビアトリクス・ポター、ルイス・キャロル、C・S・ルイスなど、大きく11人の作家を取り上げ、作者と作品ゆかりの場所を訪ね、名作誕生の秘密を探るトラベル紀行です。

★『図説 ヴィクトリア朝の子どもたち』(河出書房新社)
わかりやすく、生まれてから大人になるまでの当時の暮らしや文化を伝えます。当時の英国は階級社会ですので、上流~中流~労働者階級に至るまで、すべての階級の子どもたちを、偏ることなく、当時がわかるイラストや写真をたくさん交えて解説。

★『「赤毛のアン」の島で L.M.モンゴメリ』(文渓堂)
名作を生んだ有名作家の伝記シリーズで、モンゴメリの伝記を書かせていただきました!小学生にも読めるわかりやすい内容です。残り2冊です。→売り切れました

★『紅茶をめぐる静岡さんぽ』(マイルスタッフ)
静岡県内の、国産紅茶も含めた”紅茶”がテーマ。静岡県内の東部から西部まで、紅茶をティーポットで出してくれるレストランやカフェを紹介するグルメ本(全59軒紹介!!)という形をとりながらも、コラムとして、紅茶の歴史、製造工程、種類、産地、おいしい淹れ方といった雑学ももりだくさん入っています。データが古くなってしまったので、少しサービスを考えていますのでお問合せくださいね。→売り切れました

翻訳書

★『赤毛のアン・レシピノート』(東洋書林)
作者モンゴメリが実際に使っていたレシピ90点ほどをまとめたもの。19世紀後半から20世紀初頭にかけての、カナダの食事情もわかる、資料的価値のある本でもあります。赤毛のアンに出てくる料理のレシピもあるので、ぜひ作ってみてください。

★『赤毛のアン 四季の贈りもの』(東洋書林)
365日のそれぞれに、アンのセリフや、物語からの自然描写が抜粋して載せてあります。空白もたくさんあるので、日記として書きこむことも。向こうではバースディ・ブックという、お友達のお誕生日をメモする本として使われます。

★『ようこそローラの小さな家へ ~大草原でのすてきな暮らし~』(東洋書林)
大草原の少女ローラの暮らしぶりがよくわかります。小学生にもわかりやすく、絵や写真入りで解説。ローラファンには持っていていただきたい一冊です。

著書の展示販売@浜松

もうクリスマス・プレゼントは決まりましたか。
クリスマス・プレゼントにおすすめの私の著書を2冊、ご紹介させていただきます♪

『赤毛のアン クリスマス・ブック』(東洋書林)
赤毛のアンの時代は19世紀後半。当時のクリスマスはどんなだったのか。お料理や手芸など、実際に作れるレシピが満載です。オールカラー♪

『赤毛のアン 四季の贈りもの』(東洋書林)
こちらはバースデーブックと呼ばれているもので、365日のカレンダーのようなつくり。一日一つ、アンの言葉や、物語からの描写が書かれています。
空白部分は、日記にしてもよし、家族やお友だちの誕生日、記念日を記録するもよし。使い方は自由です。
こちらもオールカラー♪

特に『クリスマス・ブック』のほうの在庫はわずかで、出版社の在庫を全部私が引き取ったので、新品のきれいなものは私へお申込みいただくのが一番かと存じます。
定価以上の値段がついているサイトもあり、不思議なんですが(◎_◎;) そんな値段つけても誰も買わないと思うんですけどね(;^_^A だって、私から定価で購入できるんですから。
サインもお入れいたします。


ありがたいことに、現在、浜松市中区佐鳴台(佐鳴台協働センター向かい。レモンストリート沿い)にあるカフェ「アルカディア」さんで、私の本(アン関連だけでなく、他の本も一堂に)を展示販売していただいています(#^^#) 今年いっぱいです。
お訪ねいただければ手に取って見ることができ、すぐに購入も可能です。
お買い上げくださった方には心ばかりのお礼もございますので、よろしかったらどうぞ~。

浜松では老舗のカフェで、場所もわかりやすく、駐車場もたくさんあり、ランチもボリュームたっぷりですよ。
写真は、テイクアウトしたサンドイッチ(全部はお皿にのらなかったので、写真は半分の量です(^^ゞ)。甘みのある黒コッペパンで作られていて、ハーフ&ハーフで、好きな味2種類頼むこともできます。
他にはカレー、パスタもあり。いろいろなお教室もされていて、不定休なので、お問合せしてみてください。053-448-0108
営業時間は9:00~17:00頃だそうです(#^^#)

私の本のお問合せ・ご注文は以下からどうぞ。

著書紹介⑯紅茶をめぐる静岡さんぽ

おうち時間が長くなっている中、ぜひ、読書を楽しんでください~(#^^#)
今回は、紅茶に関する私の著書をご紹介します!!

『紅茶をめぐる静岡さんぽ』
2015年出版(マイルスタッフ)

私は結婚後、静岡県浜松市在住です。生まれ育って仙台より、浜松に住んでいる期間のほうが長くなりました…(◎_◎;)

静岡県は有名なお茶処。私は、同じお茶の葉から、製造方法が違うだけで緑茶、紅茶、烏龍茶、黒茶ができることを知らなかったので、静岡産紅茶があることを知って衝撃を受けました。
紅茶の木があって、それはインドやスリランカでしか育たないと思っていたのですから…(爆)

苦いコーヒーが飲めなかったので必然的に紅茶を飲んでいた私ですが、国産紅茶があるとわかってからは、地産地消、農家さん応援で国産紅茶を買うようになりました。

もっと国産紅茶が普及して欲しいとの思いで、本の企画を作りました。
国産紅茶以前に、紅茶自体に興味を持ってもらうことから始めたいと、この本では地域を”静岡県”に限定。
国産紅茶も含めた”紅茶”全般をテーマにしました。

静岡県内の東部から西部まで(静岡県って、横になが~いんです(;^ω^))、紅茶をティーポットで出してくれるレストランやカフェを紹介するグルメ本(全59軒紹介!!)となっています。
とはいえ、ただお店を紹介しているだけではなく、コラムとして、紅茶の歴史、製造工程、種類、産地、おいしい淹れ方といった雑学ももりだくさん入っています。
もちろん、国産紅茶の話題もいっぱいです。
静岡県民はもちろんのこと、静岡に旅行に来られる方にも参考になりますよ(*^^)v

出版から丸4年が経ち、残念ながらクローズしてしまったお店もございますが、静岡県の紅茶やカフェについてまとまっている本は他にないかと思いますので、ぜひお手元にいかがでしょうか。
DMにて、お問合せください♪

ーーーーーーーー

★★私の創作物語【小説投稿サイト 小説家になろう】にアップしています。
無料ですので、お時間のある時に、読んでいただけましたら幸いです。読むだけでしたら、会員登録もいりません(ブックマークに登録する場合は会員登録が必要)

★★「念いのかけら」→ https://ncode.syosetu.com/n7968gc/
『赤毛のアン』へのオマージュで書いた小説です。これがネット小説第一号でしたが、サイトが閉鎖されてしまいましたので、新しく、大幅に加筆して再公開しました。赤毛のアンの舞台になったプリンス・エドワード島に住んでいた私の実体験をもとに、一人の少女の成長物語を描きました。

★★「おれは女子高生」→ https://ncode.syosetu.com/n8540gc/
私自身の、女子高校時代を懐かしんで書きました。ラノベ、ラブコメといえなくもない…(笑)だんだん女子高、男子高がなくなっていくのが寂しいです。

★★「勝軍地蔵 お頼み申す」→ https://ncode.syosetu.com/n5652gg/
中学生の女の子が、突然現れた勝軍地蔵様からお願いされたこととは…??

著書紹介⑱絵本「いいなあ」

おうち時間が長くなっている中、ぜひ、読書を楽しんでください~(#^^#)
今回は、私の絵本をご紹介します!!

『いいなあ』
2015年9月号(鈴木出版)

ずっと、自分の絵本を出すことが夢でした。
念願叶って、月刊絵本「こどものくに(書店では販売されておらず幼稚園や保育園向け)」の「たんぽぽ版」に取り上げていただくことができました。
おかげさまで、本当にありがたいことです。

小さな子どもが読むものほど、実は文章はとてもとても、書くのが難しいです。
何度も何度も書き直しをしました。出来上がった時は感無量でした(;O;)

絵は喜多村武さん。私は絵がうまく描けないので…素敵な絵を描いていただき、本当に嬉しかったです。
現在、この絵本は売り切れです。図書館などには入っているかもしれません。

このあとも絵本や創作物語は書いて営業はしているのですが、なかなか形にならず…。でも、諦めずにがんばります!

無料電子書籍も出しています♪詳細は↓

★★私の創作物語【小説投稿サイト 小説家になろう】にアップしています。
無料ですので、お時間のある時に、読んでいただけましたら幸いです。読むだけでしたら、会員登録もいりません(ブックマークに登録する場合は会員登録が必要)

★★「念いのかけら」→ https://ncode.syosetu.com/n7968gc/
『赤毛のアン』へのオマージュで書いた小説です。これがネット小説第一号でしたが、サイトが閉鎖されてしまいましたので、新しく、大幅に加筆して再公開しました。赤毛のアンの舞台になったプリンス・エドワード島に住んでいた私の実体験をもとに、一人の少女の成長物語を描きました。

★★「おれは女子高生」→ https://ncode.syosetu.com/n8540gc/
私自身の、女子高校時代を懐かしんで書きました。ラノベ、ラブコメといえなくもない…(笑)だんだん女子高、男子高がなくなっていくのが寂しいです。

★★「勝軍地蔵 お頼み申す」→ https://ncode.syosetu.com/n5652gg/
中学生の女の子が、突然現れた勝軍地蔵様からお願いされたこととは…??