銀座でアンとタータンのお話を♪

10月20日(土)、東京の銀座にある土屋ショールームさんで、赤毛のアン、そしてタータンのセミナーをさせていただきました!!
主催者は、旅行ライターの @木谷朋子 さん。

以前、地球の歩き方「旅いさら」Teaセミナーに私を推薦してくださり、和紅茶のセミナーをさせていただいたことがあります。木谷さんはイギリス留学のご経験もおありなのでイギリスにはとても詳しく(旅行ライターさんもやっているくらいですから!)、幅広い人脈と行動力、そして気さくな性格。教えていただくこと、見習うことがたくさん。いつもお世話になりっぱなしで…木谷さん、ありがとうございます<(_ _)>

銀座の土屋ショールームさんは一日に一つのセミナー開催が基本なのですが、私が静岡県から上京するということで、二回のセミナー開催を快く受けてくださいました、ご無理を言って申し訳ありませんでした。

今回は、旅カルチャー講座ということで、旅行術も交えてお話をさせていただきましたよ。午前は『赤毛のアンで辿るプリンスエドワード島』、午後は『知られざるタータンチェックとスコットランドの魅力』。

群馬、滋賀など、遠くからのご参加もあり、本当にうれしく、ありがたい気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました<(_ _)>

1時間半ほど一気に話して(それでもまだ話し足りないのですが(^^;)、木谷さんセレクトの紅茶とお菓子ティータイム。ちょうどあちこちの百貨店で英国展が開催されていたので、木谷さんがお友達に頼んでくださったり、お店まで足を運んで買ってきてくださった紅茶とお菓子。アンとスコットランドに合わせて、違うものをそれぞれ揃えてくださいました。
資格をお持ちの紅茶の先生が、大きなティーポットやお皿などを持参で来てくださって、へルプで紅茶を淹れてくださったのには感激しました。お茶のセミナーを数々、企画されている木谷さん、ティータイムにもしっかりこだわっています。土屋ショールームさんには、さまざまな柄とメーカーの磁器のティーカップが揃っていて、それにもみなさん、気分があがっていました♪


(アンのほうのセミナーでは、プリンス・エドワード島流に、スコーンはジャムとアイスクリームでいただきました♪)


(タータンのほうは、もちろん、ショートブレッド。いくつかのメーカーのショートブレッドを食べ比べて♪)

参加者のみなさんのアンやプリンス・エドワード島、タータンへの思いも聞かせていただくことができ、好き!という情熱を共に味わわせていただきました。本を書いているだけではわからない、生の声、熱い思いを知ることができるこうした時間は、私にとって何よりの宝物です。
企画くださった木谷さん、会場をご提供くださった土屋ショールームさん、お手伝いくださったみなさま、ご参加くださったみなさま、本当にありがとうございました。またお目にかかれますよう!!

*私自身はしゃべるのにいっぱいいっぱいで(^^; 写真をまったく撮っていなかったので、こちらでご紹介した写真は土屋ショールームさんと木谷さんが撮影してくださったものを使わせていただきました! 土屋ショールームさんのフェイスブックでも私のイベントを記事にしてくださっていますので、土屋ショールームさんで今後開催されるイベントなどもあわせて、サイトをご覧くださいね。→https://www.facebook.com/tsuchiyagroupginzashowroom/

タータンのお話会@銀座教文館さん

ありがたいことに、銀座の教文館さんから、タータンのお話会のご依頼をいただきました!! たくさんのふしぎ400号記念展・番外編のイベントです。

奥田実紀講演会『タータンの特別な魔法
日時:12月7日(金)午後6時~7時30分
参加費:1,000円  12/1現在、残席はあと数席です。お申込みはお早めに♪
詳細はこちらをご覧ください→https://www.kyobunkwan.co.jp/narnia/archives/info/c1b0e66


(チラシはクリックすると拡大します)

そして、翌日の12月8日(土)は――
そうです、三鷹市美術ギャラリーさんでの『タータン展 ~スコットランドからの贈りもの~』が始まる日、初日です!
一泊して、翌日は三鷹さんでのタータン展を見に行きます!! 神戸ファッション美術館さんでの展示は見ていますが、会場ごとに少しずつ、趣向は変わるので…それを見るのも楽しみです。
三鷹さんでのタータンセミナーは、来年を予定していますので、詳細が分かり次第、アップいたしますね。
でも、せっかく三鷹さんでのタータン展の初日に行くのであれば、来てくださったみなさんと感動を共に味わいたいな…と思って、午後に小さなお茶会を予定しています。こちらも詳細が決まりましたらアップしますので、チェックしてくださいね。

タータンセミナー@スシーラ・ティーさん

神戸ファッション美術館での『タータン展』の翌日は――西宮市の紅茶教室「スシーラ・ティー」さんで、タータンのセミナーをさせていただきました♪
二日間で3回のセミナー。3回とも満席で開催できて、本当にありがたく、うれしかったです。

なんと、東京からはるばるいらしてくださった方もいらっしゃいました! 前日の、ファッション美術館でのセミナーを聞かれた方が、もう一度お話が聞きたいとこちらにもご参加くださったことも、光栄で涙が出そうでした。

少人数制ならではの内容でさせていただきました。スシーラさん手づくりのスイーツと、紅茶でのティータイムも魅力です(#^.^#)

スコットランドの紅茶メーカー「メルローズ」の紅茶2種、スイーツは、スコットランドのお菓子「クラナハン(クラナカンとも)」。

お話したいこと、見ていただきたいものはたくさんあり、2時間でも足りなかったです。

スシーラさん、ご参加くださったみなさま、本当にありがとうございました<(_ _)>

実は、スシーラさんではあと一回、10月に「日本産紅茶」というテーマでセミナーをさせていただくことになっているんですよ~。
日時は…10月7日(日) 19:00~ →台風のため、延期となりました。詳細は後日。
10月8日(月・祝) 11:00~/ 14:00~ →台風のため、延期となりました。詳細は後日。

日本全国で実は相当な数の紅茶が作られています。10種類ほどの日本産紅茶をテイスティングして頂く予定です! 産地によって&生産者によって味わいの違う、奥深い日本産紅茶の世界をお楽しみに~!
●日本産紅茶に合うお菓子のペアリングを提案します。

□定員:各8名
□会費:各5,500円(会員) 6,000円(一般) *私の紹介で…と言って申し込みされた方は、会員価格にしてくださるそうです!
紅茶・お菓子のティータイム付き♪

*一週間前よりキャンセル料がかかります。
お申し込み、詳細はこちらです
お申し込みはメールでもオーケーです♪スシーラ・ティーさんへ。college@happy-tealife.com

タータン展で講演させていただきました♪

先週、9月15日(土)、待ちに待った『タータン展 ~スコットランドからの贈りもの~』が、神戸ファッション美術館で、開幕になりました!!
日本初、おそらく世界でも初となる、大規模な展覧会です。単なる模様、ファッションの一つとしてしか見られていなかった”タータン”が、美術館という公の施設で扱われるということ自体が、今までなかったと思います。
私のタータンの本を読んでくださった企画会社の方が、タータンの展覧会をやりたいと思っているのですが…と、ご連絡をくださったのが3年前。タータンが取り上げられるなんて、それだけでうれしかったから、なんでも協力します、がんばります!と即答しました。
あれから3年……
かなりの難関があり、展覧会に慣れていらっしゃる企画会社の方もさすがに青ざめていたこともありました。
しかし、多くの方のご協力と強い思いのおかげで、タータン展が開幕に至ったこと、本当に感慨深く、胸が熱くなりました。私は裏方としてお手伝いさせていただきましたが、何かを作り上げることが大好き(だから本を書いているのですが)であり、携わったことのない大きなイベントでもあり、こんなふうに進行していくんだな~とか、展示品の基準はそうなんだ~~とか、たくさん学ばせていただき、楽しかったです。

開幕の前日14日には、オープニングパーティがあり、報道関係者をお呼びしての式典、そして、神戸松蔭女子学院大学の生徒さんたちのタータンファッションショーも開催されました!若い女の子たちが自分でデザインしたタータンの衣装を発表される姿は会場に華やかさを加えてくれましたよ♪
神戸ファッション美術館の入り口には、その衣装の何点かが展示してあります~。

タータン展って、何が展示してあるんだろう?と思いますよね。タータンの衣装はもちろん、タータンができあがるまで、タータンはどうデザインされるのか、タータンは歴史と大きくかかわっているのでその歴史を知ることのできる絵画や風刺画、日本のタータンの流行の変遷など、さまざまな角度からの展示品があります。へ~~これがタータンなんだ~~と、きっと、興味を持っていただけるはず。素敵なフォトスポット↓も用意されています!!

神戸新聞社さんが主催のため、13日の神戸新聞には、見開きでタータン展のご案内が!!!これはすごすぎる~(≧▽≦)

私は、オープニング初日に記念講演会をさせていただきました(#^^#)
人数が集まらなかったらどうしようと心配していましたが、ほぼ満席状態で、たくさんの方が聞きに来てくださいました。遠くからかけつけてくださった方もいらっしゃいました。お友達が来てくれたことで、私の緊張はだいぶほぐれました、ありがたいことです。

私の講演会は終わってしまいましたが、ギャラリートークワークショップはいろいろございますので、そちらもぜひご参加くださいませ。クリックすると拡大します↓

タータン展は、神戸ファッション美術館を皮切りに、現在のところ、全国5か所での巡回開催が決定しています。神戸ファッション美術館が先頭を切ったのは、何よりもよかったと思います。
神戸はヨーロッパ航路の玄関口として発展し、スコットランドとのゆかりも強い場所。加えて、神戸はファッションの街としても有名です。
そしてそして!神戸には、神戸を象徴するイメージデザインとして、産官学が一体となって推進している「神戸タータン」があります。神戸タータン協議会の方がタータン展に全面的に協力してくださったことも、タータン展の流れを大きくしてくださったと感じます。グッズコーナーには、神戸タータングッズもたくさんありますよ~。鮮やかなブルーがさわやかなタータンです。
今回、タータン展オリジナルのミント・タータンがデザインされました。こちらは淡いミントの色が、やさしく、かわいらしく、女性にはたまらない柄になっていると思います。グッズコーナーも、充実していますよ~。

タータン展の様子は、こちらの公式サイトで見れますので、ぜひフォローしてくださいね。

神戸ファッション美術館のサイトはこちら

タータン展のチラシです♪クリックすると拡大します。

赤毛のアンセミナー10/20@銀座

10月20日(土)に、お友達の主催で、赤毛のアンと舞台になった島の魅力をお話させていただきます。
お申込みをお待ちしています(^^)/ ご興味のある方が周りにいらっしゃったら、お声かけいただけましたら幸いです。

10月20日(土)10:30~12:30
赤毛のアンでめぐるプリンス・エドワード島
誰もが一度は行ってみたいと憧れるプリンスエドワード島。そこは赤毛のアンの舞台であり、赤毛のアンの作者モンゴメリが愛した生まれた故郷です。この島に暮らした経験を持つ私が、物語の魅力とともに、島の人々の話や島の魅力を、写真を交えてお話します。
詳細・申し込みは→https://www.facebook.com/events/456996601454514/

≪旅カルチャー講座第7回≫
【赤毛のアンで辿るプリンスエドワード島】
★日時 2018年10月20日(日)10:30~12:30(10:10受付開始)
★定員:15名
★会場:土屋グループ銀座ショールーム
〒104-0061東京都中央区銀座3丁目8-10 銀座朝日ビル3F
☎0120-406-211/03-5579-9981
★参加費:4,000円(税込)≪紅茶+お菓子≫

※お申込みはメール(tokokitani@yahoo.co.jp)にて、「赤毛のアン講座」申し込みと明記した上、お住所・お名前(フルネーム)・メールアドレスを明記の上、お問い合わせください。メール到着後、申し込み方法をご返送いたします。参加費振込完了で参加決定となります。参加費のお支払いがメール到着後10日以上ない場合は、ご参加されないものとみなします。また、キャンセル料は3日前から発生しますので、ご注意ください。

≪講座内容≫
・島の旅の仕方(行き方、交通手段、物価等)
・島の四季 、島の自然の豊かさ
・赤毛のアン関連の観光施設
・作者モンゴメリゆかりの観光施設
・アンの時代と現代の共通点
・アンの時代背景を知る  等

いよいよ15日からタータン展開幕♪

全国5館をめぐる日本初の大規模な「タータン展」、いよいよ15日土曜日から、神戸ファッション美術館を皮切りに始まります!! 私は明日から神戸ファッション美術館へ~♪

”タータンチェック”は日本での通称。世界的には「タータン」です。
日本をはじめ、世界中で愛されている「タータン」。しかし、その定義や歴史などまではまだまだ知られていません。
本展は「タータンとは何か」に始まり、タータンにまつわる美術作品や資料を通じてその文化的背景をご紹介する、日本初の大規模なタータン展です。

私も関わらせていただいているイベントです。初日15日には、タータンのセミナーをさせていただきます!事前予約が確実です。

★奥田実紀のセミナー「タータンの魅力」 
2018年9月15日(土)14:00~15:30
参加費:無料(タータン展への入場が必要です)
申し込み:メールworkshop@fashionmuseum.or.jp もしくは電話078-858-0050(いずれも神戸ファッション美術館)までお申し込みください。

 

(写真をクリックしていただくとチラシ画像が拡大されます)

タータン展の公式フェイスブックページはこちら。フォローお願いします。 → https://www.facebook.com/pg/tartan.scotland/posts/

タータン展の巡回予定
2018年9月15日~11月11日 神戸ファッション美術館
2018年12月8日~2019年2月17日 三鷹市美術ギャラリー
2019年4月13日~5月26日 岩手県立美術館
2019年9月21日~11月4日 久留米市立美術館
2019年12月14日~2020年3月1日 新潟万代島美術館

和紅茶セミナー10/7・8@西宮市

兵庫県西宮市の紅茶教室「スシーラティー」さんでセミナーをさせていただいています。3回目となる最後のテーマは…

日本産紅茶の魅力
日時:2018年10月7日(日) 19:00~
10月8日(月・祝) 11:00~/ 14:00~ *全3回開催します。ご都合のよい日時をお選びください。

”和紅茶””国産紅茶”などという名称で、最近ブームになっている日本産の紅茶。実は相当な数の紅茶が全国各地で作られています。
『紅茶をめぐる静岡さんぽ』を出版し、日本産紅茶の応援団を自称している私。
日本各地で生産された紅茶を10種類厳選し、テイスティングして頂く予定です!
産地によって&生産者によって味わいの違う、奥深い日本産紅茶の世界をお楽しみください。

□定員:各8名
□会費:各5,500円(会員) 6,000円(一般) *私の紹介で…と言って申し込みされた方は、会員価格にしてくださるそうです!
紅茶・お菓子のティータイム付き♪

お申し込み、詳細はこちら。お待ちしています(#^^#)
http://happy-tealife.com/?p=8582&preview=true
お申し込みはメールでもオーケーです♪スシーラティーさんへ。college@happy-tealife.com
*一週間前よりキャンセル料がかかります。

日本初『タータン展』が開催されます!

ついに!! 届きました(^^)/
日本初の大規模な「タータン展」のチラシ♪

”タータンチェック”は日本での通称。世界的には「タータン」です。
日本をはじめ、世界中で愛されている「タータン」。しかし、その定義や歴史などまではまだまだ知られていません。
本展は「タータンとは何か」に始まり、タータンにまつわる美術作品や資料を通じてその文化的背景をご紹介する、日本初の大規模なタータン展です。
9月15日より、神戸ファッション美術館を皮切りに、全国5館をめぐります。
私も関わらせていただいているイベントです。初日15日には、タータンのセミナーをさせていただきます!

★奥田実紀のセミナー「タータンの魅力」 
2018年9月15日(土)14:00~15:30
参加費:無料(タータン展への入場が必要です)
申し込み:事前予約制です。以下のチラシをクリックして拡大していただくと、申し込み方法が出ております。ご参加をお待ちしています(#^^#)

 

タータン展の公式フェイスブックページはこちら。フォローお願いします。 → https://www.facebook.com/pg/tartan.scotland/posts/

タータン展の巡回予定
2018年9月15日~11月11日 神戸ファッション美術館
2018年12月8日~2019年2月17日 三鷹市美術ギャラリー
2019年4月13日~5月26日 岩手県立美術館
2019年9月21日~11月4日 久留米市立美術館
2019年12月14日~2020年3月1日 新潟万代島美術館

アフタヌーンティー:アリスをテーマに

昨日、シフォンケーキの「ラ・アンジュ」(浜松市南区)さんのサロンをお借りして、二回目となる、「不思議の国のアリスのアフタヌーンティー」を開催させていただきました!
お部屋の中は、細かいところまで、アリス・グッズや、アリスをイメージするインテリアが揃えられました。

今回も赤いバラをテーマにしたお菓子は、かわいい!と、みなさんに大好評です。
私が、イギリス風のイベントをお頼みすることが多いので、アンジュさん、自分で作ってみる!!と、スコーンをとうとう自分で作られましたよ。高級なカルピスバターを使い、外はサクサク、中はしっとりの、納得のいくスコーンを時間をかけて仕上げられました。そのまま食べてもおいしいです(#^^#)

5月に催行された「英国ファンタジーツアー」で、アリスの作者ルイス・キャロルゆかりの地・オックスフォードを訪ねたお話や、キャロル手描きの挿画が入ったアリス、小さな子ども向けに短くしたアリスのことなど、かなり深いところまでお話をさせていただきました。
若い子たちはアリスというと、ディズニーアニメを思い浮かべますが、アリスの原作はイギリスのルイス・キャロルが書いたお話で、ディズニーではありません~。ジョニー・デップが帽子屋を演じたあの映画も、原作とはまったく関係ありません~。アリスをテーマにしたレストランや雑貨屋さん、アリスの原作、読んでくれているのかなあ、読んでほしいなあ。
などなど、あれこれ、話は盛り上がりました。
8月27日にも、3回目を開催しますが、すでに満席です。数名でも集まっていただければご都合に合わせて開催いたしますので、ご希望をお寄せくださいね。

英国フェア、好評開催中♪

以前よりお知らせさせていただいていました、浜松の遠鉄百貨店8階にて「英国フェア」、昨日から始まりました!
私は昨日、2回、タータントークイベントをさせていただきました。
平日ではありましたが、この暑い中、足を運んでいただき、お話を聞いていただいたこと、本をご購入いただいたこと、
本当にうれしく、感謝の気持ちでいっぱいです。
お越しくださったみなさま、ありがとうございます!!!

英国フェアは、月曜日(8月6日)まで開催しておりますので、ぜひ、お立ち寄りいただけましたら幸いです。(月曜日は5時で閉場)
私は自分の書籍のブースにいないこともありますが(;’∀’) 書籍は期間中ずっと、販売していますので、お買い求めいただけます。
また、土・日・月と、会場にいると思いますので、お声をかけていただければサインもいたします(#^^#)

日本ではなかなか手に入らない英国の料理やお菓子、雑貨、銀製品、アンティークなど、いろいろ揃っていますので、
見ているだけでも楽しいですよ~(^^♪ 特に、日本では一社しか作っていない、クロテッドクリーム! もとは英国の特産品。
温めたスコーンにクロテッドクリームとベリー系ジャムをつけて、紅茶と一緒に食べるのが英国では普通のティータイム。ぜひご自宅でも味わってみてください。

土曜日(4日)と日曜日(5日)の、11:00~、13:00~、15:00~ は、バグパイプの演奏があります。迫力のある演奏をお楽しみください。

スコットランド開発庁からの、開催お礼のメッセージ!2019年に開催されるラグビーワールドカップの、スコットランド代表チーム公式キャンプ地の一つになったことも、これからの浜松とのつながりを物語っていますね!会場にはチームのユニフォームも展示されていますよ!

↑実は、浜松とスコットランドの結びつきははるか昔にもあったんですよ!!!これは浜松市民にも知られていませんが…!!1875年の8月10日、英国船籍の「ペイトン号」が遠州灘で難破し、それを浜松市民が助けたんです!!
難破船を救助したという心温まる話は、トルコの「エルトゥールル号」が有名ですが、これは1890年の出来事。そのずっと前に、浜松市民が難破船を助けていたのですね。難破船はスコットランドでつくられた船で、船長もスコットランド人だったとか。私も知らなかったこの事実は、もっと多くの方に知ってほしいですね。会場で、パネル展示してありますので、ぜひこちらもご覧になってください。

同じ会場で、婦人ファッションのバーゲンもやっていまして……ついつい、そちらものぞいて(笑) 欲しいものを見つけちゃったりしています。
外は暑いですが、中は涼しい~~ので、ゆっくりしていってくださいね。

英国フェアのチラシはこちら。https://www.endepa.com/e100/file1/299-1359252.pdf

そうそう、昨日発売したばかりの私の新刊も見てくださいね!