吉田博展@静岡市

前回に続き、静岡市の美術館巡りです。
午後は、静岡市美術館へ行きました。いつもように、駅から徒歩10分くらいのところの駐車場に車を停めます。
梅雨が明けて猛暑が続く静岡。この日も暑くて、歩いて10分の距離もつらいです((+_+))

目的の展覧会は没後70年 吉田博展』。

テレビCMを見るまで、恥ずかしいことに、吉田博のことは知りませんでした。
CMではダイアナ元妃も愛した(ダイアナの執務室の壁に吉田の絵が飾ってあった)・・・と宣伝していましたが、私が惹かれたのはその版画の美しさ。私は銅版画や木版画といった、版画が好きなんです。

吉田博(1876~1950年)の人生を知って驚いたのは、その心意気
当時人気のあった黒田清輝ひきいる白馬会にまっこうから挑み、自分の求める絵を追求。
黒田らが目指したフランスではなく、アメリカで名を馳せる!と、1899年にアメリカへ渡ります。友人と二人で描きためた自分たちの絵を持っていき、販売して渡米資金をまかなったのだとか。二人の絵は大評判になりました。ロンドンやパリなどヨーロッパ各地をめぐり1901年に帰国。
2年間の海外生活は吉田にとってかけがえのない経験だったことでしょう。このチャレンジ精神、あっぱれです!こういう行動力のある人、好きです。

版画を始めたのは、40歳を過ぎてからだとか。登山家だった吉田は、描く風景もさすが登山家、という視点で描かれています。
登山だけでなく、世界各地を自分で旅して、その風景を版画にしています。旅行のスケッチブックも展示されていましたが、やっぱり巨匠のスケッチって、もうそれ自体が作品だなと思いました。

版画は、一人ではできなくて、原画を版に彫る彫師、それに色をつけて紙に摺る摺師がいて、吉田はその人たちと一緒に作業したそうです。注文も多くて、大変な作業だったらしいですが。
通常の摺り色数の、3倍以上の摺りを重ねて仕上がる絵は、版画とは思えない深い色彩と情緒を醸し出してます。

吉田の版画は日本では有名ではありませんが、海外では当時からとても人気だったそうで、ダイアナ元妃、フロイトも購入したとか。

一つの版木を、摺色を替えることで、朝、昼、夜と、刻々と変化する光や空気を表現したシリーズ作も見事でした。並べて飾ってあると、その変遷がより伝わってきて、ずっと見入ってしまいます。

日本も、海外も知っている吉田は、世界に通用するオリジナルの絵を目指しました。西洋かぶれではなく、日本人の自分が描く自分にしかできない絵。
吉田の版画は、古い浮世絵(吉田はいつまでも浮世絵に固執していてはいけないと思っていたそう)の技法に、新しい、近代的な美意識を追求していきついた独特の木版画なんですね。

おだやかにほほ笑む吉田の写真からは想像できない情熱と誇り、妥協しない努力を感じ、私の心も熱くなりました。すばらしい画家と出会えて感謝です。

古代エジプト展@静岡市

先日、静岡市の美術館へ行ってきました。
同じ静岡県でも、浜松から静岡までって、遠いんですよね。
今回は高速を使わず、国道をひたすら走っていったのですが、1時間半はかかります。行きは朝のラッシュも重なって2時間。疲れる・・・((+_+))

久しぶりの静岡県立美術館
目的は『古代エジプト展 天地創造の神話』。
エジプト展は今までも何回も行っていますが、何回行っても感動します。

美術館は9時からだと思って、9時に着くように行ったのに、あれ?!
開いてない!!!

よくよく見たら、開館10時と書いてありました・・・・(;゚Д゚)

あと1時間どうしよう???
と思いましたが、美術館の隣りには、県立図書館があるのです。
よ、よかったよぉ~~~(^▽^;)

図書館に入ったら、エジプト展関連の資料がずら~っと並んでいました!!!
嬉しい!!
ここで、古代エジプトの知識を少しいただいてから、いざ、エジプト展へ!!!

今回の美術展のテーマは、古代エジプトの天地創造と終焉の物語。
古代エジプトの人々の宗教、信仰と死生観を、遺跡や発掘品を通して知ることができます。
展示品は、ドイツのベルリンにある「ベルリン国立博物館群エジプト博物館」のコレクションから、約130点。

ベルリンにエジプト関連のものがたくさんあるとは知りませんでした。

しかも、日本初公開の品がたくさん!

しかも!!撮影オーケー!!(フラッシュ不可)これはうれしいですよね。
特に気に入ったものをいくつも、写真に収めてきました。

会場の床に、こんなふうに模様が浮かび上がっているのも素敵です。

私は日本の古墳時代を調べているのですが、日本の古墳時代って、だいたい3世紀~7世紀なんですよ。
古代エジプトって、紀元前3000年頃~紀元前30年頃。
キリストが誕生するはるか、はるか前。
いや~どんだけ古い時代なんだ、って感じです。そんな昔なのに、これだけのしばらしい文明を築いていたんですよね~~。

ちなみに、古代ローマ時代は、紀元前750年頃~紀元前550年頃。

紀元前ですよ! 想像もできない古い時代がどんなだったのかが、うかがい知ることができるなんて、本当に感動します。

静岡県立美術館は、このエジプト展が終わったら、来年まで設備改修のため休館だそうです。生まれ変わるのが楽しみですね。

午後は、静岡市美術館へ行きました。それについては次回。

 

等身大のパディントン・ベア

お仕事の都合でずっとお休みされている「Brocante672」さん。

先日、久しぶりに浜松に帰ってこられたとご連絡をいただき、積もり積もったおしゃべりに花を咲かせてきました(^^♪

ご連絡をくださったのは、Brocanteさんが購入されたパディントン・ベアを、見せてほしいと以前からお願いしていたから。

これがその巨大パディントン。
映画『パディントン2』の公開を記念して、シュタイフ社がつくったもの。
限定350体。
その一体が、目の前に!!!(*^^)v はくりょく~~~(*’ω’*)

映画のパディントンをもとにしているので、表情もリアルですね。
怖い感じがするけど、角度によってはかわいい。

足元のトランクの中には、おもちゃの、マーマレードサンドイッチと、マーマレードの瓶が入っています。

トランクの上に置かれている別のパディントンのぬいぐるみと比べていただけると、どれほど大きいかがわかると思います。
パディントンの身長は約107cm。このぬいぐるみは等身大です。

トランクの上のパディントンは、オーナーの娘さんたちからのお誕生日プレセントだそうです。
すっご~く、かわいいです!! メリーソート社のパディントン。

 

以前お邪魔してお茶した、「鎌倉アンティークス」さんも、こちらのパディントンを持っておられて、YouTubeで紹介しているので観てみてくださいね。

同じく鎌倉アンティークスさんが、他のパディントンを紹介している動画がこちら。
1981年、英国ガブリエル デザインズ社(Gabrielle Designs)が、世界で初めて、パディントンのぬいぐるみをつくったのですが、それについてお話されています。

Brocante672さんは、オーナーさんがくまさん大好きで、お部屋じゅう、たくさんのくまさんたちでいっぱい!!

くま好きにはたまらないお店なんですよ(≧▽≦)

4年前、こちらのお店でお茶会をさせていただきました
また機会があったら、パディントンのお茶会をしたいね、と盛り上がりました!
いつになるかわかりませんが(^^;
日程が決まりましたらSNSでお知らせさせていただきますね。
巨大パディントンがじかに見られるのは、浜松ではおそらくここだけだと思いますので♪ 楽しみにしていてください!

 

誕生日に寄せて

今日は私の誕生日で、SNSを通じてたくさんのお祝いメッセージをいただきました。
お心を寄せていただきまして、ありがとうございます<(_ _)>

何歳になったのか、自分の年齢をあらためて見つめてみると、え!!!と、びっくりしますね(^▽^;)
のほほんと生きていたら、このまま何もせず終わってしまいそうで、焦ってしまいます。

自分がやることはわかっているのですが、なかなかうまく進まない・・・
でも、この状況を変えるのは自分しかいない。
なんとしてでもはいあがらないとです。

誕生日ケーキは、最近、私のセミナーでオーダースイーツをお願いしているボナペティさんにお願いしました(*^^)v

5月に行なった「不思議の国のアリス」のお茶会で作っていただいた、サマープディングが感動的においしかったので、それをホールでお願いしました!!

かわいいぃ~~~~(≧▽≦)
食べるのがもったいないです。

お気に入りの、すてきなもので生活を満たすのは大事ですね。
さて、これからまた一年、がんばっていきます!!
引き続きのご愛顧をお願いします!!

ネットで読む電子書籍も出しています♪詳細は↓

★★私の創作物語【小説投稿サイト 小説家になろう】にアップしています。
無料ですので、お時間のある時に、読んでいただけましたら幸いです。読むだけでしたら、会員登録もいりません(ブックマークに登録する場合は会員登録が必要)

★★「念いのかけら」→ https://ncode.syosetu.com/n7968gc/
『赤毛のアン』へのオマージュで書いた小説です。これがネット小説第一号でしたが、サイトが閉鎖されてしまいましたので、新しく、大幅に加筆して再公開しました。赤毛のアンの舞台になったプリンス・エドワード島に住んでいた私の実体験をもとに、一人の少女の成長物語を描きました。

★★「おれは女子高生」→ https://ncode.syosetu.com/n8540gc/
私自身の、女子高校時代を懐かしんで書きました。ラノベ、ラブコメといえなくもない…(笑)だんだん女子高、男子高がなくなっていくのが寂しいです。

★★「勝軍地蔵 お頼み申す」→ https://ncode.syosetu.com/n5652gg/
中学生の女の子が、突然現れた勝軍地蔵様からお願いされたこととは…??

浜松の施設図書館

先日、浜松の「じゃじゃの私設図書館」さんでの映画上映会に行ってきました♪

オープンされたのを知ってから、ずっと行きたいと思っていたのですが、金・土・日しかあいていないということもあって、なかなか行けずにいました。

ブックカフェのような感じ? カフェ利用だけでもいいし、おしゃべりしてもいいし、借りたい本は会員になれば無料で借りられる。
そして、本の寄贈も受けてくれます。10冊寄贈するとコーヒーをいただくことができるそうです!

私は本を書く仕事をしているので、本屋さん、図書館、ブックカフェ、といった空間が大好きです。
私の本を置いてくれていたらもっとうれしいので、今度、寄贈したいと思っています。

で、じゃじゃさんのインスタで、映画上映会を知り、これは!と、すぐに申し込みました(#^^#)
というのも、上映映画が台湾の映画だったから。
台北カフェ・ストーリー』(2010年公開)

姉がOLをやめ、夢だった「ドゥアル・カフェ」をオープンし、それを手伝う妹。
でもなかなかお客が来ないので、妹が物々交換を始めるアイデアを思いつき、宣伝します。
さまざまな物が持ち込まれては次のオーナーの手に渡り、やがて物々交換がドゥアル・カフェの売りになります。
そして、物々交換をきっかけに出会った人たちが心を通わせる場所になっていく・・・

なんと!物々交換とは!!おもしろい~(^^♪
交換できるかどうかは、妹の裁量次第。「あなたにとっては思い出のギターでも、私にとってはただのギター」などと、とってもクールな妹。

物々交換は、人間の交易の原点。
何をどれと交換するか、交換する価値があるのか。そのモノの価値は何によって決まるのか。

この映画に日本人が出てきます。おばあちゃんが教えてくれた歌が載っている教科書(?)が欲しいという日本人男性。
自分の歌と交換してくれ、と。妹はだめ、といいます。2曲でもだめ? だめ。ところが、姉が、いいじゃない、私、聞きたい!と言って歌い出すのが「ふるさと」。

この映画の英語のタイトルは「Taipei Exchange」。
日本語のタイトル「台北カフェ・ストーリー」はすてきなのですが、映画の核となる物々交換がわからないので、もうちょっと工夫してもよかったかも。

台北の町並み、食べている日常生活の料理、足裏マッサージ、台湾シャンプー・・・・
ああ~~~台湾行きた~~い!!!とうずうずしてしまいました。

台湾好きはおいておいても、なかなか面白い映画でした。
姉役の女優さん、木村文乃さんにそっくり。

ドリンクと&スイーツ付き。スイーツは黒糖のチーズケーキ。これがとんでもなく美味しかった(≧▽≦)

上映後に、参加した人たちで映画の感想を言い合う時間があり、そういうのは今までやったことがなかったので緊張した(;’∀’)

素敵な図書館なので、さっそく、会員になって本を借りてきました。
これからも利用させていただこうと思います!!!

 

浜松周辺のスコーン その2

前回に続きスコーン探索、浜松周辺の続きです。

こちらは菊川市にある「カフェ&ダイニング ココペリ」さんのスコーン。
スコーンの販売は土日のみ。売り切れると嫌なのでインスタグラムから予約して行きました。


(ちょっと写真を加工してみた(^-^;)

そして↓ こちらは、浜松市に5月にオープンしたばかりの「ベイクショップ スコット」さんのスコーン。
スコーン仲間(スコーン好きのお友だち)から教えてもらったお店です。
店名は、スコットランドの”スコット”かな??それだったら、スコットランド好きの私としては嬉しいなー。

スコットさんは日曜のみの営業。とても人気があり、お昼過ぎには売り切れてしまうそうです。
たまたま、インスタを見ていたら、売れ残っている感じだったので、メッセージを送ったら、取り置きしてくれるとのこと!!!ラッキー(#^^#)

何種類かありましたが、やっぱりまずはプレーン。
個人的には、やっぱり、イギリスで食べた、丸い、オオカミの口のあるスコーンが好きです。

まずそのまま食べてみて、スコーン自体の味を見て、何かつけたいなと思ったら、メープルシロップをつけるくらい。
ごくごくたまーに、生クリームがある時は生クリームをつけることも。

イギリスではクロテッドクリームとジャム(イチゴやラズベリー)をつけて食べますが、でも、みんながみんな、そうではありません。
バターだけつける方も多いんですよ。
生クリームや、サワークリームや・・・・

自分の好きな食べ方、おいしいと思う食べ方がいちばんです。

浜松周辺のスコーン その1

スコーンが大好きなので、売っているお店があると聞くと買いにいきます。
以前も、浜松周辺のスコーンを紹介させていただきました。

その後もスコーン探索は続いています(^^ゞ

ガーデンカフェ ハックベリー」さんには、自家製スコーン&ジャムBOXがあります。

味の違う5種類のスコーンとジャムのセット。お皿に並べてみました♪

そしてこちらは ↓ 人気の「カジュアルフレンチレストラン ポーズカフェ」さんのスコーン。
ランチには何度か行っていますが、スコーンがあるとは知りませんでした。
レジの前に並んでいたのに、気づかなかった!!(笑)

数種類の味がありましたが、私はプレーンと抹茶を。
お皿に並べてサンドイッチも乗せてみた!ちょっとリッチ♪♪

そして、「シャトレーゼ」さんにもスコーンがありました。
写真はキャラメル・スコーン。

一口にスコーンといっても作り手によって全然表情が違うんですよね。
いろいろ食べる中で、自分の好みもわかってくるので楽しいです。

(つづく)

がちゃがちゃ(おもちゃ)

こまこまとした、小さな雑貨が大好きです。
断捨離中なので、だいぶ処分しましたが、どうしても処分できないものはたくさん(;^ω^)

大人になっても、かわいいものはやっぱり、かわいいし、買ってしまうこともたびたび(笑)

そんなふうに、つい、買ってしまうのが、がちゃがちゃ
がらがらポン、をするのが楽しいという方もいらっいますが、私は単純に、中に入っているものが欲しいからやるのです(^▽^;)
正式な名前は「カプセルトイ」というんだそうですが。

つい先日、がちゃってしまった「シマエナガさん」。
ただの飾りものじゃなくて、コードカバーって書いてありました。
シマエナガ、大好きなんです。かわいい!!!
インスタグラムも、シマエナガを撮っている方をばんばんフォローしてます(^^ゞ

がちゃって、自分が欲しいものが一回で出てくるかはわからないじゃないですか。だからといって、欲しいものが出てくるまでやり続けるほどのお金はもったいない。

なので、私は一回しかやらないと決めている(笑)
どれが出てもいいな、って思うのだけ、やります。
このシマエナガさんも、欲しかったのは別のデザインでしたが、これはこれでかわいいので、1回で終わり。

大型ショッピングモールで、撤退してしまったお店のところに、誰も入らないからか、がちゃフロアになっていたんです。
ずら~っと、がちゃマシーンが並んでいるさまは圧巻ですね。
欲しいものがあるかな~って、眺めて回るのも楽しい。こういう時間はまったく無駄だと思わない私(笑)

家の中にあるがちゃを探してみました。

右側上下2つは、イギリスの製粉メーカー「Homepride」のマスコットキャラクター「フレッド君」。
私、この子が大好きで、地道にコレクションを増やしている・・・(^^;
そのコレクションについてはまた今度!

特に気に入っていて、絶対に手放さないと決めているのが、

アニメ「パンダコパンダ」のお父さんがちゃ。
長くつ下のピッピのように、一人暮らしのミミ子。そこにやってきたパパパンダと子パンがやってきて、一緒に暮らし始めます。
このアニメは40年ほど前に作られたもので、私は小さい頃に観ましたが、すぐに夢中になり、今に至る(笑)
ピッピのアニメ化がとん挫したことで、オリジナルで作られた、とのことですが、頓挫したおかげで、日本版ピッピができたんですね。

今もグッズが出ているので、安定的に人気があるアニメなんだと思います。

そして、私が初めて(?)何回もがちゃったのがこちら。

赤毛のアン」のアニメ版のがちゃです。
私は赤毛のアン関連の本を何冊も出させていただいておりますので・・・
講座の時にみなさんに喜んでもらえるかも、と思って4回ほどやりました。
珍しいと言われる透明アンも出てきたのですが、それはお友だちに差し上げました。

赤毛のアンの講座は、ご依頼をいただければ静岡県外でも、今まで出張して何度もさせていただいてきました。
コロナ禍で県外へ行く機会もなくなってしまいましたが、収まった頃にはまた行きたいなと思っています。
早く、コロナが収まりますように。

 

 

宮城のずんだ餅!

コロナ禍で、楽しみはやっぱり食べることですよねぇ(笑)

以前の日記で、セブン-イレブンのずんだ団子について書きました

実は、浜松には、この浜松には!
本場のずんだ餅を売っているお店があるんです!!
もずっこ」さん
もずっこ、というのは、宮城弁でお餅のこと。

ご主人が宮城県出身とのことで、お米も宮城から取り寄せているとか。
だからでしょうか、申し訳ないですがお餅専門店のものよりも、お餅自体もおいしく、
ずんだたるや、何個でも食べられてしまうほど。
甘ったるくなく、枝豆のおいしさをつぶしていないし、つぶつぶ感もちゃんと残っています。

もずっこさん、金・土・日しか営業しておらず、
場所が、私が通り慣れていない道にあるため、長くご無沙汰していましたが、
先日、やっと行くことができ、念願のずんだ餅を買ってきました!

この色~!!着色料は使っていませんよ、もちろん。

他に私のお気に入りは胡麻とくるみで、それも買ってきました。

あ~~~~やっぱり、ここのは別格においしい~~~(≧▽≦)
わざわざ買いに行く価値ありなんですよねー。

餡だけも売っているとのことで、ずんだ餡も買ってきて・・・
そのまま食べてもいいのですが、冷凍してあった米粉パンにつけて食べてみたら・・・
これがまたおいしい~~~。

米粉パンは、以前も日記でご紹介したゴルマールさんの100%米粉パン
小麦アレルギーのある方や、グルテンフリー(私もできるだけそれを目指しています)を心がけている方にはぴったりのパン。

100%米粉なので、見かけはパンですが、食べるとお餅!!でもパンの食感もあって、不思議なんです。
プレーン派の私は、そのまま食べることも。海苔も相性いいです。

普通の大きさのパンしかないと思っていたら、お友だちから小さいサイズの米粉パンをいただきました。
歳を取ってくるとそんなに食べなくなるので(^^; この小さいパンがものすごい手軽で食べやすくて!!
気に入ってしまいました。(写真ではどのくらい小さいのかわかりづらいですね(-_-;))

昔、カナダのプリンス・エドワード島に住んでいた時、スーパーに売っていたのは小さいサイズの食パンでした。
イギリスでも、朝食に出てくる食パンは小さくて、それを半分に切ってトーストして出してくれます。

サンドイッチ用らしいのですが、この小さいサイズの食パンが、私にはとっても使い勝手がよくて。
どうして日本にはないのかな~って、ずっと思っていました。(でもないから諦めた)
お友だちがくれたこのちいさい食パンがすごくうれしくて、これから自分でも買ってみようと思いました!

お寺の中でごりやくランチ

昨日の日記のつづきです。

お茶団子をありがたくゲットし、予約していた「ごりやくカフェランチ」へ。

「ごりやくカフェランチ」は、法多山尊永寺内、普段非公開の「一乗庵」で
土・日・月とご縁日にだけ開かれています。

静かな日本庭園を通って・・・向こうの建物が会場です。

和室ですが、椅子とテーブル席が並んでいて、ほっとしました(正座が苦手な私・・)。

コロナ対策で窓は開けてあり、窓からは庭園が眺められ、気持ちが落ち着きます。

ランチは1日20食限定だそうです。
旬の食材と地元の食材を使い、農薬や添加物はできるだけ使わないように心がけているとのこと。

家庭料理のような、やさしい味わいでおいしかったです。
法多山の名前が入った割りばし。持って帰ろうと思ったけど、家にたくさん割りばしがあるのでやめておきました(;^_^A

ランチのあとは人もまばらになり、カサのアート展示のところも写真が撮りやすくなりました。

本殿へ向かう通路は、風鈴の通路になっていました♪

梅雨はまだ明けませんが、もうすぐ夏ですね!
すでに気温は夏みたいに高いので、風鈴の音色が気持ちだけでもさわやかにしてくれました。