浜松のブックカフェへ②

昨日の日記に書いた、浜松のブックカフェ『じゃじゃの私設図書館』さん探訪。

地元本コーナーの隣りに、読んでみたかった本を発見し、借りてきました。
本よりも先に、この本からインスピレーションを得たというお菓子を知ったんですが・・・・(;^_^A

月まで三キロ』伊予原新著(新潮社)

こちらの本、第38回新田次郎文学賞を受賞されています。記念対談もおもしろいのでご興味のある方は読んでみてください。

それにしても、私、久しぶりに短編小説を読みましたー(^^;
伊予原さんは理系の大学を出ておられるそうで、物語の中にも理系ということがわかる描写が散りばめられています。

月に一番近い場所・・・・として、タクシー運転手が主人公を連れて行くのが、浜松市に実在する「月」という地名の場所なんですよ。

はい、私が住む浜松にある「」。
で、上の写真の右にうつっているのが、短編「月まで三キロ」からインスピレーションを受けて作られたお菓子「Tsuki(月)」。
地元の三ケ日みかんを使ったチーズケーキです。浜松のヤタローさん(治一郎のバウムクーヘンやRUSCOというラスクで有名)が作っています。

月のようにまんまるのお菓子が中に入っています。小説のパンフレットも。

パッケージもおしゃれでお値段もそれなりなので、買ったことがなかったのですが、本を読んだあと、買いに走りました( ̄▽ ̄;)

焼菓子は、温めてから食べることにしています。三ケ日みかんは強くなく、普通においしいチーズケーキでした♪

この短編小説は、胸がきゅんと、泣けてくる内容でしたが、でも、みんな、がんばって生きていくしかないんですよね。

他の短編も、すごくよかったです。もやもやして結果がはっきり出ないまま終わるのも、最初は、え???って思いましたが、それはそれでいいのかな、と。

本とお菓子のコラボ、いいですね。直接このお菓子が小説に出てくるわけではないところも想像の余地があって。

で、次に読んでいるのが、これまた読みたかった『ハリー・ポッターと呪いの子』静山社
舞台の脚本が本になっているので、慣れてくるまではかなり読みづらい・・・

そういえば、『ファンタスティックビースト』の続編はどうなったのだろう?
と思ってぐぐったら、来年の4月に公開されるようですね!!!楽しみ♪

今、テレビで、ハリー・ポッターの映画が放映されていて、ついつい観てしまう。
もう20年も経ったんですねぇ・・・私も歳を取るはずだ(笑)

何を借りるあてもなく、ふらっと立ち寄って、本棚を見て、借りたい本を借りるというまったりスタイルもいいものですね。
私はいつも、リサーチするテーマの本ばかり借りているので・・・

じゃじゃの私設図書館さん、おすすめですよ~。浜松ではない方は、お近くに私設図書館が実はあったりするかもです。調べてみてね!

じゃじゃの私設図書館さんの駐車場は、道路向かい側(北側)の空き地、東側5台です。
入野のイオンを目印に来てください。入野のイオンからですと、ホワイトストリートを北へ。信号2つ目、床屋さんのところを西へ曲がります。駐車場は、曲がってすぐ(ほんの数メートル)右側へ入る細い道路を入って、左側の空き地です。

金・土・日のみ営業です、ご注意を♪(本の返却はポストに可)

 

浜松のブックカフェへ①

以前もご紹介させていただきましたが、浜松には私設図書館ができまして、最近はそこでずっと本を借りています。

じゃじゃの私設図書館』さん。固いイメージを持たれるかもしれませんが、ブックカフェといえばわかりやすいでしょうか。

お客様から寄贈された本を無料で貸し出し。公共図書館だと2週間ですが、こちらは1か月借りられます。会員登録はもちろん無料。
借りなくて、カフェ利用だけでもオーケー。

10冊以上の本や雑誌を寄贈すると、飲み物を無料で出してくださいます。
私も家の中の本を整理し、何度か寄贈させていただきました。

私はコーヒーが苦手なので、健康茶をいただきます。この日はスイーツを頼みました。アップルパイ、とてもおいしかった。

私自身の本も、寄贈させていただいています(●^o^●)
全冊一気には無理なので、少しずつですが・・・。
オーナーさんが、地元本コーナーを作ってくださいました!

私の本、じゃじゃさんで読めますので(貸し出してなければお借りいただくこともできます~)、ぜひ読んでいただけますように・・・。

本の感想をふせんに書いて貼ることができます。

上の写真は、9月に発刊された拙書『すてきなタータンチェック』(福音館書店)の感想!!!!
小学生向けにわかりやすく書いた本なのですが、小学生の女の子が書いてくださったんだそうです(≧▽≦)

お返事を書いてあげてください、とオーナーさんにうながされ、お返事書かせていただきました。
今度行ったら、感想ふせん、増えているかしら。

ツイッターをやっておられる方、ぜひ、たくさんのふしぎ編集部のこちらのページを「いいね」「リツイート」お願いします!!!!
恥ずかしながら私の顔写真が載っています(笑)(笑)

(つづく)

ハローキティ新幹線♪

久しぶりのアップです。なんだかんだと時間がなくて、アップしたいものはたくさんあるのに書けていません・・・・

先日、山口県の岩国市まで行ってきました。それについては後日またアップします(またかぃ!!)。
その際、広島駅で偶然出会った、ハローキティ新幹線!!!!
こんな新幹線があったんですね(≧▽≦)

ピンク色で、かわいい~~~(●^o^●)

このホームまで行って写真を撮りたかったのですが、自分が乗る新幹線の時刻が迫っていて・・・。乗り遅れたら困るので断念( ;∀;)

HPを見ると、内装もキティちゃんみたい。
上の写真はキティちゃんがフランスパンを持っていて、兵庫、と書かれています。これはJR西日本の9つの県それぞれのキティちゃんデザインがある中の一つだそうです。

大阪はたこ焼き、鳥取はりんご、島根はシジミ・・・という感じ。
ううむ・・・ホームに行って全車両撮れなかったのが悔やまれる・・・
来年2022年の2月まで走っているそうで、普通乗車券で乗れるんですって!!!!
乗りたいなあ~~~~乗る機会あるかなあ・・・・
オリジナルグッズも販売されているようで、それも興味ある・・・

というのも私は小~中学校、サンリオで育ったんです。
お気に入りはパティ&ジミーでしたが、キティちゃんのグッズもけっこう持っていました。
で、デアゴスティーニから、ハローキティ・なつかしのアイテムコレクショが出ると知って・・・・

買ってしまったのですよ(^▽^;) もう、懐かしくて、懐かしくて・・・

このパース、発売された当時に、買ってもらって、使っていたのです。なので余計に、懐かしさに涙がうるうると・・・

そして、2号、3号も・・・・(*’ω’*)

だってね、1970年代のものなんですもん。これ、リアルに使ってました。
私が使っていたのは1980年代まで。
なので、そのあとのキティちゃんグッズは、かわいいけど、いらないんです。そういうわけで、定期購読を解約。ごめんなさい<(_ _)>
それに、断捨離しているのにまた買って増やすのも・・・ね。

私は物持ちがよくて、大人になっても古いサンリオグッズがたくさん残っていたのですが、実家を出てしまってからは、片づけ魔の両親にほぼ捨てられてしまいました・・・・”(-“”-)”
「いちご新聞」も「リリカ」も・・・・!!なんで断りなく捨てるんじゃい!!!と怒ったけど後の祭り・・・・(;O;)

ただ、紙モノは自分で持っていて使っていたので少し残ってました。それが、上の写真。
便せんや、シール、そしてエチケットブラシ(これは今も大事に使ってます)。

え、これもサンリオなの? って思った方、いらっしゃるのでは。知らないキャラクターもたくさんあるんですよねー。
みなさんのお好きなキャラクターはなんですか?

 

アリスのお茶会@名古屋

11月21日に、名古屋の栄中日文化センターさんで、和紅茶のテイスティングセミナーをさせていただきました♪
名古屋は比較的近いものの、なかなかお誘いいただくことかなわず、カルチャーさんでセミナーをさせていただくのは実は初めてです。
たくさんのお申込みをいただき、満席での開催となり、心より感謝申し上げます<(_ _)>
テイスティングのあと、2種類の和紅茶をティーカップで、お菓子と一緒に召しあがっていただいたこともあり、写真を撮る時間がありませんでした・・・Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)
でも参加者のみなさまに楽しんでいただけたのが一番です。
次回は・・・・
12月19日(日)、不思議の国のアリス』のお話をさせていただきます。
実在したアリスのために書かれたお話。
書いたのはオックスフォード大学の数学教師でした。
ディズニーが原作ではないんですよ。
舞台になったオックスフォードの町もご紹介します。
お申込みはお早めに、よろしくお願いいたします<(_ _)>
詳細・お申込みはこちら
アリスといえば・・・・
セリアで、ジョン・テニエル画のアリスの紙モノ(折り紙、レターセットなど)が売っていますね!!!!
いっぱい持っているけど、見つけるとやっぱり買ってしまいます(;^_^A
ほかにも、はにわの手拭い(私、はにわや古墳好きなんです)や、アフタヌーンティーが描かれたレターセットなどなど・・・
セリアはかわいいものがたくさんあるので、100円ショップの中でもお気に入りで、よく行きます。
キャラクターグッズもいろいろあるんですよね。以前はサンリオのキャラクターが描かれたレターセット(また紙モノ!!(笑))を買ってしまいました。
ブランド品など買わないから、こういうささやかなお買い物で十分楽しい。
たくさん買ったのでお友だちにもあげようと思います♪♪

お家で楽しむアフタヌーンティー

先月、東京の銀座で和紅茶セミナーをさせていただいた後、日暮里へ向かいました。
どうしても行きたかった、紅茶専門店Cha Tea
お世話になっているCha Tea紅茶教室さんがオープンされた、建坪は4・5坪の小さなお店です。

奥に長い、角に建つ白い外観。まるで英国の街角に来たよう・・・。

営業時間は終わっていたのですが、事前にお願いして開けていただきました。ありがとうございます(;O;)

入ってすぐに、紅茶と英国菓子が並ぶ棚。狭いんですよ、と聞いていましたが、そんなに圧迫感がないのは、奥に広がりがあるからでしょう。

通常は二階には入れませんが、特別に見せていただきましたよ(≧▽≦)

壁紙がかわいい~~~。鏡で広く見せる技もさすが。シャンデリアのようなライトも素敵です!!

久しぶりにお会いしたので・・・と、英国菓子と紅茶を出してくださいました。おおお~~~おいしい~~~~(●^o^●)
このあと私は仙台の母に会うため仙台へ向かったためあまり時間がなかったですが、いろいろお話をさせていただきました。
コロナ禍で苦しくても、みんながんばっている、私もがんばらなくちゃ!!と、襟を正しました。

夜のライトアップしたお店も趣があり、まさに英国~~~(*’ω’*)

お店の外観をオリジナルの缶にされています。これがかわいらしくて、英国菓子と一緒に購入♪♪

自宅に戻ってから、いただいたベルガモットを紅茶に浮かべて、アールグレイを楽しみました。
ベルガモットのかぐわしい香りを存分に堪能~~なんて優雅な時間(≧▽≦)

そして!!!うれしいニュースが(●^o^●)
Cha Teaさんの新刊が発売になりました!!!!!

 

お家で楽しむアフタヌーンティー ときめきの英国紅茶時間』(河出書房新社)

 

こちらは、Cha Teaさんの卒業生で「おもてなしサロンTEA MIE」を主宰する坂井みさきさんとの共著。
ミンミン先生の相性で親しまれている、とっても明るくて、キュートできさくな方。私も何度かお目にかかったことがあり、ミンミン先生の魅力のとりこになった一人です。

英国のさまざまな紅茶シーンを解説しながら、ミンミン先生流のおうちティータイムの過ごし方、大切な人のおもてなしの極意などが、載っています♪
写真もどれも美しくて、見ているだけでため息が出ます。
英国好き、紅茶好きにはたまらない一冊です!

明日14日には、私が和紅茶をテーマにさせていただいたお茶旅講座で、ミンミン先生のアフタヌーンティーセミナーが開催されますよ。
私は見逃し配信で申し込みしました~。
ご興味のある方、いかがでしょうか。詳細はこちら

今度はゆっくり、Cha Teaさんのお店に行きたいです。月に数回開催しているアンティーク市にも行きたくてたまりません~~。
ミンミン先生ともまたお話したいな~~~(*’ω’*)

エンディングノートセミナー@浜松

先日、浜松の「カフェアポロン」さんの個室をお借りして、エンディングノートセミナーをさせていただきました♪

私、一般社団法人終活カウンセラー協会の1級の資格を持っております。

若い時からエンディングノートを書きましょう、と提案したくてセミナーを企画しています。

終活というのは、人生の終焉を考えることをとおして、自分を見つめ、今をよりよく、自分らしく生きる活動のこと。
と、当協会では伝えています。

ですから、死を考えるなんて縁起でもない、とか、悲しすぎるとか、そういう暗いことではないのです。
人は必ずいつか亡くなります。そこから目を離さず、今をどう生きるか、自分らしく生きるためにどうしたらよいのか、何が大切なのか・・・

ノートを書くことで、明確になっていくんです。

本もたくさん、たくさん出ていますので、その一部も見ていただいて・・・

若い時からエンディングノートを考えたほうがいいのは、体力や気力が十分にある時だからです。
健康を害して、死がまじかになってからではつらすぎます。
通常から、考えておき、身辺を身軽に、きれいに整えておくことも大事ですよね。

最後は、アポロンさんのケーキセットをみんなでおいしくいただきました(#^.^#)

アポロンさんは、ランチもスイーツも手作り。
そして、紅茶もコーヒーも、ハーブティーも、種類が豊富です。
おすすめは、紅茶!!!

先日、静岡県西部では初!!となる「おいしい紅茶の店」に認定されました~!!!
おめでとうございます!!!

アポロンさんは、好きなカップを選べるのもいいところ♪
毎回、その日の気分に合ったティーカップを選んで、わくわくした気持ちで過ごせます。
浜松では数えるほどしかない、アフタヌーンティーをいただけるお店でもあります。

エンディングノートセミナーは、3名集まってくだされば、ご希望の日時で開催させていただくことができますので、ご希望をお気軽にお寄せくださいね。

アポロンさんの紅茶やスイーツ、あるいはアフタヌーンティーつきのセミナーは今後も企画していきますので(エンディングノートセミナーのほかにも)、SNSをチェックしてくださいね。
このページをお気に入りや、ブックマークに登録してくださいませ<(_ _)>

 

茶×アート「かけがわ茶エンナーレ」③

かけがわ茶エンナーレの一環で、日本茶インストラクター協会掛川支部のみなさんが企画された3回シリーズのワークショップ。
1回目は参加できませんでしたが、2回目の、大日本報徳社の大講堂で行われた新妻先生のセミナーは聴くことができました。

そして3回目の最後のワークショップとして、僭越ながら、お声をかけていただき、和紅茶の多様性について、お話させていただきました!

場所は、佐々木製茶さんが経営する日本茶カフェ「茶の庭」。
昨年できたばかりの、新しく、おしゃれなカフェです。何回も行きましたが、何回行っても、開放的な空間で、気持ちがいいです。

外にはお茶の木が植えられていて、その茶畑の中のテラスでお話させていただきました!
ここでのセミナーを企画された日本茶インストラクター協会掛川支部さんのセンスに、さすが!とうなりました。お茶好きにはたまらないスペースですもん!!!(≧▽≦)

お天気がよく、暑いくらいでした。日差しがすごかった・・・。

時間は45分と、いつものセミナーの半分なので、だいぶ凝縮してお話を。
多様性とは、変化に富んでいること。
和紅茶はまさに変化に富んでいろいろあって楽しい!というお話(ざっくり・(笑))

最後は、茶の庭さんの和紅茶メニューから、参加者さんがお好きなドリンクをセレクト。私はフルーツティーソーダにしました。これは、11月1日の「紅茶の日」にあわせた期間限定の特別メニューだそうです!もったいな~い!
とてもおいしかったので、定番にしてもいいと思いました♪

佐々木製茶さんのご厚意で、抹茶フィナンシェも出してくださいました!!
これ、抹茶が濃くて、あずき入りで、とってもおいしいんですよ。
佐々木製茶さん、ありがとうございました<(_ _)>

そして、企画から準備、片づけまで、お忙しい中、動いてくださった、日本茶インストラクター協会掛川支部のみなさん、本当にお世話になりました。心より感謝申し上げます。
また、ご参加くださったみなさま、ありがとうございました。

こうしたイベントの様子は、茶エンナーレのホームページで公開されると思いますので、ご覧になってくださいね。

また、スタッフの方がWSのことを上手にまとめてくださっているので、こちらもお読みくださいね。
https://ocha88.hamazo.tv/e9303342.html
https://ocha88.hamazo.tv/e9308279.html

セミナーのあと、『紅茶をめぐる静岡さんぽの本も販売させていただきましたことも、重ねてお礼を申し上げます。

こちらの本は、在庫があと7冊となりました。
データが古くなってしまいましたが、まだまだ楽しく読んでいただけます!
少しおまけもできますので、ぜひお手元に置いてくださいませ。
ご注文は私まで。

 

茶×アート「かけがわ茶エンナーレ」②

前回につづき、掛川市で行われている「かけがわ茶エンナーレ」のお話です。

前回は大日本報徳社をご紹介。今回はその隣にある「竹の丸」です。

葛布問屋を営む松本家の本宅として建てられたそうです。書院造り。
これだけの建物を建てられるだけのお金を稼いだんですね。

実はこの竹の丸、大日本報徳社の大講堂と同級生。1903年に建てられました。

振り返ると、大日本報徳社の大講堂が見えます。同級生らしく(?)今は並んでいます。

でも、全然、雰囲気が違いますね。建てた棟梁の得意とする分野が違うからだそうですよ(新妻先生のセミナーより)。

お庭から見た、平屋の主屋(右)と、離れ(左)。離れは大正時代に二階建てに改築されたとのこと。
離れの二階は貴賓室になり、ステンドグラスやベランダなど、洋の要素が取り入れられました。窓からは掛川城が見えます!!

竹の丸には、以前も来ましたが、この建物の、欄間や障子の枠などのデザインがとても凝っていて、とても好きな建物なんです。

こちらのアート展示は、藤浩志&ぬいぐるみ~ずによる、ぬいぐるみ~ずの茶の間。

ぬいぐるみ~ずは、ぬいぐるみでできたキャラクターだそうです。子どもたちから集められた不要になったぬいぐるみで作ったとのこと。2030年のやわらかい世界を表現したとのことです。

とにかく、あちこちに、ぬいぐるみ~ずや、ぬいぐるみが顔を出します。
いくつ、見つけられるか、お子さんと探検してみるのも楽しいですよ!
ぬいぐるみ~ずを構成している、一つ一つのぬいぐるみを見ていくのも楽しいし。

主屋のほうもこんな感じ。やさしい感じと、近未来的な感じと、複雑な印象を受ける展示です。
ぬいぐるみは好きなので、私的にはおもしろいなと思いました。

私、見つけちゃいましたよ~~~。庭園の石灯籠にいたひよこのぬいぐるみ!!!

こういう細かいところまで手を抜かないのが、アート作家の感性ですね。

私は2か所しか行けませんでしたが、会期中(11月14日まで)、掛川市内のあちこちで、こうしたアートが見れるそうです。
ぜひ、ご興味のある方は足を運んでみてください(^^)/
詳しくは茶エンナーレのホームページで!!

そして次回、茶エンナーレの一環で、セミナーをさせていただいたお話につづきます。

 

茶×アート「かけがわ茶エンナーレ」①

11月14日(日)まで、静岡県掛川市で開催されているイベント「かけがわ茶エンナーレ」。
お茶の産地・掛川で、アーティストと市民が手をとりあい、掛川の魅力を再発見すべく、さまざまな企画が行われています。

なかなかホームページにイベント情報があがらず(コロナ禍なのでぎりぎりまで検討していたのかもしれませんが・・・)、ちょっと残念でした。いまだ、このイベントが行われていることは知られていないようで、もったいない。

私は、やっと先日、大日本報徳社と、竹の丸を訪ねました。

特徴的な門の向こうにそびえるのは、大日本報徳社の大講堂。入り口の部分は、掛川御殿にそっくりです。寺院建築をてがけた宮大工によるものとか。

茶エンナーレのロゴ(幟に描かれている)とか、かっこいいんですよね。もっと知ってもらいたいですよね。

小学校に置かれていることの多い、有名な二宮金次郎像。大人になった金次郎は二宮尊徳として、苦しんでいる農民の暮らしを豊かにしようと尽力。彼の教え(思想)は全国に広まり、掛川でも盛んだったそうです。

上の写真は、尊徳の教えを広めるため、1903年に建てられた大講堂。
民間が建てた木造の集会場としては日本最古だとか。国指定重要文化財。
テレビ「百年名家」でも紹介されて、一度入ってみたいと思っていました。

私塾もつくられ、農学を教えたので、瓦には「農」の文字。

この日は、翌日に大会が開かれるとのことで中は見られず・・・(;O;)
でも、茶エンナーレのイベントで、夜に入れたんですよ。

灯りがもれる大講堂も美しい・・・。洋の要素も入っているのが心をくすぐります。

日本茶インストラクター協会掛川支部のみなさんが、3回シリーズで企画されたワークショップの2回目。静岡文化芸術大学の新妻淳子教授の講演会「掛川の建築文化」が開かれ、聞かせていただきました。

二階からステージをのぞむ。建てられた当時はガス灯だったそうです。

二階の窓から、掛川城が見えます。
掛川は、古い建物が残っていて、新妻先生はその建物をいくつか詳しく解説くださいました。古い建物が大好きな私、楽しく聴かせていただきました(#^.^#)

講演会のあと、日本茶インストラクターのみなさんが、緑茶のアレンジティーを出してくださいました。みかんと、はちみつが層になっていて、飲んでいる間に味が変わっていきます。

茶エンナーレのアート展示は上の写真の「仰徳記念館」(↑)と、昭和2年に建てられた鉄筋コンクリート造りの報徳図書館の建物で行われています。

大日本報徳社の敷地内には、

当時の貴重な建物が残っていて、見るべきところがいっぱい。

仰徳記念館は、有栖川宮熾仁(たるひと)親王邸として建てられたものを、宮内庁から下賜され、移築したものだそうです。

中に入ってみると、鬼頭健吾氏のアートが展示されていました。「無題」。

狭い部屋から飛び出したい!みたいに、フラフープがからみあっているのが迫力です。

図書館のほうは、火事から本を守るため鉄筋コンクリートで建てたそうです。関東大震災で、東京の木造図書館が焼けてしまったことから教訓を得てとのこと。

こちら図書館でのアート展示は、田中彰氏。
お魚がいっぱい。まるで水族館。

田中氏は、茶エンナーレ会期中、ずっと掛川に滞在し、掛川に生息する魚を自分で釣り上げ、それを木版画に仕立てる(行った日も作業をされていましたよ)。

版木は、地元の木を使いたいとのことで、杉を使ったそうです。通常は杉は使わないそうですが、使っているうちにとても使いやすいことがわかったとか。
木と魚はつながっている、との言葉にはっとさせられました。

地元の方に釣り場を教えてもらったり、ワークショップで、釣った魚を見ながら版木を作ることもやったそう。

茶エンナーレのための版画がとても素敵で写真を撮らせてもらいました。

実際に作家さんとお話ができて、とても楽しい時間でした。これからどんな題材でアートを仕上げていくのか、期待しています!

長くなったので、竹の丸のことは次回へ。

名古屋でセミナーさせていただきます♪

名古屋の栄にある中日文化センターさんからお声かけいただき、11月、12月と、単発のセミナーをさせていただきます♪

11月は和紅茶セミナー。
12月は不思議の国のアリスのセミナー
ですどちらも日曜日開催です。

次はいつ開催できるかわからないので、この機会にぜひお申込みいただけると嬉しいです。

ニッポンでつくられた和紅茶の魅力

開催日:11月21日(日) 13:30~15:00
場所:栄中日文化センター(名古屋市中区栄4-16-36 久屋中日ビル7階)

詳細&お申込みはこちらです

お申込みお待ちしています(●^o^●)
もうお申込みできますので、こちらもどうぞよろしくお願いいたします<(_ _)>
詳細・お申込みはこちら