ピーターラビット™ イングリッシュガーデンへ①

お盆休暇中は台風の接近、上陸で、被害に遭われた方もいらっしゃるでしょう。川や斜面の近くが被害大だったようです。今年は梅雨明けが早かったものの、その後の長雨、そして台風、猛暑で、気候がおかしくなっていることを特に感じています。

私は仕事があり、お盆休暇はほぼ仕事(執筆)でしたが、初日11日(山の日)に遠出をしてきました。台風がまだ遠くにあり、天気は午後から崩れるとの予報、午前に観光を終わらせるべく朝5時半に家を出発。

目的地は「ピーターラビット™ イングリッシュガーデン」です。

テレビCMでもさかんに宣伝しており、ピーターラビット大好きなのでずっと気になっていました。場所は毎年春に芝桜まつりが開かれる富士本栖湖リゾート。芝桜まつりもずっと行きたいと思いながら、混雑するのは嫌だな~と思い、二の足を踏んでいました。

今回は、9月にウサギのお茶会を開催することもあり、ガーデンには一度行こうとは思っていたので思い切ってGO。

愛犬を連れて行ったので、途中、トイレや朝ごはん休憩で2回休み、3時間ほどかかって到着。早朝ということもあり東名高速はすいていましたが、富士宮市内、朝霧高原へ向かう道路は信号が多いこともあり渋滞傾向。

 

朝霧高原の道の駅で休憩しましたが、23度と涼しい!さすが高原!!!

ガーデンは朝霧の道の駅から車で数分。天気がよく、涼しいとはいいながら日陰のないガーデンを歩いて回るうちに汗が出てきます。お盆時期だったので朝8時から開園していて待ち時間なく入れました、ありがたいです。

ピーターラビット™ をテーマにした英国式ガーデンを手がけたのはイギリス人ガーデンデザイナーのマーク・チャップマンさん。

 

 

芝生やガゼボ、池などフォーカルポイントが配され、湾曲する小径沿いにイギリスらしい植物が植えられています。とはいえ、暑い夏なので、咲いている花は少なかったです。もう少し涼しい時期だったらきれいかも。

 

 

 

 

 

 

所々にピーターたち絵本の仲間が顔を出し、探す楽しみもあります。

 

ただ、ここの見どころはこのガーデンではなく、芝桜(夏の時期は夏の花が咲き乱れる)のほうなので、イングリッシュガーデンはその横に小さく(といっても面積は関東最大級らしいですが)あるので、こちらを期待して行くとちょっとがっかりするかもです。

 

 

 

 

 

夏のガーデンのほうも、芝桜に比べると植えている面積が縮小されているようで(あるいはこれから植えるのか・・?)CMで見ているよりもこじんまり感じました。春に来てみたいですね。

 

 

やはり、ガーデンの見どころは富士山!!!夏なので雪はかぶっていない富士山はちょっと野性味を感じます。

 

 

 

本栖湖、と名前がついていますが、本栖湖はもう少し離れたところにあり、手前に写っているのは竜神池です。フォトスポットにはこんなドアも。幸せの黄色いドア、という名前です(^^;

 

ガーデン内はペットはケージに入れておくルールなのでペット連れにはあまりおすすめできないかも(富士山バックにペットと写真も撮れないし)。暑いので早々にカフェに移動し、テラスへ。テラスだけはケージから出しておけるのです。

 

つづきは次回。

 

このブログは今年中には閉鎖します。すでに新しいブログに引っ越ししていますので、今後は新しいこちらのブログをご覧になってください。お気に入り、ブックマークへの登録お願いします<(_ _)>

 

**インスタグラムやっています。フォローお願いします(^◇^)気軽な投稿はインスタのほうが頻繁です~***
***フェイスブックはこちら。***

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください