北海道ツアー2022 その9 小樽2

北海道ツアー2022 その1 就実の丘

北海道ツアー2022 その2 フェルム・ラ・テール

北海道ツアー2022 その3 四季彩の丘・カナディアンワールド

北海道ツアー2022 その4 風のガーデン

北海道ツアー2022 その5 ファーム富田1

北海道ツアー2022 その6 ファーム富田2

北海道ツアー2022 その7 北星山ラベンダー園

北海道ツアー2022 その8 小樽1

 

小樽は、古い建物が残っていて、それを上手にリノベして使っている。私の好きな洋館もたくさんあるのが魅力。和と洋が融合している不思議な町。

 

 

 

お土産を買った六花亭小樽運河店も、古い倉庫をリノベした建物。
買い物をしたのでコーヒーのサービスがありました。2階でコーヒーいただきます(あまりコーヒー得意じゃないけど(^^;)。

 

バラで買えるのがうれしい。うち、もう主人と二人なので・・・いろんなお菓子を少しずつ・・・。

ステンドグラス美術館の次に向かったのは「旧日本銀行小樽支店」。金融資料館としてオープンしています。無料なのがうれしい。

東京駅の設計で有名な辰野金吾と、その弟子である長野宇平治と岡田信一郎、それぞれの時代を代表する建築家の三名が連名で設計した建物。
小樽市指定有形文化財。

明治45年に完成。

重厚な入り口。

 

 

 

 

これがなかなかおもしろい展示内容でした。お金のこと、知っているようで知らない私。

小樽はニシン漁、石炭輸送、海外との貿易拠点という3つの産業で発展。金融機能の必要性も高まり、明治中期~昭和初期にかけて市内の中心部には多くの銀行や商社がのきをつらね、「北のウォール街」とよばれました。

駅へ向かう途中に残る、「旧国鉄手宮線」。若い子がたくさん写真を撮っていました。アニメの影響??
幌内(三笠市)の炭山から、港のある小樽市まで、石炭を運ぶために敷かれた、北海道初の「官営幌内鉄道」の一部だそうです。

1880年には、手宮・札幌間が開通し、その2年後には全通。

その後、時代は移り変わり、鉄道国有化によって手宮・小樽(現:南小樽)路線は「手宮線」という名称に変わり、1962年旅客としての営業を廃止、1985年には路線自体が廃止。

 

現在は散策路として整備されています。
当時の色内駅を模した建物もありましたよ。

 

駅には、13時半ごろ着きました。
電車の時刻までにはまだ時間があったので、ここでやっとお昼をしよう、と思い立ちました(観光に夢中で忘れていた)。
三角市場は、お昼の時間を過ぎてもなお、お昼を食べる人たちで混雑。
手ごろなお店で順番を待ち、海鮮丼(また!!!(笑)でもミニサイズにしました)を食べて(この市場の海鮮丼が一番おいしかった!やぱり、餅は餅屋だと感動しましたよ!!)、空港行きの電車へ乗車。

羽田へ向かう参加者さんをお見送りし、せっかくなので新千歳空港を散策。
私は丘珠空港から帰るので、初めての新千歳空港を少し満喫することに。

温泉や映画館まである大空港。国際線もあるんですよね。

おいしいものがたくさんあり(北海道は水道水さえおいしかった!(笑))、買いたくなりましたが、もう十分買っているので我慢。

ポルトムインターナショナルホテルのカフェへ行ってみました。
事前に調べていて、素敵なホテルだったので、せっかく空港行くならカフェ体験したいな~と。
本当はスカイライブラリーというカフェに行きたかったのだけど、コロナで営業しておらず、バーでの営業とのこと。
アフタヌーンティーもやっていますが、もう時間は遅すぎたので、簡単なケーキセットを・・・。

滑走路が見える、アーティスティックで豪華なホテルなんですよね。(私には手が出ないお値段のホテルです・・・(◎_◎;))

 

 

飛行機を見ながら、ゆっくりくつろぎました。紅茶じゃなくコーヒーにしたのは、こだわったコーヒーだったから。
世界最高品質のコーヒーを追求するコーヒーハンター José. 川島良彰氏が認めた優良農園の中の一級畑だけで穫れた最高クラスのコーヒー「サン セバスティアン農園 ブルボン ナチュラル」。

コーヒー苦手な私も飲める酸味と辛みが絶妙なコーヒーでした。

小樽に戻る電車は、途中駅の人身事故で30分遅れましたが(-_-;)、無事に小樽に戻りました。明日は私の最終日。

丘珠空港発17:40 ⇒ 静岡空港着19:35

小樽をもうちょっと観光できますが、明日は余市に行きます。

(旅行記はその10へつづく)

このブログは今年中には閉鎖します。すでに新しいブログに引っ越ししていますので、今後は新しいこちらのブログをご覧になっていただけたらと思います。お気に入り、ブックマークへの登録お願いします<(_ _)>

**インスタグラムやっています。フォローお願いします(^◇^)気軽な投稿はインスタのほうが頻繁です~***
***フェイスブックはこちら。***

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください