北海道ツアー2022 その7 北星山ラベンダー園

北海道ツアー2022 その1 就実の丘

北海道ツアー2022 その2 フェルム・ラ・テール

北海道ツアー2022 その3 四季彩の丘・カナディアンワールド

北海道ツアー2022 その4 風のガーデン

北海道ツアー2022 その5 ファーム富田1

北海道ツアー2022 その6 ファーム富田2

 

ファーム富田のあとに向かったのが、すぐ近くにある「中富良野北星山ラベンダー園」。

朝、バスの中から撮影していたのが、この北星山ラベンダー園でした。

 

「なかふらの」と、花で文字が書かれているのがわかるでしょうか。

どうしてまたラベンダー園に来たかというと、ここにしか咲いていない、白いラベンダーをみなさんに見てほしかったからです。

白いラベンダーは秋田県仙北郡美郷町の「美郷町ラベンダー園」で品種改良された「美郷雪華(みさとせっか)」という名前。2013年に品種登録されました。

美郷町と交流している中富良野町が苗を譲り受け、北海道ではここにしか咲いていないのだそうです。

その白いラベンダーを見るには、丘の上まで行かなければならず、有料のリフトに乗っていきます。

途中の眺めも気持ちがいいです。
頂上からの眺めはこちら。

そして、白いラベンダーは・・・咲いていました!!

しかし、ほんのちょっとでした。暑いから???
もう少し手入れしないと枯れそうですが・・・大丈夫???

フォトスポット発見!
あらま、赤毛のアンに見えませんか???

自分の写真ってほとんど撮りませんが、撮っちゃった。

この子は、ラベンダーの妖精ちゃんだそうです。ラベンダーと富良野メロンをPRしているとか。

 

白樺の小径を発見。『赤毛のアン』に出てくる「樺の道」のイメージかな???
北海道って、本当に白樺に適した土地なんですね。あちこちで見ました。

14時になり、富良野を離れる時間となりました。
ここから小樽へまっしぐら。小樽までは高速を使って3時間かかります。(北海道って、広いですねーーー)

行く途中にあった桂沢湖。ダムでできた人造湖だそうですが、この周辺の景観がスコットランドみたい!と思ってパチリ。

 

岩見沢SAでトイレ休憩。イングリッシュガーデンと、馬がありました。
岩見沢市には地方競馬(ばんえい競馬)の競馬場があったんでしたね。

 

田園風景が、どんどん都会にかわっていって・・・・札幌を通り過ぎて・・・

17時、小樽着。

ここでバスの運転手さんとお別れ。2日間、大変お世話になりました<(_ _)>

夕食はツアーには含まれておらず個々にどうぞ、でしたが、最後の夜なので、みなさんにお声をかけ、炙り焼きのお店を予約。
ホテルは小樽運河の目の前だったので、お店も小樽運河のところを選びました。

 

 

ホタテ、トウモロコシ・・・ジュウジュウ、網で焼きます~。

ジンギスカンを頼んだ方も~♪

最後に海鮮丼。これは外せない~。

小樽の歴史を語るうえで外せないガラス製の「浮き玉」。ニシンが豊漁だった頃にガラスの浮き玉の生産も栄えました。

ホテルに向かう頃には真っ暗になっていて・・・小樽運河の写真も撮りまくり。

 

 

泊まったホテルノルド。

 

 

中庭や、ステンドグラスなど、洋の雰囲気を醸し出しています。
最上階のバーから運河が見えるとのことで、行ってみました(私はノンアル)。

 

柵があってこれが限界ですが、きれいです。雨が降らなくてよかった・・・。

明日はツアー最終日。羽田行きの飛行機の時間まで、自由行動です。
(旅行記はその8へつづく)
このブログは今年中には閉鎖します。すでに新しいブログに引っ越ししていますので、今後は新しいこちらのブログをご覧になっていただけたらと思います。お気に入り、ブックマークへの登録お願いします<(_ _)>

**インスタグラムやっています。フォローお願いします(^◇^)気軽な投稿はインスタのほうが頻繁です~***
***フェイスブックはこちら。***

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください