アルバート殿下のお茶会@浜松

先週、ヘッドスパ&グラスルーエシャルールさんで「アルバート殿下のお茶会」を開催させていただきました♪

これまで開催したお茶会については以下をクリックしてご覧くださいね。

クリスマスのお茶会@浜松

ハロウィンのお茶会@浜松

 

和紅茶のテイスティングセミナー@浜松

 

不思議の国のアリスのお茶会@浜松

 

イースターのお茶会@浜松

 

タータンのお茶会@浜松

 

ハリー・ポッターのお茶会@浜松

 

今回は、参加者さんのリクエストでした。
クリスマスのお茶会の時、イギリスでクリスマスを家族で祝うようになったきっかけは、ドイツから来たアルバート殿下だったとお話ししたのですが、女王の夫となったアルバート殿下についてもっと知りたい!というお声から、今回のお茶会が実現しました!

教養もあり、芸術的センスも抜群だったアルバート殿下。
一番の功績は、世界初の国際博覧会となる「ロンドン万国博覧会」開催(1851年)に貢献したこと。

今年は、イギリスのエリザベス女王の在位70周年(プラチナジュビリー)の年でもあるので、そのお話も。
エリザベス女王の曾祖母は、ヴィクトリア女王です。お二人とも在位期間がとても長く、エリザベス女王はこれまで一位だったヴィクトリア女王の在位をはるかに越しています。

浜松ではそのエリザベス女王のドキュメンタリー映画「エリザベス 女王陛下の微笑み」の上映はまだ先ですが、ぜひとも観たいと思っています。

お菓子は、前回同様、Lotusさんにお願いしました。

最愛のアルバート殿下を亡くし、悲しみにくれる女王を元気づけるために作られたといわれる「ヴィクトリア・ケーキ(ヴィクトリア・サンドイッチ)」を作っていただきましたよ。
はさんでいるジャムは、ラズベリー。甘酸っぱさが、今の時期にぴったりです。

もうひとつ、ロイズの英国フェア(すでにフェアは終了)で手に入れた「紅茶とフルーツのパウンドケーキ」もお出ししました。
ロイズといえばチョコレート。
チョコレートを使ったイギリス菓子も販売していて、それも買って食べましたが、こちらのパウンドケーキはお茶会用に冷凍して取っておいたのです。

 

 

 

 

箱のパッケージもイギリスらしく、上の写真のチョコレートティフィンがものすごくおいしかった!!!

お茶会の話に戻ります( ̄▽ ̄;)

紅茶は、和紅茶を1種類と、最後にハーニー&サンズ社の「ロイヤル・パレス・ティー」をお出ししました。
エリザベス女王のプラチナジュビリーの紅茶はどこももう売り切れで・・・・

でも、このロイヤル・パレス・ティーはレモンやグレープフルーツのフレーバーで、やはり梅雨時の今、気分をすっきりとさせてくれる紅茶で、みなさんにも好評でした。

ご参加くださったみなさま、ありがとうございました<(_ _)>
次回は10月12日(水) イギリスのいたずらうさぎのお茶会 です。
若干名様の空きがございますので、お問合せくださいね。

静岡市では9月28日(水)に開催いたしますが、こちらは午前、午後の部とも、おかげさまで満席です。
キャンセル待ちを承っております。

 

このブログはもうすぐ閉鎖します。すでに新しいブログに引っ越ししていますので、今後は新しいこちらのブログをご覧になっていただけたらと思います。お気に入り、ブックマークへの登録お願いします<(_ _)>

 

**インスタグラムやっています。フォローお願いします(^◇^)気軽な投稿はインスタのほうが頻繁です~***
***フェイスブックはこちら。***

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください