クリスマスのお茶会@浜松

先日、ヴィクトリアン・クリスマスのお茶会を浜松で開催させていただきました。
会場はヘッドスパ&グラスルーエ「シャルール」さん。

毎回テーマを決めてのお茶会をさせていただいており、今回はヴィクトリア朝(ヴィクトリア女王が統治していた19世紀のイギリス)のクリスマスがどのようなものだったか、お話をさせていただきました♪

リース型のお菓子は、自宅でお料理&お菓子教室をされているボナペティさんにオーダー。このお茶会用のオリジナルです。
スパイスをやわらかく配合したフルーツケーキのアレンジです。
毎回、工夫を凝らして素敵なお菓子を作ってくださるので、参加者さんたちにも大好評(●^o^●)

くまさんのもなかは、あまりにかわいいもなか皮だったのでお取り寄せ。
(10月に、ハロウィンのジャコランタンのもなかの皮を取り寄せた際、一緒に頼んだんです)
中には、ピーナッツクリームを詰めました(砂糖不使用)。

紅茶は二種。ハムステッドのダージリンと、三島の勝又苑さんの和紅茶、自宅で栽培されているクローブをブレンドしたもの。
クリスマスといえば、スパイスをブレンドしたクリスマス・ティーが出回りますが、やはりスパイスが強いとお菓子が弱くなってしまうので、クローブがやさしい香りにブレンドされた和紅茶がいいかな~と思って選びました。

ご参加くださったみなさま、ありがとうございました。

今年のお茶会はこれで終了。来年2022年は、2月にタータンチェックのお茶会をさせていただきます。
静岡市での開催分は午前・午後ともおかげさまで満席です。
浜松市開催2月23日(水・祝)は、午前は満席でキャンセル待ち。
午後13:30~のみ、1名様の残席がございます。
参加費は2,500円(すべて込み)駐車場あり。

お申込みお待ちしています!(^^)!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください