私設図書館、地元本コーナー

毎月通うようになった、浜松の「じゃじゃの私設図書館」さん。
おしゃれで、落ち着く空間です。

少しずつ自分の本を寄贈させていただいています。

10冊以上寄贈すると、飲み物が無料になります~。
なので、時々一緒にスイーツを頼んだりも。

断捨離しているとはいえ、本は、あれこれと、寄贈してもいいものが後から後から出てきます(雑誌や英語の本、自費出版のものでもいいそうですよ)。

オーナーさんが地元本コーナーを作ってくださり、私の本も並べてくださいました♪

9月に発刊された拙書『すてきなタータンチェック』に、感想が書かれたふせんが貼ってありました。
小学生の女の子が書いてくれたそうです!嬉しい。お返事書きました(●^o^●)

地元本コーナーで見つけた、前から読んでみたかった本。

『月まで3キロ』(伊予原新著、新潮社)

第38回新田次郎文学賞を受賞されている作品だそうです。
地元本コーナーに並んでいたのは、本の題名になっている「月まで3キロ」が、浜松にある案内板だからでしょう。
「月」という地名があるのですが、この短編小説では月に一番近い場所、として登場。

どの短編も思わず泣ぐんでしまうような切なさと、繊細さで、心に響きました。

読んでみたかったのは、実は同じ名前のお菓子(上の写真の右側)を知ったのが先でして(;^_^A

もちろん、この本からインスピレーションを得て作ったというお菓子です。

地元の三ケ日みかんを練り込んだチーズケーキ。
焼菓子はあたためて食べるのがおいしいので、温めて食べました。さっぱりしておいしかったです。

治一郎のバウムクーヘンや、色とりどりのラスクなどを手がけるヤタローさんが作っています。
工場直販所に行くと、バウムクーヘンの切れ端目当てに大勢の人が並んでいます。
私は胡桃あんぱんがお気に入りです、売り切れることはないようです(;”∀”)
台湾メロンパンや、マリトッツォなどの流行のお菓子も時々あり、どちらもおいしかったけど、最近は見なくなりました・・・やっぱり流行ものはすぐに販売しなくなっちゃうんでしょうか。

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください