ハロウィンのお茶会@浜松

今日、ヘッドスパ&グラスルーエシャルールさんにて、「ハロウィンとケルトを知るお茶会」を開催させていただきました!

ハロウィンは、紀元前からヨーロッパ大陸を中心に生活していたケルト人が行っていた季節のお祭り「サウィン」が起源であること。

ケルト人とは?
ケルト人はヨーロッパ各地に移動していったこと、海を渡ってイギリスにも移り住んだこと。

ケルトの末裔が、今も、アイルランドやスコットランド、ウェールズ、ブルターニュなどにいて、ケルトのお祭りを大事にしていること。

アメリカには、そのケルトの末裔の人々が移民し、そこでハロウィンが広まっていったこと。

文字を持たなかったケルト人ですが、遺跡の発掘などから、決して野蛮人ではなく、高度な芸術性を有していたこと。

などなど、ケルトの魅力をお話させていただきました!

お菓子は、毎回みなさんが楽しみにされておられる、ボナペティさんオリジナル・ハロウィンスイーツ
今回はかぼちゃを使ってください、とお願いし、パンプキン・タルトを作ってくださいました!

タルトのてっぺんには、かぼちゃの皮で作ったコウモリが。
周りにいるおばけ、ねこ、かぼちゃは、ボナペティさんが一つ一つ作ってくださった、メレンゲ菓子。
こんな細かい作業を大人数ぶんやってくださるその繊細な手さばきはやはりプロですね!

お茶は、和紅茶を2種類、お出ししました~。香りがいいと、好評でした。
左側のかぼちゃは、もなかです。
いろいろなもなかの皮を扱っているところからお取り寄せしました。
中のあんこは、浜松市内の製餡所から。

地味になりがちなもなかも、こういう皮だとがぜん、楽しくなりますね。

ケルト音楽もおかけして、楽しんでいただけたのではないかと思います。
ご参加くださったみなさま、ありがとうございました!!

次回は12月22日(水)、ヴィクトリアン・クリスマスをテーマにお茶会をさせていただきます。詳細は追ってアップしますが、ご興味のある方は先にお問合せいただければお知らせいたします!

浜松でのハロウィンのお茶会は終了しましたが、29日(金)に、静岡市で開催いたします!
午後の部でしたら、若干名様、お席がございますので、ご参加いかがでしょうか。

2021年10月29日(金)
午後の部 14:00~15:30

場所 旧静岡英和女学院旧宣教師館ミス・カニンハム(静岡市葵区西草深町34-13)ヴォーリズ建築
参加費 3,500円(セミナー・紅茶・英国菓子すべて込み)
講師 お話 奥田実紀
紅茶・イギリス菓子 サロン・ド・テ・AI紅茶教室
申し込み:奥田実紀まで

さて、ハロウィンは、10月31日です。ちょうど日曜日ですね。
私はガレージセールに出店します。
浜松市の「じゃじゃの施設図書館」さんが主宰されます。入場無料。

これがじゃじゃさんの外観です。おしゃれなのですぐにわかります。
駐車場は、道路向かい側(北側)の空き地、東側5台です。
入野のイオンから、ホワイトストリートを北へ。信号2つ目、床屋さんのところを西へ曲がります。駐車場は、曲がってすぐ(ほんの数メートル)右側へ入る細い道路を入ってください。

私が出店するのは31日(日)のみですが、ガレージセールは30日(土)も開催されていますので、ぜひお立ち寄りくださいませ。

私の出店ブースの名前は「ハッピーボックス」です(#^.^#)

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください