子ども向けにわかりやすく書く

猛暑に台風、大雨・・・そして依然として感染が止まらない新型コロナ。
苦しい、悲しいことが続きますが、それでも生きていく、前を向いて生きていくしかないですよね。

コロナの夏休みも2年目。お子さんたちは自由に行動できずに大変だと思いますが、そんな時こそ、本を読もう!!と私は言いたい。
私は本に楽しみを与えてもらい、勇気をもらいました。そして、本を書く仕事につきました。
本がなかったら、人生、どんなにつまらないでしょう!

私は本を書く時、小学生にもわかるように書くことを心がけています。そして、スッ、スッ、と読めるように。

小学生対象、という本も何冊か手がけてさせていただきました。
この夏休み、ぜひ、読んでいただけたらと思い、ご紹介させていただきます。
読書感想文にもいかがですか。

まずは、文渓堂さんの有名作家の伝記シリーズです。

↑ こちらは翻訳させていただいたもので、

↑ こちらは私のオリジナル。ですが、こちらの伝記シリーズはすべて売り切れとなっています(;O;)
よければ図書館で読んでみてくださいね。

↑ こちらは在庫ございます!
大草原の小さな家、ローラのお話について書かれたもの。翻訳させていただきました。
丸太小屋はどうやって建てるの? どんなお料理を作っていたの?
病気になった時どうしていた? お洋服は?
自給自足の生活をしていたローラたちの、手作りの温かい暮らしがよくわかります。オールカラーでイラストもいっぱい!ぜひお手元に♪

↑ こちらは雑誌「たくさんのふしぎ」のタータンチェック特集号。
でも、こちらも売り切れてしまいました。でも!!でも!!
好評だったので、なんと~~~
ハードカバーになって新発売になります!!保存版です!!!
アマゾンでは予約も始まっていますので、ぜひぜひ、ご予約をお願いします!
ご予約はこちら

これがハードカバーの表紙です。
あれ、女の子がいない??!と思いましたよね!?
いますよ~!(^^)!

こちら、校了が終わった時の写真。今は、印刷所でがんがん、印刷されています!!
で、女の子は、裏表紙にいました!!!

とっても素敵な表紙になりましたよね(≧▽≦)
本は、中身の文章だけでなく、イラストや、表紙のデザインもとても大事。
本づくりって、本当におもしろくて、楽しいです。

本のご注文、ほか、お問合せ、お待ちしています(*^^)v

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください