宮城のずんだ餅!

コロナ禍で、楽しみはやっぱり食べることですよねぇ(笑)

以前の日記で、セブン-イレブンのずんだ団子について書きました

実は、浜松には、この浜松には!
本場のずんだ餅を売っているお店があるんです!!
もずっこ」さん
もずっこ、というのは、宮城弁でお餅のこと。

ご主人が宮城県出身とのことで、お米も宮城から取り寄せているとか。
だからでしょうか、申し訳ないですがお餅専門店のものよりも、お餅自体もおいしく、
ずんだたるや、何個でも食べられてしまうほど。
甘ったるくなく、枝豆のおいしさをつぶしていないし、つぶつぶ感もちゃんと残っています。

もずっこさん、金・土・日しか営業しておらず、
場所が、私が通り慣れていない道にあるため、長くご無沙汰していましたが、
先日、やっと行くことができ、念願のずんだ餅を買ってきました!

この色~!!着色料は使っていませんよ、もちろん。

他に私のお気に入りは胡麻とくるみで、それも買ってきました。

あ~~~~やっぱり、ここのは別格においしい~~~(≧▽≦)
わざわざ買いに行く価値ありなんですよねー。

餡だけも売っているとのことで、ずんだ餡も買ってきて・・・
そのまま食べてもいいのですが、冷凍してあった米粉パンにつけて食べてみたら・・・
これがまたおいしい~~~。

米粉パンは、以前も日記でご紹介したゴルマールさんの100%米粉パン
小麦アレルギーのある方や、グルテンフリー(私もできるだけそれを目指しています)を心がけている方にはぴったりのパン。

100%米粉なので、見かけはパンですが、食べるとお餅!!でもパンの食感もあって、不思議なんです。
プレーン派の私は、そのまま食べることも。海苔も相性いいです。

普通の大きさのパンしかないと思っていたら、お友だちから小さいサイズの米粉パンをいただきました。
歳を取ってくるとそんなに食べなくなるので(^^; この小さいパンがものすごい手軽で食べやすくて!!
気に入ってしまいました。(写真ではどのくらい小さいのかわかりづらいですね(-_-;))

昔、カナダのプリンス・エドワード島に住んでいた時、スーパーに売っていたのは小さいサイズの食パンでした。
イギリスでも、朝食に出てくる食パンは小さくて、それを半分に切ってトーストして出してくれます。

サンドイッチ用らしいのですが、この小さいサイズの食パンが、私にはとっても使い勝手がよくて。
どうして日本にはないのかな~って、ずっと思っていました。(でもないから諦めた)
お友だちがくれたこのちいさい食パンがすごくうれしくて、これから自分でも買ってみようと思いました!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください