和紅茶を楽しむ会@浜松、終了しました

先日、浜松の「ヘッドスパ&グラスルーエ シャルール」さんにて、『ニッポンでつくられた和紅茶の魅力』と題したセミナーをさせていただきました♪

私はお茶の専門家でもなく、資格も持っていませんが、紅茶は大好きですし、
和紅茶応援団として長年、和紅茶の生産者さんを取材したり、イベントを企画してきました。

和紅茶のよしあしではなく、日本各地でたくさんの紅茶がつくられていること、みなさん努力されてクオリティのよい紅茶があること、海外の紅茶もいいけれど、地産地消として日本の紅茶もおいしいですよ、ということをお伝えしたい。
自分の好きな味の紅茶を見つけてほしいということで、何種類かの紅茶を飲み比べしていただいています。

今回は5種類。
静岡県はもちろん、関東、九州など、迷いに迷って5つ。
品種の違うものをあえて選んで、テイスティングカップでお出しして、試飲していただきました。
品種による香りや味の違い、冷めてからの味の違い・・・・
みなさんワイワイ楽しみながら味わっていただきました。

最後は、5つのうちの1つをみなさんに選んでいただいて、ティーカップで、和菓子洋菓子と一緒にティータイム

お菓子は、前回同様、ご自宅でパン&お菓子教室を主宰されているボナペティさんにお願いしました。

今回は和菓子もあるため、小さめの洋菓子をオーダー。

レモンパウンドに、レモンクリームを乗せたカップケーキ♪
桃でローズの形をトッピング(なんて細かい作業!!)した、
梅雨のじめじめを吹き飛ばす、さわやかなケーキです。

和菓子は、主催者のシャルールさんの手づくりの練り切り!!!
練り切り教室に通って勉強されているとのことで、みなさんのために一つ一つ、作ってくださいました。

午前の部と、午後の部と、練り切りをかえてくださって、
午前は七夕の、星と笹の葉。
午後は、水の中を泳ぐ赤い金魚。

和菓子も洋菓子も、和紅茶とよく合いますね!とみなさんに好評でした。
和紅茶を、洋の茶器で飲むというのも新鮮~(#^^#)

和紅茶への興味を深めていただけて、私も嬉しいです。

午後の部には、春野町(浜松市の山間部)で和紅茶を作っている茶農家の茶空民さんがご参加くださいました。
茶空民さんがご自分の紅茶を差し入れてくださったので、みなさんにその場で淹れて、飲んでいただきましたよ。

春野町は、就農でお茶作りを始めた若い方々がいて、とても活気のあるところなんです。

浜松は静岡県の中ではあまり茶生産地として有名ではありませんが、緑茶も紅茶も、作っている方は意外と多いんですよ。
なので、浜松の和紅茶だけを飲む会も開きたいくらいです!!

今後も、和紅茶の飲み比べセミナーは開催していきます。すでに浜松市で2企画、秋~冬に予定しています。詳細が決まりましたら、ブログ等でご案内いたします。
10月には、東京で開催させていただきますので、こちらもご案内いたしますので楽しみにお待ちくださいね。

全国の和紅茶生産者さんが集い、試飲販売会をするイベントが「全国地紅茶サミット」で、今年2021年は、11月13(土)~14(日)と、鹿児島県南九州市で行われます。詳細はこちら

私は行く予定でいますが、その時までにコロナが落ち着いていなければ難しいかも・・・。

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください