美術館めぐり@静岡市その2

昨日に続き、静岡市の美術館めぐりです。

お昼のあと「静岡市美術館」へ。
特別展は、大好きなイギリスの、大好きなお花がテーマ。
英国王室が愛した花々 ~シャーロット王妃とボタニカルアート~

ユネスコ世界遺産にもなっている世界最大級の植物園・キューガーデンのコレクションを中心に、
美しい花々を描いた約100点のボタニカルアート(植物細密画)を展示。

撮影スポットとなっていた、当時の邸宅の部屋。壁紙や食器に植物が取り入れられています。

シャーロット王妃お気に入りのクイーンズウェアをはじめとしたウェッジウッド、ウースターやダービーなど王室ゆかりの陶磁器も展示されていました。

写真が発明される前、植物の科学的記録、図鑑の役割は絵、ボタニカルアートでした。

現代ほど道具もよくなかったでしょうに、よくここまで精密に描けたものだと感動します。
一つ一つの作品を、食い入るように眺めました。

資料も購入。

一度、ワークショップでボタニカルアートをやったことがあるのですが、目も神経も使う大変な作業。
それよりなにより、デッサン力ですよね(;^_^A

植物に癒されたあとは「ケーキと紅茶のお店 マリアサンク」さんでティータイム♪
久しぶりのマリアサンクさんです。

いつもコラボでお茶会をさせていただいているサロンド・テ・AIさんとご一緒に。

マリアサンクさんにはケーキのハーフ&ハーフがあります。さすが!!いろいろ食べたいのがわかっていらっしゃる!!

アップルパイとチーズケーキ。
ケーキも紅茶もおいしく、楽しいひとときでした。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください