登呂遺跡を訪ねる

先日、静岡市美術館で開催中の『英国王室が愛した花々 シャーロット王妃とボタニカルアート』を観に行ってきました。(明日で開催終了)

行きは高速道路を使わず、2時間15分かけて、下道を走りました。やっぱり、静岡市までは遠いです。帰りは高速使いました。

ちょうど、登呂博物館でも、興味のある古墳の特別展をやっていたので、先に登呂博物館へ。
共通券だと安いので、芹沢銈介美術館も一緒に見てきました。


周囲の高圧線や建物が邪魔なのでちょっとぼかしてみました。
少しは当時の雰囲気がわかるかな。

登呂博物館は、登呂遺跡(弥生時代後期の集落・水田跡)の展示館です。今回初めて入りました。
小学生の団体が来て賑やかでした。子どもにもわかりやすい展示や説明がいいですね。

古墳時代は、弥生時代の次の時代ですが、研究のために区分されているだけで、当時の人々は今が古墳時代だ、との認識はなかったですよね、当然(^^;


さくらももこさんのイラストがありました。さくらさんと私は同世代。お亡くなりになったのが本当に残念です。


芹沢銈介美術館は、建物もすてきです。石水館との呼び名もあるそうですよ。池には噴水もあがっていて、静岡で落ち着いた雰囲気。

登呂遺跡には駐車場があるのですが、静岡市美術館は静岡駅からすぐのところにあり、専用駐車場はありません。
駅周辺の駐車場代は高い・・・でもakippaというシステムで、安いところを見つけて決めました。
駅まで10分歩きますが、そのくらいは我慢、我慢。

(つづく)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください