藤枝おんぱく、リノベツアーへ

毎年、4~6月にかけて、藤枝市で行われているイベント「藤枝おんぱく」。
“おんぱく”=「温故知新博覧会」の略称で、長い歴史をへて現在まで残っている地域資源を新たな視点・多様な視点で見つめ直し、今まで気付かなかった「魅力」を探し、発信していくというもの。

私も今まで何度か参加させていただいており、毎年さまざまなイベントが企画されているので楽しみにしているんです。
昨年はコロナ禍で中止や延期が相次ぎ、今年もいまだ続くコロナ禍で、静岡県内でも感染者激増、どうなることかと思いました。
案の定、午前に予約していたおはぎの企画は中止になり、午後もだめかなと思っていましたが、午後は予定通り、開催となりました。

参加したのは、古民家リノベーション町歩きツアー
藤枝市の名所である蓮華寺池公園の周りには、気になるスポットが増えていて、よく地元テレビでも紹介されています。

特に、古い建物をリノベーションして活用しているお店が多く、そのリノベーションまちづくりに取り組むNPO法人SACLABO さんのスタッフが、案内してくれるというので、楽しみにしていたのです。私、古民家好きですので♪

核となるテーマはオーガニック、そして地産地消ということで、まさに私が興味のある分野。
藤枝市はお茶の生産者さんも多いので、私はちょくちょく訪れています。
若い方々の移住も増えているそうで、ツアーで周ったお店にも若い方のお姿が目立っていました。

藤枝が好きで、ここで何かをしたい、地元の役に立ちたい、という熱い思いを、大家さん、SACLABOの方々、町の人々が受け取って、協力し合って新たなものを生み出す――。
空き家が、そういう人々の手で、生き生きとした空間に生まれ変わっていく様子を、説明していただいたり、映像を見せていただいたりして、地域活性化の理想的な姿がそこにあるなあ、と、感じました。

平日はおそばの「めぐり庵」さん、土日はおむすびごはん家「むすひ」さんが入る古民家。


中はリノベーションしてこんな感じに。茶箱の上に置かれた生け花。素敵ですね。

テレビで「むすひ」さんが紹介されていたのを見て、いつか行きたいと思っていたのですが、土日は人が多く動くのであえて私は動かない(笑)ので、今だ、行けていません。そのテレビでレポートしていた石ちゃんのサインがありました。

ツアーは平日だったので、めぐり庵さんが営業。自家製粉石臼びき手打ちそばのお店で、そば粉はこだわりの在来種。毎日産地を黒板に明記しているそうです。お茶もそうですが、在来を大事にするなんて、お若い店主さんでしたが、その心意気に感心してしまいました。


ツアーの参加者みんなに、緑茶とそばがきを出してくださいました。このそばがきが、本当においしかった!!!
次はおそばを食べに絶対に来ようと決心しました!

そのあと訪ねた「nicica」は、一軒の古民家を複数の店主さんでシェアしていました。


表通りから見るとこういう感じで、


中はこんな感じ。
きれいにリノベしてありますよね。三和土も、みんなできれいに整えたんだそうです。

中に入っているお店は、
「はかりうり トイトウ(toi tou)」さん、「衣食住のセレクトショップ ソルネ(Solne)」さん、「一箱本や はこぶっく」さん、「セルフケアラボ グリーンハウス」さん、「低糖質おやつとコーヒー ロッコ(Locco)」さん。

トイトウさんは、ドライフルーツ、ナッツ、チョコレート、スパイス、パン、豆、雑穀、醤油、油、石けんなどを量り売りで販売。透明な瓶がずらりと並んでいるのがかわいいし、何より量り売りって!!!
私の子どもの頃・・・そう、昭和のスタイルですよね。
欲しい分だけなら、子どもでも買えるからいいアイデアだなと思いました。オーガニックや無添加の商品を扱っているのもありがたいです。

それに、評価すべきは他にも。商品が「包装されていない」んです。持参した容器に入れてもらえます。容器がなければ、有料の袋や寄付された空ビンがあるのでそれを利用できます。環境のことを考えた、すばらしい取り組みだと思います。私はヴィーガンのチョコを、ちょこっと、買ってみました~。

↑こちら、低糖質のおやつとコーヒーのロッコさん。建物の裏側に位置していて、裏口からも入れます。
いまや、ダイエットはカロリーではなく糖質だと言われていますよね。私も可能な限り、糖質を気にしておりますが(^^; なかなか、糖質オフって難しい。特にスイーツですよね、スイーツ!
低糖質のおかしは、ずっと気になっていたので、今回、行けてすごくうれしい!
しかも、お土産はLoccoさんの焼き菓子でした~~~(≧▽≦)

市販のお菓子のようなべったりした甘さがなく、あっさりとしています。
低糖質なので罪悪感もありませんね。今度はお店で生菓子をいただきたいな。

Loccoさんの向かいにある古民家を活用した発酵ごはんのお店「月見豆」さんものぞかせていただきましたよ。部屋の真ん中に囲炉裏があって、天井が高くて、照明を落とし落ち着いた雰囲気、什器等のセンスがいい・・・もう、私はノックアウト(笑)
おまけに、私が目指している発酵ごはんを出してくださるなんて!これは絶対、今度来なければ!!!

このあと、石蔵をリノベーションした「茶房 華蔵」さんへ。ここでオーナーさんのリノベーション物語を聞かせていただきました。
藤枝の中でも、リノベーションでは先人である華蔵さん。

この華蔵さんも、一度入りたいと思っていた(でもなかなか時間がなく)ものの、機会に恵まれなかったので、今回訪ねることができて、とてもうれしいかったです。

華蔵さんからもお土産がありました。自家製ラスク。とてもおいしかったです!

他にもアンティークショップをのぞかせていただいたり、これからリノベ予定の建物を見せていただいたり。
最後は蓮華寺池公園に戻り、「マツウラコーヒー」さんで、ハンドドリップのコーヒーをいただいて、解散となりました。
3時間あまり、けっこう歩きました(^^;

お料理を出していただいたり、お土産もたくさんいただいて、なんてお得なツアーでしょう!!
町づくりへの思い、空き家のリノベーションへの取り組みなどをじかに、お店の方や、大家さん、関わっている方から聞いて、勉強にもなりましたし、ますます藤枝が好きになりました。
これからも藤枝さんぽ、続けていきたいです!

蓮華寺池公園は、藤の名所で有名ですが、このツアーのあった5月中旬にはすっかり終わっていて、蓮の花がきれいに咲いていました。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください