黄金の茶の間へ行ってきました♪

先の日記で、茶畑の中のテラスでゆっくり過ごしたことを書きました。

茶畑のテラスで過ごせるのは、グリーンエイトさんだけではありません。
静岡県中部では、茶畑の真ん中にティーテラス=茶の間を作って、そこでお茶農家さんが淹れてくれるお茶と景観を楽しむプロジェクトがあります。

その名も「茶の間」→https://chajihen.com/contents/chanoma/

茶畑のある場所は、平地から、山の上までさまざまです。
お茶農家さんごとの特徴だけでなく、そうした茶畑のある環境の違いも味わうことができます。
ということで、上記サイトに登録されている茶農家さんは現在6人。

天空の茶の間、富士の茶の間、里山の茶の間・・・などと、環境の特徴を打ち出してあります。
事前予約制。だいたい90分で3,000円。茶畑の持ち主であるお茶農家さんみずから、お茶を淹れてくれるんですよ。

先日、お友だちと「黄金の茶の間」を予約して、行ってきました。
黄金、というのは、純金で作られたテラスというわけではなく(^^;
普通は緑色の茶の芽が、黄色で、黄色く芽吹く茶畑が日の光で黄金色に見えるからです。

黄色の芽を出すお茶の樹は、突然変異で現れたのだそうです。
30年以上前、生産者のSさんが茶畑に来てみると、緑色の茶葉の中に、金色の新芽を発見。
Sさんはその茶の樹を増やそうと思ったわけですが、何しろ理由不明で出てきた突然変異ですから、1本1本挿し木で増やしていき、30数年たった今、黄金の茶畑に成長したというわけです。

Sさんはこの黄色の芽を出す茶を「黄金(こがね)みどり」と名付けました。

もともと生垣にしようと思って増やしたそうなのですが、飲んでみるとあまりの旨味の強さに驚いたそうです。

ふもとのご自宅で受付をし、山の上の茶畑までは地図をたよりに自分たちで歩いてのぼります。途中、水分が欲しくなったらどうぞ、ということで、黄金みどりを水出ししたボトルをくださいました。(ボトルは最後に回収)

軽トラックがぎりぎり1台通行できるくらいの山道をのぼること約30分。
標高はおよそ500mだそうです。

途中、ハリーポッターの映画に出てきたような、車がありました(;^ω^)
(ユニバーサルスタジオジャパンに、こういうシチュエーションで車が置いてあるんですよね)

登山大嫌いな私ですが、黄金みどりの茶畑を見たい一心でがんばりました!本当にがんばった(笑)

やっと到着し、黄金色の茶畑が見えた時には泣きそうになりました。

摘み取る前の、やっと芽吹いてきた状態の茶畑です。うわ~~本当に黄色い!!!

この茶畑、テレビでも紹介されて有名になりました。最初は「ポツンと一軒家」で紹介され、そのあと、その一軒家を「劇的ビフォーアフター」でリフォーム。築150年で、使わなくなって40年以上というぼろぼろの民家が、匠の腕で、その良さを生かしつつ、お茶を味わえるおしゃれな空間に生まれ変わりました(私もこれは観ました!)。

到着してすぐ出されたのが、黄金みどりの茶葉と水。10煎近く飲めるそうですが、旨味が強いので3~4煎までは水出しのほうがよいそうです。というわけで、10分ほど待ってから1煎目をいただきます。

出汁を飲んでいるかのような強いアミノ酸の旨味です(;゚Д゚)

私たちの他にも何グループも来ていて、テラスは譲り合いながら使用。
あとは古民家のお座敷や、縁側で、思い思いに、お茶を飲んだり写真を撮ったり・・・。黄金みどりの茶畑に下りて写真も撮れます。

ビフォーアフターで足湯も作っていて、Sさんから足湯もどうぞと声がかかりましたが、誰一人、足湯を利用する人はいませんでした(笑)
みなさん、お茶とこの茶畑目当てに来られていました。

匠のリノベーションはさすがだなと思いました。

このあと、烏龍茶を出してくださいました。
お湯の入ったポットを置いていってくださったので、黄金みどりをお湯でいただいてもみました。
烏龍茶もとてもおいしくて(私の好みは旨味のある緑茶よりも烏龍茶です(^^;)、何煎も飲んで、おなかがだぼだぼ(笑)
そのあと、また何がいい?と言われて、焙煎していない生の烏龍茶を出していただきました。これもまたおいしくてびっくり。

お茶と、お茶畑と、気持ちのいい山の景色と空気と・・・・ゆっくり、時間を忘れて過ごさせていただきました。


カメラのミニチュアモードで撮ってみました。私、カメラのフィルターの中ではこのミニチュアモードが好きでよく使います♪

畑全体が黄金色になるにはちょっと時期が早かったですが、でも一部分はほぼ最盛で、夢のような景色を見ることができ、本当に感動しました。

「茶の間」を利用したのは今回が初めてですが、茶畑の中でお茶を飲んでリフレッシュできるのは気持ちがいいです。
(取材では何度も茶畑には行かせていただきましたが、仕事とプライベートはやっぱり違いますよね)

他の茶の間にもぜひ行ってみたいと思います。現在は静岡県中部でのプロジェクトですが、今後は西部にも広げていただけたらうれしいな~~~。

ご興味のある方はぜひどうぞ(*^▽^*)
コロナ禍なので、参加の条件はお確かめくださいね。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください