お茶を満喫するミュージアム②

昨日の日記の続きで、茶の都ミュージアムを訪ねて来ています。

日本庭園の奥の築地門を出ると、牧之原公園があって、そこに栄西禅師の像が立っています。
いつも遠くから眺めているだけなので、こんなまじかで見たのは初めて(笑)

庭園の奥の築地門を出たところに、急須の形のトピアリーを発見!!
今年初めて作ったそうで、これからいい感じで成長していくのではないかとのこと。
裏手もすごく雰囲気がいいんですねぇ~、実は初めて裏手に来ました(;^ω^)

公園には展望塔があって、眺望が抜群。
空気が澄んでいれば富士山が見えるのですが、残念ながらこの日は見えず( ;∀;)

ちょうど、新茶の時期で、もうすぐ新茶を摘む、という状態の、新芽輝くすばらしい茶畑が、茶の都ミュージアムの目の前に広がっています。

野生の桜でしょうか? コントラストが美しい!!

隣りの掛川市の粟が岳には、茶の文字が見えます。
樹木で作られているので、一年中、色は変わりますが、見えます。お茶処の象徴です。

このあと、KADODE OOIGAWAへ向かいました。

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください