イースターチョコ、アメリカから到着!

今度、浜松で開催するイースターのお茶会で、みなさんにお出ししたい!!と、一目ぼれした、アメリカのギラデリ社のイースターチョコレート

日本では手に入れるのが難しいとのことで、アメリカにいるお友だちに頼んで送っていただきましたぁ!!!
アメリカのお友だちというのは、『若草物語』の作者ルイザ・メイ・オルコットの家である「オーチャード・ハウス」をボランティアで支える活動をされている喜久子ミルズさん。

2年前のボストン・ツアーで、オーチャード・ハウスをお訪ねした際に、大変お世話になりました(*^▽^*)
今、コロナ禍でオーチャード・ハウスは閉館を余儀なくされており、維持管理に寄付を受付中です。

さて、ギラデリのチョコですが・・・送料のほうが高くついてしまいましたが( ̄▽ ̄;)
無事にお茶会前に到着。
喜久子さん、ありがとうございました<(_ _)> みなさんとても喜んでくださると思います!


喜久子さんがくださったイースターカードも可愛い♪ いただいた紅茶と一緒に、早速にティータイム。


やっぱり、かわいい~~~(≧▽≦)


↑ 右がリンツ(スイス)のイースターバニー。クールな大人なバニーちゃんですが、
左のギラデリのほうは、まん丸お目がキュートな白うさぎ。


↑このうさぎのぬいぐるみは、リンツが出したぬいぐるみです。同じリンツのバニーを並べてみました。

リンツもギラデリも、どっちもかわいいバニーなので、両方飾って楽しんでいます。食べてしまうのがもったいないです。

ギラデリとリンツ、両方のイースターチョコ(ミニサイズ)を、お茶会でお出しさせていただきますので、ご参加のみなさま、楽しみにお待ちくださいね。
3月26日(金)のお茶会はおかげさまで満席になりました<(_ _)>
キャンセル待ちを受付ております(*^▽^*)

春のイベントとして日本でも知られるようになったイースター
イエス・キリストの復活を祝うキリスト教のイベントです。毎年日が変わり、2021年のイースターは4月4日の日曜日。
たまごウサギがイースターと結び付けられるのはなぜ?
イースターまでの40日間は大事な期間?
ピーターラビットやグレイラビットなど、英国の有名なウサギの物語の魅力とともに、イースターについて、私・奥田実紀が詳しくお話します。

2021年3月26日(金) 14:00~15:30
参加費:2,500円(ケーキセット、お土産、資料込み)
場所:カフェレストランPrele(プレール)浜松市北区三ケ日町大崎16-212階
駐車場有(複数名でのご参加の方は乗り合わせでお願いします)

申し込み:奥田実紀までメールでお願いいたします。私のインスタグラム、フェイスブックからの申し込みもできます。
お返事は、ヤフーのフリーメールで送らせていただきます。パソコンからのメールを受信拒否されている方には返信が届かない場合が多々あります。数日たっても返事がない場合は、受信拒否設定を直してから再度送信ください。
無料キャンセルは前日までです。

 

“イースターチョコ、アメリカから到着!” への1件の返信

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください