おいしいものおもしろいもの⑱ずんだ餅・羊かん

東日本大震災から10年がたちました。
テレビでも、記憶を風化させないためにと、さまざまに特集を組んでいます。
それを観ながら、10年たったけれど復興はまだ終わってはいないのだ、と思いました。
マスコミはどんどん違う話題を報道していくけれど、報道し続けなければならないことがあると思います。
それに、政府は税金の使い道を間違えている。
国民の生活、意見を、ちゃんと見てますか、聞いてますか???

私の実家は仙台で、山側に家があるので、ありがたいことは津波の被害はなかったものの、
壁のあちこちに亀裂が入り、いつ壊れるかわからない状態でした。
それでも家が残って、命が助かって、どれほどありがたかったことか。
大切な方々をなくされた方の悲しみは痛々しいほどで、身につまされます。

それでも、生かされてる私たちは生きていくしかないです。亡くなった方々のためにも、
精一杯、命がつきるまで、諦めずに、前向きに。
いつ自分の周りで大地震や大災害が起こるかわかりませんから、万が一に備えておくこと。
そして、被災地の支援をできる限りやっていくこと。

今までも支援はしてきましたが、たとえば、先日、浜松の百貨店で行われていた東北物産展。
ここで、東北の商品を買うのも、小さいことではあるけれど、支援につながると思います。


懐かしいずんだ餅
枝豆の緑色がやけに鮮やかなのは着色料を使っているので買いません。原材料をちゃんと見て、シンプルなものを選びます。

叔母が手づくりしてくれたずんだ餅が、私の思い出の中で、一番おいしいずんだ餅ですが、もう叔母は天に還っていきましたので、叔母を偲びながらいつもずんだをいただきます。

そして、岩手は回進堂羊羹

以前いただいたこちらの羊羹がものすごくおいしくて感動したので、売っているのを見つけてすいよせられました(笑)
回進堂の定番羊羹には「岩谷堂羊羹」と書いてあります。これは伊達藩、岩谷堂城城主の保護奨励により城の名をつけることが許されたからだそうです。岩谷堂城は、江戸時代には仙台藩の21の要害の一つとされた城だとか(現在は城址)。

お店の人が、こんなに栗の入っている羊羹は他にはないです!!!と大絶賛するので栗羊羹を一本。でもお友だちに差し上げたので、私は ↑ こちらの季節限定のチョコレート羊羹キャラメル羊羹をいただきました。
バレンタインに合わせたのでしょうか。

パッケージデザインも昭和ちっくでかわいいし、味も、まちがいなしの回進堂です。ちゃんとチョコレートで、ちゃんとキャラメル、でもしっかり羊羹です。

仙台土産の定番、萩の月も買いましたが、こちらもお友だちにプレゼントしたので、私はまたの機会にいただきます。
コロナで仙台に帰るのも昨年から控えているので、こうした物産展はありがたいです。また開催してくださ~い!

仙台銘菓についてはこちらのブログでも書きましたので読んでみてくださいね。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください