御朱印ならぬ、御書印とは?

先の日記の続きにもなってます。
掛川さんぽ①掛川城
掛川さんぽ②掛川城御殿

掛川城と御殿を訪ね、駐車場へ戻る途中、高久書店さんで、御書印をいただきました。
御書印というのは、御朱印の書店版といえばいいでしょうか。詳しくはこちら

書店と人を結ぶ”「御書印プロジェクト」は、2020年3月1日に始まりました。まさにコロナ禍にスタートし、1年がたちます。
お友だちのSNSにあがっていたのを見て知りました。

全国各地で書店がプロジェクトに参加し、写真のような御書印をくださいます。1回200円。一番最初に行った谷島屋書店さんで、この御書印帖もいただきました(*^▽^*)

谷島屋本店さんの御書印に書かれた言葉は、

今日まで自分を導いてきた力は、
明日も自分を導いてくれるだろう。
(『新生』島崎藤村)

この藤村の『新生』って、読んだことがないのでちょっとぐぐりましたら、なんか、とんでもない内容みたいで・・・(+_+) ちょっと、私には苦手な分野で読めそうにないかなと。文豪の作品なのですごいのでしょうが、内容的に私には無理かなぁ。

高久書店さんは、掛川の商店街から消えた本屋を地元に復活させたいという思いでやはり昨年にオープンされました。
「心を込めて書かせていただきます」という店主さんの温かい言葉にジーン・・・

書いてくださったのは、先ほど目を停めた大日本報徳社さんが広めておられる報徳思想、二宮尊徳の言葉でした。
掛川といえば、尊徳さんです・・・大日本報徳社さんの許可を得て書かせていただいています、とご説明くださいました。

積小為大(せきしょういだい)

小さな事を積み重ねていけば、大きな事を為すことができる。

塵も積もれば山となる、と同じ意味ですね。小さなこともコツコツと。いきなり大きな事はできませんよ、ということです。心して毎日がんばりましょう(*^▽^*)

御書印、まずは静岡県内から・・・
コロナの様子を見ながら、他県の書店を訪ねて御書印いただきたいな~と思っています。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください