初!掛川城♪

BS朝日の『百年名家』は、静岡県内の建物を続けざまに紹介していました。

そこで、思い立って「掛川城」と「掛川城御殿」に行ってきました。
どちらも、実はまだ入ったことがなかったんです(^^;

掛川桜が咲き始めていました。
掛川桜は、カンビザクラ系統の新しい品種で、掛川市で田旗康二氏により育成。城の南側を流れる逆川沿いに約2キロメートルに渡り約300本が植えられています。

掛川城は、1854年の安政の東海大地震で損壊。
お城は再建されることなく明治に廃城し、1994年に日本初の本格木造天守閣として復元されました。

天守閣の再建にあたっては、山内一豊が築城した高知城を参考に、残された図面に基づき復元したそうです。
かかった費用は11億円で、そのほとんどは市民の寄付だったとか!!!
市民の力!すごい!!( ゚Д゚)

掛川の町を見下ろす絶好のロケーション。

天守閣にのぼるとさらに絶景!

うっすらピンク色になっている木が、掛川桜です。
満開の時は、ピンクの帯になって、きれいでしょうね!!!

↑ 掛川城から見下ろす大きな建物が、掛川城御殿。

案内に沿って、下っていきます。

掛川城を見上げる。この角度から見るお城も立派ですね。

こちらの御殿も、安政の東海大地震で倒壊。
しかし、時の城主(太田資功)によって1855~1861年にかけて再建されたのが、現在の御殿です。明治元(1868)年までの間、掛川藩で使われました。
その後も、役所として使うなどして使われ続けたため、現在に残ったというわけです。

ここが役所で使われていた部屋。柱の傷は机のあととか言っていました。

七棟からなる書院造で、部屋はそれぞれの用途に応じ約20部屋に分かれていまして、それぞれの身分によっている部屋が違うのがよくわかります。
おもしろいです。けっこう長く見て回りました。

↑ 藩主の公邸の小書院棟。

満開まではいってなかったけど、掛川桜はだいぶ咲いていて、もうすぐ春が来るんだ~~~と、気持ちが明るくなりました。

川沿いの茶屋で、期間限定のサクラ味のたい焼きをいただきました。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください