竹原訪問記 その5

竹原散歩日記、最後となります。
その1

その2

その3

その4

最後に、竹原の町並みをアップします(#^.^#)


”原だから、竹?なんでしょうか。竹モチーフがあちこちで目につきました。竹が特産というわけではないようですが、用水路をカバーするように、さまざまな所に竹の格子がかけてありましたし(↓)。


こちらは観光案内所の天井にどどーんと飾ってあった、すべて竹でできた鯉。

アニメ『たまゆら』にも出てくるのですが、毎年、竹のお祭りが開催されているんですよね。やっぱり”竹”つながりなんでしょうか。「町並み竹灯り」は、10月の最終土日に行われるようで、5,000本の竹灯篭からあふれるろうそくの灯りで幻想的に町がライトアップするのだとか。
今年は新型コロナウイルスの影響で、中止になりました。コロナが収束して、いつか行きたい!!です!!


↑こちら、そのアニメ『たまゆら』で、楓(ふう)の祖母と母が営むカフェ「たまゆら」として描かれたカフェ。本当の名前は「ゆかり」というのですね。休業されていて入れませんでした(;O;) 残念。


↑ 小路(しょうじ)と呼ばれる狭い路地が、メイン通りから何本もあり、こういう路地から、人々の生活感がにじみでているので好きです。路地って、思わず入ってみたくなるんですよね。


軒先に飾られている花は、観光客をお迎えしようという各戸の気持ちの現れなんだとか。歴史ある町を大切に守りたいと、住民のみなさんが自主的に始めたそうですよ。素敵な取り組みですよね。


こちら、市の重要文化財になっている「松阪邸」の格子なのですが、これ、嵐が出演っしたJAL先得のCM「幸せのハート」篇(2019年6月から放映された)の撮影地になったところ。嵐がハートを探すというCMです。
私が住む東海地方では放映されていませんので(-_-;) 知りませんでした。動画で見て、あ~~ここだ~~~と。
実は、嵐が来たところがあるよ、って、歩いている私たちに教えてくれたおじさんがいまして。意味がわからなかったのですが、写真だけ撮って、家に帰ってCMをチェックしたというわけです。
ハートマークは、猪目(いのめ)という伝統的な日本の紋様だそうです。イノシシの目を表していて、魔除けや火除けの意味があるとか。日本の神社とかでも見られるようですよね。

とても暑い日で(行ったのは7月ですから(^^;)、海が近いからか、意外とじっとりとした暑さに、途中で喉がかわいて、途中で蔵カフェで休み、体力を補充。暑くても、雨が降るよりよかったかな。とても気持ちのいい散策ができました。

午後3時過ぎに岡本さんとおわかれして、私はJR呉線→山陽本線と、各駅停車を乗り継いで(三原で新幹線に乗り換えてもあまり到着時間が変わらなかったので安い方で(;^ω^))倉敷へ向かいました。


電車の中からはずっと、瀬戸内海が見えました。おだやかで美しい瀬戸内海。癒されます。
天気は途中まではよかったのですが、天気予報通り、もくもくと雨雲が出てきて真っ暗になり、雨がドシャ―っと降ってきました。竹原で雨に降られなくて本当に幸運でした。
土砂降りでしたが、私は三原での乗り換え時以外はずっと電車の中だったので安全でした、そして倉敷駅に着いた頃には雨はやんでいて、が出ていました!!


大きくて、きれいな虹のアーチ。駅にいたみなさん、携帯で写真を撮っていましたよ。

竹原まで行ったのなら、うさぎの島で知られる大久野島にも行きたかったですが、時間がないので、また今度の楽しみにします。早く、コロナが収束に向かいますように・・・。

 

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください