若草物語の家へ心を寄せてください

今日は『赤毛のアン』の作者ルーシー・モード・モンゴメリの誕生日です。1874年11月30日生まれ。146年前です。
時はどれほど過ぎても、モンゴメリが残した作品は色あせず、多くの人を楽しませ、元気づけています。

そのモンゴメリが好きだった作者がルイザ・メイ・オルコットです。有名な作品は、そう、『若草物語』。
オルコットが住み、物語の舞台としても知られる家「オーチャードハウス」は、現在もアメリカ・マサチューセッツ州に残っていて、一般に公開されています。モンゴメリも、ここを訪ねているんですよ。

私も、2019年にツアーを企画させていただき、参加者さんと訪ねました。

まさか、一年もたたないうちにコロナによって世界中が大変な状態になるとは、思いもしませんでした・・・。
現在、コロナ禍のためオーチャードハウスは休館中ですが、維持管理は非営利団体によって続いています。
そんな中、10月に大きな嵐に見舞われました・・・。

猛烈な暴風雨により、木々が倒れ、電柱も折れてしまったそうです。
その復旧と、今後の災害対策のための募金活動をされています。

全世界的なコロナ禍で、私を含め、みなさん大変だとは思いますが、もし少しでもお心を寄せていただけたらと、喜久子ミルズさんが、日本語の募金案内を作られ、送ってくださいました。PDFです。
読んでいただけましたら幸いです。

2020秋自然災害オーチャード・ハウス緊急募金のお願い


許可を得て、喜久子さんが撮影して送ってくださったオーチャードハウスの現在の様子。大変な状況の中でも少しずつ復旧が進んでいるようです。

コロナ禍の中で、少しでも私たちファンに楽しんでもらえたらと、バーチャルツアーも行われており、以前私も日記でそれにふれています。
以下、ご覧になってみてください。

オーチャードハウス展示品オンライン案内

オーチャードハウスバーチャルツアー

2019年にツアーで行った私の日記は以下です。よかったら読んでみてください♪ 1~17まであります。

ニューイングランドツアーその1

ニューイングランドツアーその2(オーチャードハウス)

ニューイングランドツアーその3(オーチャードハウス)

ニューイングランドツアーその4(コンコードの町)

ニューイングランドツアーその5(ウォールデン湖、フルートランド・ミュージアム)

ニューイングランドツアーその6(ネイティックモール)

ニューイングランドツアーその7(ターシャ・テューダーの庭)

ニューイングランドツアーその8(ターシャ・テューダーの庭)

ニューイングランドツアーその9(オールド・スターブリッジ・ビレッジ)

ニューイングランドツアーその10(オールド・スターブリッジ・ビレッジ)

ニューイングランドツアーその11(ボストン美術館)

ニューイングランドツアーその12(ボストン観光)

ニューイングランドツアーその13(ビーコンヒル)

ニューイングランドツアーその14(パブリックガーデン)

ニューイングランドツアーその15(クインシーマーケット)

ニューイングランドツアーその16(ティーパーティミュージアム)

ニューイングランドツアーその17:最終回(カフェ&ディナー)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください