静岡市さんぽ その1:日本平夢テラス

昨日、静岡市でガーデンアフタヌーンティーのお茶会をさせていただいたことを書きましたが、実は今回、GO TOトラベルを使って、一泊して観光もしてきたんです。
お茶会の前日に泊まりました♪
静岡市は、高速道路使っても1時間以上かかるので、なかなか、ゆっくり、観光することができなかったので、GO TOキャンペーンはいいきっかけになりました。

朝一で行ったのは、日本平夢テラス
2年前にオープンした展望施設です。標高307mの日本平山頂からは、富士山や駿河湾、三保の松原、伊豆半島などが一望できるというので♪

だいぶ前に、日本平ロープウェイまでは来たことがあり、ロープウェイで久能山東照宮へとくだって、東照宮を観光しました。
その時に、日本平動物園は時間がなくて行けなかったので、今回は日本平動物園が一番の目的地。

夢テラスは、そのロープウェイよりもさらに上に建てられています。自分の車で行ったので、車酔いはしませんでしたが(^^; けっこうなくねくね道で、誰かに乗せて来てもらったら、酔ってしまったかもしれません・・・(*_*)

駐車場から坂をあがっていくと、どどーんとそびえる展望台。建物は、あの隈研吾氏がデザイン。 法隆寺の夢殿にヒントを得た八角形で、木材がふんだんに使われています。

コロナ対策の消毒、検温。
一階は展示エリアで、「日本平」の歴史、地形の成り立ちなどが、わかりやすく説明されています。

2階はカフェ。メニューにスコーンがあったので、どうしても食べたくなり、3階の展望回廊行く前に一休みしちゃいました(^^;
この日の一番乗りのお客です(笑)
だって、コロナ対策で、館内は一方通行だったので、3階の展望フロアに行ってからカフェに来るとなると、一度一階に下りてまたのぼってこなくてはいけないんです(それはすごく面倒でしたから)。


スコーンとのセットはないというので、スコーン和紅茶を単品で頼みました。ティーポットで出してほしかったけど、そこまではできないのかな・・・。


窓の下には庭園も見えて、気持ちのいい場所ですね。


この日は天気が良く、富士山もよく見えました。ただ、雪が解けてしまって、茶色い富士山だったのが残念。でも、眺望に恵まれたことだけでラッキーですよね。
ガラス窓にも富士山があしらわれています。


2階のカフェからの眺めでも十分満足できますが、3階の展望回廊はもっと上なので、さらに期待がふくらみます。


おおおお~~~~(≧▽≦) いい眺め~~~!!!!
HPによると、夜景もきれいだそうですよ。

カフェで食べている途中から、高校生の集団がどんどん、どんどん、どんどん、切れ目なく入ってきて騒がしくなりました。課外授業?みたいです。
平日だからすいていると思いきや、意外とお客さんは次々とやってきてました。やっぱり観光地なんだなと実感。

密を避けるように展望回廊を歩いて、写真を撮って、早々に退散。先にカフェに入ってよかったです。
いよいよ、目的地の日本平動物園へ向かいます!!

(つづく)

—————————–

オリジナル小説を、【小説投稿サイト 小説家になろう】というサイトにアップしています。無料で読めますので、ぜひ、読んでみてください!(^^)!
携帯でもパソコンでもOK。読むだけでしたら、会員登録もいりません(ブックマークに登録する場合は会員登録が必要)。

★★「勝軍地蔵 お頼み申す」→ https://ncode.syosetu.com/n5652gg/
中学生の女の子が、突然現れた勝軍地蔵様からお願いされたこととは…??
これは、地元・浜松の秋葉神社信仰をヒントに書いたファンタジーです。

★★「念いのかけら」→ https://ncode.syosetu.com/n7968gc/
『赤毛のアン』へのオマージュで書いた小説です。これがネット小説第一号でしたが、サイトが閉鎖されてしまいましたので、新しく、大幅に加筆して再公開しました。赤毛のアンの舞台になったプリンス・エドワード島に住んでいた私の実体験をもとに、一人の少女の成長物語を描きました。

★★「おれは女子高生」→ https://ncode.syosetu.com/n8540gc/
私自身の、女子高校時代を懐かしんで書きました。ラノベ、ラブコメといえなくもない…(笑)だんだん女子高、男子高がなくなっていくのが寂しいです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください