タータンのホテル@大阪:後編

前編(https://mikiokuda.com/2020/10/30/hotelit1/)のつづきで、タータンのホテルでのアフタヌーンティー
アフタヌーンティーをいただくのはホテルのロビーラウンジ。


タータンのクッションがあるだけで、甘すぎないシンプルでモダンな雰囲気が大人~~。


10月はハロウィン・バージョンです。ワンプレートのアフタヌーンティーとは知っていましたが、な、なんと大きなプレート!!!
ミニサイズのフードがたくさん!!しかもどれも秋、ハロウィン仕様になっていて、ヴィジュアル的にもかわいすぎる~~(≧▽≦)


クランベリーのジュレ~ビーカー血液風~
かぼちゃのプリン
キャラメルのジェラート~ベリーソース~
*ベリーソースも血に見えるのでハロウィンにぴったり(;^ω^)


紫イモのタルト
棺桶をイメージした棺桶クレープ


妖怪バーガー
スコーンには、柿のコンフィチュールが添えられてました。
かぼちゃや、おばけのクッキーもいいアクセント♪


2ドリンク付きで、ホットの紅茶はティーポットで来ます。
マットな質感のティーセットもいい感じ。
ゼブラのバンズのフルーツサンドも、和栗のティラミスも、もう、どれもこれもがおいしかった!!!!
ボリュームもたっぷりで、おなかがはちきれそう。

泊まっていなくても、アフタヌーンティーはできるようです。機会があったらまたここでアフタヌーンティーしたい!!と思いました。おススメです(*^^*) もちろんホテルも!

—————————–

オリジナル小説を、【小説投稿サイト 小説家になろう】というサイトにアップしています。無料で読めますので、ぜひ、読んでみてください!(^^)!
携帯でもパソコンでもOK。読むだけでしたら、会員登録もいりません(ブックマークに登録する場合は会員登録が必要)。

★★「勝軍地蔵 お頼み申す」→ https://ncode.syosetu.com/n5652gg/
中学生の女の子が、突然現れた勝軍地蔵様からお願いされたこととは…??
これは、地元・浜松の秋葉神社信仰をヒントに書いたファンタジーです。

★★「念いのかけら」→ https://ncode.syosetu.com/n7968gc/
『赤毛のアン』へのオマージュで書いた小説です。これがネット小説第一号でしたが、サイトが閉鎖されてしまいましたので、新しく、大幅に加筆して再公開しました。赤毛のアンの舞台になったプリンス・エドワード島に住んでいた私の実体験をもとに、一人の少女の成長物語を描きました。

★★「おれは女子高生」→ https://ncode.syosetu.com/n8540gc/
私自身の、女子高校時代を懐かしんで書きました。ラノベ、ラブコメといえなくもない…(笑)だんだん女子高、男子高がなくなっていくのが寂しいです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください