タータンのホテル@大阪:前編

GO TOキャンペーンで大阪に行こうと思った一番の理由は、泊まりたいと思っていたホテルが安くなるから(;^ω^)
今年2020年にオープンしたばかりの「hotel it.osaka shinmachi」がそれ。
私はあまりホテルにこだわりはなく、寝るだけの時が多いので、安いところに好んで泊まることがほとんど。

でも、このホテルは――タータンがキービジュアル(広告においてメインになるイメージ画像のこと)になっていたから。
日本のホテルで、タータンをこんなに重要な位置にあげているところはおそらくないので、興味がありました。
コロナ禍でのオープンで、泊まりに行けなかったのですが、GO TOキャンペーンで思い立ちました。阪急英国フェアもありましたし!

ホームページによると、hotel it.がタータンの布地をキービジュアルにしたのは、運営会社が以前「繊維商社」だったかららしいです。
ブランド展開にあたり、世界でひとつだけのオリジナルタータンチェックをデザインし、織られた5色の糸には、hotel it.が持つ5つのDNAを込めたとのこと。
white――hospitality
blue――positive
green――unite
red――exite
black――infinity

このオリジナルタータンがタータン登記所に登録しているのかどうか、ホテルに問い合わせしているのですが、3週間たった今もお返事がないのです。
せっかくの素敵なホテル、タータンをキービジュアルにし、このタータンのグッズも販売しているのですから、タータン登記所への登録はしていてほしいな。


時期的に、ハロウィンのディスプレイがしてありました♪


エレベーターの中もタータン~~(≧▽≦) テンション上がる~~。


シングルで十分なんですが、せっかくGO TOで安くなるので、広いツインをセレクトしちゃいました(通常なら考えられない贅沢・・・(笑))


ドライヤーが入っています。さりげないところにタータンをあしらっているのが上手でセンスがいいですよね。

な、なんと、アフタヌーンティー付きというプランがあったので、もちろん、それを選びましたよ~~~(#^.^#)
それについては次回の後編で♪

—————————–

オリジナル小説を、【小説投稿サイト 小説家になろう】というサイトにアップしています。無料で読めますので、ぜひ、読んでみてください!(^^)!
携帯でもパソコンでもOK。読むだけでしたら、会員登録もいりません(ブックマークに登録する場合は会員登録が必要)。

★★「勝軍地蔵 お頼み申す」→ https://ncode.syosetu.com/n5652gg/
中学生の女の子が、突然現れた勝軍地蔵様からお願いされたこととは…??
これは、地元・浜松の秋葉神社信仰をヒントに書いたファンタジーです。

★★「念いのかけら」→ https://ncode.syosetu.com/n7968gc/
『赤毛のアン』へのオマージュで書いた小説です。これがネット小説第一号でしたが、サイトが閉鎖されてしまいましたので、新しく、大幅に加筆して再公開しました。赤毛のアンの舞台になったプリンス・エドワード島に住んでいた私の実体験をもとに、一人の少女の成長物語を描きました。

★★「おれは女子高生」→ https://ncode.syosetu.com/n8540gc/
私自身の、女子高校時代を懐かしんで書きました。ラノベ、ラブコメといえなくもない…(笑)だんだん女子高、男子高がなくなっていくのが寂しいです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください