倉敷散歩 その4

倉敷旅行記、つづきです。
その1→https://mikiokuda.com/2020/10/02/kurashiki1/
その2→https://mikiokuda.com/2020/10/09/kurashiki2/
その3→https://mikiokuda.com/2020/10/10/kurashiki3/

表通り(倉敷川沿い)と違って、裏通りのほうは生活感があって、素朴な雰囲気が残っていて、好みです。

本町通りを、東町のほうへ、どんどん歩いていきました。


和雑貨「Gocha」さんで、てぬぐいと小さな風呂敷(お弁当包み?)を購入。倉敷の町が描かれているオリジナル。


阿智神社、鶴形山公園へつながる階段のあたりから先、東町のほうまで歩いてくる人は少ないらしく(もったいない…)、本当に静かになります。
公園までのぼると眺めがいいらしいのですが、暑くてのぼる気力が出ませんでした・・・。(これもまた今度の楽しみに)


車道を渡って、東町へ。雑誌の取材の時も、ここまで足を延ばした記憶がよみがえりました。ものすごく遠かったイメージがありましたが、歩いて10分かからない距離でした。記憶はあいまいですね(;^_^A


倉敷のマンホールは、市の花「藤」のデザインでした。

東町の「アモルフ」という文具屋さんに入ったら、かわいいメモ帳を自分仕様で作れるというので作りました(*^^*)


好きな表紙と、中の紙を選んで、自分で穴をあけて、好きな色のリングを通すんです。
おもしろかった!!!(こういう作業、大好き♪)

来た道を、お店をのぞきながらぶらぶらと戻り、「林源十郎商店」さんへ。展望テラスがあるというので、のぼりました~。
うわ~本当にいい眺め!!屋根瓦がきれいですね~。
このお店の敷地内にはカフェや洋服屋さんが集まってて、門を抜けると「倉敷物語館」へとつながっていました。庭が休憩所みたいになっていて、まったりできます。


「奈良萬の路地」。こういう路地に心惹かれる~~~。
この路地を抜けて、また倉敷川沿いに出ました。これでぐるっと、一周しました。

(旅行記はつづく)

—————————–

オリジナル小説を、【小説投稿サイト 小説家になろう】というサイトにアップしています。無料で読めますので、ぜひ、読んでみてください!(^^)!
携帯でもパソコンでもOK。読むだけでしたら、会員登録もいりません(ブックマークに登録する場合は会員登録が必要)。

★★「勝軍地蔵 お頼み申す」→ https://ncode.syosetu.com/n5652gg/
中学生の女の子が、突然現れた勝軍地蔵様からお願いされたこととは…??
これは、地元・浜松の秋葉神社信仰をヒントに書いたファンタジーです。

★★「念いのかけら」→ https://ncode.syosetu.com/n7968gc/
『赤毛のアン』へのオマージュで書いた小説です。これがネット小説第一号でしたが、サイトが閉鎖されてしまいましたので、新しく、大幅に加筆して再公開しました。赤毛のアンの舞台になったプリンス・エドワード島に住んでいた私の実体験をもとに、一人の少女の成長物語を描きました。

★★「おれは女子高生」→ https://ncode.syosetu.com/n8540gc/
私自身の、女子高校時代を懐かしんで書きました。ラノベ、ラブコメといえなくもない…(笑)だんだん女子高、男子高がなくなっていくのが寂しいです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください