倉敷散歩 その1

前の日記で、小さな畳を倉敷で買ったことを書きました。
コロナ禍ではありますが、岡山で働き始めた息子と、お世話になっているお友だちに会うために、行ってきました。お友だちとは会う約束をずっと前からしていたのですが、コロナのためにのびのびになっていたのです。

せっかくなら、倉敷美観地区を久しぶりに散策したいな、と思い、美観地区のそばのホテルに一泊しました。(息子の部屋は汚部屋ですから泊まれません……(;^_^A 息子の仕事に支障があるといけないし)


息子の仕事が終わる夕方に落ち合い、夜は倉敷ラーメンをいただきました。岡山や倉敷の食材を使ったという、煮干しラーメン。
コロナのため、お店の中では余計な会話は禁止、食べる時以外はマスク着用です。人気店らしく、お客さんがたくさんいましたが、みなさん、しーんとして黙々とラーメンや餃子をいただいてました。寂しいけど、でもみなさんがマナーを守っていると安心感あります。

明日も仕事があるというし、美観地区周辺のお店はもう終わっているし、私はお酒は飲まないし、おなかもいっぱいなので、お店を出たあとは、美観地区を二人でブラブラと散策しました。


夕方から夜になっていく、静かな町の様子を垣間見ることができました。


7~8年前でしたか、山口に向かう途中、家族で一泊したアイビースクエアにも立ち寄りました。全然変わってないです。


美観地区の写真には必ず登場する、中橋のあたり。さすがに夜は誰もいません。
上の写真の洋館風の木造の建物は、1917(大正6)年に倉敷町役場として建てられたもの。現在は観光案内所になっています。


美観地区名物の、川舟流し。明日の出番を待ってお休み中。
こうして、静まり返った町並みの中にいると、江戸時代にタイムトリップした気分になりますね。

美観地区に来たのは、これで三度目です。
初めて訪れたのは、30年以上前((+_+)) おそろしく長い時間がたちました…。
当時勤めていた編集プロダクションで、女性誌『SAY』(青春出版社)という雑誌の、旅ページを受けていて、私たち編集者が順番で取材旅行に行かせてもらっていました(時はバブル時代!海外にも行かせてもらったんでした(≧▽≦))。


↑その時の旅ページがこれ。カラー6ページ。自分が関わった作品はしっかりファイリングしてありました(納戸を探したら出てきた)。
まだぺーぺーだった私は、泊りがけで取材に行かせてもらうという大役をいただいて、ものすごく緊張して、力が入っていました。やる気満々でした(^^ゞ
必死で、がんばって書いた記事を今、読み返してみましたら、あら、すごくいいじゃない!?? 手前みそながら、よく書けています。そのまま、今の旅雑誌に載せても通用するくらい、しっかり書いてありました。ふむふむ…すごく勉強になりました(笑)
がんばったね、当時の私!!!

もちろん、書いた私の名前は明記されていませんが、カメラマンの名前はありました。「柿沼隆」さん。
一緒に歩いて、取材をしていただいたはずなのですが、記憶がまったくなく…(なんて恩知らずな…。きっと、たくさんお世話になって、いろいろ教わったでしょうに…。ただでさえ、物忘れのひどい私なので、たくさん恩知らずをしているはず…(;_:))。
検索してみましたら、柿沼カメラマンは、現役最高齢のカメラマンとして映像が残っていました。お顔を見たら、ああ、この方と一緒にお仕事させていただいた…という記憶がぼんやりとよみがえってきました。おだやかで、優しい方だったと。残念なことに、2013年にご病気でお亡くなりになられていたことを知り、ものすごくショックでした。
逆算したら、柿沼さんはこの倉敷取材時、今の私とほとんど同じ年齢だったのです。
確実に、時は流れ、決してとまることはないんですね。思い出だけが残る。
あまたある仕事の、そのひとつをご一緒できたことには、きっと意味があると思います。そのことに感謝します。柿沼さん、ありがとうございました。

いつものごとく、旅日記は続きます(^^;

—————————–

オリジナル小説を、【小説投稿サイト 小説家になろう】というサイトにアップしています。無料で読めますので、ぜひ、読んでみてください!(^^)!
携帯でもパソコンでもOK。読むだけでしたら、会員登録もいりません(ブックマークに登録する場合は会員登録が必要)。

★★「勝軍地蔵 お頼み申す」→ https://ncode.syosetu.com/n5652gg/
中学生の女の子が、突然現れた勝軍地蔵様からお願いされたこととは…??
これは、地元・浜松の秋葉神社信仰をヒントに書いたファンタジーです。

★★「念いのかけら」→ https://ncode.syosetu.com/n7968gc/
『赤毛のアン』へのオマージュで書いた小説です。これがネット小説第一号でしたが、サイトが閉鎖されてしまいましたので、新しく、大幅に加筆して再公開しました。赤毛のアンの舞台になったプリンス・エドワード島に住んでいた私の実体験をもとに、一人の少女の成長物語を描きました。

★★「おれは女子高生」→ https://ncode.syosetu.com/n8540gc/
私自身の、女子高校時代を懐かしんで書きました。ラノベ、ラブコメといえなくもない…(笑)だんだん女子高、男子高がなくなっていくのが寂しいです。

“倉敷散歩 その1” への4件の返信

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください