九州新幹線に乗った!

先日の九州旅行の続きです。
 佐賀をあとにして向かったのは、熊本県水俣市。和紅茶の取材です。新鳥栖駅で、九州新幹線に乗り換えました。私にとっては、初!!九州新幹線乗車です。
 偶然にも、「つばめ」に乗ることができましたあ~~~(●^o^●)


 入ってすぐのデッキ部分は、なんと真っ黒!! この落ち着きは何??? そして、客室へ入ると白を基調にした明るさ! このギャップがすごい。きょろきょろしてしまいましたよ(^_^;)
 座席シートは西陣織だそうで、日本の古代模様をリデザインしたオリジナルだそうです(あとから調べた(^_^;))。色は三色あるそうですよ! 手すりは木、桜材だとか。通路側だったのでよく見なかったのですが、ブラインドは暖簾のようなつくりだそうで、地域の素材や、日本の伝統工芸技術を取り入れたのだそうです。
「ななつ星」を手がけた工業デザイナー・水戸岡鋭治氏が手がけたとあって、かなり話題になっているとのこと。いや~、かっこいい!! つばめに乗れてラッキーでした。(帰りは新水俣駅からまた九州新幹線に乗ったのですが、普通の新幹線車両でした(;O;))
 本当は、帰りは、肥後おれんじ鉄道に乗ろうと思っていたのです。で、話題の「動くレストラン おれんじ食堂」で、食事しよう!!と計画し、予約の電話を入れたところ……12月末~3月末まで運休しているというのです……。がーん。またしても。よくよくHPを見たら書いてあったのに、私がうきうきしすぎて見落としていたのですね(・_・;)  そんなことで、またの機会に、となりました。
 肥後おれんじ鉄道の「水俣駅」の駅舎は、これまた水戸岡氏がデザインしたもので、去年2015年に大規模改修が完了したばかり。この駅舎を見にくる方も多いとか。きれいな駅舎の中には、ガラス張りのおしゃれなカフェがあり、そこで和紅茶がメニューにあり、販売もされていましたよ!


 その名も「MINAMATAYA」。時間がなくてお茶できませんでした、残念。
 水俣病を体験した水俣市は、それを教訓に、環境モデル都市宣言をおこない、ごみの分別や環境ISO制度など、徹底した取り組みを行っています。私が滞在したのはほんのちょこっとでしたが、海あり、山あり、自然豊か、食材も豊富で、とてもいいところでした。また来たいと思います!!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください