新潟観光ふたたび

富岡製糸場をあとにし、目的地・新潟へ。群馬県から新潟県へつながるトンネルを抜けたとたん! 大雨が……。群馬県はあんなに晴れていたのに、こんなに違うものなのでしょうか、びっくりぽんです。
 夕方に息子と落ち合い、夜はやっぱり、鮮魚でしょう! ということで鮮魚問屋が営む「港食堂」へ。海鮮丼と猟師汁を堪能しました。 

 翌日、主人は仕事へ。私は、今回はどこを観光しようかなと迷っていた時に「行形亭・北方文化博物館新潟文館・旧斎藤家別邸 お食事・見学パック」を見つけ、それを利用しました。新潟の有名な料亭「行形亭(いきなりや、と読むそうです)」さんでのミニ会席と、2つの施設の入場券付きです。
 旧斎藤家別邸は、新潟の三代財閥のひとつ、斎藤家の別荘。大正7年の建築。有名なのは庭園で、建物との一体感を狙った巧みな演出がされています。

 入ってすぐの大広間から一望できる、見事な池泉回遊式庭園。思わずおお~~っと声が出てしまいます。

 紅葉にはちょっと早かったですが、でもだいぶ色づき始めていました。


 上の写真は二階の大広間。一階と二階と、高さは違いますが、どちらも庭園が見渡せます。パックを利用した人にはハーブティーを出してくださいました。

 外に出て、庭園内を散策もできます。滝、茶室、雪見灯籠、巨石など、ところどころにポイントがあり、飽きさせません。建物と庭との一体感は、庭から見ても感じられますね。このあと雨という予報通り、どんどん空が暗くなっていきます……。
 授業を終えて時間があいた息子が合流し、一緒に北方文化博物館分館も見学。ここは会津八一が暮らした家。八一と、良寛の展示が充実しています。このあと、行形亭での昼食です。会席料理は、普段ではいただけないものですし、高級料理店での食事となればなおさらのこと。このパックのおかげで、老舗料亭の雰囲気を味わうことができました。

 旧斎藤邸別邸の隣りに位置し、木戸を抜けるとまたしても和風庭園が広がり、お店の方が玄関に立っていて出迎えてくれました。(帰りは女将さんらしき方が出てきて挨拶をしてくださいました。さすが老舗料亭です)

 学生の息子にはちょっと過ぎたお高い昼食ではありましたが、こういう経験も必要なのかなとふんぱつして息子の分も申し込み。美しいミニ会席を、静かな雰囲気の中でいただくことができました。
 息子はこのあと授業のため、ここでお別れ。元気でがんばっている様子にほっとしました。これで私の新潟観光もおしまい、次はいつ来る機会があるでしょう。今度は佐渡に行きたいな~。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください