世界遺産:富岡製糸場へ

大学生の息子が暮らす新潟を訪れたのは今年の6月ですが、先週、また新潟へ行ってきました。偶然にも主人が仕事で新潟へ出張になり、それについていったのです。
 交通費を浮かせるべく、自家用車で出発。圏央道ができたので、都内の混雑を避けることができます。新潟に行く途中、行きたかった富岡製糸場に立ち寄ってもらいました。歴史的な建物(特に洋館)が大好きな私、ずっと行きたいと思っていたのです。
 水曜日だったので、本当は富岡製糸場は休館なのですが、ネットで調べたら、偶然にも、先週の水曜日は「群馬県民の日」ということで開いていました。

 チケットを買うための混雑が予想され、ネットで調べたら、近くの物産館でもチケットが買えると書いてあったので、一足早くオープンする物産館へ行って、チケットをゲット。開門と同時にすんなりと入れましたよ。

 いの一番に写真を撮ったので、人のいない写真が撮れました~。はまっている「トイカメラモード」で撮影するとこんな感じ↓

 当時は電灯がなかったため、自然光を取りこむためにたくさんの窓が作られています。

 これは国宝の「繰糸場」。繭から生糸を取る作業が行なわれていた建物で、長さ140m、高さ12mという、一歩入るとおお~~~という迫力です。創業当時はフランス式の繰糸器300釜が設置され、世界最大規模の製糸工場だったそうです。しかしながら、迫力の器械が、ビニールで覆われていたのはちょっと……。透明なビニールだけれど、様子が全然わからないですよ~(>_<) ビデオではその様子を上映していましたが、実演もなく、ビニールに覆われている工場だけを見てもちょっと残念な感じです。  ここは土日祝日には繰糸器や座繰りの実演が見れますが、平日は残念ながらやっていません。やってくれるといいんですけどね……入場料も1000円とお高いですし。そういうわけで、実演がないため、見るものは、建物の外観と中の一部のみ。ちょっと物足りない感じもしますので、多くの方はガイドツアーを申し込んでいて、ガイドツアー待ちの行列ができていました。平日というのに大勢の人、それも団体客でごった返していました。土日祝日はどんなに混むのでしょう……。私たちは混雑を避けたいほうなのでガイドは申し込まず、自由に見学して帰ってきました。 
 群馬県民の日だからか(?)、富岡市のイメージキャラクター「お富ちゃん」がいましたよ。お富ちゃんのプロフィールを見たら、14歳の少女でした。物産館ではお富ちゃんの顔のクッキーなんかも売っていたので、記念に購入(100円と安い!)。また、富岡製糸場の売店では、工女さんも愛したカレーというネーミングの、市内の高田食堂さんのカレー(のレトルト)も買ってきて、家で食べました! 夜遅くまで働いていた工女さんたちは夜食にこのカレーを食べて仕事に励んだんだとか。

 かな~りの辛さです!!! 甘口カレー党の私にはきつかったけれど、辛党の主人はおいしく食べてましたよ。
 製糸場は群馬の日でたまたま開いていましたが、周辺のお店は水曜定休で閉まっているところが多く、私が行きたかった「富岡紅茶」を売っている「まるいち園」さんもお休みで……(;O;) これから行かれる方は水曜日は外した方がいいですよ。
★、私の新刊『紅茶をめぐる静岡さんぽ』(マイルスタッフ)の出版記念イベントのご案内です。
「国産紅茶で”和のアフタヌーンティー”を楽しみませんか」
 著者である私と一緒に、国産紅茶を飲みながら、このイベントのために特別に作っていただいたアポロン特製“和のアフタヌーンティー”を楽しんでみませんか。和紅茶についてもご説明させていただきます。
2015年11月15日(日) 14:00~15:30
場所:カフェアポロン(浜松市東区上西町1332‐1)
定員:6名(残4名)
参加費:2,000円(アフタヌーンティー、トーク等すべて込み)
場所:カフェアポロン(浜松市東区上西町1332-1)
予約先:アポロンさんまで 053(467)3577
『フレンチシェフが作るスペシャルデザートフルコース』
フレンチのコースをデザートで表現した、中道シェフならではの特別メニューは見逃せません。
2015年11月24日(火)15:00~16:30
参加費:3000円(スペシャルアフタヌーンティー、和紅茶セミナー等すべて込み・税込み)
場所:フランス料理メゾンナカミチ(浜松市西区入野町1900-37 サンステージプライム1F)
定員:各18名(予約制・残15名)
予約先:053(489)3733  フランス料理メゾンナカミチさんまで

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください