香りの企画展

浜松のお隣、磐田市にある「磐田市香りの博物館」は、私のお気に入り。小さいながらも、魅力的な企画展をされます。
 10月12日(月・祝)までは、「こんぺいとうは異国の香り 南蛮ロマン物語」をやっています。終わりごろになってしまいましたが、昨日、お友達と一緒に行ってきました♪
 戦国時代、ポルトガルやスペイン人がやってきて始まった「南蛮貿易」。カステラも、こんぺいとうも、天ぷらも、カルタも……さまざまなものが、海の向こうからやってきたのです。
 香りの博物館ですから、スパイスやハーブといった、香りを知ることもできます。日本人にとっては、いい香りとはいえないものも……でも、当時の人々はこれにくらっときたんでしょうか。

 なかなか楽しめる展示ですよ♪ 来週の月曜日、12日までです! ご興味のある方はお早めに~~。
 そして、次の企画展は。「日本茶の香り展」。10月24日(土)~1月17日(日)まで。マンガ「茶柱倶楽部」と巡るお茶の世界、だそうです。これまたおもしろそう。「茶柱倶楽部」のマンガは、お茶関係者からもおもしろいと評価が高い作品。私はまだ読んだことがないので、この機会にと思っています。ちゃんと、現地まで取材に行って描いているそうですよ。

 企画展のたびに行っているので、年間パスポート(1000円)買えば???と、お友達。それもそうですね。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください