最近読んだおすすめの本


創刊号「つるとはな」 人生の先輩に聞く、というサブタイトルのように、経験を重ねた高齢の方々の生き様や考え方を知るという雑誌。肩肘張らず、ぱらぱらっと気軽に読めるまったり加減がいいですね。
図説英国貴族の令嬢」(河出書房新社) 村上リコさんの英国シリーズはどれもおもしろいのでおすすめ! 令嬢もいろいろ大変なんですねー。
 ちなみに、同じ図説シリーズで、私の『図説赤毛のアン』と、『図説タータンチェックの歴史』、おかげさまで売れ行きは順調です。一生懸命書いた本です。興味のある方、ぜひご覧になってくださいね!
シャーロック・ホームズと見る ヴィクトリア朝英国の食卓と生活」(原書房) 表紙のデザインも好み~~。中身は情報がびっしり。読み終わるのに時間がかかりましたが、ここまで調べたか!!!と、感動を覚えます。私はシャーロック・ホームズは数冊しか読んだことがなく、大ファンということはないですが、ストーリーを知らなくても、当時の食生活や暮らしぶりがよくわかるので楽しく読めました。
 上記2冊からわかるように、私は英国のヴィクトリア朝がけっこう好きなのです(『赤毛のアン』の時代背景はヴィクトリア朝と重なるし、作者の祖先は英国からの移民ですので)。そういうわけで、NHKでドラマ「ダウントンアビー」のシーズン2が始まって、はまっています(●^o^●)
 それから、静岡県に関する本を2冊。
「静岡 とっておきの雑貨屋さん」(メイツ出版)  私もライター&カメラマンとして、何軒かお手伝いをさせていただきました! 雑貨好きの方なら必携です!
静岡 本のある場所」(マイルスタッフ発行 インプレス発売) ライター仲間の清水さんが、静岡県内の本にまつわるブックカフェや書店などを紹介しています。先日は、出版記念のイベントがあり、行ってきました! サインもしていただきました(^O^)/ 本のある空間、いいですね。知らないお店もいろいろあったので、少しずつ訪ねていきたいと思いました。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください