静岡英和の紅茶

NHKの朝ドラ『花子とアン』が終わりましたが、翻訳者・村岡花子さんつながりのお話。花子さんが英語力をつけたのは、10歳から転入したミッションスクール「東洋英和女学校」でした。東洋英和女学校は、カナダ人宣教師がつくった女性のための学校です。東京のほか、姉妹校が山梨と静岡にありました。東洋英和女学校を卒業後、花子さんは、山梨英和女学校の英語の先生をつとめています。(ドラマでは尋常小学校の先生になっていますが、実際は違います)
 この3つの学校は現在も多くの学生の学び舎になっており、 東洋英和女学校のHPを拝見しましたら、花子さんの特設ページがありましたよ。
 静岡英和女学校は現在「静岡英和女学院中学校・高等学校」です。9月には村岡恵理さんがいらっしゃって講演をされたそうです。
 朝日テレビカルチャーさんでの、私の赤毛のアンの講座を受講くださった方から、この静岡英和女学校の紅茶と珈琲をいただきました♪

「英和会」というPTAや同窓生(現&OB)などの組織が、学校を支える活動の一つとして販売されているとのこと。紅茶も珈琲も、フェアトレードのものです。どちらもおいしく、聞くと世界各地の生産者から品質のよいものを直接購入されている業者さんだとのことです。
 一般の人も購入可能だそうですので、学校の応援もかねていかがですか。私は花子さんと関係のある学校の紅茶というだけでうれしかったです♪
 朝日テレビカルチャーさんでの赤毛のアンの講座は10月~12月まで、3回延長しました(^O^)/ 詳細はこちら。申し込み受け付けております。国産紅茶のテイスティングセミナーも開催します~
ご興味がありましたらぜひぜひ。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください