やきものの散歩道@常滑

お盆休みのことをUPし忘れていました(^_^;) 混雑がわかっているので遠出はしなかったのですが、一日だけ、愛知県の常滑まで車で足をのばしました。主人がコストコを見たいというので…。とはいえ結局、大混雑だったので会員登録もせずに様子だけ見ただけでした。いやー、それにしても、会員制にもかかわらずあんなにお客様がいるのですね、すごいです。
 せっかく来たのですし、常滑は、日本六古窯(常滑、瀬戸、信楽、越前、丹波、備前)のひとつ。焼き物の町です。「やきものの散歩道」というのがあるというのは前から知っていたので、そこを歩くことにしました~。陶磁器会館に車を停めて、約1時間くらいの散歩です。ちゃんと整備されているので歩きやすい。

 焼き物の窯の煙突があちこちにたっています。今にも雨が降りそうな天気でしたが、なんとかもちました。すでに夕方5時過ぎで、お盆休みということもあってか、開いているお店はほとんどなかった……(-_-メ)

 ここは「土管坂」。昭和30年代は、常滑の土管生産は最盛期で、土管工場もたくさんあったんだそうです。どうりで、あっちこっちに土管があるはずです。土管というと、「ドラえもん」の空き地の土管を思い出してしまう私。今では土管も見なくなりましたね…。

 旅に出ると、私は必ず特徴あるマンホールを撮影します。常滑のマンホールは、常滑らしく、窯の煙突が真ん中に描かれていました。
 時間がなく、歩いただけで終わってしまったので、今度ゆっくりまた来たいな。INAXライブミュージアムも見たいし、常滑焼きもいろいろ見てお買いものしたい~~~(●^o^●)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください