高梁市のやまじろ

ちょこっと一息ついたので日記がUPできます(汗) いやー、まだクリスマス飾りも出せてません…まだカボチャが飾ってあったりする…。
 だいぶ遅れましたが…先月11月23・24日と、岡山県高梁市で『地紅茶サミット』が開催されました。全国の国産紅茶が集まったお祭りで、国産紅茶に興味のある私は喜びいさんで行ってきました。この地紅茶サミット、すでに11回目だそうですが、私は行くのは初めて。
 と、その前に、やっぱり高梁を観光しなくちゃ!ということで、一日早く高梁入りして観光してきました!!!
 高梁は車がないとなかなか観光名所を回るのが不便です。でもレンタカーは高くつくので、乗合タクシーと、路線バス(一日数便しかない)を利用したので、時間が押せ押せで、結局いつものごとく、食べるものも食べずにあたふたと歩きまわるというパターンに…(なんでいつもこうなるんだろ)。
 高梁には山城「備中松山城」があります。お城まで行く乗合バスの時間まで一時間近くあったので、先に美観地区を見て回ることにして、15分くらい歩いて、古い町並みの残る美観地区へ。小堀遠州の庭園のある頼久寺に寄ったりしていたらあっという間に乗合タクシーの時間。走って走って、なんとか時間に間に合いました。
 乗合タクシーで備中松山城へ向かいます。といっても、車で行けるのは「ふいご峠」まで。そこからは誰もみな、山を登って頂上にある城まで行かねばなりません。20分くらいかかるとタクシーのおじさん。
”山”の上にある城です。大変だとは聞いていたけれど…まさかこんなに急だとは~~~!!! 登り口に置いてあった杖を、素直に持っていけばよかったと後悔。でも、荷物を駅のロッカーに入れてこなかったので、私は泊まり支度いっさいが入ったカバンを持って登らなくてはならず、杖は結局邪魔になったかも、です。何が重いって、一眼レフカメラが重いんですよ…(爆)
 途中で荷物を捨ててしまいたくなるくらい、山道はハードでした。途中で戻ろうかと思いましたが、城はちらっとも見えないし、このまま城の片りんさえ見ずに戻っては情けない…と、根性だけで登りましたよ…。
 ハーハー、ゼーゼ―。寒い日でしたが、汗びっしょり、くったくたになりました…。
 やっと城に到着。

 紅葉がきれいです。でもかなり散っていました。二週間前くらいがベストだったそうです。

 朝から何も食べてないので、なにか食べるものがあるかと探しましたが、何も売っておりませんで(泣)
 帰りは美観地区でタクシーを降り、まだ見てないあたりを歩きながら駅へ戻りました。お店に入ってお昼を食べたかったのですが(おなかぺこぺこよ)、次に乗る予定の路線バス(吹屋行き)に間に合わないので、スーパーでお弁当を買って、バスの中で食べました…。なんと恥ずかしい…。
(つづく)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください