静岡空港行ってみた

川根に行った帰り、まだ一度も見たことのない静岡空港を見てみようということになり、寄ってきました。

 新しい空港なのでとてもきれいです。小さいとは聞いていたのでその小ささに驚きはしなかったものの、意外に人がたくさんいたのでびっくり。だって、展望デッキからのこの眺め、ご覧の通り、飛行機は一機もありませんから…。このあと便があるようでしたけど。
 駐車場が無料だし、静岡県民としては利用してあげたいのはやまやまですが、私が住む浜松は静岡の西のはずれですから、中部(セントレア)のほうが便利なのです。中部空港までの交通費と駐車場代を入れても、中部からのチケットのほうが安いことも多くて(爆) 
 売店は、さすがに地元のものにこだわり、さまざま売っていて楽しい! なかなか来ないと思うので、いろいろ買ってしまいましたよ。

 キットカットの富士山パッケージ(空港限定とは書いてなかったから他でも売ってそうです)。ブルーベリーチーズケーキ味。キットカットは好きですが、このお味はかな~り甘かったです。
 国産紅茶のペットボトルはないのかな~と思っていたら、ありました。川根紅茶のペットボトルと、信州安曇野の美味しい水を使った国産茶葉100%の紅茶。各150円。川根紅茶のペットボトルは、私が知っている限りでは、川根本町の四季の里にもありました。安曇野の水を使った紅茶のペットボトルは、空港そばにあるお茶の郷博物館の売店でも売ってました。
 売店で売っていた国産紅茶は4種類だったかな? 私が購入した「富士山静岡紅茶」、「にっぽん紅茶」。それから「丸子紅茶」と「和風紅茶」です。緑茶が大部分を占める中でも、だいぶがんばっていると思います。「丸子紅茶」は、お茶の郷博物館の売店にもありましたし、かなり販売網が広がっていると感じます。
 そして、赤と緑の箱がかわいらしくて買った緑茶のティーバッグ。箱は富士山の5万分の1のスケールになっているとか。ティーバッグも富士山型と、こだわっています。これ、どちらも「淹れてビックリ、飲んでニッコリ」と書いてあります。緑が抹茶入りほうじ茶で、「ほうじ茶が赤い、という常識を疑え」。赤が煎茶で「緑茶は緑色、という思い込みを捨てろ」のキャッチ。なんだかわくわくしますね! でもまだ飲んでません…飲めてないお茶類がたんまりあります。少しずつ飲んではいるのですが追いつかず(泣) がんばって飲もうー。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください