旅行の土産

日田、湯布院旅行で買ってきたお土産。財布のひもがかたい私、いつもたくさんは買わないんです。

 手ぬぐいは、老舗旅館「亀の井別館」の中にあるセレクトショップ「鍵屋」さんのオリジナル。鍵屋だから、鍵マークね。鍵モチーフは私のツボなのです。
 黒い石の置き物は、日田市豆田の雑貨屋さん「香月」で買ったもの。オーナーの娘さんの手作りだそうで、さまざまな大きさ、デザインの石ころアートが並んでいます。どれもかわいいの! こういう地元作家さんのオリジナルティが好きです。下駄は日田の伝統工芸でどのお店にも並んでいて素敵なのですが、下駄自体を買ってもたぶん履かないまま終わりそうなので(汗)、下駄を模したこの石ころアートを購入しました。
 あとのふたつはチョコレートショップ「テテオ」さんのもの。なつめに入っているのは、茶葉ショコラという、砕いた茶葉を入れたチョコレート。なつめに入っているスタイルも趣があるし、アイデアも斬新。
 私が買った色の器には碾茶を入れたホワイトチョコレートが入っています。茶葉は、八女市星野村のを使っているそう。先日の台風で大きな被害が出たところですよね。一刻も早い復旧をお祈りしています。
 筒に入っているのはエスプレッソ・ビーンズ。試食して一番気に入ったものを買いました。このお店では試食ができるのがいいです。やはり、お高いスイーツを味がわからないで買うのは冒険ですから…。
 湯布院で購入したのは、洋菓子店「シェ・タニ」の黒糖バウムクーヘン「山樵」。黒砂糖の風味がたまりません!

 お店の外観自体もヨーロピアンでかわいらしく、中に入っていろいろ試食させてもらえたのもよかったです。バウムクーヘンって、大きいうえに値段がけっこうするので自分で買うことはしないスイーツなんですが、「山樵」は小さく切ってあり、そのぶん値段も買いやすかったですし、大好きな黒糖を使っているのも気に入りました~。
 最後に、福岡空港で佐賀の物産展をやっていて、これまた試食しておいしかった「うれしの紅茶こんぺいとう」を購入。嬉野はお茶処、紅茶も作っているのは知っていたのですが、紅茶は家に買ってまだ飲めてないのがたーくさんあるので、スイーツのほうを。値段も安くて買いやすい。

 飴って、実は好きではないので買わないのですが、これは形もかわいらしく、味も紅茶を使っているからか甘すぎないので気に入りましたよ。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください