桜の名所へ

ここ浜松では桜は満開を過ぎて、そろそろ散りかけています。運転していても、あちこちで桜が満開で、本当に春になったのだな~とうれしくなりますね。
 先週の土曜日、島田市へ行く計画を立てていました。せっかくなので、島田市の桜の名所「家山」に立ち寄ってきました。ちょうど桜まつりの最中でした。混む土日には出かけないようにしていますが、出かける必要がある時は朝一番で行動するようにしています。そうしないと渋滞に巻き込まれるので…。
 朝ごはんも食べずに出発しましたが、浜松から1時間半ほどかかることと、途中で掛川の道の駅に立ち寄って買物をしたため(汗) 着いたのは9時半ごろ。すでに一番近い駐車場はいっぱいでしたが、それでも移動が楽な、河川敷の橋のたもとに車を停めることができました。この河川敷の両側にも、桜並木。本当にきれいです。


 車道沿いにも桜並木。でもそこは人がいっぱいなので、川沿いの土手に移動。ここがまた、それはきれいでした! 山の緑、桜のピンクや白、大井川のブルー。天気はいいし、空気はいいし、本当に久しぶりにゆっくり歩きました。

 SLが走る大井川鉄道沿いには、三脚を立てたカメラマンがびっしり。ここを走ってくるSLと桜のベストショットを狙っているのですね。SLが来るのは10時半と、まだ1時間も先です。私は桜の写真を撮ったらすぐ次の目的地に移動する予定でしたが、結局、ゆっくりと歩きながら春を満喫していたら、SLが来る時間になっていましたあっかんべー
 ということで、私もSLと桜の写真を撮影~。

 気付いたらものすごい枚数を撮っていた私。写真を撮る人は写真にばかり夢中になって、景色を実物をまったく楽しまない…と言う人もいますが、私は写真も景色も十分楽しみました。それでも100枚近い写真を撮ってしまっていました。撮らずにはいられないみたいです。上手下手じゃなくて、根っから写真が好きなんだって、気付きました。一瞬のきらめきを切り取るあのシャッター音もたまりませんきらきら さて、たくさん撮った中の私のお気に入りがこれ。幹から元気に花開いた新しい命。

 SLが走り去ったあとも、続々と車と人がやってきました。私は一仕事終えたような満足感いっぱいで、次の目的地へ移動しました~。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください